タイムマシン第1号
            原作:フレドリックブラウン
            アランフィールド
             
             
             
「諸君、タイムマシン第1号です」と、グレンジャー博士。
三人の友人が、その機械を見つめた。
片手に収まるほどのダイヤル付きの箱で、脇にスイッチが一つ付いてい
た。
「操作は、簡単です」と、グレンジャー博士。
「行きたい日時を、ダイヤルでセットして、ボタンを押すだけです。そ
れだけで、過去にも未来にも行けます」
 



 

2

1
























































 スメドリーは、真っ先に機械を手に持って、調べ始めた。
「これって、ほんとうに動くのかな?」
「簡単なテストは済んでいます」と、グレンジャー博士。
「一日前にセットしてボタンを押すと、室の外から、自分の背中が見え
たので、そのまま、すぐに戻ってきました」
「もしもその時、室へ入って、自分のお尻を蹴り上げたら、何が起こっ
てかな?」と、別の友人。
 グレンジャー博士は、笑いながら言った。
「たぶん、それは不可能です。過去を変えてしまうことになりますから。
よく知られている、いわゆるタイムパラドックスです。ある人が過去に
行って、自分の祖父を、父が生まれる前に殺してしまったら、その人は、
どうなるかといったような・・・」
 スメドリーは、まだ、機械を調べていた。突然、三人の友人から離れ、
薄笑いを浮かべて言った。
「これが、やりたかったんだ!君たちが話している間に、ダイヤルを6
0年前にセットした」
「やめたまえ、スメドリー!」と、グレンジャー博士。スメドリーに向
かってにじり寄ろうとしていた。
「博士、止まらないと、ボタンを押しますよ!止まってくれれば、事情
をお話しします」

4

3
























































 グレンジャーは、止まった。
「タイムパラドックスのことは」と、スメドリー。
「俺も聞いて知っている。そして、興味があった。俺は、自分の祖父を
殺したかったからだ。俺は、祖父をひどく憎んでいた。祖父は、冷酷な
人間で、祖母や俺の両親の人生を地獄へと追いやったのだ!」
 スメドリーは、タイムマシンのボタンを押した。
 一瞬、あたりがかすんで、スメドリーは、荒地に立っていた。スメド
リーは、すぐに、自分がいる場所を計算した。ここが、グレンジャー博
士の家が、建てられる場所なら、祖父の農場は、南へたった1マイルの
場所だった。彼は、歩き始めた。途中、りっぱな棍棒こんぼうになる木の棒を見
つけた。
 農場の近くで、赤毛の若者が、犬をむちっていた。
「やめろ!」と、スメドリーは、どなりながら走って若者に近づいた。
「オメェにゃ関係ねぇ!」と、若者は、むちをふるい続けた。
 スメドリーは、棍棒こんぼうをふりおろした。
 
               ◇
 



6

5
























































 60年後。
「諸君、タイムマシン第1号です」と、グレンジャー博士。
二人の友人が、その機械を見つめた。
 
 
 
                            (終わり)














8

7