オブライエンの孤独
               ポールロバートコイル
                
            プロローグ
             
 シャトルが1台、近づくと、ワームホールがひらき、シャトルは、そ
のまま吸い込まれるように、ワームホールの中へ入って行った。
「コンピュータ、方位410、マーク32」と、オブライエン。
「設定しました」と、コンピュータ。
「ワープを、最大出力にせよ!」
「ピュルピュル、ピッ」と、コンピュータ。
「パラダ星系までは?」
「1時間14分です」
「新しくファイルを作成しろ!オブライエン、個人日誌、宇宙暦475
81・2」
 オブライエンは、パイロット席で、話し続けた。



 

2

1
























































「過去、52時間に起こったことを、整理しておこう。誰がこの記録を
聞くのか━━━いや、そのときまで、自分が生きているかどうかも、分
からない」
 オブライエンは、立ち上がり、声を出しながら、考えた。
「彼らは、ぼくを、ってくるだろう。ぼくが、パラダ星系に行って、
警告するのを、彼らは、許すまい」
 そして、デュブリケータに、命令した。
「コーヒーを!ジャマイカンブレンドの、濃くて、甘いやつを」
「ピューピピピ」と、デュブリケータ。入れたてのコーヒーカップが現
れた。
「彼らの、正体は、分からない。今回の事件は、なぞに満ちたことだら
けで、分からないことばかりだ」
 オブライエンは、カップを手に、パロット席に戻った。
「なにが、どうなっているのか、さっぱり、分かりやしない。最初に気
づいたのは、これは、変だと思ったのは、いつだったろうか。今から、
思えば、そうだ━━━」
 
               ◇
 
「あれは、ステーションに戻ってきた、翌朝のことだ」

4

3
























































 オブライエンは、ベッドで寝返りをうつと、となりにケイコがいない
のに、気づいて、起き上がった。
 
               ◇
 
 キッチンテーブルで、モリーとケイコが朝食をとっていた。
 ドアがあいて、オブライエンが入ってきた。
「ずいぶん、早起きなんだな」と、オブライエン。
「ええ、学校の仕事が最近、たまっちゃっているから、今朝け さは、早く、
行こうかと、思って」と、ケイコ。
「でも、まだ、5時半だぞ?」
 オブライエンは、デュブリケータに、命令した。
「ジャマイカンブレンドの、濃くて、甘いやつを」
「ピューピピピ」と、デュブリケータ。
「読まなければならない、作文があるの」
「よく眠れたかい、モリー?」
 オブライエンは、モリーに話しかけた。
「あっちに行って!」と、モリー。
「パパに、おはようのキスは?」
「やだ」

6

5
























































 モリーは、室を出て行った。
「オレがなにをしたって、言うんだい?」
「ちょっと、機嫌きげんが悪いだけよ!」と、ケイコ。「子どもって、そうな
の!」
「ええ?」
「いちいち、気にしないで!」
 ケイコは、皿を片付け始めた。
「きのうは、何時に寝たんだ?」と、オブライエン。
「けっこう、遅かったわ」と、ケイコ。「あなた、よく、寝てたわね」
「ああ、ぐっすりだよ。今回の出張は、きつかったからね」
「なにを、やらされたの?」
「パラダ人かい?今度、行われる、和平交渉に備えての警備を、実際に、
やらされてね。へっ!もし、オドーが消えたら、たいへんだろうな」
「そろそろ、行ってきます」
「じゃあ、モリーは、ぼくが、保育園に送ってゆくよ!」
「いえ、いいのよ!いっしょに連れてゆくから!モリー!」
「学校へか?だって、作文を読むんだろ?連れっていっちゃ、読めない
だろ?」
 モリーは、走ってきて、ケイコに抱き上げられた。
「モリーに見せたいものが、あるのよ。バルカンのプログラムでね、子

8

7
























































どもの問題解決能力を、引き出すの」
「朝、5時半からかい?」
「朝は、頭が、シャキッっとしてるでしょ?」
「ふーん、ま、がんばって!」
「行ってきます」
 ケイコは、モリーを抱いたまま、玄関を出ていった。
 
               ◇
 
 ステーションのメンテナンスルーム。
 オブライエンが入ってきた。すでに、部下のひとりは、センサーでリ
レーをチェックしていた。
「どうしたんだ?」と、オブライエン。
今朝け さ早出はやでしたんです」と、部下。
早出はやでね。今朝け さは、だれもかれも、早起きだとみえる」
「は?」
「デカーティス、仕事熱心なのは、非常にありがたいんだが、この仕事
はな、オドーがベイジョーから戻るのを待って、やるつもりだったんだ。
和平交渉に備えて、セキュリティネットを再編成するのに、オドーを無
視するわけに、いかないだろう?」

10

9
























































「あ、でも、シスコ司令官は、かまわないからと」
「司令官が、始めていいって、言ったのか?私に相談もなく、そんなは
ずは、ない!」
「でも、そうなんです。私は、指示に従っているだけです」
「司令官に、確かめてくる」
「あの、チーフ?」デカーティスは、センサーをふった。
「続けておけ!」
 オブライエンは、司令部に向かった。
 
               ◇
 
 ステーションの通路。
 オブライエンは、立ち止まった。ベイジョーの人で混み合う通路の先
に、ケイコが、シスコと、立ち話をしていた。
 シスコは、話を終えて歩いてきた。オブライエンは、身を隠した。
 
 氷をまき散らしながら、飛行する、彗星すいせい
 その先に、宇宙に浮かぶ、DS9スディーエスナインテーション。
 カーデシアの3点脚の神殿造りつくり
 ディープスペースナインのタイトルコール。

