(画像提供: ISFDB)

SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト!
presented by bilyzkid
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
1. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
2. サイト 内 検索 をリリースしました。
3. 郵便番号検索 をリリースしました。
4. 世界の国旗 をリリースしました。
5. 和暦⇔西暦・早見表 で、令和を新年号としました。
6. 広告ページを としました。
  ( ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    ページ、その他:広告なし)
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和
ブラザーサンシスタームーン ある日どこかで オールウェイズ SFミステリー
[、 ◇ or検索] ヒット 57 件です。
緑の世界 bilyzkid.com/FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
宇宙パ トロールの制服姿の、長身の若い青年が、降りてきた。 「いっしょに、連れて行ってくれるかい?」と、マクガリー。 「もちろん」と、宇宙パトロールの青年。静かに。「ここには、長く?」 「5年だよ!」マクガリーは、自分で大声を出していることに気づいた が、やめられなかった。 「そうですかたいへんでしたね!」と、宇宙パトロールの青年。「私 は、アーチャー中尉です。エンジンが冷えて、離陸できるようになった ら、すぐにでも、あなたを乗せてあげられます。とりあえず、アルデバ ラン第2惑星のカートヘイジへ行きましょう。そこで、別の宇宙船に乗 り換えて、どこでもお好きな場所へ行けます。なにか、すぐにでも、ほ しいものはありませんか?食料とか、水とか?」 24 23  マクガリーは、なにもこたえずに、頭をふった。食料とか、水なんて、 今は、ぜんぜん、重要ではなかった。  地球の緑の丘!そこへ、
ヴァンパイア bilyzkid.com/FB/Blood/
FSFFeb1955.jpg
50万年前だった。人類に代わって犬が人類のよう な文明を築いている社会であったが、まだ、ヴァンパイアは忘れ去られ ていなかった。一度、ふたりは、犬社会の娼婦の血をむさぼったが、す ぐに見つかって猟犬たちに追い立てられ、タイムマシンで、さらなる未 来へ逃れるしかなかった。 「止めてくれてうれしいわ」と、ドリーナ。溜息ためいきをついた。 「オレに感謝しないでいいよ」と、ヴェロン。「ここが、終点だ。燃料 切れなのさ。ここでは、おそらく、燃料のウランはすべて、鉛になって いて、見つからないよ。ここで生きてゆくしかない。あるいは━━━」  ふたりは、偵察のために外へ出てみた。 「見て」と、ドリーナ。ふたりのもとに近づくなにかを指さしていた。 「新しい生物だわ!犬は、滅ほろんだのよ。なにものかが支配して、ヴァン パイアは、忘れ去られたわ!」 4 3  こちらにやってくる生物は、テレパシーが
ケンタウロス bilyzkid.com/FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
戦 争を終わらせました。  その協定は、両民族ともに、それぞれの1個人が、その生涯にわたっ て、小惑星の1つを、ただ、1つだけを所有できるというものです」 「ああ、そのことなら、銀河連邦史で読んだことがあります」 「そうですか。その後、問題が発生したらしく、人族の方から連邦に、 馬族が、協定違反をしているという訴えがきています。存在しない馬族 の名前を使って、小惑星の権利を得て、取り分以上の鉱物を得ていると いうのです。  あなたの任務は、こうです。まず、馬族の惑星に行ってください。あ なたの身分は、商売人です。多くの商売人が訪れていますから、疑われ ません。馬族は、友好的で、問題はありません。地球の商売人として、 歓迎されます。人族の主張する、馬族が、馬族の正当な数よりも多い、 小惑星を所有することで、協定違反をしているという主張が、正しいの かそうでないのかを調査することです」 「了解しました」 「あなたの任務が完了して、惑星を離れたらすぐに、超光速通信で、私 に
パペットショー bilyzkid.com/FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
数十軒のメキシコ系アメ リカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町 のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT 型フォードで、通勤する方がよかったのだ。  国道の看板には、やや誇張して、こうあった。 「チェリーベル ポップ 42」  ポップことポップアンダースは、ハンバーガーショップを始めた人 で、去年死んだので、正確な数字は、41だった。  ホラーは、ロバにまたがってチェリーベルにやってきた。ロバをひい ていたのは、高齢の汚い服の、グレーのヒゲを生やしたトビネズミか採 掘工のような老人だった。この老人は、しばらくは誰も名前を聞けなか ったが、のちに、デイドグラントだと分かった。ホラーのファーストネ ームは、ガースだった。ガースは、背は、だいたい、9フィートあった が、体重は、100パウンドもないくらいやせていて、ほとんど杖のよ うな男だった。デイド老人のロバは、足が両サイドとも砂漠に埋まって しまっていても、らくらくとガ
バーニングマン bilyzkid.com/TZ/TheBurningMan/
FSFOCT85.jpg
ぶらつくかな。人間の肉の味は、どうだ ろうな?」 「なんて?」と、アンドレ。 「人間だよ。煮たり、揚げたり、ゆでたり、男や女、子どもだって、な んでも来い!歯を研いで、肉をしゃぶれ、ディナーが始まるぞ!」 「やめて!」ローリーは、腹を立てて、急ブレーキをかけた。後部座席 を向いて言った。「降りて!」 「なぜ?」と、ダニー。 「早く!」 「ここで?」 「もう、ウンザリよ!」 「ここは、ちょっと」 「聖書もあるし、ハンドルの下には、フル装填の拳銃。座席の下には、 十字架。グローブボックスには、かなづちも。ラジエータには、3つの 教会の聖水を入れてある。熱い蒸気を浴びたくなきゃ、降りて!早く、 降りて!」  ダニーは、突き落とされるように、車から降ろされて、道に尻もちを ついた。 10 9 「頭のネジが、はずれたんじゃないのか?」と、ダニー。猛スピードで 遠ざかる車に。  ローリーは、ダニ
ブラザーサンシスタームーン bilyzkid.com/SY/SunMoon/
FSFJUN72.jpg youtube39_16.bmp
 ブラザーサンシスタームーン  原作:ジョヴァンニディピエトロディベルナルドーネ  フランコゼフィレッリ、  リナウェルトミューラー  スーゾチェッキダミーコ、ケネスロス    プロローグ       1 0    ◇    1              (つづく) 3 2
世界の終わり bilyzkid.com/FB/TheEnd/
TheDudeMagazine.jpg
時間の流れという ものは、時間の場のひとつの属性にすぎん。  今、この機械は、過去から未来へ流れる時間の流れを逆にしたのだが、 場の内側にいる存在にとっては、すでに来てしまった未来は、過去に、 これから起ころうとする過去は、未来と捉とらえるしかない━━━それは あたかも」  納得のいかない生徒たちは、さらに、ざわつき始めた。 「ジョアンナ君、君の顔が、今、鏡のように左右反対になってしまって も、誰も気がつかないのと同じだよ。  あるいは、地球の歴史において━━━なんどか起こっているように、 地球のN極とS極が瞬時に入れ替わっても、渡り鳥たちにとっては、な んの支障もないのと━━━」  ジョアンナは、納得がいかないまま頬ほほに手をおくと、今朝け さ、右頬みぎほほに新 4 3 しくできたばかりのニキビがすっかり消えてしまっているのに気づいて 喜んだ。  しかし、その喜びは、長く続か
ミッキーふたたび bilyzkid.com/FB1/MitkeyRidesAgain/
PLANETNOV1950.jpg
彼は、ふたたび、ただの、小さ な、灰色のねずみで、板の穴から、ちょこちょこ、はい出てきた。ミッ キーは、おなかがすいていた。穴の近くにある、教授のアイスボックス の下には、チーズがあった。  太った、小さなネズミのミッキーは、ミニーと同じくらい太っていた。 ミニーは、教授の寛大さのせいでスマートとはいいがたい体型だった。 「いつも、ミッキー」と、オッペルバーガー教授。「アイスボックスの 下には、チーズがあるんだよ。いつもね」   2 1  たしかに、いつもあった。普通のチーズとは、限らなかった。ロキュ フォートやベアケース、ハンドチーズやカマンベール、時には、ネズミ が住みついているかような、ネズミにとっては、すばらしい楽園の味が する、輸入物のスイス産チーズであったりした。        (つづく) 4 3
