FSFDEC69.jpg

巷の噂では・・・
あの伝説の・・・

逆アセンブラ & 逆Cコンパイラ
が帰ってくる・・・
AGNSS & DCC 2.60 復刻版
Disassembler & DeCompiler for C
2.60 Legacy Version
presented by bilyzkid
◆◇◆◇◆◇
SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書くことで、あなたも小説が書けるようになります。
presented by bilyzkid
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
1. AGNSS & DCC 2.60 復刻版 をリリースしました。
2. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
3. サイト 内 検索 をリリースしました。
4. 郵便番号検索 をリリースしました。
5. 世界の国旗 をリリースしました。
6. 広告ページを htm003ico.bmp としました。
  ( htm003ico.bmp ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    htm003ico.gif ページ、その他:広告なし)
title_back.bmp (全角のみです)
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和
[、 ◇ or検索] ヒット 54 件です。
ノヴァリアン試用版 bilyzkid.com/novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキトゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆◇◆◇全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇令和ノヴァリアン試用版ご使用方法小説コマンドの説明画像コマンドの説明詩的コマンドの説明FAQバージョン履歴タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用画像ファイル合計ファイルサイズまでアップロード表示事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ヴァヴェリ事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用暗闇の家事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用サアルバの国タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ご使用方法補足事項タイトルを選びます。タイトルは、~のつあります。は、の略です。ゲ
フェルマーの予想 bilyzkid.com/RM/Fermat/
fsfaug51.gif
三百年前に証明されたんでは?」と、ジェイク。「たしか、ダックス大尉が別証明にチャレンジしてるって」「そのようね。証明自体は中学生では難しすぎるし、私も理解できません。今日のテキストは、やはり三百年前頃に書かれた未発表のもので、Googolという検索サイトのキャッシングに残されていたものです」「キャッシングって、ラチナムに換金するってことですか?」と、ノーグ。「そういうことではないでしょうね。なんらかのデータベースということらしいです」「パッドに入っているテキストの最初の図形は?」と、ケイコ先生。「はーい、ピタゴラスの定理です」と、ジェイク。「そうです、直角三角形の斜辺の二乗が、他の辺の二乗の和に等しいというものですね。次に書かれているのが」「フェルマーの予想と呼ばれていたもので、nが3以上だと、フェルマー解が存在しないという、非存在定理です」「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるのは、むしろ、存
空想せよ bilyzkid.com/FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
空想せよ原作:フレドリックブラウンアランフィールド空想せよ。さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。空想せよ。いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する都市や、海中に沈んだ都市。ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。空想するのは、かんたんだ。何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。空想せよ。宇宙船や未来を。空想するのは、かんたんだ。未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?もちろん、ある。空想せよ。ひとつぶの物質を。そのなかにあなたがいて、目覚め、考え、それゆえ、自分が存在することがわかり、自分が入っている、ひとつぶの物質を、動かすことができ、眠らせたり、起こしたり、恋をさせたり、あるいは、丘をのぼらせたりできる、と。空想せよ。宇宙を。無限でも、有限でもよい。あなたの描きたいように。なん千億の銀河の、ひとつひとつに、
