“スペーステロリスト”ターナロス
                      キャサリンパワーズ
                       
            プロローグ
             
 ディーエスナインの早朝、クワークの店は、談笑する人々で賑わって
いた。ドクターベシアは、ターカリアンティーを飲みながら、携帯パネ
ルで推理小説を読んでいた。
「ドクターベシアですね」と、ガラックが言った。
「よかった、やっと会えた、少しお話ししていいですか?」
「ええ、ああ、はい、どうぞ」と、ドクターベシア。
「私はガラックといいまして、ご覧のとおりカーデシアの生まれです。
このステーションには、私以外カーデシア人はおりません。ですから、
なるべく多く友達を作りたいと思いましてね。こちらには赴任したばか
りなんでしょ?」
「ええ、そうですが。ええ、その、あなたの方は、こちらには長いんで
すよね」
「ああ、ご存知でしたか」
「ターカリアンティーでもいかかです?いけますよ」
「お若いのに気の利く方だ。声をお掛けしてよかった」

2

1














































「その、噂に聞いたんですが、ディーエスナインに残ったのは、カーデ
シアに情報を流すためなんですか?」
「ご冗談を、ドクター、まさか、この私をスパイだと言うんじゃないで
しょうね?」
「いや、そんなつもりは」
「いやぁ、正直な方だ、深い知性が感じられる。ご存知とは思いますが、
私は衣類を扱っています。なにかご入用いりようせつは、ブティックにいらして
ください。いやぁ、ぜひとも、見るだけでも構いませんので、ご遠慮な
く、いつでも歓迎させていただきますよ」
「ご親切に、どうも、ガラックさん」
「いやぁ、ガラックと呼んでください、気など使わずに」
「ガ、ガラックだね」
「いやぁ、では、お邪魔しました、よかったですよ、あなたのようない
い方とお近かづきになれて」
 ドクターベシアは、ターボリフトを降りるとすぐに、チーフオブライ
エンに駆け寄った。
「ねぇ、ねぇ、今、お茶を飲んでいたら、誰に話し掛けられたと思う?」
「少佐、第3目標塔、48時間閉鎖します」と、オブライエンは、キラ
少佐に言った。
「スパイだよ、例のガラックっていうやつです」と、ドクターベシアは

4

3














































今度は、シスコ中佐に言った。
「スパイだなんていうのは、ただの噂だ」と、シスコ中佐。
「いやぁ、違う、話せば分かります。向こうから名乗って、積極的に話
し掛けてきたんですよ。あれは、僕に目を付けたんだ、絶対そうですよ」
「なんのために目を付けたと言うの?」と、ダックス大尉。
「分からないけど、医療機密かもしれない、僕は絶対、漏らしませんか
らね」
「もちろん、君を信じている」と、シスコ中佐。
「そうだ、ねぇ、オブライエン、僕に監視装置を付けた方がいいよ、万
一のために、だって、ねらわれているかも」
「そこまでする必要はないだろう、すこし、頭を冷やせ」と、シスコ中
佐。
「小型艇が回避行動をとっています、そのあとをカーデシア艦が追跡中」
と、キラ少佐。
「スクリーン、オン!」と、シスコ中佐。
「ベイジョーの船よ、カーデシアの船がベイジョーを襲っている、しか
も、我々の領域で!」と、キラ少佐。
「それは事実か?」
「確認しました、ベイジョーの領域です」と、オブライエン。
「交信する、カーデシアを呼び出せ!」と、シスコ中佐。

6

5














































「チャンネル、オープン」と、オブライエン。
「カーデシアに告ぐ、君たちは領空を侵犯している、すぐに退去しろ!
繰り返す、退去しろ!」
「返答はありません。ベイジョー船から通信です」
「チャンネル、オープン」と、シスコ中佐。
「こちら、ステーション、聞こえるか?宇宙ステーション」と、ベイジ
ョー船。
「映像は受信できません」と、オブライエン。
「私は、シスコ中佐、ディーエスナインの司令官だ、君は誰だ?なぜ、
追われている?」
「頼む、いますぐ緊急着陸を許可してくれ、頼む」と、ベイジョー船。
「ベイジョーの船は、ひどい損傷を受けています」と、ダックス大尉。
「このままでは、バラバラになるでしょう、爆発します」
「乗員を収容しろ!」と、シスコ中佐。
「了解」と、オブライエン。
 転送ポッドに人影が現れた。
「医療チーム、急行しろ」と、ドクターベシア。
「私の名はターナロス、政治的保護を求める」と、オブライエンに抱き
かかえられたベイジョー人の男。
「キラ!」と、ターナロスは、キラ少佐に気づいて言った。