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ bilyzkid.com/FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
あの女よ」  男は、1万回も同じことを聞かされた男がするように、ため息をつい た。 「キサマだってわかってるだろ?」と、男。「彼女は、なんの関係もな いって。ほんのすこしもね。キサマが、オレのやることにいちいち指図さしず したんだ。ほんのささいなことにも。オレはあやまる気はないね。また 同じことをするまでさ。  キサマだって、チャンスがあれば、同じことをするだろう。ただ、そ んなことのために、恥をかかされたくないね。オレの友人たちの前で」 「友人たちですって?あのヨタモノたちの意見の方が、アンタには大事 だっていうの?」 4 3  エピローグ    目もくらむ閃光と焼けるような熱気。  ふたりには、わかった。見えなくなった目で、互いの腕をとりあい、 残された数秒のあいだ、互いを絶望的に固く抱きしめた。最後の瞬間が、 今、重要なことのすべてだった。 「あいしてるよ」 「ジョン、ジョ
ティラノサウルス bilyzkid.com/FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
水が流れている湿地帯でさえも、同じだった。どろと水のすべりやす いどろ沼においても、やつらは、すばしっこかった。一瞬のいなづまの ように泳ぎ、くさった中空の丸太にすべりこんで、丸太をどかしたとき には、すでに、逃げたあとであった。  暗くなってきた。つぎの1歩を踏み出すのが苦痛になるほどの弱さ があった。彼は、100年間、空腹だったが、これが、最悪だった。し かし、彼を立ち止まらせたのは、弱さではなかった。彼をあやつるなに かがあって、それが、1歩1歩さえ苦痛であっても、彼を前進させてい たのだ。  大木の上の方に、なにかがいて、枝にぶらさがって、「ヤーヤーヤー」 と、あざけるように単調に鳴いていた。枝が弧を描いて落下してきて、 彼の頑丈な背中でバウンドした。攻撃なのか?一瞬、なにものかがむか ってくるかもしれないという期待から、闘争心が沸いた。  ぶつかってきた枝をまわして、ポキッと折ってこなごなにした。直立 姿勢で、大木の上の小さな挑戦者に、大声でほえた。しかし
囚人のピアノ bilyzkid.com/TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
リック。「古い曲を弾いたら、 過去の時代に戻ったんだ。最初は、どこかの公園で、次は、有名なクラ ブで、ピアノを弾いてた」 「ふん、ふん」と、医師。 「ビールも飲んだし、タバコの臭いもした。いかれている、と?」 「たぶん」 「好きな時代に、行けて・・・もしかしたら、そこに、とどまることさ えできるかもしれない」 「勘弁してくれ、オレには、つきあいきれん」  リックは、マッチをもらってきたことを思い出して、ポケットをさぐ った。ちゃんと、マッチはあった。 「治療をありがとう。また、いつか、会おう」リックは、医務室を出よ うとした。 「へい、どこへ行くんだ?」 「さぁね、どこかさ」  リックは、廊下を歩いて、監視人に訊きいた。 20 19 「エディは?」 「また、トラブルか?」と、監視人。 「呼んできてくれ!」  リックは、礼拝所に入ると、「やるぞ!」と、言った。 「いい考えだ!」と、サム
黄の悪夢 bilyzkid.com/FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
失うものはなにもない、ということに思いいたったからだっ た。  妻が、きのう、1日前にくれた誕生日プレゼントが、あまりにピッタ リだったのには、おもわず笑ってしまった。それは、新しいスーツケー スだった。妻は、さらに、誕生日を祝うために、7時にダウンタウンで 食事したいので誘ってほしいと言った。食事のあとで、どうなるかは、 妻には、想像もできなかっただろう。  彼の計画では、妻をかかえて、8時46分に家に戻る。正確な時刻に、 独身に戻ることは、彼の几帳面な気質を満足させた。妻を殺しておくこ 6 5 とには、ほかのメリットもあった。もしも、妻が生きたままだったら、 次の朝、起きたときに彼がいなければ、なにか心配して、警察を呼ぶか もしれない。しかし、殺しておけば、死体はしばらくは、見つからない だろう。たぶん、2・3日は。これは、さいさきのよいスタートとなる はずだ。    3  
気まぐれ bilyzkid.com/FB1/Experiment/
MLO4329.jpg
実 験を開始します。よって、物体は、私の手から消えたあと、3時5分前 に、台の上に出現します。それは、私がそこに物体をおいて、実験を始 めた、5分前です」 「どうやって、物体を台の上におくことができるのかな?」と、同僚の 教授のひとり。 「それは、私の手が近づくと、台から消えてからそこにおかれるため に、また、私の手の上に現れます。3時に、です。注意して、見ていて ください」  物体は、教授の手から、消えた。 4 3  それは、再び、タイムマシンの台の上に現れた。 「見ましたか?私が、それを、台の上におく、ちょうど5分前に、そこ に現れました!」  もうひとりの同僚の教授は、現れた物体を、疑わしそうな表情で見た。 「あなたが、台におく、5分前にすでに、物体は、出現しているわけだ から、もしも、あなたが、気まぐれで、物体を、3時に台の上におかな かったら、なにが、起こるかな?ある種
幻の指揮官 bilyzkid.com/ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
と、本物のベラナが、一歩、踏み出した。 「しっ!」と、ジェインウェイ。 「これからも、ずっと、友人だ。それは。変わらない」 「じゃ、なぜ、私を捨てるの?ひとりなんて、耐えられないわ!」 「誰か、忘れちゃいないか?彼には、きみがどうしても、必要なんだ」  離れたテーブルで、ひとり座っていたトムパリスが、ベラナに手をふ った。 「関係ない」と、ベラナ。「あなたと比べたら、ごみよ」 「うん、まぁね」と、ドクター。 「見ちゃいられない」と、本物のベラナ。ホロデッキを出て行った。 「ふっふ、それじゃ、医療室に戻って、アルゴリズムの分離にかかろう」 と、ハリー。セブンとともに、ホロデッキをあとにした。  ジェインウェイも、続いて、ホロデッキを出ようとした。  場面が変わって、風船で飾られた食堂。 「おめでとう」と、ホロデッキのジェインウェイ。みんなの前で、ドク ターに、勲章くんしょうを授与した。 「ありがとう、ございます。艦長」と、ドクター。「全能力をいかせる、 仕事をしたかった
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 bilyzkid.com/
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg FSFJul1953.jpg BDTMRTRNSF1975.jpg FSFJUN72.jpg
令和を新年号としました。 6. 広告ページを としました。  ( ページ:ネットゲーム・健康広告あり   ページ、その他:広告なし) or and 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 ◇ 令 和 ブラザーサンシスタームーン ある日どこかで オールウェイズ SFミステリー SFミステリー ☆原作:フレドリックブラウンより☆ 緑の世界   小さな子羊   ヴァヴェリ ギーゼンスタック家   ティラノサウルス 暗闇の家   サアルバの国 ☆DS9 番外編より☆ フェルマーの予想 ☆スペースドライバー☆ ☆VGRより☆ 幻の指揮官 ☆DS9より☆ 夢、遥かなる地にて ☆なつかしの日曜洋画劇場より☆ いつもふたりで
つくられた記憶 bilyzkid.com/ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
「いいや、必要としているとも!以前よりもっとね」  3    オブライエンは、朝仕事へゆく準備をしていた。 「なにしてるんだい?」と、イーチャー。 「仕事へ行くんだ」と、オブライエン。 「マイルズ、無理をするな、友人として君が心配でたまらないんだ」 「大丈夫、家族もいるし、仕事もある。こんな満ち足りた気持ちを味わ えるのは、20年ぶりだ」 「ほんとにそうかな?」  トランシーバが呼びかけた。 40 39 「シスコより、オブライエン、私のオフィスに来てくれ!」 「すぐ行きます」と、オブライエンは答えてからイーチャーに言った。 「なぜつきまとうのか知らないが、もう、関係ない」    ◇    オブライエンは、シスコ大佐のオフィスに入った。 「座ってくれ」と、シスコ大佐。 「君はきのう、ドクターベシアと大喧嘩をしたらしいな」 「いやぁ、あれは、なんでもありません」と、オブライエン。