終わり良ければ bilyzkid.com/FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
不思議だったことは、夜の作戦が、昼間を、逆に、居心地のよいものにしてくれたことだった。キフたちをやっつける作戦だ。1匹のキフに食料のかけらを与えて、辛抱強くあとをつけ、やつらの穴を見つけた。その穴に、ガソリンを注いで、土でフタをした。そして、地下で起こっているであろう、やつらがもだえ苦しみ、死んでゆくさまを想像して、ほくそえんだ。なんども、キフたちを狩りにでかけ、あとをつけ、やっつけた。おそらく、何百万匹のキフたちを、殺した。しかし、いつも、無数の生き残りが現れた。ほんの少しでも、数が減ったという様子は、まったく見られなかった。まるで、マルスd星人のように。マルスd星人とちがうのは、キフたちは、決して、仕返しには来なかった。キフたちのやり方は、巨大な生産性によって、受動的に抵抗するというものだった。休むことなく、キフたちの子を増やし、圧倒的な数で増え、何百万だったものを、何十億にして返すというやり方だった。キフたちの個体は、殺すことができたので、そのことで
ファイナルアンサー bilyzkid.com/FB2/Answer/
MLO347.jpg
1つに統合されることになる。1デュワーレインは、無数の聴衆にむかって簡潔に話した。しばらくの沈黙ののち、彼は、言った。「スイッチをどうぞ、デュワーイブ」デュワーイブは、スイッチを入れた。大きなハム音が響いて、960億の惑星から情報が押し寄せてきた。数マイルにおよぶパネルが点滅し、やがて、静まった。デュワーイブは、1歩下がり、深く息をした。「最初の質問をする栄誉は、あなたのものです、デュワーレイン」「では」と、デュワーレイン。「今まで、どのサイバネティックマシンでも、単独では、答えられなかった質問です」彼は、マシンの正面に立った。「神は、存在するか?」力強い声が、なんのためらいも、なんのリレーの点滅もなしに、こたえた。「そう、今や、神は存在する」突然、デュワーイブの顔におそれの表情がうかび、スイッチにとびついた。エピローグ一筋の雷が、雲ひとつない空から落ちてきて、デュワーイブを撃ち倒し、ヒューズを溶かして、スイッチを閉じた。(終わり)
サアルバの国 bilyzkid.com/FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
21年前に、彼は谷へおりて行った。彼は、人々と話し、時には、人々の夢を見た。人々は、彼を預言者と呼んだが小さい子供たちは、彼に棒切れを投げた。彼は、子供たちが好きではなかった。それは、子供たちの顔には、子供たちが住まわせている悪がいるのを、彼は見ることができたからだった。最後に谷へ行ってから、1年がたった。彼は、小屋を出発して、山を下りた。市場へ行き、人々に話しかけた。しかし、誰も彼とは話しをせず、彼を見ようともしなかった。彼は、叫んだが、誰も答えなかった。彼は、市場にいるひとりの女性の肩にふれて、注意を引こうとして、手をのばしたが、彼の手は、女性の肩を素通りして、女性はそのまま歩き去った。彼は、そのとき、自分が、この1年のあいだに死んだことを知った。彼は、山に戻った。途中、彼が、かつて、そこで飛び降りたり、のぼったり、歩いたりした、あるものが横たわっているのを見た。小屋のドア口に着いて、振り返ると、彼が通り過ぎた、あるものを、谷の人々が運んでいるのを見た
アンラッキー bilyzkid.com/FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
声に出して読んだ。「ヒューマノイドではないが、非常に、友好的である。上陸したら、乗員は、欲しいものを頼めばいいだけだ。欲しいものは、自由に、すみやかに、議論することなく、与えられる。原住民とのコミュニケーションは、しかし、紙と鉛筆でおこなわれる必要がある。というのも彼らには、発声や聴覚のための、いかなる器官もないからだ。彼らは、地球言語の読み書きを、かなり、流暢りゅうちょうにこなす」ラルフNCー5は、なにが食べたいか、考えただけで、口に唾液だえきがあふれてくる気がした。なにしろ、この2日間は、まったく、なにも食べていなかったからだ。その前の5日間もわずかしか食べていなかった。1週間前に、兵站へいたん部が食料を補充しなかったことに、初めて気づいたからだ。ごはん、すばらしいごはんが、心の中に、いろいろと浮かんでは、消えた。偵察艇が着陸すると、アークチュラス星人は、10人あまり━━━たしかに、彼らは、ヒューマノイドではなかった。12フィートの背丈で、6本の腕、肌
天使が死ぬ時 bilyzkid.com/TS/TheHabit/
FSFMAY65.jpg