8

7














































            1
 
「ターナロスは、レジスタンス時代の同志です」と、キラ少佐。
「中佐、カーデシアからです」と、オブライエン。
「はは、やっと応答したわね」
「冷静にゆきましょう」
「オブライエン、チャンネルオープン」と、シスコ中佐。
「警告を与える」と、スクリーンに現れたカーデシア船の艦長。
「その男は凶悪な犯罪者だ。直ちに我々に引き渡せ!」
「彼は、保護を要請中だ」と、シスコ中佐。
「聞き入れる気でいるのか?」
「正直言って、決めかねている」
「コーマの一員だぞ。ベイジョーとて、あんなテロリストの保護はしな
いだろう。その男は我々カーデシアの同朋に憎むべき罪を犯したのだ。
重ねて要求する、即刻、身柄を引き渡せ!」
「事実を至急、確認しよう。その前に、なぜベイジョーの領域を犯し、
我々、惑星連邦の施設を脅かしたのだ、納得がゆくよう、説明してもら
おう」
「脅かすようなまねなど、した覚えはないぞ」
「ならば、いいだろう、交信を終える」

10

9














































「少佐と医療室に行ってくる。ターナと話を聞くのが先決だろう」と、
シスコ中佐は、オブライエンに言った。
「カーデシアが押しかけたら、着陸許可をたてに、しばらく外で待たせ
ておけ」
「分かりました」と、オブライエン。
「まさか、本気でターナをやつらに突き出す気ではないですよね」と、
キラ少佐。
 ふたりは、ターボリフトで医療室に向かった。
「君もコーマにいたのか?」と、シスコ中佐。
「テロ組織にいた人間が、政府の仕事なんかしていると思いますか?」
「コーマの連中は、カーデシア人だけでなく、邪魔なベイジョー人まで、
みさかいなく殺している。確か、先月の政府高官の暗殺にも、犯行声明
を出していたはずだ」
「でも、ターナは別です」
「コーマの一員か?」
「ええ、でも」
「かばう気なら、任務からはずれてもらう!どっちつかずの気で任務に
あたられるのはごめんだ。彼がコーマのテロリストなら、このステーシ
ョンを隠れ蓑にして、破壊活動を続けるおそれがある」
「私は、ベイジョーの利益を優先します。どっちつかずの気じゃないわ。

12

11














































今のベイジョーには、ターナロスのような強い意志を持った人間が必要
なんです」
「カーデシアを倒せればテロも許すというのか?」
「我々が強力な独立国家をもう一度きづくためには、コーマのようなテロ
リストグループは、いわば、必要悪です。はっきり言えば、ターナは我
々にとって、希望の光なんです、見殺しになんかできません」
 医療室では、ドクターベシアがターナロスの治療にあたっていた。
「様子はどう?」と、キラ少佐。
「2度の火傷やけど、裂傷に脳震盪、でも、過去の傷に比べれば軽いもんだ」
と、ドクターベシア。
「過去の傷?」と、シスコ中佐。
「これが、比較的新しい、おそらく、ニ三年前のものでしょう」
「二年半前だ、正確には」と、ターナロスは、意識を取り戻して言った。
「よく命がもったもんだ」と、ドクターベシア。
「カーデシアは、半殺しにして拷問するのよ」と、キラ少佐。
「司令官のシスコ中佐だ。いくつか質問するから答えてくれたまえ」
「中佐があなたを保護するかどうか、まだ、決定を下していないのよ」
と、キラ少佐。
「少佐、席をはずしてもらいたい!」
「少佐?」と、ターナロス。

14

13














































「ここで、連邦との連絡将校を務めているの。ベイジョーのために私な
りに戦っているつもりよ。また、あとで来るわ」
「なにを聞き出そうってんです?」と、ターナロス。
「君は、なぜ追われていたんだ?」
「生い立ちから話すことになりますよ」
「コーマのメンバーとして破壊活動を働いていたのか?」
「人も大勢殺してきた、捕まれば、死刑は、まぬがれないね」
「カーデシアはベイジョーから撤退したんだぞ」
「知ってるとも」
「なぜいつまでも、テロ行為を続けるんだ?」
「うん、どうしてだかな、自分でも分からない。50年以上もさんざん
暴虐行為を働いてきた奴らに、復讐してやりたいと思っていたが、もう、
いやってほど殺したよ」
「すいませんが、休ませないと」と、ドクターベシア。
 
               ◇
 
 キラ少佐は、通信コンソールで、ロールマン提督に言った。
「提督、シスコ中佐は状況を短絡的にしかとらえていません。問題の複
雑さを理解していないんです」

16

15














































「よく報告してくれました、感謝します、今後も、逐一報告してくださ
い」と、ロールマン提督。
「分かりました」
 
               ◇
 
 シスコ中佐は、司令部に戻った。
「中佐、カーデシアが到着しました」と、オブライエン。
「ダックス大尉がドッキング手続きで時間稼ぎをしていますので、まだ、
大丈夫です」
「頼むぞ、連中に会う前に、もうすこしターナを調べたい」
「中佐、例のテロシストのことはよく分かりません。でも、カーデシア
と戦ったことがありますか?」
「いや」
「ベイジョー人の心情を、汲み取って、寛大な処置をお願いします。私
は、同情を」
 その時、コールサインが鳴った。
「ロールマン提督から亜空間通信が入ります」
「オフィスで受ける」と、シスコ中佐。
「ベンジャミン、あなたの補佐官のベイジョー人だけど、会議中に私を