ミッキーあらわる bilyzkid.com/FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
 ミッキーあらわる  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        ねずみのミッキーは、そのときは、ミッキーではなかった。  彼は、ほかと変わらぬ、ただの、ねずみだった。オッペルバーガー教 授の家の、ゆか板としっくいのうしろに住んでいた。教授の家は、以前 は、ヴィエンナとハイデルベルグの家で、ふたりは学者仲間のある強 力なものを、あまりに賞賛するがために、ドイツから亡命してきた。彼 らが賞賛したのは、オッペルバーガー教授ではなく、失敗に終わったロ ケット燃料の副産物として生じた、あるガスであった。このガスは、別 の目的としてみれば、大成功であった。   2 1        (つづく) 4 3   6 5
パターン bilyzkid.com/FB2/Pattern/
MLO347.jpg
まったく、効果がなかった。 1匹が、砂漠を横断しているあいだに落とされた水爆でさえ、ほんのか すり傷さえ与えられなかった。  彼らは、われわれには、なんの注意を払わなかった。 「それにさぁ」と、ミスメーシー。妹に。妹も、ミスメーシーだった。 というのも、ふたりとも未婚だったからだ。 「彼らは、どんな危害も加えないのが、証拠よ、そうでしょ?」 「わたしも、そう、望みたいわ、アマンダ」と、妹のミスメーシー。 「でも、見て、彼らは、なにかしているわ」  その日は、天気のよい日だった。すくなくとも、すこし前までは。空 4 3 は、明るいブルーで、巨人の人間そっくりな頭と肩は、1マイル上空で、 ほとんどくっきり見えていた。しかし、今、だんだんもやがかかってき た。ミスメーシーは、妹が上空を見ているので、いっしょに上を見た。 2匹の巨体が見えた。1匹が、タンクのようなものを手に、ゆっくりと
サアルバの国 bilyzkid.com/FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
その形は、時々刻々変化し、鳥であったり、剣であったり、 象であったりした。ごくたまに、雲は、彼以外は、だれも見たことのな いような形になった。彼は、その雲の形を、夢のなかの、サアルバの国 で見ていたのだ。サアルバの国では、パンは、星くずでできていて1 オンスが16ポンドで、時計は、暗くなると、逆に進んだ。  3    ふたりの女性が、その山に登った。そして、小屋のなかの彼のいると ころへ来た。ふたりの女性は、小屋のなかのものを見わたした。 「ここには、ないみたいだわ」と、年上の女性。「ここに、彼のサンダ ルがあると思ったのだけど、見あたらないわ」 「戻ってて、いいわよ」と、年下の女性。「すぐに、暗くなるわ。日が 昇ったら、わたしが、見つけておいてあげる」 「こわくはないの?」 「シェパードは、羊の世話をするものよ」と、年下の女性。 10 9  年上の女性は、来た道を、とぼとぼ
ボディスナッチャー bilyzkid.com/SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
どこへ?」と、ジャック。 「きみたち、自分の言っていることを、考えてみろ」ギブナーは、起き 上がって、笑いをこらえきれない、という顔をした。「死体が消えたっ ていうなら、まだしも別の体とか、複製とか、いったい、なんだ?」 「まともじゃないのは、分かるけど、事実なのよ!」と、リサ。立ち上 がって、声を荒げた。 「われわれそっくりの体なんだ。なぜ、信じない!」と、ジャック。 「みなが、精神異常?」と、リサ。 「そろって、幻覚を見たと、信じさせたいの?」と、ナンシー。  マシューは、ギブナーに話すのをあきらめて、ドアの外へ出た。 「私は、夜中に電話で呼ばれて、きみたちを助けに来ただけだ」と、ギ ブナー。 「悪かったよ。迷惑かけたなら、あやまるさ」と、ジャック。「だが、 あやまるのも、腹が立つ!」ジャックは、ドアノブをたたいた。ナンシ ーが、ジャックのコートをつかんで、止めに入った。「ナンシーをおこ らせたな!」  マシューは、テラスで外を見ていた。高層ビルや、ゴールデンブリ
地球人は出ていけ bilyzkid.com/FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
酸素量も少 しづつ下げられました。きみたちの肺組織は、容量をとても大きくする ことによって、少ない酸素量に対抗し、それで、きみたちの胸は、先生 や世話人たちと比べて、ずっと大きいのです。きみたちがじゅうぶん大 人になって、火星大気のような空気を呼吸できるようになれば、この違 いは、もっと見た目にも明らかになるでしょう。  きみたちの体は、毛皮でおおわれて、寒さに対抗できるようになりつ つあります。きみたちは、普通の人間ならすぐに死んでしまうような条 10 9 件下でも、快適に過ごせます。きみたちが4才のころから、看護婦や先 生たちには、きみたちにとっては普通の条件下でも、死なないためには、 特別な防護服が必要でした。  これからの10年で、きみたちは、大人になって、火星に完全に順応 するでしょう。火星の空気は、きみたちの空気になり、火星の植物は、 きみたちの食料になります。火星
夢、遥かなる地にて bilyzkid.com/ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
大丈夫」と、ベニー。 「裏で横になっている?」と、キャシー。 「外の空気を吸えば平気だ」と、ベニー。 「今夜のデートはどうするの?」 「迎えにゆくよ、10時頃」 「10時まで何してる?」ウィリーはキャシーに訊きいた。 「あなたと一緒でないことだけは確かね」    ◇   「いやあ、ブラザーベニー」暗い通りでベニーに声を掛けたのは、父親 そっくりの牧師だった。 「また、あんたか、私にいったい何の用があるんだ?」 「預言者の道を辿たどるのだ、預言者とともに歩めベニー、道を示してくれ る」 「道って、なんの?何を言っているのか、まるでわからない」 「書き記すのだ、ブラザーベニー、いつかその言葉が我々を、暗闇から、 正しき道へ、導くであろう!書き記すのだ、ブラザーベニー!書くのだ !」   54 53  ◇   「はい、ベニー」キャシーは、自室でタイプライターに向かったまま寝 込んでいたベニー
小さな子羊 bilyzkid.com/FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
ワインをグラスに注いで飲んだ。中断した 画えを見にいったが、画えは、完全に、間違っていた。なんの意味も、伝え ていない。線は、うまく描かいてはあるが、なんの意味も、まったく、伝 えていない。画えのキャンバスごとスクラップにして、最初から、やり直 すべきだった。もっと前にそう、すべきだった。なにかを成し遂げる 唯一の方法は、自分がなにか、間違えを犯したときに、きっぱりとした 態度で臨のぞむことだ。しかし、今夜は、なにもしたくなかった。  ブリキ製の時計が、11時半をつげた。まだ、おそくはない。なにも 考えたくなかったので、なにか読むことにした。なにか、詩とかが、た ぶんいい。本棚のところまで、行った。ブレイクがあった。それは、い つも、オレに、もっとも短いが、もっともすばらしい詩のひとつを、思 い出させた。「子羊」という詩。それは、いつも、オレに、ラムのこと を、思い出させた。   30 29
オーマイガー bilyzkid.com/FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
幸運 だったのは、単性生殖で生まれた子どもたちは、すべて、男性であった。  エピローグ   「マルシアが言うには」と、ラルストン夫人。「ヘンリーの心配は、ジ ョンのことらしいの。でも、理由がわからないって。だって、ジョンは、 あんなにいい子なんですものと言っていたわ」  そのとき、いきなり、ドクターグラハムが、ノックもなしに室に入っ てきた。顔は、まっ白で、目は、大きく見開かれ、同僚を見つめて、言 った。 「ぼくが正しかった」 「正しいって、なにが?」 6 5 「ジョンのことだよ。だれにも言ってなかったんだが━━━。昨夜のパ ーティーで、お酒を切らしたとき、ジョンがなにをしたと思う?」  ドクターラルストンは、まゆをひそめた。 「水をワインに変えたのかい?」 「ジンに変えたんだ。みんな、マティーニを飲んでいたんでね。さっき も、ジョンは、サーフボードなしで、サーフィンに行くとい
