FSFFEB69.jpg

SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.12
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
ゲストルーム

ノヴァリアン NOVELYAN 1.12 試用版
ご使用方法
小説コマンドの説明
画像コマンドの説明
詩的コマンドの説明
FAQ
バージョン履歴
タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
num0031b.bmp
001.nov

タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
num0032b.bmp
002.nov

タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
num0033b.bmp
003.nov

画像ファイル

(合計ファイルサイズ2MBまで)
アップロード 表示

事例タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
ヴァヴェリ
ヴァヴェリ.nov

事例タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
暗闇の家
暗闇の家.nov

事例タイトル novファイル (10KBまで) 変換 ページ 表示
htm003.gif
印刷用
htm003.gif
サアルバの国
サアルバの国.nov

ご使用方法 補足事項
1. タイトルを選びます。 タイトルは、001.nov〜003.novの3つあります。

novは、NOVELYANの略です。
ゲストルームでは、他に同一タイトルをご使用の方がおられても、 変換・表示の際に、上書きされることはありませんが、 数秒待たされる場合があります。
ユーザの方の場合は、 ユーザの方専用ディレクトリ・非公開URLが、ご用意されますので、 他の方に邪魔される心配はありません。
2. 原稿ファイルを選択します。 原稿を、001.novとすると、novファイルは、
テキストファイルで作成してください。
漢字は、すべて、シフトJISコードです。
(お使い慣れたエディタなら、なんでもOKです。 おすすめは、viviエディタ 1.x フリー版です。担当者が使用しているのは、1.006ですが、今はないようですので、VIVI1006.LZHをゲストルームに置いておきます。オリジナルそのものです。適当なディレクトリに、右クリック・対象を保存で、保存したのち、解凍すれば、セットアップなしに使用できます。)
拡張子はnovとします。
(.novは、NOVELYANの原稿ファイルです。)
小説は、すべて全角で書いてください。
半角は、すべて、コマンドとみなされて無視されます。
コマンドについは、小説コマンドの説明をご覧ください。
%newが改行とかの、あたりまえのものばかりで、難しくありません。
小説は、いくら改行しても、つなげられますので、
20〜40文字くらいで、改行を多めにしてください。

(40文字×3以上の長い行は、おすすめしません。ここが、ワープロとの違いです。 ワープロでは、改行がずっとなければ、すべて1行でなければならないため、 40文字×20〜30くらいの行を作成しなくてはなりませんが、nov原稿では、 いくらでも改行を入れられます。%newを入れて、初めて改行になるからです。 nov原稿では、、や。ごとに、改行をいれて、1センテンスことに検討したり、 行間のコメントを% で入れたりできます。)

コマンドは、%(ルビ)や、% (半角スペース)でその行コメントとかです。
ゲストルームでは、原稿ファイルは、10KBまで、見開き10ページ程度までです。
ユーザの方の場合は、500KBまで、見開き500ページ程度までです。
novファイルは、htmファイル画面作成にのみ、 一時的に1秒間プログラムが読みますが、ユーザの方の大事な原稿ですので、 一時的にでもファイルとして置かれることは、一切ございません。 ファイル名さえも関知いたしません。(拡張子novをチェックするだけです。)
3. 変換ボタンをクリックします。 原稿ファイル、001.novが、縦書き表示ファイル001.htm画面に変換されます。 変換時間は、1秒〜数秒です。
ページ欄には、次の表示のときの、4桁まで初期ページを指定します。 指定がない場合、1ページ目が最初に表示されます。

同一のnovファイルを修正しただけなら、エクスプローラの再表示(Ctrl-R)で、 修正したものが変換されます。(毎回、ファイル選択しなくても大丈夫です。 ただし、これができるのは、chromeのみです。 IEやfirefoxでは、Ctrl-Rがうまくゆきません。)
エラー等のメッセージは、欄外に表示されます。 エラー(赤表示)がなければ、変換完了です。 エラー(赤や黒表示)があるときは、novファイルを修正したり、 表示で確認したりする必要があります。
4. 表示の001等をクリックして、小説のできを確認します。 思い通りでない場合は、原稿ファイル、001.novを修正します。
修正したり、追加したり、001.novを、また、 変換・表示して・・・の繰り返しです。