「ねぇ、きみ」リチャードは、写真をポケットにしまった。「なぁに、それ、女の人の写真?」「きみは帰ってくれないか!」その時、ノックの音がして、シスターベロニカがドアをあけた。コーヒーをお盆にのせていた。「マリー、なにしに来たんです?」と、シスターベロニカ。「ドアがあいてたから」と、マリー。「ここは、立ち入り禁止のはずでしたよ」「それは、知ってるけど、前の人が出ていったから、ドロボウでも入ったのかと、思ったんです」「じゃぁ、もう、ドロボウでないと分かったから、いいでしょう?テーラー神父さまがさがしていらっしゃいましたよ」「はーい、シスター」そう、言って、マリーは出て行った。入れ違いに、シスターアンジェリカが戻ってきた。「シーツを持ってきました」シスターアンジェリカは、リチャードに渡した。「どうも」と、リチャード。シスターアンジェリカは、すぐに、出て行った。「新聞は、手に入りますか?」と、リチャード。シスターベロニカは、リチャードにコーヒーを注いだ。「もう見まし
ミッキーあらわる bilyzkid.com/FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
ミッキーあらわる原作:フレドリックブラウンアランフィールドねずみのミッキーは、そのときは、ミッキーではなかった。彼は、ほかと変わらぬ、ただの、ねずみだった。オッペルバーガー教授の家の、ゆか板としっくいのうしろに住んでいた。教授の家は以前は、ヴィエンナとハイデルベルグの家で、ふたりは、学者仲間のある強力なものを、あまりに賞賛するがために、ドイツから亡命してきた。彼らが賞賛したのは、オッペルバーガー教授ではなく、失敗に終わったロケット燃料の副産物として生じた、あるガスであった。このガスは、別の目的としてみれば、大成功であった。(つづく)
赤の悪夢 bilyzkid.com/FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
赤の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目がさめた。最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横になったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。時計の夜光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見えた。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか?ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか?あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、という警報のベルなのか?家から出て、どこか広い場所へむかえと警告しているのか?突然おそれからではなく、自分でも分析したくない奇妙な衝動によって、どこかへ逃れたかった
歩兵 bilyzkid.com/FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
歩兵原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しかも、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、動くのも、困難だった。1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップが地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という足は、すべて、血で染められた。このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていなかった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖な戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわれ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷でみにくく、考えただけで気分が悪くなるモンスターであった。やつらとは、銀河の中間地点で、接触がおこった。それまでは、それぞれ、ゆっくりと、1万あまりの惑星を、植民地化するという困難
囚人のピアノ bilyzkid.com/TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
2休憩時間の屋上。「よお、リック!」と、サム。フットボールを持っていた。「やらないか?」「けがしている」と、リック。サムは、仲間ふたりと、詰め寄ってきた。そのとき、エディが葉巻を吸いながら、近づいてきて、言った。「よせ!」サムは、あきらめてどこかへ行った。「借りができた」と、リック。「構わんよ」と、エディ。「入所して、長いのか?」「もう、50年になる」「絡からまれないコツは?」「格言に、従うのさ。己の欲するところを、人に施せほどこ。積極的にな」「根回しか?」「処世術だよ。これでも、若いころは、危ない橋を渡ってた。だがな、人は殺してない。ミッキーシャナシーに、はめられた!」「友人なんだろ?」「そんなの昔の話さ。オレたちは、エレンを取り合ったんだ。やつは、エレンをスターにすると言って、自分のクラブで歌わせた」「そして、あんたを、はめた?」「きのうは、姿が見えなかったが、どこ行っていた?」「今は、言えない」「分かった。後で話せ!」「ああ」◇礼拝所。埃だほこりらけ