暗闇の家 bilyzkid.com/FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
 階段を引き返し、広間に戻って、階段の脇の右手の最初のドアを開け てはいると、そこは、ぜいたくな家具がおかれた、広いベッドルームだ った。すぐに、室を横切って、彫刻のある、うしろのベッドのところま で行って、カーテンをひいた。ベッドは、きれいに整えられていた。な めらかそうな枕の上にピンでとめたメモ用紙があって、そこには、女 性の手書きで、「デンバー、1909」と走り書きされていた。裏には、 別の手書きで、こんどは、きちんとしたインク文字で、代数方程式が書 かれていた。  静かに、この室を出ると、ドアの外でしばらく立ち止まって、広間の 暗い通路のむこうから聞こえてくる音に耳をすませた。  それは、男の低い声で、奇妙な発声法で単調に歌っていた。リズムも 単調で、まるで、仏教の経典きょうてんを詠唱しえいしょうているかのように、上がったり、 下がったりしたが、北欧神話で世界の終末をあらわすワード、ラグナロ クが繰り返し唱となえられていた。そのワードは、かすかに、どこかな
屋根の上の少女 bilyzkid.com/TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
 3    自宅に、ベビーベッドを持ち帰ると、キャシーの毛布を入れた。 「バカみたいだ」ポールは、自分がなにをしているのか、よく分からな かった。  夜。ポールは室で、服のまま、寝ていた。  じゅうたんの上を、はだしで、白の長い服を着た、少女が歩いてきた。 「きみは、だれ?なにを、している?」ポールは、急に、飛び起きた。 「トビー」と、少女。 「なに?」 「トビーに会わせて!」 「誰だって?」 「お願い!捜して!」 「トビーって?」  少女は、ななめ上を見た。 「シスターにしかられる。ベッドに戻らなきゃ!連れてって!」少女は、 左手をさし出した。  ポールは、おそるおそる、右手をのばして、少女の手に触れた。 「どうしたの?」 「手が冷たいね」 16 15 「お願い」  少女の手をつかむと、少女は、先に立って、ベビーベッドのところへ 行った。 「あの子がいないと、眠れない」 「トビー?捜し
アンドロメダⅡの来訪者 bilyzkid.com/FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
コウゲキ、そう、攻撃するぞっ ていう警告だってことをね」ファイブは、イスの下から這はい出てきて、 ドーベルマンの横で、トグロを巻いた。 「ファイブは、きみたちを傷つけないよ」と、ドーベルマン。「ぼくた ちのだれもね」 「そうッス!」と、リス。 「そうだよ、マック」と、ウシ。彼あるいは、彼女は、ドロシーにも 言った。「ベイビー、きみは、心配することないよ、今、心配している こと、すべてをね!おらは、家の中で、そそうしたりはしないよ!」口 の中で、静かにそしゃくしてから、結論づけるように、言った。「だか ら、なんの心配もいらないって!」  エルモスコットは、かすかに、身震いした。 「きみが考えるほどは、悪い事態には、ならないよ」と、ドーベルマン。 「ただの、言語上のお遊びみたいなものさ。あ、今、きみの心に1つの 26 25 疑問が浮かんでるね。この知性の高い生物たちは、ユーモアのセン
ナッシングシリウス bilyzkid.com/FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
 ナッシングシリウス  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      ハッピーにも、オレは、スロットマシンから最後のコインを取り出し て、数えていた。その間、ママは、小さな赤いノート━━━そう、オレ が呼んでいた━━━に数字を書き込んでいた。ご機嫌な数字だった。  そう、オレたちは、シリウス系惑星、ソアとフリーダのどちらでも ご機嫌なゲームができた。とくに、フリーダでは。2つの惑星の地球の 小さな植民地のやつらは、なんであれ、娯楽というものに、死ぬほど飢 えていて、一方で、金にはなんの意味もなかった。   2 1    ◇          (つづく) 4 3
ドール bilyzkid.com/XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
ダナは、電話を切って、警部に返した。 「相棒かい?」と。警部。 「ええ」 「立ち入ったことを、きいて悪いが、なにか、参考になるようなことで も?」 「いいえ」 「そうか」  軽快な音楽が鳴った。バディが、レコードをかけてしまったのだ。バ ディは、聞き覚えのある音楽の気がしたが、すぐにレコードをとめた。 「ボンザント警部、あ、ジャック?そう、呼んでいいかしら?ずっと、 考えていたんだけれど、もしかしたら、発想の転換が必要なのかもしれ ない」 「つまり、どういうことかな?」 「だから、そのぉ、規定の概念にとらわれることなく、あらゆる可能性 を検討するの」 「ああ、それは、かまわんが、あんた、休暇中だろ?」    ◇ 46 45    メリッサの家の子ども室。  ポリーが人形を抱いたまま、昼寝をしていた。ポリーのお気に入りの 軽快なレコード音楽がかかっていた。  メリッサは、子ども室に入って
ヴァヴェリ bilyzkid.com/FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
と、ハンク。シェイカーを傾けてグラスに注ぐと、氷が 楽しげに鳴った。  ジョージベイリーは、時間をかけてカクテルを飲んでから、店をあと にした。  外は、4月の雷雨で、ひさしの下で雨宿りして、タクシーを待つこと にした。老人が、同じように、雨宿りしていた。 「ひどい天気ですね」とジョージ。  老人は、ニヤリとして、ジョージに、訊きいた。「気がついたかね?」 「なににですか?」 「ちょっと、見ていたまえ、ミスター。ほんの少しで、わかるよ!」  老人は、立ち去った。空からのタクシーは、来なかった。ジョージは、そ こに立っていた。そのことに気づくまで、しばらくかかった。気づいた 時、アゴが落ちるほどビックリしたが、すぐにアゴを閉じて、居酒屋に かけこんだ。電話ブースに入ると、ピートマルベニーに電話した。  ピートにつながるまで、3回番号をかけまちがえた。 「はい」と、ピート。 「ジョージベイリーだよ、ピート。天気に気がついたかい?」 「ああ、さっきね。稲光いなびかりが光らな
天使は淋しい道を行く bilyzkid.com/TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
と、ナレーター。「キンブ ルが、すでに、自分の管轄区域を脱出していることを、知っている。3 2のベテランにとって、これは、耐え難い屈辱である。彼は、山岳地方 に踏みこんできた。しかし、ここには、担当の保安官がいる。クレイン は、協力という枠にとどまっていなければならない。しかも、山の中は 細い道が入り乱れ、別荘が、散在しているのだ」 74 73    ◇    山道で、トラックは、止まっていた。リチャードは、エンジンをのぞ いて戻ってきた。 「シスター、ほくも、パンクやらパイプの詰まったやつなら、直します が、燃料ポンプの故障は、とても無理ですよ。ともかく、人里の近いと ころでよかった。ぼくは、これから、丘を降りて、なんとかならないか、 きいてきますからね。ねぇ、シスター、まじめな話し、金も無しに、燃 料ポンプをひねり出すのは、容易じゃない。天の助けがほしいんですよ。 お祈りを、頼
終わり良ければ bilyzkid.com/FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
茶に変色していた。  痛みに叫び声をあげ、からだをねじって、燃えるように痛いところを 手で叩きながら、走り出した。前方の1本の木を目指して、おそろしさ に顔をゆがめながら、走った。燃えるような苦痛から、夜は赤く感じら れた。  よろめき、ほとんど目が見えないまま、走り、もがきながら服を引 き裂いていった。  これは、痛みだった。耳には、自分が発したに違いない叫び声が聞こ えた。  走れなくなると、這はった。もはや、はだかに近く、とりついているキ フたちも、わずかであった。必死にに逃げてきたために、軍隊キフたち の方向とは、じゅうぶん離れたところに来ていた。 34 33  しかし、強い恐怖と、耐え難い痛みの記憶から、さらに、進んだ。ひ ざは、むき出しで、もはや、這はうことさえできなかった。ふたたび、震 える足で立ち上がり、すこし、よろめいた。1本の木をつかんでは、か らだを押し出し、