18

17














































呼び出して、テロシストの保護問題で、あなたへの不満をぶつけてきた
わよ。今のうちに善処すべきだわよね」
「ご忠告をどうも」
 
               ◇
 
 キラ少佐は、医療室に入った。
「うう」と、ターナロス。
「大丈夫、私よ」と、キラ少佐。
「こんなところで会うとは、奇妙なもんだな」
「ともに戦った同志に再会できたなんて、嬉しいわ」
「連邦の制服を着ても、過去は忘れてないか?」
「もちろんよ」
「そうか、どうかな?大きな組織にいたら、昔の闘志なんかなくなって
しまったんじゃないか?」
「シスコ中佐に聞いてもらえば分かるわ」
「仲はいいのか?」
「水と油よ」
「ふふふん」
「疲れたわね、行くわよ」

20

19














































「キラ、おれはカーデシアに渡されるのか?」
「死んでも私が守るわ」
「確かに、君は、昔のままだ」
 
               ◇
 
 カーデシア船の艦長は、シスコ中佐のオフィスに入った。
「いったいいつまで船を待たしておくつもりだ。これ以上、ドッキング
の手続きを引き伸ばすと、交通に支障をきたすことになるぞ」
「申し訳ないが、きみたちに攻撃を受けて、損傷した個所を直している。
そのために、時間がかかっているんだ」
「謝罪を受け入れるが、そんな言い訳が通ると思うか?さっさと、ロス
を渡せ!」
「もう少し、時間が欲しい」
「引渡しの要求を受け入れねば、外交問題に発展するだろう。あの男は
残虐な犯罪を犯した危険人物だ」
「ダナー、戦争時の残虐行為は、お互いさまだ」
「奴を、野放しにすれば、今後テロ活動を行うのは、火を見るよりあき
らかだ」
「彼の話では、今ではコーマを脱退して、国家の再建を手伝う気でいる」

22

21














































「殺戮と破壊の限りを尽くしてきた男だ、その罪の報いは受けさせねば
ならん、絶対に、あの男を生かしては、おけない」
「君たちの気持ちはよく理解できる。しかしだ。彼はベイジョーの英雄
だ。それを、連邦側があっさり引き渡したとなれば、私たちがここで築
きあげてきた協力体制は、一気に崩れる。つまり、申し訳ないが、とり
あえずは、保護を認めるしかない。彼の身柄は、ベイジョー政府に引き
渡す。納得がいかないと言うなら、私ではなく、政府に掛け合うんだな」
「うう」


            2
 
 キラ少佐は、ターナロスを、用意しておいた部屋へ案内した。
「ちゃんとしたベッドで寝るのは、ひさしぶりでしょ?」とキラ少佐。
「ベッドなんてものがあるのも、忘れていたよ」と、ターナロス。
「ほんとによかった。あなたは、必要な人よ」
「おれの特殊技術が、連邦の役にたつとは思えない」
「ベイジョーが必要としているのよ。私のことを、連邦の一員になって
しまったと、思っているようだけど、誓って私は」
「君は、シスコの補佐官だろ?」

24

23














































「そうよ、でも」
「どうころんでも、おれには絶対になれないよ」
「誰かが、臨時政府と連邦との折衝役をつとめないことには、始まらない
わ。少なくとも私がここへ残ったことで」
「なぜ、なぜ、連邦をここへおく?なんのために?その臨時政府とやら
は、連邦が牛耳ぎゅうじっているんだろ?それじゃ、戦ってきた意味がない。我
々が目指していたのは、完全な独立だ。同じじゃないか。カーデシアを
追い出して、連邦を入れただけにすぎない」
「ターナ、状況はすっかり変わったのよ。ワームホールを発見してから」
「また、それか!ワームホール!」
「聞いて!私だって、あなた以上に不本意だけど、目的のために今のと
ころは連邦の力が必要なのよ。私たちだけでは、カーデシアは、また、
すぐにここへ舞い戻ってきてしまう、ワームホールも奪われるわ、あの
ワームホールにベイジョーの未来がかかっているのよ、交通と商業の中
心地となれば、たっぷりと富と権力が手に入るわ」
「欲しいのは、富と権力じゃない、ベイジョー人のための独立国家だ。
我々の国を取り戻したい」
「もう、取り戻してるわ。この先の目標は、連邦なんかに頼らなくても
国を守ることのできる力を持つことよ。これまで完全な独立を目指して
きたことを思えば、多少の抵抗はあるだろうけれど、あなたのような人