12

11
























































            1
 
 ワープで航行する、シャトル。
「パラダ星系まで、あと、どのくらいだ?」と、オブライエン。
「53分です」と、コンピュータ。
「センサーを、ワームホール方位へ!」
「ピュピュピュ!」
「こちらへ向かった、ワープサインは、ほかにないか?」
「1つ、ワープサインを確認」
「ディスプレイしろ!」
 ディスプレイに、船影が映った。
「どこの船だ?」
「所属先、および、船名は、宇宙艦隊の、メコンです」
「そうか、やっぱりな!こっちが、ワープするのを、待ってたわけか。
ふん、ま、橋を渡らなきゃならないときも、あるかな?」
「その質問は、理解できません」と、コンピュータ。
「ああ、今のは、無視してくれ!」
 オブライエンは、話題を変えた。
「個人日誌に戻って、さて、とにかく、妙なかんじがしたんだ。でも、
あの時点でも、分からなかった。みんなの考え方は、まるで、ぼくに内

14

13
























































緒で、こっそり、パーティを計画しているような、そんな、かんじだっ
た。でも、ぼくの誕生日は、9月で、ほかにお祝いをするようなことは、
なにも、思いあたらなかった」
 オブライエンは、ブリッジを通り抜けようとした。
 キラー少佐と、ダックス大尉、ドクターベシアがいた。
「ああ、やっと、現れたぞ!」と、ドクターベシア。近づいてきた。
「ずっと、きみを、待ってたんだ!」
「なにか、ご用ですか?」と、オブライエン。
「きょうは、言い訳は、聞かないぞ!」
「言い訳ですって?」
「1時間以内に、医務室に来い!」
「なぜ、です?」
「定期健診だよ。ずっと、のびのびになっているぞ!」
「でも、きょうは、無理ですよ!」
「なにが、無理なんだ?司令官にも、許可をいただいてあるんだ」
「司令官に?なんで、そんな、余計なことを?」
「しかしだね、チーフ!いやがる気持ちも、分かるが、しかし━━━」
「お断りです。きょうは、忙しいんだ」
「いや、きょうこそは、受けてもらうぞ!いざとなったら、きみの上官
として、命令を出す!本気だよ!」

16

15
























































 そこへ、シスコが、現れた。
「どうか、したのか?」と、シスコ。
「ミスターオブライエンが言うには」と、ドクターベシア。「きょうは、
健診は、受けられないと」
「仕事は、都合して、受けてくれ!」
「司令官!」と、オブライエン。
「ドクターは、来週までに、スタッフの健康状態について、宇宙艦隊に
報告しなければ、ならない」
「了解!」と、オブライエン。そして、ドクターベシアに。「ちゃんと、
1時間後に、行きます」
 ドクターベシアは、医療室に戻っていった。
「司令官、すこし、よろしいでしょうか?」と、オブライエン。
 シスコは、うなづいて、司令官オフィスに入った。
「デカーティスは、きみが、おこっていたと」と、シスコ。
「いえ、おこっていたわけじゃ」
「きみが、おこるのも、当然だ。きみに、ひとこと、断っておくべきだ
ったな。私の、完全な、采配さいはいミスだ」
 シスコは、イスについた。
「なんとなく、カヤの外におかれた、気がしただけです」
「悪かったな。きみの報告を読んだが、パラダ人が、神経をとがらせて

18

17
























































いるようだな」
「ええ、少々、気にしすぎですよ。ま、12年も内戦状態にあったんで
は、仕方がないんですがね」
「ほかに、なにか、気づいたことは?パラダ人を迎えるのに、留意すべ
き点は、ないか?」
「いえ、ほかには、特に、ありません。報告に書いたとおりです」
「チーフ、報告書以外のことも、聞きたいね」
「はぁ?」
「報告書に書けなかったことでもいい。なにか、役にたつことは?」
 オブライエンも、座った。
「そうですね、なにか、あったかな?そういえば、1つ、気づいたこと
があります。お役に立つかどうか、分かりませんが。パラダ人には、体
臭があるんですよ。そのにおいは、皮膚から出るもののようですが、気
分で、変わるんですよ。おこると、体臭が強くなるんです」
「そうか。じゃ、おこらせないようにしよう」
「そうですね」
「あちらの指導者からは、定期的に連絡が入るんだが、セキュリティに
関しては、細かい注文が来ているよ」
「私が見ましょう!」
「もちろん、最終的には、きみに見てもらいたいがね。現場の作業は、

20

19
























































部下にまかせても大丈夫だろ?それより、大問題があってね」
「なんです?」
「上部目標塔が、また、ダウンしたんだ」
「そんな、バカな!戻ってきて、チェックしたばかりなのに!圧力ロッ
クも、正常に機能していたんですよ!」
「もう、一度、見てくれ!今朝け さも、ボリアンの貨物船を、牽引けんいんする騒ぎ
だったよ」
「大きな故障のはずは、ありません。サブシステムは、ぜんぶ、私が作
ったんです。すぐに、取りかかります」
 オブライエンは、立ち上がって、ドアに向かった。
「その前に、健診を受けてこい!」
「了解」オブライエンは、開いたドアの前に立った。「ところで、今朝け さ
学校の前で、妻と、お話しになっておられましたね?なにか、あったん
でしょうか?」
「ああ、ジェイクの成績のことで、ちょっとね」
「ふーん、そうですか、それは、たいへんですね。でも、ジェイクは、
いい子だ。勉強すれば、すぐ、追いつきますよ」
「どうもありがとう」
 オブライエンが出てゆくと、シスコは、報告書のパッドを持ち上げた。
 