眠れるステーション エムポックノール bilyzkid.com/ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
38 37 「了解」 「いえ、平気です。ノーグはチーフと。ガラックが敵を捕まえに行って くれましたから、安心しました」と、ボクタは言ってアマロと出かけ ていった。    ◇    ガラックは、医療室のコンソールパネルの前にいた。 「アクセス、却下。アクセス、却下。おい、なにか、他に言うことはな いのか?ないらしいな。アクセス、却下。アクセス、却下。アクセス、 却下。ばかのひとつ覚えだ」  ガラックは、背後に気配を感じて、身を隠した。医療室に、カーデシ ア兵士が銃を構えて、入ってきた。 「私に用か?」と、ガラックは保存室から身を起こして、カーデシア兵 士を撃った。 「いい気分だ。最高だ」  ノーグは、貨物室を歩きながら、修理中のチーフオブライエンに話し かけた。 「チーフ、なぜ、ガラックは、セトリックスリーにこだわるんです?」 「僕を、怒らせたいんだろ?」 40
SFミステリー ライトノベル風 bilyzkid.com/CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
Top 感想・ 感想の表示 (画像提供: ISFDB) 感想ありがとうございます。 以下の項目に、ご記入ください。 (全項目ご記入ください。 感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、 できるだけ、全角のみでお願いします。 メールの送信は、 をクリックしてください。) 作品名: ニックネーム: 感想: (画像提供: ISFDB) SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト) NOVELYst AutogeNerating dimensional space 試用版 ゲストルーム 原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト! presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ 1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。  表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。 2.出版
赤の悪夢 bilyzkid.com/FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
 赤の悪夢  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目がさめた。 最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、 タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横に なったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。  ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。 時計の夜光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、 パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見え た。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。   2 1  しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか? ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか? あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、とい
“スペーステロリスト”ターナロス bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
「図星だろ!キラ少佐!」 「私だって連邦には頼りたくない。でも、現状では」 「連中の与えた暖かなベッドに慣れたら、もう出られないさ。戦いの場 には戻れない!」 「それじゃ、私に連邦を裏切って、彼らを武力で追い出せって言うわけ ね?」 「違う、流血沙汰はもうごめんだ。本当だ。おれはこの先もう、誰も 傷つける気はない。だから、協力してくれ!」 44 43 「私をだましてたくせに、よく言うわ。これ以上、利用されるのは、も う、ごめんよ!」 「目的を果たすために、ワープできるシャトルが欲しい。君だけを頼っ てここまで来たんだ」 「どういう計画か聞きたいわ」 「あと一歩で、一滴の血を流すことなく、ベイジョーにとって理想の独 立国家を築くことができるんだ」 「方法は?」 「ふふ、リスクが大きすぎる、これ以上話すことはできない」 「この私がシスコに、言うとでも、思ってるの?」 「その時に初めて、
オールウェイズ bilyzkid.com/SY/Always/
FSFJul1953.jpg youtube39_16.bmp
 オールウェイズ  原作:デイビットベームチャンドラースプレイグ  ジェリーベルソン    プロローグ          ◇   2 1  1            (つづく) 4 3
聖なる神殿の謎 bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
コンピュータ。 「エンジンを停止する」 「現在、時速20キロまで、速度低下。ここには、大気があるわ」 「ワームホールの中に、大気が!」 「生命が存在してるかも、着陸したようね」 「いったい、どこに?」  シスコ中佐は、外へ出るとそこは暗く雷鳴がとどろき、地表は岩だ らけの荒涼とした大地であった。  ダックス大尉は、鳥がさえずり、木々が生い茂り、穏やかな日差しに 包まれた緑地に降り立った。 「素敵なところね」と、穏やかな日差しと緑の中にいるダックス大尉。 「変わった趣味の持ち主だ」と、雷鳴の中の暗い岩場にいるシスコ中佐。 「こんなのどかで気持ちのよいところは、そうはないとう思わない?」 「この岩場のどこが、のどかなんだ?嵐まで来ているぞ」 「雲ひとつないいいお天気に見えるわ」  ふたりの近くに、発光体が現れた。 「あれが見えるか?」 「ええ」  ダックス大尉は、トリコーダで発光体を調べた。 「低レベルのイオン波よ。こっちを調べている」 76 75
ギーゼンスタック家 bilyzkid.com/FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
 サムは、ギーゼンスタック家のできごとを、すごく気にしていた。気 24 23 にしすぎだった。サムが、迷信深くて信じやすいタイプだったら、そ れほど、悪いことにはならなかっただろう。しかし、彼は、そうではな かった。偶然の一致がつづくと、ショックが、すこしづつ大きくなった。  エディスとリチャードは、そのことに気づいて、サムがいないときに、 話しあった。 「サムは、最近、すこしおかしいわ、ディック。ほんとうに、心配だわ。 サムの行動といったら、まるで━━━お医者につれてゆくべきかしら?」 「精神科医かい?それは、どうかな。サムが応じるとも、思えないな。 エディス、サムは、なにかに、とりつかれているような気がするんだ。 そのことについて、一度、サムから聞きだそうとしたんだけれど、はっ きり、こたえてくれなかった。たぶん、あの、人形に関係している気が する」 「人形?オーブリーの人
イェフディの法則 bilyzkid.com/FB2/TheYehudiPrinciple/
ASF_0162.jpg
 イェフディの法則  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      オレは、正気を失いかけている。  チャーリースワンも、同じく、正気を失いかけている。おそらく、オ レよりも、もっと、ひどく。それは、そもそもがヤツがしでかしたこ とだからだ。どういうことかというと、ヤツがそれを作って、ヤツはそ れがなんで、どう動くかを、知っていたはずだからだ。     2 1    ◇            (つづく) 4 3
ファイナルアンサー bilyzkid.com/FB2/Answer/
MLO347.jpg