26

25














































が先頭に立てば、きっと」
「洗脳されてるな。奴らに」
「ターナ、あなたを守るために必死で戦っているのよ。コーマからは抜
けたんでしょうね」
「ああ、信じろ、組織とは、きっぱり手を切ったよ」
「ふーん、あなたに特赦を与えてくれるよう、政府の高官数人に直訴じきそ
たの。他にもコーマを抜ける人がいるなら、掛け合うわ」
「何人かはいるだろうな、捕まらない保証があれば」
「私に、任せておいて、かならず約束を取り付ける」
 
               ◇
 
 オドー保安主任は、プロムナードにいる部下に呼び出された。
「どうした?」と、オドー。
「実は、ちょっと、もめていまして」と、保安部員。
「到着したばかりのクリンゴン人ふたりが、どうしても、武器を渡さな
いんです」
「クリンゴンは絶対自分の武器を手放さない」と、クリンゴン女性。
「君たちの名は?」
「デュラス姉妹を知らないのか?ルーサとベトールだ」と、ルーサ。

28

27














































「武器については、特別な規則がある。武器を渡すか、ステーションを
去るかだ。決めたまえ!ふたつにひとつだ」
「偉そうに!」と、ベトール。
「今すぐに、答えを聞きたい」
 ルーサとベトールは、しぶしぶ腰にさげたデフラクタを保安部員に渡
した。
「ようこそ、ディーエスナインへ」と、オドー。
「ふん!」
 
               ◇
 
 オドーは、シスコ中佐のオフィスへ入った。
「非常に興味深い客が来ました。デュラスとかいうクリンゴン人の生意
気な姉妹です」と、オドー。
「ルーサとベトールだな」と、シスコ中佐。
「ご存知でしたか?」
「クリンゴンの最高評議会を支配しようとして、内戦を引き起こした連
中だ。その後、姿を消していたが」
「保安記録を調べました。クリンゴンの危険人物リストに載っていまし
たよ」

30

29














































「再起のために資金稼ぎをしていると噂に聞いたが、何をしにここへ?」
「さあ、クワークの店にいますが、ギャンブルはしてませんね。ふん、
食事するでもなし、ただ、ずっと、座っています」
「不審だな」
「いっそのこと、捕まえてクリンゴンに突き出しては、いかがでしょう
か?」
「オドー!」
「最高評議会を敵にまわしているんでしょ?」
「ここで法を犯したわけじゃない、無実のものに手は出せない」
「カーデシアがここをおさめていた時なら、ああいう連中は、排除した」
「目を離すな!」
「もちろんですよ、司令官」
 
               ◇
 
 ディーエスナインの夜、ガラックは、クワークの店にいた。
「飲んでるようですね、ガラックさん」と、ドクターベシアは言った。
「すいません、さんは抜きでしたよね、ガラックでゆきます」
「そう、呼び捨てで結構。掛けてください、どうか、お付き合いを」と、
ガラック。

32

31














































「偵察中なんでしょ?お邪魔じゃないんですか?」
「まぁ、職業柄、どういう服がはやっているか、常に観察して把握しな
ければなりませんからね。クリンゴン人の装いのセンスには独特のもの
があります」
「ええ、ほんとに」
「興味深い。なかでも特に、あそこにいるふたりの服装は、研究してみ
る価値がありますね」
 ターナロスは、店の入り口に現れた。
「あの方は?」と、ガラック。
 ターナロスは、デュラス姉妹と店を出て、三人は倉庫へ入った。
「さぁて、約束のものをもらおうか」と、ベトール。
「手配中だ」と、ターナロス。
「それでは、話が違うじゃないか!」
「カーデシアに追われたせいで、手に入れられなかったんだ」
「言い訳など聞きたくないね」
「金はどこにある?」と、ルーサ。
「あしたには、かならず届く」
「いいか、私たちをこんなところまで来させておいて、無駄足になった
ら、命はないと思え!」
 三人が去ると、ねずみに変身していたオドーが現れた。

34

33














































 
               ◇
 
 キラ少佐は、司令部でシスコ中佐を出迎えた。
「ターナの件で、聴聞会を要請しました」と、キラ少佐。
「見通しは?」と、シスコ中佐。
「大臣ふたりと、大物閣僚ひとりの賛成票を取り付けたので、他のかた
も右へならうでしょう」
「そうか」
「それに、安全が保証されるのならば、ターナを追って、コーマを抜け
るものがふたりはいるそうです」
「そうか」
「それと、もうひとつ、最初は中佐を疑って。すべて、中佐のお力添え
があったおかげです。心から感謝しています」
「ロールマン提督にも、ぜひ、そう報告してほしいね」
「中佐」
「知らないとでも思ったのか?信頼関係を大切にしたい」
 