22

21
























































               ◇
 
 医務室。
 ドクターベシアは、オブライエンの頭を、センサーで調べていた。
「まだ、かかるんですか?」と、オブライエン。「体じゅうの穴に、検
査機械を突っ込んだ上に、新しい穴まで、あける気?」
「めまいはしない?」と、ドクターベシア。「つい、寝過ごす、体がだ
るい、すぐ、ハイになる?」
「全部、あてはまりますよ!とくに、最近、すぐに、ハイになっちゃう
ことが多くて!」
「おい、まじめに!」
「ねぇ、ドクター!悪いところが見つかるまで、医務室を出さないつも
りですか?ぼくは、健康なんですよ!」
「目は、大丈夫?耳は?頭痛は?」
「頭痛なら、今、頭が、どんどん痛くなってきたとこですよ!」
 ドクターベシアは、センサーを置いて、パッドに記録した。
「短気な性格。ちょっとした挑発で、すぐに、カッとなりがち。ただし、
正常の範囲内ではある」と、ドクターベシア。
「楽しそうですね、ドクター」と、オブライエン。
「どうやら、きみは、医者が嫌いらしいね」

24

23
























































「ぼくが嫌いなのは、医者じゃない!あなたですよ、ドクター!」
「ま、きみの冗談のセンスは、正常らしい!」
「そんな、センスはありませんよ!」
 ドクターベシアは、オブライエンの背中に手をおいた。
「せきをして!」
「ごほん!ごほん!」と、オブライエン。
「夫婦仲は?」
「そういう冗談は、お断りです」
「せきをして!」
「ごほん!」
「ほんとうに?」
「そんなことは、宇宙艦隊とは、関係ないでしょう?」
「ご両親は、健康かな?」
「なに言っているんです!母が、2年前に亡くなったことを、知ってる
でしょ?」
「そうだっけ?」
「春に、おやじが再婚したとき、グチを聞いてくれたじゃないですか!
お父さんの幸せを考えてやれと言ったのは、ドクターでしょ?」
「そうだった、思いだしたよ━━━」
「もう、終わりですか?」

26

25
























































「いや、まだだ。あと、ひとつ、ふたつ、検査が残っている」
 オブライエンは、立ち上がった。
「いい加減にしてくださいよ!こんなに長くかかる、健診なんて、初め
てだ!死にかけてるわけでもないのに、なんで、こんな、しつこく━━
━」
 オブライエンは、なにかに気づいた。
「待てよ、じゃ、もしかしてそうなのか?まさか、オレは、どこか、悪
いんですか?だから、みんなが、あんな態度で━━━」
「大丈夫だよ、チーフ!」と、ドクターベシア。
「検査結果は、すべて、正常。もう、帰っていいよ」
「ふぅー」
 オブライエンは、医務室を出て行った。
 ドクターベシアは、パッドを見ながら、不思議な表情になった。
 
               ◇
 
 ステーションのプロムナード。
 ベイジョーの人々や、異星人が行きかっていた。
 オブライエンが歩いていると、ジェイクに、呼び止められた。
「あ、チーフ!」と、ジェイク。

28

27
























































「やぁ、ジェイク」と、オブライエン。
「お願いがあるんです!」
「どんな、ことだい?」
「課題で、亜空間トランシーバーを作っているんですけど、どうやった
ら、エミッタークリスタルが動くのか、分からないんです」
「ああ、亜空間トランシーバーか。ぼくも、きみぐらいの頃、作ったよ。
いいよ、見てあげよう」
「だけど、奥さんから、しかられませんか?ケイコ先生から」
「一応、ケイコには、言うけどね。平気だろ。それに、課題をがんばれ
ば、成績だって、上がるだろうからね」
「いえ、オールAですよ!でも、下がりたくないから!」そう言って、
ジェイクは、去っていった。
 オブライエンは、立ち止まって、かすかな違和感を覚えた。








30

29
























































            2
 
 上部目標塔の修理通路。オブライエンが、ひとり、修理をしていた。
「ジェイクの成績のことは、ウソだったが、目標塔の故障は、ほんとう
だった」と、オブライエンの声。個人日誌に。
「しかし、妙な話だ。新しく付け替えておいた、圧力ロックは、正常に
動いているのに、故障の原因は、ほかの箇所のはずだ。調べてみたが、
原因を突き止めるには、しばらく、かかりそうだった。パラダ人を迎え
るため、セキュリティを整備しなくてはならなかったのに、私は、修理
に、手一杯だった」
 
               ◇
 
 ステーションの通路。
 デカーティスは、パラダ人用ゲストルームの前のパネルで、作業して
いた。
 オブライエンが、歩いてきた。
「どうだ、デカーティス?」と、オブライエン。
「チーフ!目標塔の修理は、終わったんですか?」と、デカーティス。
「いやぁ、まだだ。休憩に出るついでに、寄ってみたのさ」

32

31
























































 デカーティスは、パネルを閉じた。
「すべて、予定通りです。パラダ人が泊まる室は、すべて、チェック済
みです」
「よし、あけてみろ!私が、確認する」
「ああ、それは、できません」
「これは、命令だ!」
「あ、でも、あけると、緊急事態が、発令はつれいされてしまいます。アクセス
コードは、キラー少佐しか━━━」
「オブライエンより、キラー」と、オブライエン。胸の通信バッジに。
「どうしたの、チーフ?」と、キラー少佐。通信バッジから。
「パラダ人の室の、アクセスコードを教えてください」
「チーフ、そこで、なにをしている?」と、シスコ。通信バッジから。
「司令官!」と、オブライエン。「私は、先週一杯かけて、ここのセキ
ューリティを考案したんです。だから、最後の確認を━━━」
「それより、上部目標塔の修理を、急げ!そちらが、優先だ!分かった
な?」
「分かりました」
 オブライエンは、デカーティスを見てから、なにも言わずに、歩いて
いった。
 デカーティスは、オブライエンがかどを曲がってから、パネルにコード

