バーニングマン
          原作:レイブラッドベリ
          J.D.フェイセルソン
           
            プロローグ
             
             
 オープンカーが、未舗装の道を、ほこりを上げて、走っていた。
「おばさん、体が燃えそうだ!」と、助手席の少年。運転している、ロ
ーリーに。
「もうすぐ、湖に飛び込めるわ、アンドレ!」と、ローリー。薄ピンク
のドレスに、薄ピンクの帽子を、スカーフでくくっていた。
「この気温の高さは、異常だ!38度くらい?」
「もっと、よ!ここ十数年では、もっとも暑い7月みたい」
 



 

2

1





             1
 
 そのとき、顔が埃だほこりらけの、ダニーが立ち上がった。ダニーは、57
になったばかりだった。服は、茶柄のネクタイに薄茶のスーツだったが、
やはり、埃だほこりらけだった。
「見てよ!」と、アンドレ。
 ダニーは、道の真ん中に出てきて、両手をあげていた。ローリーは、
車を止めた。
「止まるとは、驚いたね」と、ダニー。
「それは、こっちのせりふよ!」と、ローリー。「どちらへ?」
「どこでもいい!」そう言って、ダニーは断りもなしに、後部座席に乗
り込んだ。「さぁ、行くんだ!逃げるんだ!」
「何から?」
「太陽に決まっているだろ!」ダニーは、上を指さした。「頭をやられ
るからな!」
 ローリーは、ふたたび、車を走らせた。
「もっと、スピードを出せないのか?風を感じたい!」
 アンドレが、ダニーの顔をじっと見ていると、ダニーは、ウインクを
した。ダニーは、前の座席に身を乗り出して、話し続けた。
「考えたことは、あるかね?イラつくのが、天候のせいなのか、どうか」

4

3





「どういう意味?」と、ローリー。
「きょうみたいに、暑いと、あらぬ妄想を、するもんだ。引き裂かれた
体の中から、悪魔が生まれるとか」
 ダニーは、後部座席にもたれた。
「今年は、17年セミが、生まれる年では?今年が?」
「知らない」と、ローリー。
「そうだよ。体で感じる。いいかね」ダニーは、また、前の座席に身を
乗り出した。「世界は、謎に満ちている。17年セミがいるなら、17
年人間が、いてもいい」
「17年人間?」と、アンドレ。
「そうだよ。24年人間とか、57年人間だって、いるぞ。人間が生ま
れる理由は、大人が結婚するからだというが、他の方法で生まれる人間
が、いるかもしれない。たとえば、セミのように」
「セミだって?」
「それに、生まれつきの悪人がいないとは、言い切れん」
 アンドレは、ローリーと、顔を見合わせた。そのとき、車の右後部タ
イヤがパンクした。ローリーは、車を止めて、タイヤ交換を始めた。
「どんな悪人ですって?」と、ローリー。レンチでナットを締めていた。
「生まれながらに、悪いやつ。生来の性悪さってものは、受け継がれる
んだよ」

6

5





「悪人は、死ぬまで悪いの?」と、アンドレ。
賢いかしこな、坊や。生まれつき天使のような、人間もいれば、年がら年じ
ゅう、偏屈なやつだっているだろうさ」
「考えもしなかった」
「今日みたいに、すごく暑い日の、照りつける太陽に、土から出たばか
りの、人間は焼かれてしまう。セミの幼虫のように、57年間も、地中
で待っていたんだ。目を覚まして、体を震わせ、あたりを見回して、暑
い土の中から、はい出してくる。しばらくすると、体がパックリと割れ
て、中から、若い肉体が現れて、言うんだ。ギラギラした目で、夏を味
わおう、と」
「なに?」
「夏を楽しむのさ!木を見てみろ!いい、夕飯ゆうはんだ。あっちに広がる草原
は、最高のごちそうだな。朝食には、ヒマワリがいい。屋根のタール紙
は、昼食だ。湖のそばの家には、ワインもあるぞ。ゴクゴク飲みほして、
心行くまで楽しんだら、体が真っ二つになる」
 ダニーのひとり舞台に、ローリーもアンドレも、あきれた顔をした。
 車は、タイヤ交換を終えて、走りだした。
「なんだか、のどが、かわいた」と、アンドレ。
「のどがかわいた、って?甘いな!」また、前の座席に身を乗り出して
きた。「50年以上も、暑い地中にいた男を、想像してみろ!生きられ