               ◇
 

36

35














































 シスコ中佐は、オフィスに入ると、オドーが待っていた。
「どうだ、オドー、デュラス姉妹に動きはあったか?」と、シスコ中佐。
「ここには、仲間がいるようです」と、オドー。
「仲間?」
「元コーマのメンバーが仲間のひとりです」
「ターナがつながりがあるのか?」
「なんらかの取引をしているらしく、支払いを迫られているようです。
金が届くのを待っています」
「コーマを抜けるふたりが運んでくるんだな?」
「なぜ、ご存知で?」
「そのふたりのことは、キラ少佐に聞いた」
「少佐にも話しておきますか?」
「しばらく、待て!」
 
               ◇
 
 デュラス姉妹は、ガラックの店にやってきた。
「ここが、おまえのブティックか!」と、ルーサ。
「ようこそ、いらっしゃいました」と、ガラックは言った。
「最新のファッションをご紹介しましょう、クランス4号星のシルクの

38

37














































ランジェリーなどいかがでしょうか?」
「調子に乗ってしゃべっていると、その舌を引っこ抜いてやるよ、はぁ
!」
「いやぁ、お手柔らかに!クリンゴンのお客様は、初めてなもので。で
は、どういったものをお探しなのでしょうか?」
「買い物にきたんじゃない、売りにきたんだ」と、ベトール。
「聞いた話だが、おまえはカーデシアの代表として、ここに残っている
んだろう?」と、ルーサ。
「とんでもない!私は、ただの、洋服屋にすぎませんよ」
「くだならない押し問答をしている暇はない!ターナロスの首を欲しく
ないのか?」
「あの男をカーデシア当局に渡してくれるというんですか?」
「引き換えにいくらなら出す?」と、ベトール。
「ラチナムの延べ棒で払ってもらおう」と、ルーサ。
 ガラックは電子パッドに金額を打ち込んで見せた。
「ふん!バカにする気か!」
「おふたりとも、お待ちを!ここからが交渉でしょう?短気はいけませ
ん、私はいい交渉相手です。できるだけご希望に沿いますよ、とにかく、
腹を割っていきましょう」
 

40

39














































               ◇
 
 ターナロスの部屋のチャイムが鳴った。
「どうぞ」と、ターナロス。キラ少佐が入ってきて、言った。
「四人目の票を取れたの。これで聴聞会は決まったわ。あなたは無事に
特赦を受けられるわよ」
「知らなかったよ、君はたいした政治家だな」と、ターナロス。
「私が?政治家だなんて、そんな、とんでもないわ!」
「まんまと、シスコや連邦をあやつって、政府の連中を動かしたじゃな
いか!」
「騒いだだけだわ。あんまりうるさいから、連中が根負けしたのよ」
「あははは、我々の思惑どおりだ。今の君なら、奴らを説得できると思
っていた」
「我々というのは?私がいると知って、ここへきたのね?あなたを信じ
ていたのに」
「コーマは甘くない!ベイジョーの自由のために戦っているのだ。君も
昔は戦っていただろ?」
「今だって戦っているわ!」
「自分をごまかすのはよせ!連邦の連中は信じられないとか、臨時政府
はあてにならないと言っているが、その間で、おいしい役を演じている

42

41














































じゃないか!」
「ひどすぎるわ!」
「図星だろ!キラ少佐!」
「私だって連邦には頼りたくない。でも、現状では」
「連中の与えた暖かなベッドに慣れたら、もう出られないさ。戦いの場
には戻れない!」
「それじゃ、私に連邦を裏切って、彼らを武力で追い出せって言うわけ
ね?」
「違う、流血沙汰はもうごめんだ。本当だ。おれはこの先、もう、誰も
傷つける気はない。だから、協力してくれ!」
「私をだましてたくせに、よく言うわ。これ以上、利用されるのは、も
う、ごめんよ!」
「目的を果たすために、ワープできるシャトルが欲しい。君だけを頼っ
てここまで来たんだ」
「どういう計画か聞きたいわ」
「あと一歩で、一滴の血を流すことなく、ベイジョーにとって理想の独
立国家を築くことができるんだ」
「方法は?」
「ふふ、リスクが大きすぎる、これ以上話すことはできない」
「この私がシスコに、言うとでも、思ってるの?」

44

43














































「その時に初めて、君の本心が分かる、そうだろ?」









            3
 
 クワークの店で、ドクターベシアは、ターカリアンティーに口をつけ
た。
「やぁ、ガラック、元気かい?よかったら、こっちへ」と、ドクターベ
シア。
「誰かに見られている気がします」と、ガラック。
「スパイは、たいへんだな」
「人生には、はめをはずして楽しむ時と、用心して行動すべき時がある。
たとえば、今は、後者です。コーマのテロリストがふたり、ここへ来て