34

33
























































を入力して、室に入った。
 オブライエンは、通路のかどから、その様子をうかがっていた。そして、
不思議そうな顔をした。
 
               ◇
 
 ステーションのプロムナード。
 オブライエンは、歩いていると、ジェイクに呼び止められた。
「チーフ!」と、ジェイク。「亜空間トランシーバーのインバーターは、
これで、いいの?」
 オブライエンは、渡されたインバーターを手に取った。ふたりは、歩
きながら、話した。
「ハハ、どこで、見つけた?」と、オブライエン。「子どもの頃は、よ
く見た、モデルだが」
「複製したんです。図書館の、ものすごく古いデータファイルに、デザ
インがのっていたから」
「ものすごく古いファイル?」
「すいません!ぼく━━━」
「いいんだよ、気にすんな!それじゃ、きょうの夜、ぼくのうちに来な
いか?組み立てるのを、手伝うからさ」

36

35
























































「ええ、うかがいます」
「ジェイク、ぼくが、ガンマ宇宙域に行っていたあいだ、ステーション
で、なにか変なことが、なかったかい?」
「ジェイク!」と、キラー少佐。プロムナード上部の手すりから。「お
父さんが、捜してたわよ。今、うちに帰られたわ。大事な話があるみた
い」
 ジェイクは、立ち止まった。
「じゃ、今夜」と、言って、ジェイクは、帰っていった。
「修理のほうは、どうなの?」と、キラー少佐。オブライエンに。
「ええ、順調にいってます」と、オブライエン。
 キラー少佐は、戻っていった。
 
               ◇
 
 上部目標塔の修理通路。オブライエンが、ひとり、修理をしていた。
「その日、一日を、私は、修理に費やした」と、オブライエンの声。個
人日誌に。
「わらの中から、針をさがす作業、ついに、RFパワーコンジットに、
ひびを見つけた。どうして、システムの、こんな深いところが、こわれ
るのか?誰かが、わざとやったとしか、思えなかった」

38

37
























































 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 ドアがあいて、オブライエンが帰ってきた。
「疲れた?」と、ケイコ。テーブルに、飲み物を運んできた。
「ああ、きょうは、もう、ぐったりだよ」と、オブライエン。ソファに、
座った。
「食事の前に、すこし、休む?」
「いや、ジェイクが来ることに、なってるんだ。課題を、手伝う約束で
ね」
「あ、それなら、司令官から連絡があったわ。ジェイクは、気分が悪い
から、来られないって」
「ほんとか?さっき、会ったときは、元気だった」
「でも、子どもって、そういうものよ。きっと、学校帰りに、プロムナ
ードで、変なものでも、食べたんでしょ?」
「モリーは、どうした?」
「きょうは、フレデリックソンさんのお宅に、おとまりよ」
 オブライエンは、立ち上がり、テーブルで食事の用意をしている、ケ
イコに近づいた。

40

39
























































「じゃあ、今夜は、ふたりきりだな」と、オブライエン。
「あ、料理が冷めないうちに、いただきましょ!」
「レプリケータが、あたためてくれるよ!いいだろ、おいで」
 ケイコは、目を見開いて、オブライエンを見ていた。
「どうしたんだ?」
「いえ、なんでもないんだけど、その気になれないの。なんだか、疲れ
ちゃって」
「分かった。じゃ、食べよう!」
 ケイコは、レプリケータを操作して、料理をテーブルに並べた。ふた
りは、テーブルについた。
「これ、なに?」と、オブライエン。
「フリカンドシチューよ」と、ケイコ。
「でも、きみは、嫌いだろ?」
「好物でしょ?」
「そりゃ、ぼくはね」
「今夜は、あなたの好きなものに、しようと思って。出張中は、向こう
が出すものを、食べさせられるでしょ?あとは、エンダイブのサラダと、
デザートは、甘いフランよ」
「そうかい。やさしいね!ありがと!」
 ケイコは、サラダを食べ始めた。

42

41
























































「きみは、シチューは?」
「わたしは、サラダだけで、いいわ!」
「サラダだけ?」
「お昼が、遅かったから━━━」
 オブライエンは、皿に盛られた、シチューを、フォークでほぐした。
「食べないの?」と、ケイコ。
 オブライエンは、シチューをひと口、口へ持っていった。それを、ケ
イコが見つめていた。
「やっぱり」オブライエンは、食べないで、フォークを置いた。「すこ
し、休んでくるよ」
「ひと口も食べてないのに?」
「ああ、そうだな、疲れすぎてて、食べたくないんだ」
「シチューになにかが、入っていたかどうかは、分からない」と、オブ
ライエンの声。個人日誌に。「あとで、調べてみようと思って、行った
ら、ケイコが、もう、捨ててしまっていた。でも、これだけは、言える。
目の前にいる、この女は、私のケイコでは、なかった」





44

43
























































            3
 
 ワープで飛行する、シャトル。
「コンピュータ」と、オブライエン。パイロット席に、ついた。
「オブライエンの個人日誌を、ひらけ!最後の、言葉を、再生!」
「でも、これだけは、言える」と、再生音声。「目の前にいる、この女
は、私のケイコでは、なかった」
「その通りだ。ケイコじゃない━━━」
 オブライエンは、気をとりなおした。
「日誌を、再開!その夜は、よく、眠れなかった」
 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 薄暗い居間で、オブライエンは、コンピュ-タに向かって、作業して
いた。
「私は、ケイコが寝るのを、待って、調査を開始した」と、オブライエ
ンの声。
「しかし、調べるといっても、なにを調べればいいのか?私は、必死に、
なにか、異常がないか、いろいろな仮説を立てて、さがした」

46

45
























































「スキャン終了」と、コンピュ-タ。「未知の微生物は、探知されませ
んでした」
「生物体に対して、影響力を持つ、化学物質の痕跡こんせきは?」
「そのような、化学物質の痕跡こんせきは、まったく、探知されません」
「じゃあ、未知の化学物質は?」
「探知されません」
「内部EMセンサーグリッドに、アクセスせよ!」
「完了!」
「低周波通信の痕跡こんせきを、スキャンしてみてくれ!」
「スキャン終了!低周波通信の痕跡こんせきは、ありません」
「ニューロウェーブパターンに、異常は?」
「ありません」
「テレパス活動の痕跡こんせきは、ないか?」
「ありません」
 オブライエンは、ため息をついた。
「コンピュータ、宇宙暦47550から47571までに、ステーショ
ンに到着した船を、すべて、ディスプレイせよ!」
「ピピピ」と、コンピュータ。
「ガンマ宇宙域からは?」
「おたずねの期間には、ガンマ宇宙域からの船は、一隻も、来ていませ