彼は、言った。 「スイッチをどうぞ、デュワーイブ」  デュワーイブは、スイッチを入れた。大きなハム音が響いて、960 億の惑星から情報が押し寄せてきた。数マイルにおよぶパネルが点滅し、 やがて、静まった。  デュワーイブは、1歩下がり、深く息をした。 「最初の質問をする栄誉はあなたのものです、デュワーレイン」 「では」と、デュワーレイン。「今まで、どのサイバネティックマシン でも、単独では、答えられなかった質問です」  彼は、マシンの正面に立った。 「神は、存在するか?」  力強い声が、なんのためらいも、なんのリレーの点滅もなしに、こた えた。 「そう、今や、神は存在する」  突然、デュワーイブの顔におそれの表情がうかび、スイッチにとびつ いた。 4 3    エピローグ    一筋の雷が、雲ひとつない空から落ちてきて、デュワーイブを撃ち倒 し、ヒューズを溶かして、スイッチを閉じた
タイムマシン第1号 bilyzkid.com/FB/FirstTimeMachine/
bantamA1812.jpg
「博士、止まらないと、ボタンを押しますよ!止まってくれれば、事情 をお話しします」 4 3  グレンジャーは止まった。 「タイムパラドックスのことは」と、スメドリー。 「俺も聞いて知っている。そして、興味があった。俺は、自分の祖父を 殺したかったからだ。俺は、祖父をひどく憎んでいた。祖父は、冷酷な 人間で、祖母や俺の両親の人生を地獄へと追いやったのだ!」  スメドリーは、タイムマシンのボタンを押した。  一瞬、あたりがかすんで、スメドリーは、荒地に立っていた。スメド リーは、すぐに、自分がいる場所を計算した。ここが、グレンジャー博 士の家が、建てられる場所なら、祖父の農場は、南へたった1マイルの 場所だった。彼は、歩き始めた。途中、りっぱな棍棒こんぼうになる木の棒を見 つけた。  農場の近くで、赤毛の若者が、犬を鞭むちで打ぶっていた。 「やめろ!」と、スメドリーは、どなりなが
天使が死ぬ時 bilyzkid.com/TS/TheHabit/
FSFMAY65.jpg
 神父は、水を差し出した。 「ありがとう」シスターは、薬を飲んだ。 「こんな、話しがありましたね」と、神父。「骨をくわえて橋にやっ てきた犬が、下を見た。自分の影が水に映っている、そこで、その骨を とろうと、口をあけたら、自分の骨も落ちてしまった、という」 「イソップ物語ですね。バイブルから引用していただきたかったけど。 でも、おっしゃるとおりです。わたくし、間違った方を選んでしまった のです」 「あなたに、選ぶ権利があったでしょうか?」 「わたくしには、もう、時間がありません。わたくしが考えて、ベスト と思う道を選ぶしか、方法がないのです」 「しかし、キンブル博士がおられなかったら、あなたは、信仰を捨てて いらしたのでしょう?とすれば、あなたの時間は、博士が与えてくださ ったことになる。博士には、あなたに、その時間を割いてくれと頼む権 利がある、と思いますが・・・」  シスターが、その言葉に迷いながら立ち上がったので、神父は、先に ドアまで行ってあけた。 「さ、少
感想 bilyzkid.com/CO/Comment/
SGGYDG1963.jpg
 感想    その1、「バットマン」について、「キャットウーマン」より。 「・・・・・・      ・・・・・・」  その2「キャットウーマン」について、「バットマン」より。 「・・・・・・      ・・・・・・」       2 1    ◇            (終わり) 4 3
ある日どこかで bilyzkid.com/SY/SomewhereInTime/
BDTMRTRNSF1975.jpg youtube39_16.bmp
 ある日どこかで  原作:リチャードマシスン  リチャードマシスン    プロローグ        ◇     2 1        1              (つづく) 4 3
空想せよ bilyzkid.com/FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
 空想せよ  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        空想せよ。  さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。  空想せよ。  いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する都市や、海中に沈んだ都市。  ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。  天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。  空想するのは、かんたんだ。  何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。   2 1  空想せよ。  宇宙船や未来を。  空想するのは、かんたんだ。  未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。  それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?  もちろん、ある。  空想せよ。  ひとつぶの物質を。  そのなかに、あなたがいて、目覚め、考え、  それゆえ、自分が存在することがわかり、  自分が入っている、ひとつ
ノヴァリアン試用版 bilyzkid.com/novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
(画像提供: ISFDB) SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト) NOVELYst AutogeNerating dimensional space ゲストルーム 原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト! サンプルあり( 1 2 3 ) presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ or and (全角のみです) 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 ブラザーサンシスタームーン ある日どこかで オールウェイズ SFミステリー ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 試用版 ご使用方法 小説コマンドの説明 画像コマンドの説明 詩的コマンドの説明 FAQ バージョン履歴
悪魔のジョーカー bilyzkid.com/TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
ピート。 22 21 「ピート」 「まだ、死にたくない!」 「自分では、選べないことなんだ。もう、行かないと」  ピートは、泣き顔のまま席を立とうとしなかった。 「待ってくれ」と、トニー。助け船を出した。「ピートは、こう、言い たいんだよ。チャンスをくれ、と」 「悪いが、そうはいかないんだ」と、ニック。上着を着た。 「トニーの言うとおり!」ジミーも、助け船を出した。「オレら人間は、 そう簡単には、あきらめない。お前らの暮らす地獄と、ニュージャージ ーは、勝手が違う!」 「どうしろと?」 「どうする?」と、トニー。  ジミーは、ピートを見た。 「お前と、オレで、勝負だ!」と、ピート。やけくそになった。「勝っ たものが、全部もらう!」 「いいぞ!」と、ジミー。それから、ニックに。「失うものは、ないだ ろ!勝つ可能性もあるし」 「よかろう」と、ニック。上着を、また、ぬいで、席についた。「金
そよぐ幻影 bilyzkid.com/OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
 そよぐ幻影げんえい  大手おおて拓次たくじ あなたは ひかりのなかに さうらうとしてよろめく花はな、 あなたは はてしなくくもりゆく こゑのなかの ひとつの魚うを、 こころを したたらし、 ことばを おぼろに けはひして、 あをく かろがろと ゆめをかさねる。 あなたは みづのうへにうかび ながれつつ ゆふぐれの とほいしづけさをよぶ。 あなたは すがたのない うみのともしび、 あなたは たえまなく うまれでる 生涯しょうがいの花はなしべ、 あなたは みえ、 あなたは かくれ あなたは よろよろとして わたしの心のこころなかに 咲さきにほふ。 みづいろの あをいまぼろしの あゆみくるとき、 わたしは そこともなく ただよひ、 ふかぶかとして ゆめにおぼれる。 ふりしきるさざめきのやうに わたしのこころは ながれ ながれて、 ほのぼのと 死しのくちびるのうへに たはむれる。 あなたは みちもなくゆきかふ むらむらとしたかげ、 かげは にほやかに もつれ、 か
アンラッキー bilyzkid.com/FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