46

45














































いる」
「テロリスト?なにをしに来たんだろう?」
「私にも、分かりません。目的を知りたければ、ふたりで組めば、きっ
と探りだせますよ」
「僕はドクターなんだよ、そんな」
「ドクター、彼らのねらいを突き止めてしまえば、絶対に、対策が立て
られるはずです」
「悪いんだけど、そろそろ、行かないと」
「待って、ドクター、そろそろ私のブティックに来ていただきたいです
な。今夜はどうです?20時55分に来ていただけませんか?あなたを
生まれ変わらせるような、すばらしいスーツをお見せいたしますよ」
「スーツ?テロリストの話から、いきなりスーツの売り込みかい?」
「とにかく、ぜひともいらしてください。20時55分にに新しいスー
ツを用意してお待ちしております。いいですね?」
「ああ、分かったよ、それじゃ、ひとまず失礼するよ。スーツね」
 
               ◇
 
 シスコ中佐は、自分のオフィスから司令部に出てきた。
「少佐」と、シスコ中佐。

48

47














































「なんでしょう?」と、キラ少佐。
「コーマを脱退してきたふたりに、なるべく早く会いたい」
「はい、すぐに手配を」
「ふたりの印象は?」
「というと?」
「ターナロスと同じくらいに、信用できる連中か?」
「もちろんです」
「シスコ中佐」と、ドクターベシアが言った。
「ぜひ、相談したいことが」
「ああ、何だ?」
「例のカーデシア人の、ガラックですが、もう、とても、僕の手には負
えそうにありません」
「どうした?」
「スーツを売ると言うんです」
「スーツ?」
「20時55分に来いと」
「なぜ、妙な時間に呼ぶ?」
「分かりませんが、こちらに来ているテロリストと関係がありそうです。
ガラックは、ふたりで組んで、奴らの企みを探り出そうと言うんです。
何で、僕を誘うのかも、分かりませんよ」

50

49














































「彼には、何か含むところがあって、そう言っているのかもしれない。
我々に共通の敵が存在することを、知らせたいんじゃないのか?」
「どうしたらいいでしょう?」
「私の意見だが、その新しいスーツを買いにゆくべきだ」
 
               ◇
 
 キラ少佐は、オドーの保安室へ入った。
「忙しい?」と、キラ少佐。
「何の、ご用でしょう?」と、オドー。
「そのぉ、議会にターナたちを連れてゆく際の、警備体制は大丈夫?」
「ご心配なく、ちゃんとやっていますとも」
「そう?」
「ベイジョー人には、私どもには、とうていマネのできない、能力がひ
とつあります」
「それは?」
「うわべを作る、虚勢をはる能力です。本心を隠すことは、私には、非
常に難しい」
「私が、いつも、あなたに意見を求めるのは、そのせいよ。率直な意見
が聞ける。私の過去を知ってる?」

52

51














































「かなり詳しく知っていますよ」
「誇りに思えないようなことも、してきたわ。ハルという基地を襲った
ことは、今も、夢に見てうなされる。でも、少なくとも、当時は、信念
を持って行動していたわ」
「それでは、今は、迷いがあるということですか?」
「私もあなたも、連邦の人間じゃない」
「というと?」
「私には、戦うべき相手がいるのに、自分を欺いて現状に甘んじている
のかもしれないわ」
「どうやら、苦しい選択を迫られているようですね。どちらを選びます
?」
「どちらかを裏切ることになるわ」
「自分を裏切らない道を選ぶことです」
「とはいえ、ターナたち仲間を裏切ることはできない」
「仲間?彼らは、仲間ですか?」
「昔は、私もああだったわ」
「今はどうです?」
「協力、断ることもできるわ。無視すればいい」
「知ってますか?ドレニアン星のダチョウは、敵が来ると水に潜って姿
を隠す。それで、溺れ死ぬこともあります」

54

53














































「ターナたちが、何をする気か分からないけど、やっぱり、隠れて、見
て見ぬふりをすることは、できないわ。ああ、本当の戦争の方が楽だっ
たような気がする」
「オドーから司令官」と、オドーは通信バッジに言った。
「なんだ?」と、シスコ中佐の声。
「今、この部屋にいる方からお話があるそうです」
 
               ◇
 
 ドクターベシアは、ガラックの店へ入った。
「ドクター、遅いですよ、もう、20時57分です、さぁ、これを好き
なだけ、試着してください。ただし、くれぐれも、音はたてないように
願います」
「僕は、ただ」と、ドクターベシアは言いながら、試着室へ入った。
「時間どおり、21時少し前だ、いらっしゃい」と、ガラック。
 デュラス姉妹は、ガラックの店にやってきた。
「くだらん挨拶など必要ない」と、ルーサ。
「本気で取引する気はあるのか?」と、ベトール。
「確認のために、もう一度、聞かせてもらいたいのですが、支払いは、
例のベイジョー人の身柄と引き換えでいいんですね?」