48

47
























































ん」
 オブライエンは、立ち上がり、レプリケータの前に行った。
「コーヒー!ジャマイカンブレンドの、濃くて、甘いやつを」
「ピューピピピ」と、デュブリケータ。入れたてのコーヒーカップが現
れた。
「少し、飲みすぎだぞ、オブライエン」シスコのものまねで。
「でも、仕方ありませんよ!」
 また、ソファのコンピュータの前に座った。
「よし、コンピュータ!」
「ピュルピュル」と、コンピュータ。
「ステーション日誌を、日付順に、再生してくれ!宇宙暦47550以
降のものから、頼む!」
「どの仕官が記録したものか、特定してください」
「指令は、全員のだ」
「音声?それとも、文書で?」
「音声で!」
 ステーション日誌の再生が、始まった。
「ステーション日誌、宇宙暦47552・9」と、シスコの声。
「ガプタ将軍が、じきじきにカーデシアの動きを、視察に訪れた」
 オブライエンは、ソファーに座ったまま、聞いていた。

50

49
























































 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 ステーション日誌の再生が、続いた。
「非武装地帯のいくつかで━━━」と、シスコの声。
「現在までに、存在が報告されていない生命体を発見」と、ダックス大
尉の声。「分類上は、原生動物門に属する━━━」
「行方不明になったのは」と、シスコの声。「ベイジョー7号星の3番
目の月付近で、捜索のため━━━」
「政府のお偉方えらがたなんて」と、キラー少佐の声。「結局、なんにも分かっ
て、いないのよ!到着する船を、すべて検査しろだなんて━━━」
「1700時の時点では」と、ドクターベシアの声。「なんの問題もな
く、正常に機能しているようだ。私の見るところでは━━━」
「カーデシアも、協定を破るつもりは、ないようだ」と、シスコの声。
 オブライエンは、ソファに横になって、聞いていた。
「アクセスが拒否されました」と、コンピュータ。
 オブライエンは、起き上がった。
「拒否?」と、オブライエン。「どこへの、アクセスなんだ?」
「宇宙暦47569・4以降の日誌へのアクセスは、限定されています」

52

51
























































「オレが戻った日だ━━━アクセスの限定範囲は?」
「レベル1の、セキュリティクリアランスの保有者にです」
「オレは、レベル1だぞ!」
「セキュリティコードナンバーの、入力を!」
 オブライエンは、ナンバーを入力した。
「アクセスが、拒否されました」と、コンピュータ。
 オブライエンは、拒否された画面を、じっと見つめた。
 
               ◇
 
 ブリッジ。
 オブライエンは、ブリッジまで来ると、はじごを降りて、メンテナン
スパネルをはずして、作業を始めた。
 通りかかった、デカーティスが、声をかけた。
「手伝いましょうか、チーフ?」と、デカーティス。
「いや、これで、上部目標塔は、午前中には、動くと思う」と、オブラ
イエン。
「そうですか、さすがですね!」
 デカーティスは、歩いていった。
「コンピュータのサブルーチンには、いくつも、ワナが仕掛けてあった」

54

53
























































と、オブライエンの声。個人日誌に。
「もし、私がファイルに侵入したら、すぐ、分かるようにだ。だが、そ
んな、ワナを、かいくぐることくらい、私には、なんでもなかった」
 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 オブライエンは、戻ってきて、居間のコンピュータの前に座った。
「隠された日誌を読んでも、疑問は解けなかった」と、オブライエンの
声。個人日誌に。
「おそれていたことが、起きてしまっていた。彼らは、パラダ人のセキ
ュリティに関する、私の報告書を読み、徹底した分析をおこない、その
上、私の個人日誌にまで、侵入していた。妻への、ラブレターを読んで、
楽しんだだろうか?パラダ星系からの極秘通信には、シスコは、なんど
かエントリーしていた。しかし、通信の内容を、示唆するデータは、な
かった。私がセキュリティを乗り越えて、侵入してくるのを、見越して
のことだ。あなどれない、敵だ」
 
               ◇
 

56

55
























































 ステーションの到着ロビー。
 ベイジョーからの船から、人々が降りてきた。
 オドーは、オブライエンを見つけた。
「チーフ!」と、オドー。
「問題が起きてね!」と、オブライエン。「話があるんだ」
「帰ってきた、途端とたんにか!」
 通路の脇で、オブライエンは、オドーに言った。
「ジェイクを除いて、ほかのみんなは、別人らしい。誰を信用していい
のか、途方にくれているんだ」
「彼らは、あなたを、マークしてます?」と、オドー。
「たぶんね。質問をしてまわったり、コンピュータをいじったりもした
からね。きっと、目をつけられて、いるだろう。艦隊に、連絡するんで
も、なんて、言うんだ?妻の様子がおかしい、とか、司令官が、自分に
相談しないで、仕事をするとか?」
「そうしたら、艦隊のほうから、司令官に問い合わせが入るでしょうね」
「そうなったら、まずいでしょ?」
「パラダ人が着くのは?」
「38時間後だ」
「ああ、この問題が解決するまでは、来られちゃ困りますね」
「同感だ」

58

57
























































「じゃ、仕事に戻ってください。敵の注意を、引かないようにしないと。
私も調べてみます。もし、チーフの疑っているとおりだったら、宇宙艦
隊とベイジョー当局に、同時に通報しましょう」
「頼りは、きみだけだ」
「かならず、真相は、あばきます」
 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 オブライエンは、戻ってきた。
「私は、やっと、ひと安心した」と、オブライエンの声。個人日誌に。
「ついに、味方ができたんだ。あとは、待つしかなかった。だが、私は、
この、待つというのが、できない主義なんだ。そこで、次に起こるであ
ろうことにそなえて、準備を始めた。打つ手は、まだ、いくつかあった」
 オブライエンは、いくつかのパーツを組み合わせて、閃光弾せんこうだんを作った。
 