試用版 ゲストルームでは、同一のタイトルnovで、複数の方が作業されると、htmファイルを作成しても上書きされてしまうため、htmファイルを作成しません。かならず、一時ファイルから表示を行なうため、上書きされることはありません。しかし、ユーザの方は、その方専用のURLになるため、上書きの心配はございませんので、かならず、001.htmや001_P.htm等を作成します。
表示にあるボタンhtm003.gifで、 いつでもhtmlを表示できます。
変換で解説したCtrl-Rの再表示の画面と、ここでの001.htmの表示画面を、 隣のタグにおいておくと、novファイルの小説原稿を、たとえ、 点ひとつでも修正してから、変換画面タグでのCtrl-R、Ctrl-PageUp(タグの移動)、 そして、001.htmの表示画面のCtrl-R、とわずか3タッチで、修正された小説原稿 の再表示が可能です。(chromeに限る。)
テンポラリーファイルからの表示は、001や001_Pのボタンです。 テンポラリーファイルは、変換後、30分で削除されます。 時間切れで、テンポラリーファイルから表示できない場合は、 変換からやり直してください。

開始ページ番号は、ここでは、変更できませんが、表示後のURL欄の末尾、 3桁のページ番号を修正すれば、任意のページにゆけます。また、縦書き表示の 最下行のページ番号をクリックすると、右ページなら前ページへ、 左ページなら次ページへ移動できます。
高速に移動する方法は、一度、左ページのページ番号をクリックし続けて、 最終ページまで行ったら、ALT+←を押し続けて、最初のページに戻ったら、今度は、 ALT+→を1回づつ押しながら、次のページに行ったり、ALT+←で戻ったりすると、 高速に移動できます。その際、広告が出て少しづれた場合は、 Ctrl-Rで再表示すると、広告はかならず消えます。
メインページに戻る場合は、ALT-M Enterか、ページ番号1をクリックします。
不明点等ございましたら、感想で、質問してください。 (ニックネーム欄に、メールアドレス明記必須。)

この表示には、オンラインゲームや健康関連の厳選された広告が、 たまに表示されることがあります。 クリックしても、お客さまのご負担はございません。
この表示は、Microsoft Windows以外では、横書きの表示に、 Microsoft Windowsでは、縦書きの表示になります。
5. 印刷用をクリックして、ブラウザで印刷できます。 この表示には、広告は表示されません。
この表示は、Microsoft Windowsでの、縦書きの印刷用表示です。 それ以外のOSでは、横書きのまま、行が重なるなどして、読めません。
6. 画像をアップロードできます。 画像の表示には、画像コマンドを使用します。
画像コマンドについは、画像コマンドの説明をご覧ください。
画像のアップロードや削除は、ゲストルームでは、できません。
ユーザの方では、合計ファイルサイズ2MB(40KBの画像ファイルなら50個、 1KBのgifファイルなら2000個くらい)までで、 ファイル数に制限はありません。
アップロードされた画像ファイルは、 画像エリアにその名前で格納されます。 ファイル名に日本語は、使用できません。
トップページ中央上のメイン画像や各タイトル画像は、 画像エリアにアップロードした、 お好きな画像(gif/png/bmpも可)に差し替えられます。差し替えたい場合は、 感想で指定してください。(ユーザの方のみです。また、各タイトル名も変更できます。)
7. 事例タイトルは、novファイルの事例です。 ヴァヴェリ.nov 暗闇の家.nov 、あるいは、 サアルバの国.nov を、右クリック・対象を保存で、保存したのち、このファイルを選択すれば、 変換して、結果を表示することができます。また、保存したnovファイルが、 事例ですので、必要な小説コマンドがすべてそろっていて、テンプレートとしても、 ご使用になれます。タイトルや作者を書き換えて、 本文に自分の小説を書いてゆくだけです。プロロ−グやエピローグ、 ◇や1、2、3、などもそのままご使用になれます。 ここには、画像コマンドの画像表示もありますが、最初は、 小説コマンドだけで、小説を書いてゆけば、大賞等の受賞まで辿りつけます。 才能があっても、チャレンジしないと、永遠に辿りつけません。