ボディスナッチャー bilyzkid.com/SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
ジャックは、バスタオルを1枚とって、バスルームへ入った。バスルームは、カーテンで区切られた、ひとり用のベッドが並んでいて、奥は、ひとり用の泥風呂が3つに、シャワーと、普通のバスタブが2つあった。クラシックのオーケストラ曲が流れていた。「出してくれ!」と、泥風呂の男性。「ベリチェック手を貸せ!出たいんだ!」ジャックは、なにも言わずに、カーテンを閉めた。「毎週、これではね」と、ナンシー。男性が泥風呂から出るのを助けて、バスタオルを渡した。「もうすこし、辛抱しないと」男性を、シャワーに案内して、カーテンを閉めた。別の男性は、泥風呂に首までつかって、本を読みながら、じっとしていた。シャワーを浴びた男性は、ベッドで横になり、ナンシーのマッサージを受けていた。「ナンシー、音楽を止めろ!」と、男性。「植木用よ」と、ナンシー。「オレは、音楽が、好かん」「うちの植木は、大好きよ。感情があるの。音楽で、植物の成長が早くなるのは、実証済みなのよ」「いいから、止めろ!」「もっと、
感想 bilyzkid.com/CO/Comment/
SGGYDG1963.jpg
感想その1、「バットマン」について「キャットウーマン」より。「・・・・・・・・・・・・」その2、「キャットウーマン」について、「バットマン」より。「・・・・・・・・・・・・」◇(終わり)
つくられた記憶 bilyzkid.com/ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
どうにかなっちまうよ。笑う方がいいだろ?」収容所のアナウンスが響いた。「全受刑者はこれから睡眠時間です、睡眠時間に起きて活動している受刑者は罰せられます、照明は20秒後に暗くなります」「おやすみ、マイルズ。夜中に笑いたくなったら遠慮なく笑ってくれ。私は起きないからふふ、へへへへ」と、イーチャー。「今から、睡眠時間に入ります」と、アナウンス。「ううん、マイルズ」と、イーチャー。2クワークの店で、ウォーフ少佐とマイルズオブライエンは、ダーツをやっていた。「君の番だ」と、ウォーフ少佐。「17をあとひとつ取るのか?」と、オブライエン。「いやあ、どうだったかな?」「忘れちまったよ」「じゃあ、やり直そうか?」と、ウォーフ少佐。「いやあ、いいよ、無理してつきあってくれなくても、僕もそんなにやりたい気分じゃないし」「じゃあ、ホロスイートで川下りをしようか?」と、ウォーフ少佐。「ありがとう、でも」イーチャーは、クワークの店の入り口の前を通り過ぎていった。「ちょっと待っていて
そよぐ幻影 bilyzkid.com/OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
そよぐ幻影げんえい大手おおて拓次たくじあなたはひかりのなかにさうらうとしてよろめく花はな、あなたははてしなくくもりゆくこゑのなかのひとつの魚うを、こころをしたたらし、ことばをおぼろにけはひして、あをくかろがろとゆめをかさねる。あなたはみづのうへにうかびながれつつゆふぐれのとほいしづけさをよぶ。あなたはすがたのないうみのともしびあなたはたえまなくうまれでる生涯しょうがいの花はなしべ、あなたはみえ、あなたはかくれ、あなたはよろよろとしてわたしの心のこころなかに咲さきにほふ。みづいろのあをいまぼろしのあゆみくるとき、わたしはそこともなくただよひ、ふかぶかとしてゆめにおぼれる。ふりしきるさざめきのやうにわたしのこころはながれながれて、ほのぼのと死しのくちびるのうへにたはむれる。あなたはみちもなくゆきかふむらむらとしたかげ、かげはにほやかにもつれ、かげはやさしくふきみだれる。(昭和八年六月二十九日)
眠れるステーション エムポックノール bilyzkid.com/ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
2医療室に、全員が集まっていた。「シャトルが勝手にテーションを離れて、自爆するはずないだろう」と、チーフオブライン。「この保存室から出たふたりの仕業と考えるのが、妥当でしょうね」と、ガラック。「第一歩兵大隊の兵士がふたり、そこいらを歩き廻っているんだとしたら、やばいですよ。皆殺しが、モットーですから」と、ペチェッティ。「単純なモットーだが、信じて戦う兵士は、強いですよ」と、ガラック。「なぜ、カーデシア人は、撤退する時に、ふたりの兵士を保存室に残したんでしょうか?」と、ノーグ。「もちろん、基地を、守るためよ。進入者があれば目覚めるよう、プログラムされていたんだわ」と、ストルゾフ。「そうかもしれない。ふたりが、どこかに、いるのは確かだ。シャトルを爆破したことから言って、友好的では、なさそうだ」と、チーフオブライン。「こっちが自己紹介しないから、怒おこっているのかもしれないわ」「それも、そうだ。呼びかけよう」と、アマロは言って、通信機を操作しようとした。「通信で
ケンタウロス bilyzkid.com/FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