               ◇
 
 ステーションのプロムナード。
 オブライエンは、クワークの店の2階のテーブル席にいた。

60

59
























































 下のフロアでは、ダーボが出て、大騒ぎだった。
「まぁ、あんたに勝ち目は、ないね!」と、クワーク。うしろから、近
づいてきた。
「勝ち目?」と、オブライエン。「いったい、なんのことだ?」
「言わなくても、分かるでしょ?顔色が悪いね、ちゃんと、寝てます?」
 オブライエンは、座ったまま、クワークのえりをつかんだ。
「いったい、なにが言いたいんだ、クワーク?」
「ラケットボールですよ!来週、どっかと、再試合でしょ?まだ、勝負
は、ついてないんすよ!」
 オブライエンは、クワークのえりを離した。
「まったく、短気で、困るよな」
 クワークは、オブライエンの向かいに座った。
「話題を変えよう」と、オブライエン。
「いいすよ」と、クワーク。「話題を変えましょう。そうだな、パラダ
人は、どうなってます?たしか、あした、来るんですよね?」
「パラダ人のなにが、知りたい?」
「新しいお客をつかもうと思ったら、前もって、情報を集めておかない
とね」
「ああ、金儲けの秘訣ひけつ、第何条だ?」
「へへへ、かなり、あとの方だね、194条かな?」

62

61
























































「パラダ人のことが、知りたいなら、よそで聞け!」
 オブライエンは、立ち上がった。
「オドーより、オブライエン!」と、胸の通信バッジ。
「どうした?」と、オブライエン。通信バッジに。
「至急、私のオフィスへ!」
「よし、すぐ行く!」オブライエンは、店を出た。
「へ」と、クワーク。やれやれという表情。
 
               ◇
 
 ステーションのプロムナード。
 オドーのオフィスのドアがあいて、オブライエンが入ってきた。
「チーフの言う通りです」と、オドー。保安パネルの前に座っていた。
「なにか、分かったか?」と、オブライエン。
「座って!」
 オブライエンは、オドーの向かいに座った。
「パラダ人の過激派のこと、知ってます?」と、オドー。
「政治情勢については、詳しくないけど、12年間、政府軍と対立して
るって、聞いたよ。それが?」
「今回の事件の背後にいるのは、誰だと思います?」

64

63
























































「オドー、司令官の日誌には、パラダ星系から、極秘通信が入った記録
があった。あれは、過激派からの通信か?」
「じつのところ、そうなんです」
「じゃあ、パラダ政府とかわした、セキュリティ協定に、違反してるじ
ゃないか?それなら、和平交渉は、中止にするべきだ」
「それは、大人気ないと、思いますがね」
「なにが、大人気ないんだ?安全が保証できない以上━━━」
 オブライエンは、なにかに気づいて、オドーを見た。
「きみも、一味か?」と、オブライエン。
「なにを言うんです。私は、ただ━━━」
「いや、きみも、やつらの一味なんだ!」
 オブライエンが、ドアに向かおうとすると、シスコとキラー少佐が、
フェーザーを構えて、入ってきた。ドクターベシアも、いっしょだった。
「話し合う必要は、ないぞ!」と、シスコ。
「なにものなんだ?」
「危害を加えるつもりは、ないわ!」と、キラー少佐。
「すこし、落ち着いてください」と、ドクターベシア。鎮静剤を打とう
とした。
 オブライエンは、閃光弾せんこうだんを、床にぶつけて、破裂させた。
 オブライエンは、フェーザーで、ふたりの護衛を撃ち、逃げた。

66

65
























































            4
 
 ステーションの通路。
 フェーザーを構えた、オブライエンは、走ってきて、立ち止まった。
「コンピュータ!」と、オブライエン。胸の通信バッジに。
「ピュルピュル」と、コンピュータ。
「バッジにロックオン!私を、リオグランドに、緊急ビーム転送してく
れ!」
「今の命令は、実行できません。ステーション司令官に、援助を要請し
てください!」
 オブライエンは、胸の通信バッジを、通路脇に捨てた。
 
               ◇
 
 ステーションの通路。
 フェーザーを構えた、オブライエンは、走ってきて、立ち止まった。
 行く手を、フォースフィールドにはばまれた。
 オブライエンは、壁面にある、保安パネルをひらいて、通路マップを
出した。
「取り囲むつもりだな?」と、オブライエン。「フォースフィールドで

68

67
























































来るなら、フォースフィールドで返してやる!」
 オブライエンは、パネルを操作した。
「おのれ!オレをつかまえたいなら、全部、解除しないと無理だぞ!」
 通路のフォースフィールドが、つぎつぎに、設定されていった。
 そして、オブライエンだけは、通行可になった。
「ありがとさん!」
 オブライエンは、通路を進んだ。
 
               ◇
 
 ステーションの通路。
 フェーザーを構えた、オブライエンは、走ってきて、立ち止まった。
 ジェイクが、通路に出てきた。
「ジェイク!」と、オブライエン。「大丈夫か?」
「ええ」と、ジェイク。
「よかった!聞いてくれ!どうも、みんなの様子がおかしい。きみのお
父さんもだ。なにかが、起こったらしい。無事なのは、きみとぼくだけ
だ」
 ジェイクは、保安パネルのボタンを押して、通報した。
「ジェイクより、セキュリティ!チーフを発見!レベルH2、セクショ

