パペットショー
            原作:フレドリックブラウン
            アランフィールド
             
            プロローグ
             
             
 8月の泡立つような暑い日の午後、ホラーは、チェリーベルにやって
きた。
 8月は、言うまでもなく、アリゾナ州、チェリーベルでは、連日、焼
けつくように暑かった。国道89号線で、だいたい、トゥーソンの南4
0マイル、メキシコ国境の北30マイルにあった。
 
 
 




2

1





 国道の両側には、両方向の旅行者めあてに、ガソリンスタンドや、食
料品店、ビールとワイン専門の居酒屋や、国境まで待てない人たちのた
めに、派手な色彩の肩掛けのセラーペや、編革サンダルのヒュアラーチ
を売る店や、ハンバーガーショップ、それに、数十軒のメキシコ系アメ
リカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町
のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT
型フォードで、通勤する方がよかったのだ。
 国道の看板には、やや誇張して、こうあった。
「チェリーベル ポップ 42」
 ポップこと、ポップアンダースは、ハンバーガーショップを始めた人
で、去年死んだので、正確な数字は、41だった。
 ホラーは、ロバにまたがってチェリーベルにやってきた。ロバをひい
ていたのは、高齢の汚い服の、グレーのヒゲを生やしたトビネズミか採
掘工のような老人だった。この老人は、しばらくは誰も名前を聞けなか
ったが、のちに、デイドグラントだと分かった。ホラーのファーストネ
ームは、ガースだった。ガースは、背は、だいたい、9フィートあった
が、体重は、100パウンドもないくらいやせていて、ほとんど杖のよ
うな男だった。デイド老人のロバは、足が両サイドとも砂漠に埋まって
しまっていても、らくらくとガースを乗せて歩けた。
 

4

3





 
 
               ◇
 
 
 
 
                            (つづく)













6

5