小説コマンド 補足 説明

コマンド行:%で始まるコマンド(半角)がある行
コマンドは、%のあとの3文字のみ有効。
コマンド以降は、行末まで無視されます。
例外:行頭の全角スペースと%(ルビ)
% %と
(半角スペース)
その行、行末まで、すべて、コメントとみなされます。 メモ書きでも、参考事項でも、自由に書いておけます。 修正前の言葉とか、草稿の余白にいろいろ書くメモのことです。 コメントは、表示には、一切反映されません。
%new %new
(newlineの略)
改行されます。
これが出てこなければ、行は、すべて、つなげられます。
(唯一の例外が、次の、行頭の (全角スペース)です)
%newだけの行が、連続してあっても、改行は1度のみですので、 前もって、%newだけの行を、20〜40行コピーで作っておいて、 徐々に、小説で埋めてゆくと、書きやすいです。
  行頭の
 
(全角スペース)
改行してから、行が出力されます。
これが出てこなければ、行は、すべて、つなげられます。
%newだけの行が、連続してあっても、改行は1度のみです。
空行を作る際には、行頭の%newと行頭の (全角スペース)を 交互に繰り返します。
%(ルビ) %(と)で、ルビを挟みます。 つぎの熟語にルビが付きます。
コマンドは、すべて、行頭の%で始まりますが、唯一の例外が、 %(ルビ)で、どこにでも、置けます。行をまたぐことはできません。 ルビは、全角のみです。ルビのつけ方を、%( ル ビ)と空白を 入れたりできます。また、ルビが行をまたぐために、改行がおかしい場合は、 %(ル)%(ビ)と漢字ごとに分けて指定すると、直ります。
%indent %indent num
(numは半角数字)
インデント(字下げ)をnum文字分とします。
題名や著者名などの字下げに使用します。
字下げが終わったら、%ind 0としないと、もとに戻りません。
%vtab %vtab
(vertical tab
縦タブインデントの略)
見開き半ページ分、スキップします。
見開き1ページは、右10行、左10行に、それぞれページ番号が 振られていますが、その次ページへスキップします。
ちょうど10行目の場合は、なにもしません。
%formfeed %formfeed
(フォームフィード・改ページのこと)
見開き1ページ分、スキップします。
見開き1ページは、右10行、左10行に、それぞれページ番号が 振られていますが、右にいても、左の次ページへスキップします。
ちょうど左ページの10行目の場合は、なにもしません。
%mes %mes num メッセージレベルを指定します。
レベルが1や0なら、必要な状態メッセージとエラーのみ、 レベルが2なら、コマンドの指定等、 多めの状態メッセージも欄外に出力されます。
赤は、処理を中断したエラーメッセージ、 黒の出力は、エラーとなっても処理を続行したものです。 エラーと書かれていないものは、すべて、処理の進行を示すメッセージです。

画像コマンド 補足 説明

画像用のみです!
%jpg %jpg str
(strは、jpgの拡張子を含めたファイル名です。gif/png/bmpも可。)
画像エリアにある、画像ファイルを表示します。
画像ファイル名に日本語は、使用できません。 (文字列は、行末まで、すべて、含まれます。) 表示サイズのデフォルトwxhは、140x187です。 画像は、見開きの左ページか右ページに1つ表示できる程度です。 %jpg strの次行には、%vtaをおいて、 次ページへスキップして、行番号をリセットする必要があります。
%j_w %j_w num
(numは半角数字)
画像ファイルの表示サイズwを、numに変更します。
デフォルトは、140です。最大360まで指定できます。
%j_h %j_h num
(numは半角数字)
画像ファイルの表示サイズhを、numに変更します。
デフォルトは、187です。最大480まで指定できます。
%j_c %j_c str
(strは文字列)
画像ファイルのコメントの文字列を指定します。
画像の下に、表示される文字列で、 リンク先のA hrefコマンドを/aまでや日本語等、 あらゆる文字列を指定できます。 文字列は、行末まで、すべて、含まれます。
%j_l %j_l str
(strは文字列)
画像ファイルのリンク先の文字列を指定します。
画像そのものに、張られるリンク先の文字列で、 リンク先のA hrefコマンドの前半をすべて書きます。次にimg srcがくるので、 /aは書きません。 文字列は、行末まで、すべて、含まれます。