70

69
























































ン5」そして、オブライエンに。「大丈夫ですよ、降伏すれば、助けて
くれます!」
 ジェイクは、別の通路へ、姿を消した。
 オブライエンは、壁面パネルをはずして、メンテナンス通路へ入り、
パネルを閉じた。キラー少佐が、通り過ぎた。
「捜せ!」と、シスコの声。
「なかいったいを、徹底的にさがせ!」と、オドーの声。「住民には、
外に出てこないよう、言っておくように!」
「了解!」と、保安員。
 オブライエンは、メンテナンス通路のはしごを、のぼっていった。
 手にしていた、フェーザーを落とした。
 最上階の倉庫に辿たどりついた。
 転送パネルを操作して、シャトルに自分を転送した。
 
               ◇
 
 シャトルのパイロット席。
 オブライエンは、転送されてくると、パネルを操作して、出発準備を
始めた。
「エンジンを停止せよ!」と、シスコ。スクリーンに、シスコ司令官。

72

71
























































「申し訳ございませんが、命令には、従えません」と、オブライエン。
「ステーションを出るのは、許さない!」と、シスコ。「繰り返す!た
だちに、エンジンを停止せよ!」
「もう、係留クけいりゅうランプは、解除してありまし、トラクタービームは、作
動しないはずです。私を引き止めることは、できませんよ!通信終了!」
 オブライエンは、スクリーンを消した。
「シールドを!」
 シャトルは、DS9から飛び立った。
 ステーションからのフェーザー砲が、シャトルに命中した。
「シールドは、大丈夫か?」
「シールド、71パーセント」と、コンピュータ。
 再度の、フェーザー砲で、シャトルが揺れた。
「警告!49パーセントに低下!」
「生命維持装置のパワーを、シールドジェネレータに転送!」
「転送完了!」
「シールドの状態は?」
「シールド、93パーセント」と、コンピュータ。
「エンジン全開!コース41、マーク330」
「了解」
「コンピュータ、艦隊基地410に、亜空間チャンネルをひらけ!最優

74

73
























































先で、ロールマン提督に!」
「どうぞ、お話しください!」と、コンピュータ。スクリーンに、ロー
ルマン提督。
「提督、マイルズオブライエンです。DS9のテクニカルチーフです」
「ええ、知っております」と、ロールマン提督。
「提督、現在、DS9では、緊急事態が起こっております。一種の乗っ
取り、クーデターがあったらしいのですが、パラダの和平交渉に関連し
ているようです」
「いいですか、オブライエンチーフ、DS9に戻りなさい!ただちに、
です」
「分かってらっしゃらないんですね?シスコ司令官をはじめとして、司
令部スタッフは、全員が、なんらかの影響力に操られ━━━」
「ただちに、船を戻し、帰還しなさい!身の安全は、保証します!」
 オブライエンは、亜空間通信を切った。
「自分の耳が信じられなかった」と、オブライエンの声。個人日誌に。
「まさか、宇宙艦隊すべてが、乗っ取られてしまったというのだろうか
?」
 オブライエンは、パネルを操作した。
「コンピュータ、コース設定!180、マーク31だ!ワームホールへ
!」

76

75
























































 シャトルは、近づくと、ワームホールがひらき、シャトルは、そのま
ま吸い込まれるように、ワームホールの中へ入って行った。
 
               ◇
 
 ガンマ宇宙域のワームホールの出口。
 ワームホールがひらき、シャトルが出てくると、再び、ワームホール
が閉じた。


            エピローグ
             
 ワープで航行する、シャトル。
「コーヒー!」と、オブライエン。デュブリケータに。「ジャマイカン
ブレンドの、濃くて、甘いやつを」
「ピューピピピ」と、デュブリケータ。入れたてのコーヒーカップが現
れた。
「パラダ星系まで、あと、どのくらいか?」コンピュータに。
「あと、1分20秒です」
追手おってとの差は、どのくらいだ?」

78

77
























































 オブライエンは、カップを手に、パロット席に戻った。
「現在の速度ですと、7分4秒です」
「じゃ、ワープから出たら、すぐ、追いつかれるのか?となると、どこ
で追いつかれるかが、問題っていうわけだ。コンピュータ!パラダ星系
で、最大の惑星は、なんだ?」
「パラダ4です」
「コースを、パラダ4に向けて修正せよ!」
「了解!」
「パラダ4に、月は、いくつある?」
「7つです」
「ラッキー7か!座標を出してくれ!」
「パラダ星系に、到着します!」
「通常エンジンへ!」
 シャトルは、月のひとつへ、向かった。
「追手のメコンは?」
「メコンは、ワープアウト後、こちらと同じに、コースを修正しました」
「狙い通りだ━━━メコンとの差は、どのくらいだ?」
「現在の速度ですと、メコンとこちらとの差は、2分1秒あります」
「速度を落とし、30秒後に追いつかれるように、修正してみてくれ!」
「エンジンを、0・4ポイント、しぼります」

80

79
























































「さぁ、鬼さん、こちらへ!」
「警告!極地の磁場に、入りました!これから、27秒間、センサーは、
作動しません。手動操縦に切り替えてください!」
「切り替えた!コンピュータ、エンジン全開!発進!」
「了解!操縦は、手動で、お願いします」
 シャトルは、月のひとつの軌道に入った。
「全エンジンを停止せよ!パワーシステムも停止!静止状態に入れ!」
「了解!」
「さぁ、どこにいるか、分かるか?完全に、見失ったようだな!さて、
どうするかな?オレは、かくれんぼの天才だぞ!遊んでるヒマは、ない
ってか?コンピュータ、メコンは、どこに向かっている?」
「41、マーク401です」
「どこだ、それは?」
「パラダ2です」
「パラダ2?なにが、ある?」
「地域を、特定してください!」
「コンピュータ、メコンに出入りする、転送を、すべてモニターしてく
れ!」
「メコンの転送装置が、作動しました」
「地表へ転送?」

