タワー
「東京駅まで!」と、料亭のおかみさんふう女性。
「ここからだったら、新目白通りを抜けてゆくのが断然早いわよ!」
「いいわ、私が教えてあげる!そこの高戸橋を右に曲がって新目白通り
に入ってくれる?」
「高速道路に沿って、飯田橋を抜けて」
「皇居に出たら、お堀ぞいに行くと」
「ほら、東京タワーが一番よく見える場所に出るから」
「ここで左折すれば、正面が東京駅よ!」
「あら、今夜のタワーは、ずいぶんブルーなかんじだこと!」






2

1




























































          おもふ雲
「それって、なんなの?」と、女の子。
「どれ?これなら、安全の全の字よ」と、お母さん。
「金の字かと思った!」
「あら、金の字も忘れてしまったの?最近、覚えたばかりじゃない?」
「知ってるわよ!ただ、金の字をそう書く人もいるのかなって思ったの」





4

3




























































          銀座
「シンカワの住友ビルの第2の方」と、ビジネススーツの女性と男性。
「すいません、シンカワって何です?」
「シンカワ知らないの?私、このまま降りる!すぐ降ろして!」
「ははっ」と笑う部下の男性と降りていった。






6

5




























































          サブリナ
「銀座のホコテンって、何時まででしたっけ?」と、スラックスの女性。
「歩いてばかりで疲れてしまって」
「近くて悪いんだけど、有楽町のビックカメラまで」
「車では入れないかしら?」
「いいわ、そこで停めて。じゃ、また!」





8

7




























































          交通公園
「近くで悪いんだけど」と、広尾の女性。
「天現寺インターの近くまで行って!」
「ここ左折してすぐ、パーキングのところで停めて!」
女性が降りると、親子連れ。
「バスに乗ったら、逆方向に曲がってしまって、いいかしら?」
「どうぞ」
「いつも目黒行きのに乗るんですけど、バスの案内の方がどれでも行く
って言うから、新橋行きのに乗ったら、全然逆の方に行くから」
「そうですね、逆かもしれませんね?」

10

9
























































「外苑西通り沿いなんですけど」
「バスの運転手さんが間違ったの?」と、男の子。
「運転手さんは間違ってないわよ、違うバスに乗ってしまっただけ」
「じぇったい、ここをこう曲がって、こう行って」
「意外とバスって、希望通り曲がってくれないものね」
「そうですね、この通り沿いですね?」
「そう、このあたりで停めてください」
男の子はぐっすり眠り込んでいた。
「あら、起きなさい!着いたわよ!」
「どちらに行かれたんですか?」
「交通公園で遊んでいたからすっかり疲れて」
親子連れの後は、若い女性。
「芝浦まで、分かるかしら?ここを右に曲がって、慶應義塾大学に出た
ら、また右に曲がって、札の辻を渡って」
芝浦に出ると、以前はただの埋立地で何もなかったところに高層マンシ
ョンがいくつも立ち並んでいた。
「ガードレールが切れたところで停めてください!」
芝浦がこんなに変わっていたとは!そういえば、レインボーブリッジか
ら見る夜景は、高層ビルが立ち並んで、手塚治虫が描いた未来都市のよ
うな気も。

12

11




























































          新宿御苑
「新宿御苑まで」ホストとホステスの4人組、
1・2分で到着。
「そのコンビニの前で停めて!」
「ハイ、料金は7100円でございます!」
「ウフ、マスター、また、ボケかませられたわ!」
「あ、間違えました!710円でした!」
「━━━」



14

13




























































          歌舞伎町
「歌舞伎町のドンキまで」背の高いホステスふう女性。
「ここは左折します?」
「まっすぐ行って!」
エルタワーの突き当たり。
「ここはまっすぐじゃないですよね?」
「━━━」
「左折しまぁす!」
歌舞伎町のドンキに来ると、おじぃさんが自転車に乗っていた。
「ドンキに来ましたけど」

16

15
























































「前に停めて!」
「あ、おじぃさんが、おじぃさんが」
タクシーの群れの前を、よろよろと。
「あははは、ボケのタイミングが後ろにずれまくってて、おもろいわぁ」

















18

17




























































          飯倉町五丁目
「歌舞伎町の風林会館まで!」ホステス2人を連れた会社員ふうの男性
2人。
「う〜ん、この写真は、やばいんじゃないの?」と、助手席に座った男
性。運転者証をはずして眺めていた。
「暗いというか、なんというか、自分で撮ったの?」
「暗い方が、影があって、いい男に映っているかも?」若いホステスの
ひとり。
「それにしても、この写真は暗すぎる!運転手さんはハタチくらい?」
「ハイ、27です!」