56

55














































「ターナロスとは、4時間後に取引することになっている」と、ベトー
ル。
「そちらの取引は、どんなものですか?」
「おまえには、関係ない」と、ルーサ。
「やはり、カーデシアの代表として、すべてを把握していませんとね。
関係はあるはずです」
「我々から奴に、ギリトリウムを売る予定だ」と、ベトール。
「ベイジョー8号星の衛星で、落ち合う約束になっている」と、ルーサ
は言った。
「そこで奴を引き渡す」
 デュラス姉妹は、店を出て行った。
「ギリトリウムって?」と、ドクターベシア。
「ああ、非常に珍しい水晶元素で、強力なエネルギー源となるものです
が、利用するためには、反物質変換器がいります。ターナロスが、ここ
へ来る前に、カーデシアに追われていたのは、変換器のためです。盗ん
だんだ」
「じゃぁ、両方そろったら?」
「そう、お分かりでしょ?爆弾を手にいれたも同然、それも、特にすさ
まじい、破壊力を持つ爆弾です」


58

57














































            4
 
 翌日、ドクターベシアは、司令部に来ていた。
「逮捕は無理だ、まだ、罪を犯したわけではない」と、シスコ中佐。
「共謀罪にあたります」と、オドー。
「なにを共謀したんです?ターナのねらいさえ分からない」と、ドクタ
ーベシア。
「姉妹との取引が済んだら、爆発物の所持を理由に逮捕できますよ。あ
きらかな証拠もあります」と、オブライエン。
「そのとおりだわ、ターナを泳がせましょ」と、キラ少佐。
「そうしよう」と、シスコ中佐。
「ターナと同行します」
「それは許さない」
「聞いてください。もしも、いっしょに行かなければ、ターナは何かあ
るのではと、警戒するはずです。安心させるには、私も行くしかない。
それに、ターナが失敗しても、コーマの連中は、あきらめません。少な
くとも、組織のねらいは探っておくべきです」
「オブライエン、私とふたりで、一足先にベイジョー8号星へ行って、
探知されないように、張り込もう」
「了解」と、オブライエン。

60

59














































「ダックス、君は、カーデシアの動きを監視して、我々に連絡してくれ。
奴らはかならず来る」
「ターナと出発しろ、では、現地で」と、シスコ中佐は、キラ少佐に言
った。
 
               ◇
 
 オドーは、司令部の監視モニターで、キラ少佐とターナロスを監視し
ていた。
「ふたりはシャトルに乗りました」と、オドー。
「了解」と、ダックス大尉は、言った。
「ディーエスナインから、ガンジー」
「何だ?」と、ガンジーの操縦室にいるシスコ中佐。
「ふたりは、スターゲイザーに乗り込み、発進準備にかかりました」
「了解した、大尉」と、シスコ中佐は答え、隣にいるオブライエンに指
示した。
「メインパワーシステムを停止!」
 ふたりのシャトルは、衛星の軌道上で停止した。
「ふぅ、静かですね」と、オブライエン。
 

62

61














































               ◇
 
 キラ少佐は、ターナロスを乗せて、シャトルを操縦していた。
「ベイジョー8号星までの距離、残り12万キロ。通常エンジン。それ
は、何?」
「反物質変換器だ。この船のワープドライブからパワーを充電する」と、
ターナロス。
「真正面からクリンゴン船が姿を現したわ」
「大丈夫だ、会うことになっている」
「クリンゴンと?なぜ?」
「今に分かるさ」
 
               ◇
 
 衛星軌道上のシスコ中佐のシャトル。
「クリンゴンが転送準備しています」と、オブライエン。
「発進の準備をしろ!」と、シスコ中佐。
 
               ◇
 

64

63














































 キラ少佐のシャトルにデュラス姉妹が転送で現れた。
「約束どおり、延べ棒を持ってきた、13キロある」
「ほら、こっちもだ」と、ルーサは言って、ターナロスにギリトリウム
を渡した。
「エヒ、マッハ」と、ベトールが言うと、デュラス姉妹は転送で戻って
行った。
「それは何?」と、キラ少佐。
「独立の鍵だよ」と、ターナロスは言って、反物質変換器に戻って行っ
た。
 
               ◇
 
 衛星軌道上のシスコ中佐のシャトル。
「クリンゴンが遮蔽して発進」と、オブライエン。
「コースセット!キラのシャトルに接近する」と、シスコ中佐。
「1分12秒後に至近距離です」
 
               ◇
 
 ディーエスナインの司令部。

66

65














































「ディーエスナインからガンジー」と、ダックス大尉。
「どうした?」と、シスコ中佐の声。
「カーデシアの戦艦、アルドラが国境を越えました。スターゲイザーに
接近する模様。29秒後にベイジョーの領域に入ります」
「了解した」と、シスコ中佐は、ガンジーの操縦室で言った。
「スターゲイザーのセンサー域に入ります」と、オブライエン。
「なにごとだ?」と、ターナロスは、スターゲイザーの反物質変換器の
前で言った。
「別のシャトルよ」と、キラ少佐。
「我々を待ち伏せしていたんだな、なぜ、ばれた?」
「カーデシアの戦艦も3分でやってくる。さっきのクリンゴンが売った
のよ」
「ワープエンジンで発進しろ!」
「無駄よ、逃げ切れないわ」
「手は、他にもある!」
 キラ少佐は、反物質変換器に向かったターナロスを止めようとして、
逆にフェーザーを持ったターナに捕まった。
「裏切ったな、ディーエスナインへ進路をとれ!」と、ターナロス。
「嫌よ!」
「従わなければ、ここで、爆弾を使うぞ。ベイジョー8号星の住人は全