追加の2本の手として使用できるため、かなり高い文明水準を達成しました。彼らの正式名称は、地球人には発音しづらいので、単に、馬族と、呼ばれています。彼らは、この名称の由来が、馬であることを知っていますが、気にしていません。それほど、神経質な性格ではないのです」「そうですか」とロバーツ。ブランドも、うなづいた。「どちらの惑星も、超光速ではないものの、宇宙飛行は可能な水準に達しています。ふたつの惑星の間には━━━宇宙ガイドで、名前か座標で調べれば、すぐ、わかるように━━━小惑星帯があります。太陽系にあるものと似ていますが、ずっと、大規模です。ふたつの惑星の公転軌道の中間に、かつてあった、巨大惑星が崩壊した残骸ざんがいです。ふたつの惑星には、鉱物資源がそれほど多くはありませんが、小惑星帯には、豊富な鉱物資源があるため、両惑星のおもな供給元になっていました。100年前に、鉱物資源をめぐって、戦争が始まったため、銀河連邦が仲介して、人族と馬族のあいだに、ある協定を締結
世界の終わり bilyzkid.com/FB/TheEnd/
TheDudeMagazine.jpg
◇教室の一同は、一瞬、息をのんだが、すぐにざわつき始めた。「なんだね、ジョアンナ君」と教授。「先生、何事も起こってないようですけれども━━━」と、手を挙げた生徒。「それは君が、時間という場の内側にいるからさ。時間の流れというものは、時間の場のひとつの属性にすぎん。今、この機械は、過去から未来へ流れる時間の流れを逆にしたのだが、場の内側にいる存在にとっては、すでに来てしまった未来は、過去に、これから起ころうとする過去は、未来と捉とらえるしかない━━━それは、あたかも」納得のいかない生徒たちは、さらに、ざわつき始めた。「ジョアンナ君、君の顔が、今、鏡のように左右反対になってしまっても、誰も気がつかないのと同じだよ。あるいは、地球の歴史において━━━なんどか起こっているように、地球のN極とS極が瞬時に入れ替わっても、渡り鳥たちにとっては、なんの支障もないのと━━━」ジョアンナは、納得がいかないまま頬ほほに手をおくと、今朝けさ、右頬みぎほほに新しくできたばかりのニ
屋根の上の少女 bilyzkid.com/TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
「娘が、呼んでいる気がする。きっと、心の中で、ぼくを呼んでるんだ」キャシーは、まったく、動かなかった。「帰ってください。何かあれば、連絡します。よく、休んで」「帰っても、休めるわけない」◇病院を出て、通りにとめた車に乗ろうとしてドアをあけた。そのとき、病院のとなりの大きな屋根の上に、少女が白の長い服を着て、立っていた。ドアをあけたままなので、後ろからきたトラックが、クラクションを鳴らした。その音に振り返って、また、見ると、少女の姿はなかった。車のドアを閉めて、急いで、その建物の方へ行った。「何か?」と、シスターマリア。両手には、バザーで売っている、何冊かの本を持っていた。「少女が、屋根の上に」と、ポール。「屋根の上ですって?見み間違まちがいでは?」「確かに見た!」「子どもたちは、みんな、出ていきました。施設が閉鎖されて」「施設?」「児童養護施設でしたが、来週、取り壊されることに。子どもたちは、新しい建物に移り、ここには、いません」「でも、確かに見ました。落
小さな子羊 bilyzkid.com/FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
翳かげらしたりできるだろう。ただ、彼女と行き違いになっただけだったり、あるいは、彼女がすでに帰宅していたり、帰る途中であれば、だが、その可能性は小さい気がした。何十人もの知り合いがいたし、彼女がいる可能性のあるすべての場所を、あたってみることはできなかった。なかでも、もっとも、いそうな場所があった。マイクのクラブだ。1マイル先の、街の反対側だ。誰か車を持っている友人といっしょでなければ、彼女がそこへ行っている可能性は低いが、ありえることだった。電話すれば、わかるだろう。2マティーニを飲みほして、オリーブをかじってから、電話ブースへ行こうとして、イスをまわした。ハリウッドから来たような、ウェーブした髪の男が、ちょうど、ジュークボックスからバーカウンタへ、戻ってくるところだった。曲が始まる前の、パチパチいう音がした。男は、コインを入れて、なにか、やかましい曲をリクエストしたのだ。ポルカかなにか、やたらうるさくて、不快な曲を。やつの鼻先に一発かましてやりたかった
聖なる神殿の謎 bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
カーデシア人も、やっきになって、この謎を解こうとしています。彼らに、テンプルを見つけられたら、おしまいです」「でも私に、どうやって、テンプルを捜しだせと?」カイオパカは、発光体をシスコ中佐に手渡した。「道しるべです」「カイオパカ、でも」「テンプルの謎を解かねば、ベイジョーの統一は不可能です。見つけ出してください。ベイジョーのためでも、連邦のためでもなく、自分のパールのために!あなたが、ここへ来たのは、運命があなたを導いたからです」3シスコ中佐は、ステーションの自室に戻ると、床で寝ていたジェイクに毛布をかけた。「うん、なぁに?」「顔を見てた、ママに似ているなぁって」「シスコ中佐!」と、通信バッジから、キラ少佐の声。「どうした?」「おやすみのところ、すいませんが、プロムナードまで来ていただけますでしょうか?」「わかった」◇シスコ中佐は、ターボリフトを降りて、プロムナードのクワークの店へ入った。店は、多くの人で賑わっていた。「さぁ、賭けて!一攫千金も夢じゃないか