20

19
























































「へぇ〜、やっぱ若いね!」
「若いのに、暗くて、まだ、成仏してないのって悲しいわね!」
「早く、成仏してください!」


















22

21




























































          汐留
「汐留の日本テレビまで!」辛口評論家ふう男性。
「最近はタクシー運転手の質が落ちてるよね!水増し経営ってやつかね
?」
「運転手さんは汐留まで行ったことあんの?」
「それじゃあ、昭和通りから行って」
「昭和通り曲がる時にいちいち断わる必要ないんだよ。有名なんだから」
「平成通りや明治通りもあるって?関係ねぇだろう!」
「いいから、トンネルで行って!トンネルぐらい知ってんだろ?ほら、
すぐ右寄せて!」

24

23
























































「あ、ウィンカー出してすぐに車線変更したら危ないだろうが!」
「トンネル出たら、すぐコンビニのとこ入って!」
「早くウィンカー出さなきゃ左曲がれねぇだろうが!」
「日本テレビの前で停めて!ところで運転手さん、メーターまだ入って
ないんじゃない?」
「だたいまから、メーター入りますってか?どうでもいいから、領収証
ちょうだい!」














26

25




























































          磯子
「駅まで!」会社のお偉いさんふう男性。
「飲んだぁ、飲んだぁ!もう62だってのに、こう仕事させられては飲
まずにはいられねぇわな。
運転手さんはいくつなの?」
「27です」
「28かぁ、うちの娘と同じだわ」
「27です」
「28かぁ、若いと肌のつやが違うね、うちの娘もめちゃめちゃいい体
してるよ」

28

27
























































「27です」
「ところで、運転手さん、うちは磯子なんだけど、1万でいってくれる
なら、今払うよ」
1万円札を預かって、芝公園から高速に入って、湾岸で横浜抜けて磯子
まで行くと、1万8千円を越えていた。
「そこそこ、そこのバーの前で停めて!」
「さぁ、まだまだ飲むぞぉ!」














30

29




























































          久が原一丁目
「この前、ぞっとする話ってのをテレビでやっててさ」深夜乗ってきた
ふたりの若い男性。
「タクシーの運ちゃんが仕事終えて営業所に戻ろうと」
「深夜の誰もいない住宅地で信号待ちしていると」
「髪の長い女性が、いつの間にか、うしろに乗っていて」
「駅までっていうので、近くの駅まで行くと」
     ◇     ◇     ◇
「もっと、ずっと、遠くの駅よ!この道、まっすぐ行って!」と、髪の
長い女性。

32

31
























































女性の言うとおりタクシーを走らせていると、道も定かでない、街燈も
まばらな真っ暗な場所に来た。
「まだ、先ですか?」
「そうよ、まだ先よ」と、髪の長い女性。
「ここから先は、ただの樹海ですよ。駅なんてありませんよ」
「私の終着駅があるのよ」
と言って、女性は車を降りて、樹海で首を吊った。
このまま女性を残して帰っていいものか迷ったが、支払いは済んでいた
し営業所に戻ることにした。
バックミラー越しに、樹海で成仏しきれずに佇む女性の姿が見えた。
「大海八尋よ。おおうみやひろ、覚えておいて!」
 
 
 



 

34

33




























































          ニュー芝浦
「わたしが幽霊になって、あなたの夢に出てくるですって?」と、大海
八尋。
ニュー芝浦エアポートは、行き交う人でごった返していた。
「そうなんです、しかも僕は僕で、21世紀のタクシードライバーとや
らをやってる夢なんです!」
「あなたも21世紀かぶれになったわけ?今は121世紀よ、そんな1
万年も前の古代文明を知ってなにになるっていうの?いつからそんな夢
を見るの?」
「やはり、1万年アニバーサリーが始まってからでしょうか?」

36

35
























































「その幽霊、ご職業は?」
「幽霊に職業があるのか分かりませんが、生前はやはり、キャビンアテ
ンダントでしょうか?あの気の強さから察するに」
「どういう意味よ、CAがみんな気が強いってわけじゃないのよ!それ
にその頃って、1万メートルくらいの地べたをうようなところをウロ
ウロしてたっていうじゃない?」
「タクシードライバーはそのまま地べたをってたようです」
「なにがおもしろいっていうのかしら?宇宙人とのファーストコンタク
トもなかった時代、銀河間航行もなかった時代、21世紀ブームって、
誰が仕組んだことかしら?ところで早いとこ、発ってくれる?」
「ハイ、ワープナビの進行でまいります!」
「アンドロメダのインターギャラクシーターミナル(銀河間空港)に着
いたら、2日後にまた迎えに来てよ!そのころまでに、あなたの幽霊の
夢、どう進展してることかしら?」
 
 
 
                            (終わり)



38

37