68

67














































員死ぬ」
「何千人もの仲間を犠牲にする気?」
「その命は、君がコーズをセットするかどうかにかかっているんだ」
 キラ少佐は、しぶしぶターナロスの命令に従った
「ワープします」と、オブライエンは、ガンジーの操縦室で言った。
「あとを追え!」と、シスコ中佐は言った。
「ガンジーからスターゲイザー。減速しろ!従わねば、攻撃する!繰り
返す。直ちに減速しなければ、攻撃を開始する!」
「部下が乗っているんだ、本気で撃ちやしないだろう」と、スターゲイ
ザーのターナロス。
「しかし、万一に備えよう。よく聞け!こちらは、コーマだ。この船に
は、ギリトリウムを使った爆弾装置を積んでいる。攻撃すれば、それが
爆発するぞ」
「もしも、ワープ中に爆発すれば、放射能汚染が広範囲に広がります」
と、ガンジーのオブライエン。
「奴は、ステーションに戻るつもりだ」と、シスコ中佐。
「こちらは、連邦のシャトル、ガンジーだ。カーデシア軍、応答せよ」
「中佐、やっと我々と手を組む気になったか」と、ガルダナー。
「ガルダナー、ターナはスターゲイザーというシャトルに強力な爆発物
を積んでいる。ディーエスナインへ向かうのを阻止できないか?」

70

69














































「ここからシャトルまで、2分14秒はかかる」
「それでは、1分遅れます」と、オブライエン。
「いい機会だから、おまえたちにひとつ警告しておこう」
 シスコ中佐は、通信を切った。
「トラクタービームで引き付けられないか?」
「それは無理です。向こうは27秒先行しています。撃墜するしかない
でしょう」
「光子魚雷を準備しろ!スターゲイザーが減速したら発射する」
「了解」
 2隻は、ワープスピードでディーエスナインに向かった。
「ディーエスナインまで1万キロに接近」と、スターゲイザーのキラ少
佐。
「一滴の血も流さず解決するですって?ステーションにも何百人という
ベイジョー人が住んでいるのよ」
「このおれを信じることだ」と、ターナロス。
「は、は」
「コースを変更しろ!これから、ワームホールの入り口に向かうぞ」
「ワームホール?標的は、ステーションじゃないのね?あんな装置でワ
ームホールを爆破できるとでも思っているの?」
「爆破する気などない。入り口を潰すだけだ」

72

71














































「は、そんなことしてもベイジョーのためにならないわ」
「ワームホールが消えれば、連邦もカーデシアも引き上げる。違うか?
進路を変更しろ!早く!」
 キラ少佐は、シャトルを方向変換した。
「ワームホールへ突入する気だ、振り切られます」と、ガンジーのオブ
ライエン。
 スターゲイザーは、ワームホールへ突入した。キラ少佐は、ターナロ
スに飛びかかり、ギリトリウムを発射を阻止しようとした。スターゲイ
ザーは、ワームホールを抜け、ガンマ宇宙域へ出てから、ギリトリウム
は発射された。
 スターゲイザーは、停止したが、ギリトリウムは、青い閃光を発して
爆発した。そこへガンジーが追いついて停止した。
「覚悟しろ」と、ターナロスは、フェーザーをキラ少佐に突きつけた。
「こちらシスコ。キラ少佐、無事か?」
「キラの命は、おれにかかっている。無事に帰したいなら、おれの言う
とおりにしろ!」
「いいか、よく聞け、ターナ!」と、シスコ中佐は言った。
「今すぐ、私に降伏しろ!もうすぐカーデシアの戦艦が来る。今度は、
おまえを助けてはやらんぞ。いいんだな?」
 ターナロスは、あきらめて、キラ少佐に、フェーザーを渡した。

74

73














































「中佐、ターナは降伏しました」と、キラ少佐。









            エピローグ
 
 ターナロスは、ディーエスナインに戻ったところで、オドーに逮捕さ
れた。
「ターナ、独立を手にいれるなら、別のやり方をとるべきよ。状況が変
わったの。いつか、あなたにも、分かるわ」と、キラ少佐。
「裏切り者!」と、ターナロスは言って、連行されていった
 キラ少佐は、シスコ中佐と目を合わせたが、ふたりは何も言わずに、
通路を戻っていった。
                    (第一_一_二話 終わり)

76

75



































































78

77