8

7





るのは、1日だ。のどのかわきも、激しいが、腹も、ぺこぺこだ。木や
花どころか、丸ごとケーキや、ぶ厚いステーキだって、食える。腹がい
っぱいになって、満足したら、ぶらつくかな。人間の肉の味は、どうだ
ろうな?」
「なんて?」と、アンドレ。
「人間だよ。煮たり、揚げたり、ゆでたり、男や女、子どもだって、な
んでも来い!歯を研いで、肉をしゃぶれ、ディナーが始まるぞ!」
「やめて!」ローリーは、腹を立てて、急ブレーキをかけた。後部座席
を向いて、言った。「降りて!」
「なぜ?」と、ダニー。
「早く!」
「ここで?」
「もう、ウンザリよ!」
「ここは、ちょっと」
「聖書もあるし、ハンドルの下には、フル装填の拳銃。座席の下には、
十字架。グローブボックスには、かなづちも。ラジエータには、3つの
教会の聖水を入れてある。熱い蒸気を浴びたくなきゃ、降りて!早く、
降りて!」
 ダニーは、突き落とされるように、車から降ろされて、道に尻もとを
ついた。

10

9





「頭のネジが、はずれたんじゃないのか?」と、ダニー。猛スピードで
遠ざかる車に。
 ローリーは、ダニーを、降ろして、ホッとした顔をした。
「頭にも来るわよ、あんな人!」
 アンドレが、後ろをふり返って見ると、ダニーが悪態をついていた。
「太陽にやられちゃう!」と、ダニー。「チクショウ!」ダニーは、上
着をぬいで、地面にたたきつけていた。



             2
 
「おばさん、別人みたいだったね!」と、アンドレ。
「わたしも、驚いた」と、ローリー。
「さっきの話、ほんとう?」
「まさか」
「全部、嘘だったの?」
「ほら吹きは、あの人よ!」
「そうかな?」
「嘘も方便なの。ああいう人には、特にね」

12

11





「そうか・・・もう一度。言ってみて!」
「嘘も方便よ」
「違うよ、聖書や拳銃の話だよ!」
「聖書もあるし、ハンドルの下には、フル装填の拳銃。座席の下には、
十字架。グローブボックスには、かなづちも・・・」
 ローリーもアンドレも、大声で笑った。
 
               ◇
 
 湖。木製の台から、飛び込むアンドレ。水中から、現れるローリー。
 ローリーとアンドレは、水着で水をかけあって、おはしゃぎだった。
 木陰で休む、ローリーとアンドレ。すでに、服を着替えていた。
「セミの声だ」と、アンドレ。「まさか、あの人の話、ほんとうじゃ、
ないよね?違う道で、帰れないの?」
「無理ね」
「何も、起きないといいけど」
「心配ないわ。行くわよ」
 アンドレは、ランチバスケットを車に乗せた。
 夕日の中を、昼と同じ道を、帰っていった。
「ほんとうだったらな」と、アンドレ。

14

13





「何の話?」と、ローリー。
「座席の下に、十字架さ」
 道端で、真っ白な服を着た、少年が手を振っていた。
 ローリーは、車を止めた。
「町へ行く?」と、白い服の少年。
「そうよ、あなたは、何してるの?」と、ローリー。
「ぼくは、トミー。ピクニックで、家族に置き去りにされた」
 トミーの服は、新品のように白く、ネクタイは茶柄だった。
「それは、かわいそうに」
「ひとりで、不安だった。ここ、こわいんだもん」
「乗りなさい!」
 トミーは、後部座席に座った。









16

15





            エピローグ
 
 夜。車は、ライトをつけて、走っていた。
 トミーは、おとなしく、座っていた。
 ローリーは、バックミラーで、トミーの姿を確認できた。
 トミーは、ローリーに、なにかを耳打ちした。
「なんて?」と、ローリー。
「なんなの?」と、アンドレ。
 車は、スピードが落ちて、止まった。スターターをまわしても、エン
ジンは、かからなかった。
 ローリーとアンドレは、後ろをふり返った。
「この世には、生まれつきの悪人がいると思う?」と、トミー。
 トミーは、笑い顔になった。
 ローリーとアンドレは、トミーを見ていた。
 車は、停車したまま、ライトが消えた。
 道は、他に誰も通らなかった。暗くなって、虫の声が響いていた。
 
 
                    (第一_八_二話 終わり)


18

17