82

81
























































「そうです」
「何人、転送した?」
「3人です」
「メコンに残ったのは?」
「いません」
「パラダ2へ、コースを変更!地表の3人がいる、位置の真上に、軌道
を設定してくれ!」
「ピピピ」と、コンピュータ。
「どうした?」
「メコンの3人が転送した場所に、マイルズオブライエンがいます」
「なんだって━━━そうか、そのニセモノが、みんなをたぶらかせてい
たわけだ!よし、コンピュータ!」
「ピュルピュル」と、コンピュータ。
「そのニセモノを、近くの別の場所に転送、同時に、オレを、ニセモノ
の場所に転送してくれ!」
 オブライエンは、さらに、付け加えた。
「コンピュータ、ついでに、1分前までの記憶の、転送も頼む!」
「警告!記憶の転送には、本人どうしの承認が必要です」
「ハハ、転送元も転送先も、マイルズオブライエンで、オレが本人さ!
記憶の転送を、承認する!」

84

83
























































「ピピ!本人であることを確認!1分前までの記憶も、同時に転送しま
す」
 
               ◇
 
 パラダ2の地下通路。
 オブライエンが、転送されてきた。
 オブライエンは、フェーザーを構えながら、センサーで調べた。
 ドアの前に来ると、あけた。
 そこには、シスコにキラー少佐、それにパラダ人が2人いた。
「まさか、裏で、過激派とつるんでいたとはね!」と、オブライエン。
フェーザーを構えた。
「それは、誤解だ!」と、シスコ。「武器を、しまうんだ!説明する」
「いやだ!それなら、そっちから、武器を捨てるんだ!早く!」
 シスコとキラー少佐は、武器を床に捨てた。
「おまえもだ!」
 パラダ人のひとりは、武器を捨てた。
「あのドアをあければ、すべて、分かってもらえます」と、もうひとり
のパラダ人。
「お仲間が、隠れているんじゃないのか?」と、オブライエン。

86

85
























































「いいえ、なら、私があけます」
「そこを、動くんじゃない!」
「こっちの言うことも聞いて!」と、キラー少佐。「わたしたちは、あ
なたの、敵じゃないのよ!」
「そうか?」と、オブライエン。
「お願いです。すべて、誤解も解けます」と、もうひとりのパラダ人。
「動くなって、言ってるだろ!」
 最初のパラダ人が、隠し持っていた銃で、オブライエンを撃った。
 オブライエンは、イスの上に、座るように倒れた。
 隣のドアがあくと、ドクターベシアが、転送で入れ替わった、本物の
オブライエンを診察していた。
「ドクター、来てくれ!」と、シスコ。
 ドクターベシアは、撃たれた、オブライエンをセンサーで調べた。
 本物のオブライエンは、起き上がって、ニセモノを見にきた。
「完璧じゃないか!」と、オブライエン。「ぼくに、そっくりだ!」
「自分が本物の気よ!」と、キラー少佐。
「心まで、本物と同じにしてあるんです」と、もうひとりのパラダ人。
「この複製の体には、和平交渉が始まれば、行動を起こさせる装置が、
しかけてあるんです。政府側の科学者がしたことです。複製の技術にか
けては、すごいですからね」

88

87
























































「なにを、やらせようとしたんだ?」と、オブライエン。
「確証はありませんが、おそらく、誰かの暗殺でしょう。われわれの代
表全員に━━━」
「政府内の内通者が、知らせてくれたのさ」と、シスコ。「出張中、き
みが、誘拐されて、複製にすりかえられたと」
「それ以来、ずっと、さがしていたんです」と、もうひとりのパラダ人。
「だが、どっちが本物か、分からない」と、ドクターベシア。「検査を
しても、数値は、まったく同じだし、ステーションの地理もよく、知っ
てるし」
「それで、あんなにしつこく、検査をしたんですか」と、オブライエン。
「やっと、分かりましたよ」
「あなたが、発見されるまで」と、キラー少佐。「彼が、セキュリティ
システムに、入らないようにしたの。なんで、こんな目に合うんだろう
って、思ったでしょうね」
「チーフが発見されたって、知らせが入った時には」と、ドクターベシ
ア。「彼は、逃げ出していた」
「なぜ、パラダに戻って、来たんでしょう?」と、もうひとりのパラダ
人。
「ぼくだったら」と、オブライエン。「ステーションに非常事態が起き
たとき、誰かに伝えようとするね」

90

89
























































「複製も、そうしようとしたんだ」と、シスコ。「危機を伝えにきたの
さ」
「ケイコ!」と、撃たれた、オブライエン。腕をのばして、オブライエ
ンの肩をつかんだ。
「ケイコがどうした?」と、オブライエン。
「彼女に、愛してると━━━」
 撃たれた、オブライエンは、死んだ。
 オブライエンは、悲しそうな目で、シスコとキラー少佐を見上げた。
 
               ◇
 
 オブライエンの室。
 キッチンテーブルで、モリーとケイコが朝食をとっていた。
 ドアがあいて、オブライエンが入ってきた。
今朝け さも、ずいぶん、早起きなんだな」と、オブライエン。「やぁ、モ
リー!フレデリックソンさんちは、どうだった?」
「楽しかった━━━」と、モリー。
 そして、デュブリケータに。
「ジャマイカンブレンドの、濃くて、甘いやつを」
 カップを手に、ソファに座った。

92

91
























































「モリーは、バルカンのプログラムを、気に入ったかい?」
「そうね」と、ケイコ。「モリーには、少し早すぎるみたいだったから、
モリーの好きな、積み木ブロックにしたの」
 ケイコは、オブライエンを、じっと見つめた。
「マイルズ、なぜ、バルカンのプログラムのこと、知ってるの?あなた
には、まだ、話してなかったはずよ━━━」
 
               ◇
 
 エンディングコール。
 ワープ航行する、星空の映像。
 雄大な、ディープスペースステーションの音楽。
 
 
 
                  (第二_四_二話 終わり)





94

93