黄の悪夢 bilyzkid.com/FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
その額は、今では、30万ドルをこえていた。あと2・3か月しか不足分を隠しとおせなかった。その間に、不足分を返せる見込みもなかった。それで、疑惑をもたれないように、注意深く、不動産を売りはらいながら、現金の額を増やしていった。今日の午後には、残りの人生を送るのにじゅうぶんな100万ドルをこえる逃走資金が手にはいる。彼のことは、だれにも気づかれていなかった。じゅうぶん計画して、逃走経路や、目的地、新しい身分証やらを、ことこまかに準備した。きわめて簡単な作業だったが、なんか月もかけた。2妻を殺すことにしたのは、どちらかといえば、後から考えたことだった。動機は、単純だった。妻を憎んでいたからだ。ただ、それは、彼が決して捕まりたくないということ、もしも逮捕されることになれば、自殺することを選ぶだろう、つまり、失敗すれば死ぬのだから、自分の死んだあとに、生きてる妻を残すのだったら、むしろ、死んだ妻を残したところで、失うものはなにもない、ということに思いいたったからだっ
ヴァヴェリ bilyzkid.com/FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
広告であったり、音楽の断片であったり。全く無差別で、数秒でも耐えられるものではなかった。しかし、好奇心は、強い動機にもなる。数日間は、テレビが売れるブームが続いた。他にも、理由がよくわからない、分析不能なブームもあった。1938年のウェルズウェルズの火星人騒動が再燃してショットガンや護身用拳銃が、爆発的に売れた。聖書が、天文学の本と同じ売れ行きをみせ、ホットケーキも同じように売れた。政府の1部門が、避雷針に、関心を寄せたため、電気店や建築会社には、すぐに設置してくれという注文が殺到した。これも、理由が不明だが、アラバマ州モービルでは、釣り針に人々が殺到し、数時間で、すべての釣具店やスポーツ用品店から、釣り針は姿を消した。公共図書館や書店では、占せん星術や火星に関する本に、人々が殺到した。そう、火星だった。火星は、この時期は、太陽の向こう側にあって、すべての新聞の論説が、地球と獅子しし座の間には、いかなる惑星もないという事実を、強調していたにもかかわらず。奇
ギーゼンスタック家 bilyzkid.com/FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
言った。「パパギーゼンスタックは、けさは、お仕事に行かないの。お病気で、ベッドにいるの」「へぇー」と、サム。「どんな病気なんだい?」「たぶん、悪いものを食べたのよ」次の日の朝食でも、訊きいた。「オーブリー、ギーゼンスタック氏のぐあいは?」「すこしはよくなったけど、きょうはまだ、お仕事に行けないの。お医者さんが言うには、あしたは、たぶん、だいじょうぶだそうよ」次の日、ギーゼンスタック氏は、仕事に戻った。その日は、たまたまであったが、サムウォルターズが、ランチに食べたもののせいで、気分が悪くなって帰宅した日でもあった。そう、彼は、2日間、仕事に出られなかった。病気で仕事を休むのは、この数年のあいだで、はじめてのことだった。あるできごとは、それより早かったり、別のできごとは、遅くやってきた。指をさして、こう、言うことはできなかった。「そう、ギーゼンスタック家に起こることは、24時間以内に、われわれにも起こる」と。ときどきは、1時間以内であった。ときどきは、1週間
パペットショー bilyzkid.com/FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
国道の両側には、両方向の旅行者めあてに、ガソリンスタンドや、食料品店、ビールとワイン専門の居酒屋や、国境まで待てない人たちのために、派手な色彩の肩掛けのセラーペや編革サンダルのヒュアラーチを売る店や、ハンバーガーショップ、それに、数十軒のメキシコ系アメリカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT型フォードで、通勤する方がよかったのだ。国道の看板には、やや誇張して、こうあった。「チェリーベルポップ42」ポップこと、ポップアンダースは、ハンバーガーショップを始めた人で、去年死んだので、正確な数字は、41だった。ホラーは、ロバにまたがってチェリーベルにやってきた。ロバをひいていたのは、高齢の汚い服の、グレーのヒゲを生やしたトビネズミか採掘工のような老人だった。この老人は、しばらくは誰も名前を聞けなかったが、のちに、デイドグラントだと分かった。ホラーのファーストネームは、ガースだっ
人形の家で bilyzkid.com/TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
元気かい?」と、バディ。威勢よく、握手をした。「バディは、どう?」「オレは、絶好調さ!」「マイラも元気そうだ!」とチャーリー。マイラに、あいさつした。マイラは、メガネをかけて、チャーリーを見た。「兄さんは、元気がなさそうね!」「最近、あまり眠れなくて」「仕事のことで、悩んで?」「ああ、たぶん」「毎日、暑いなか、歩き回っているからね」と、母。「調子が悪くて、当然だ」と、バディ。「チャーリー」と、マイラ。「なに?」「いい話があるの・・・話して!」「クビになったと聞いて」と、バディ。「いや、職をさがしていると聞いて、オレの上司に相談してみたんだ。そしたら・・・」「雇ってくれるって!」と、マイラ。「そうだ」「よかったわ」と、母。チャーリーは、表情を変えずに、牛乳を飲んだ。「チャーリー」と、母。「ありがたいけど、断る」と、チャーリー。「建築の仕事は、経験あるんでしょ?」と、マイラ。「ああ」「なら、どうして?」「遠くまで、通勤したくない。市外だよね?」「バディが車で送