初めて気づいたか らだ。  ごはん、すばらしいごはんが、心の中に、いろいろと浮かんでは、消 えた。  偵察艇が着陸すると、アルクトゥルス星人は、10人あまり━━━た しかに、彼らは、ヒューマノイドではなかった。12フィートの背丈で、 6本の腕、肌は明るい赤紫あかむらさきだった━━━彼に近づいてきて、リーダー 4 3 がおじぎをして、紙と鉛筆を手渡した。  急に、彼は、自分がほしいものにやっと気づいた。紙に急いで書いて、 返した。それは、彼らの手から手へ、まわされた。  すると、いきなり、彼は、捕とらえられ、腕は切り落とされた。はりつ け柱に縛られ、まわりには、小枝やたきぎが積み上げられた。彼らのひ とりが、火をつけた。  ラルフNCー5は、大声で抗議したが、アルクトゥルス星人によって、 却下された。抗議が、聞こえなかったからではなく、聴覚器官そのもの がなかったからだった。彼は
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 bilyzkid.com/RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
すぐ右寄せて!」 24 23 「あ、ウィンカー出してすぐに車線変更したら危ないだろうが!」 「トンネル出たらすぐコンビニのとこ入って!」 「早くウィンカー出さなきゃ左曲がれねぇだろうが!」 「日本テレビの前で停めて!ところで運転手さん、メーターまだ入って ないんじゃない?」 「だたいまから、メーター入りますってか?どうでもいいから、領収証 ちょうだい!」 26 25  磯子 「駅まで!」会社のお偉いさんふう男性。 「飲んだぁ、飲んだぁ!もう62だってのに、こう仕事させられては飲 まずにはいられねぇわな。 運転手さんはいくつなの?」 「27です」 「28かぁ、うちの娘と同じだわ」 「27です」 「28かぁ、若いと肌のつやが違うね、うちの娘もめちゃめちゃいい体 してるよ」
いつもふたりで bilyzkid.com/SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
ドンクよ」 「聞こえる?」 「この中で」ジョアンナは、マークの頭をつついた。「なにかがゆるん でいるのよ」 「きみのせいだ・・・ジョアンナ、低速ギアはやめろ!」 「じゃあ、替わって!早く!」ジョアンナは、両手を離して、うしろに どいた。 「まったく、危ない女だ!」マークは、走ったまま、運転席に移った。 ジョアンナは、喜んで大声を出した。このとき、テーマ曲が聞こえた。 「ほら、快調だ!」  すぐに、ドンクが始まって、こんどは、車は止まった。 「なにも、言うな!」と、マーク。    ◇   「なんて仕事だ!」マークは、車の下で、排気管を直していた。「見え ない!オイルが目に!ついてない!」 「下界げかいは、どんなかんじ?」と、ジョアンナ。 「真っ暗だ!問題は、排気管だ!見えさえすれば!」 「暗闇は、苦手?」 20 19 「新居は、ムリだ!排気管を買う金さえない!」 「低速ギアを避けなければ
人形の家で bilyzkid.com/TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
触れる な!」  男が近づくと、アイリーンは、気を失った。男は、アイリーンを抱き かかえて、階段を上がっていった。  チャーリーは、なんとか彼女を助けようと、枠をはずそうとしたが、 はずれなかった。男が寝室に入ったのを見て、チャーリーは、近くにあ った像で、ガラスケースを割った。すぐに警備員が、駆けつけた。警 備員は、チャーリーが持っていた像を預かった。 「男が、彼女を」 「なんですって?」 「昨夜、キスを断られたのに、また、やって来た」 「そうですか」警備員は、チャーリーの腕をとって、静かに出口に誘導 した。 「男は、止めようとしたメイドを殴って、彼女を襲った。男は、彼女を 抱えて、寝室へ。なんとかしなきゃと思って」 「そうでしょうとも。分かりますよ」 「止めようとした。止めるために・・・」  ガラスケースを割られた人形の家は、なにごともなく、アイリーンは、 ピアノの前に座っていた。 46 45
歩兵 bilyzkid.com/FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
 歩兵  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しか も、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。  奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、 動くのも、困難だった。  1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、 流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップ が地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という 足は、すべて、血で染められた。   2 1  このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていな かった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖 な戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわれ 以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考
ジバゴ bilyzkid.com/SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
握手して、トラック にむかった。 「元気でな」と、ユーリ。別の兵士と握手をした。  ユーリは、病院に残って、玄関から、ラーラがトラックに乗る姿を見 送った。ラーラの後ろ姿が遠ざかと、ラーラの曲が聞こえた。あの洋装 店の仕立て室で、汽車の過ぎ去る音にまぎれて、聞こえた曲だった。 「みんな元気でな」と、セルゲイは、トラックに手を振った。セルゲ イも、病院に残った。ユーリは、ラーラの曲に追い立てられるように、 がらんとした屋敷に戻っていった。    ◇   122 121  ラーラの乗った、トラックの荷台。 「あの先生は、紳士だ」と、老人。銃を手入れしている兵士に話しかけ た。 「ああ、見るからにな」と、兵士。 「いい、お人だ」 「おきれい過ぎるんだよ」  兵士のこの言葉に、ラーラが兵士をにらみつけた。兵士は、ラーラの 怒った視線に気づいた。ラーラは、なにも言わなかった。    ◇    モスク
恐怖のウイルス bilyzkid.com/ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
「ベシアより、シスコ司令官へ」と、トランシーバの声。 「こちらシスコ」 「司令官、至急、診療室までいらしていただけないでしょうか」 「よし、すぐ行く」  シスコ大佐は、医療室に着いた。 「どうしたんだ、ドクター」  ジェイクは看護士に付き添われて入ってきた。 「ジェイク!」と、シスコ大佐。 「左側、もっとよくなる、コントロール、希望がすべて」と、ジェイク。 「使っていないクルークォータを病室に改造しましたので、ジェイク君 はそちらに」と、ドクターベシア。 「私が連れていこう、大丈夫だ、きっとすぐよくなる」と、シスコ大佐。 「ああ、司令官。お見せしたいものを発見しましたので、後でまた」 「うん」  病室では、多くのベットに患者が寝ていた。 「かならず直りますからね。ゆっくり、お休みなさい」と、看護士。 「気持ちはわかるけど、あわててもしょうがないでしょ」と、別の看護 士。 「なあ、おい、酒代、金だ、おれのもんだ、よこせ」と、クワーク。 40 3
フェルマーの予想 bilyzkid.com/RM/Fermat/
fsfaug51.gif
4 3 「パッドに入っているテキストの最初の図形は?」と、ケイコ先生。 「はーい、ピタゴラスの定理です」とジェイク。 「そうです、直角三角形の斜辺の二乗が、他の辺の二乗の和に等しいと いうものですね。次に書かれているのが」 6 5 「フェルマーの予想と呼ばれていたもので、nが3以上だと、フェルマ ー解が存在しないという、非存在定理です」 「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。 「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるの は、むしろ、存在を見つけるプログラムを動かしてみるだけです。非存 在は、そこで見つからなければ、存在しないのかもしれないということ かしら?」 「次の図は、なんですか?」と、ジェイク。 8 7