詩的コマンド 補足 説明

詩などでしか使用しないコマンドです。
%chars 1行目行頭の
%chars num
(numは半角数字)
(chars/lineの略)
1行の文字数をnum文字とします。
novファイルの第1行目行頭でしか指定できません。
numは、20〜44が指定できます。
デフォルトは、33です。
デフォルトの33が一番印刷しやすく読みやすいのですが、 大賞等の応募の際、たまに、 1ページ文字数を20×20限定のように指定されることがありますので、 このコマンドを使用します。
1ページの行数は、右10行、左10行の原稿用紙どおりで、変更できません。
%page 1行目行頭の
%page num
(numは半角数字)
開始ページ番号をnumとします。
novファイルの第1行目行頭でしか指定できません。
(%chaが指定されたときは、第2行目行頭も可。)
numは、奇数(右ページ番号)を指定します。 (num偶数の場合は、num+1から開始します。)
このコマンドにより、001.novと002.novをつなげて長編にしたりできます。 指定可能な開始ページ番号は、1〜9999の4桁までです。 見開きページで、右が1ページ目なら、左が2ページ目となります。 ページ番号は、クリックすると、右なら前ページへ、 左なら次ページへ移動できます。
%bla 1行目行頭の
%bla
(black and whiteの略)
背景を黒、文字色を白とします。
novファイルの第1行目行頭でしか指定できません。
(%cha/%pagが指定されたときは、第2/3行目行頭も可。)
詩などで、どうしても、背景黒で見せたい場合のみしか、使用しません。
%line %line +num
あるいは
%line -num
(numは半角数字)
現在ページの行番号を、+num増やしたり、-num減らしたりします。
%line -5とすると、そのページを、20行でなく、25行にできます。 詩などで、どうしても1ページに収めたい場合のみしか使用しません。
%foc %foc on
あるいは、
%foc off (focusの略)
%foc onで、文字色をブルーにして、%foc offで、黒に戻します。
%foc onは、フォーカスしたい文字行の直前に、 %foc offは、改行コマンド(%newや )の直後に指定します。
詩などで、歌っている行をフォーカスして見せる場合くらいしか、使用しません。

FAQ
Q:試用版やゲストでなく、正式ユーザとして、 サポートを受けながら、使用するにはどうしたらよいですか?
A: paypal を通じて、定期購読をお申し込みください。
月980円(毎月の自動支払い、税込み)です。 (クレジット可。海外からのご注文も可。手数料等一切無料。)
ご注文いただくと、 ユーザの方専用ディレクトリ・非公開URLを、 メールでお知らせします。 (ご注文時に、ご希望のユーザ名を英数字_15文字以上でご指定ください。)
1セット3作品までで、各novファイルサイズ500KBまで(見開き500ページ程度まで)です。

もう3作品が欲しい方は、2セットの定期購読をお申し込みください。 同一URLで、6作品を同時に扱えます。 3セットの定期購読も、同様に、9作品を扱えます。

タイトルの001.nov等やタイトル画像は、事例タイトルのように、 日本語名にリネームしたり、別の画像(gif/png/bmpも可)に変更できます。 いつでも、ご指定ください。

画像ファイルは、合計ファイルサイズ2MB(40KBの画像ファイルなら50個、 1KBのgifファイルなら、2000個くらい)までです。 ご注文のセット数に応じて、2倍3倍と増加します。 ファイル数に制限はありません。



お得な、1年分まとめて9,800円(1年ごとの自動支払い、税込み)もあります。

購読のキャンセルは、右下のボタンで、いつでも、お受けしています。 購読キャンセルなされても、 お支払い済みの期間の末日まで、正式ユーザでいられます。
お支払いオプション
ご希望のユーザ名 (英数字と_で15文字以上です)



バージョン履歴 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.0
Dec 12, 2017
Microsoft Windows版 (非公開)
NOVELYAN 1.1
Jul 22, 2018
画像コマンド追加
NOVELYAN 1.12
Nov 24, 2018
ネットワーク版リリース