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 bilyzkid.com/
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg
6.広告ページをとしました。(ページ:ネットゲーム・健康広告ありページ、その他:広告なし)全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光◇令和SFミステリー☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界小さな子羊ヴァヴェリギーゼンスタック家ティラノサウルス暗闇の家サアルバの国☆DS9番外編より☆フェルマーの予想☆スペースドライバー☆☆VGRより☆幻の指揮官☆DS9より☆夢、遥かなる地にて☆なつかしの日曜洋画劇場より☆いつもふたりで☆なつかしの海外ドラマより☆ミステリーゾーン人形の家で☆大手拓次全集より☆そよぐ幻影和暦⇔西暦早見表世界の国旗郵便番号検索バグ表感想・感想の表示※縦書き表示は、のみです※※メインページ※※印刷ページ:、向け※※表示ページ:その他すべて、向け※※次ページ※SFミステリーライトノベル風縦書きブログ☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界昭和年月画像提供:「手のなかの宇宙」小さな子羊昭和年月画像提供:「マンハントディテクティブス
地球人は出ていけ bilyzkid.com/FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
水栽培用タンクで育てるしかなかった。◇50年間、地球人は、なんども、火星を植民地化しようとしたが、すべての試みは失敗した。ぼくたちのために建設したこのドームだけが、唯一の前哨基ぜんしょう地であった。もうひとつのプラスチック製のドームはずっと小さく、1マイル離れた場所にあった。人類は、太陽系では、地球以外の惑星に進出することは、できそうもないようにみえた。というのは、火星さえも居住に適さなかったからだ。地球人が、火星にさえにも住めないなら、他の惑星を植民地化することなどできるはずもなかった。2そして、30年前の、2098年、ウェイムースという輝かしい名の生化学者が、ダプティンを発見した。この奇跡の薬は、接種した動物や人間には、作用せず、接種後、決まった期間内に妊娠した子どもに作用するのだ。この薬は、その子どもに対して、徐々に変化、いかなる変化にも適応できるほとんど無限の適応能力を与えた。ウェイムース博士は、オスとメスのペアのモルモットに接種して、2匹を結婚さ
“スペーステロリスト”ターナロス bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
納得がいかないと言うなら、私ではなく、政府に掛け合うんだな」「うう」2キラ少佐はターナロスを、用意しておいた部屋へ案内した。「ちゃんとしたベッドで寝るのは、ひさしぶりでしょ?」とキラ少佐。「ベッドなんてものがあるのも、忘れていたよ」と、ターナロス。「ほんとによかった。あなたは、必要な人よ」「おれの特殊技術が、連邦の役にたつとは思えない」「ベイジョーが必要としているのよ。私のことを、連邦の一員になってしまったと、思っているようだけど、誓って私は」「君は、シスコの補佐官だろ?」「そうよ、でも」「どうころんでも、おれには絶対になれないよ」「誰かが、臨時政府と連邦との折衝役を務つとめないことには、始まらないわ。少なくとも私がここへ残ったことで」「なぜ、なぜ、連邦をここへおく?なんのために?その臨時政府とやらは、連邦が牛耳ぎゅうじっているんだろ?それじゃ、戦ってきた意味がない。我々が目指していたのは、完全な独立だ。同じじゃないか。カーデシアを追い出して、連邦を入れた
夢、遥かなる地にて bilyzkid.com/ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
ウォーフ少佐、ここではウィリーで、彼は有名な野球選手、真っ赤な背広にグレーの紳士帽をかぶっていた。「キャシー、試合結果聞いたか?4打数2安打だ、スライダーからホームラン、ここから聞こえただろう?観衆の叫ぶ声」「そりゃ、叫ぶさ、なんでジャイアンツが5位低迷なんだ?」とベニー。「キャシー、こいつにそろそろ、よそ行くように言ってやってくれないか?」「いいけど、彼が行っちゃうと、私のハートも持っていかれちゃうのよ」と、キャシー。「勝手にしてくれ、おれに言わせりゃ、かわいいハートが泣いているよ」「そんなことないわ」と、キャシー。「ストライクスリーアウトだ」と、ベニー。「おれは、めげないね、打席はまた、まわってくる。ステーキアンドエッグね」と、ウィリー。「すぐもって行くわ。ね、ひとつ聞いていい?どうしてまだ、アップタウンに住んでいるの?有名な野球選手なんだから、もっと、いいところに住めるのに」「住めるけどな。白人は、おれがプレーするのにまだ慣れていないのに、隣に引っ越