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I)☆

赤の悪夢


昭和36年2月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ マガジン」

アンラッキー


昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ


昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ


昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家


昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス


昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)


昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ


昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I:未完)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官


第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より(つづき I:未完)☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で


昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女


昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ


昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール


平成9年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:スティーブンキング
クリスカーター

逃亡者
天使は淋しい道を行く


昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時


昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影


昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次



(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年
和暦
⇔西暦
令和13年
⇔2031年
令和14年
⇔2032年
令和15年
⇔2033年
令和16年
⇔2034年
令和17年
⇔2035年
令和18年
⇔2036年
令和19年
⇔2037年
令和20年
⇔2038年
令和21年
⇔2039年
令和22年
⇔2040年
令和23年
⇔2041年
令和24年
⇔2042年
令和25年
⇔2043年
令和26年
⇔2044年
令和27年
⇔2045年
令和28年
⇔2046年
令和29年
⇔2047年
令和30年
⇔2048年
令和31年
⇔2049年
令和32年
⇔2050年
令和33年
⇔2051年
令和34年
⇔2052年
令和35年
⇔2053年
令和36年
⇔2054年
令和37年
⇔2055年
令和38年
⇔2056年
令和39年
⇔2057年
令和40年
⇔2058年
令和41年
⇔2059年
令和42年
⇔2060年
令和43年
⇔2061年
令和44年
⇔2062年
令和45年
⇔2063年
令和46年
⇔2064年
令和47年
⇔2065年
令和48年
⇔2066年
令和49年
⇔2067年
令和50年
⇔2068年

世界の国旗
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常 (4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)


(画像提供: ISFDB)
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。