いつもふたりで bilyzkid.com/SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
フレデリックラファエル、スタンリードーネンプロローグ情緒的でありながら、楽しげなテーマ曲。映像は、ドライブしているイメージアニメーション。道であったり、森だったり標識であったり。◇教会の鐘の音が聞こえてくると、大勢の人が、結婚式を挙げたふたりを祝福に出てきた。そこへ、男女の乗った1台の車が通りかかって、足止めされた。「あまり、幸福しあわせそうじゃないわね」と、女。「そんなことはないさ。結婚したんだから」と、男。◇(つづく)
タイムマシン第1号 bilyzkid.com/FB/FirstTimeMachine/
bantamA1812.jpg
「もしもその時、室へ入って、自分のお尻を蹴り上げたら、何が起こってかな?」と、別の友人。グレンジャー博士は、笑いながら言った。「たぶん、それは不可能です。過去を変えてしまうことになりますから。よく知られている、いわゆるタイムパラドックスです。ある人が過去に行って自分の祖父を、父が生まれる前に殺してしまったら、その人は、どうなるかといったような・・・」スメドリーは、まだ、機械を調べていた。突然、三人の友人から離れ、薄笑いを浮かべて言った。「これが、やりたかったんだ!君たちが話している間に、ダイヤルを60年前にセットした」「やめたまえ、スメドリー!」と、グレンジャー博士。スメドリーに向かってにじり寄ろうとしていた。「博士、止まらないと、ボタンを押しますよ!止まってくれれば、事情をお話しします」グレンジャーは、止まった。「タイムパラドックスのことは」と、スメドリー。「俺も聞いて知っている。そして、興味があった。俺は、自分の祖父を殺したかったからだ。俺は、祖父をひ
ドール bilyzkid.com/XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
「はやく、町を出ろ」と、バディ。「出て、どこへ行くのよ?」と、メリッサ。「今だって、やっと、暮らしているのに!」「金なら、だいじょうぶだよ。オレの蓄えたくわを使えばいい」「そんなの、だめよ」「今まで、黙っていたが、ずっと、前から、きみのことが好きだった。一度はあきらめたが、これも、なにかの、巡めぐり合わせだ。こんなことになって、心から気の毒に思う。でも、だからこそ、力になりたいんだ」「余計なこと、しないで!」「それは、オレみたいな男の世話には、なれないってことか?」「そんなんじゃないけど・・・」ポリーは、チェリーがなくなったアイスクリームを持って、席を立った。「今日、スーパーで起きたことも・・・」と、メリッサ。「デイブが死んだことも、どうしようもなかったのよ」「なにを、言っている?」「わたしには、見えるの」ポリーは、店先のカウンターに、自分のアイスクリームを置いて、言った。「チェリーがもっと食べたい!」「なぁに?」と、女店員。「チェリーがもっと食べたい!」
天使は淋しい道を行く bilyzkid.com/TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
あなたの目には、苦しみが見えます。それに、あなたは、なにかから逃げていらっしゃる。それが、結婚生活のイザコザにせよ、事業の失敗にせよ、とにかく、あなたは現実から逃げているんですわ」「さっきまで、ぼくが来たのは、神の摂理だと言ってらしたが・・・」「わたくしにも、あなたにもたぶん、そうなのでしょう。でも、人間は、いつかは、立ち止まって、問題に立ち向かうべきなのです。あるいは、あなたに、そのときが来たのかもしれません。おやすみなさい」シスターは、そう言うと、隣の室へ入って、ドアを閉めた。リチャードは、ひとりになって、とまどいの表情を見せた。◇夜。リンコルンシティ警察署。ダクラの線路沿いで、リチャードに会ったルンペンの男が、たばこをもらって、火をつけてもらっていた。「だから、言ったでしょ!切り替えの貨車から、飛び降りたからさ、むこうであったんでさ。ほんのちょいと話して、それで、あばよって、別れたんでね。ダクラのだんな方にも、もう、話しましたよ。なんで、ここまで、引
ティラノサウルス bilyzkid.com/FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
なん日も、たらふく食って、眠ったりできた。眠っているあいだに、長いくちばしに歯のある、皮のつばさをもったうるさいやつらに、せっかくのご馳走を横取りされていなければ、また、食べることができた。そいつらに、横取りされていたとしても、どうということはなかった。大きなストライドでふたたび、前進して、空腹なら、食べるために、もしも、空腹でなければ、純粋な楽しみのために、戦ったり、殺せばよかった。どこへ行っても、なにかいた。彼は、そいつらぜんぶを殺した。つののあるやつ、よろいのあるやつ、モンスターのようなやつ。彼の側面やわき腹は、ざらざらして、昔の戦いで傷ついた傷跡だらけだった。あのころは、巨大なやつらだらけだった。今は、ちっぽけなやつらだけだった。走るやつ、飛ぶやつ、木をのぼるやつ。だれも、戦おうとしなかった。すごくはやく走った。彼のまわりを、円を描いて走ったりできるやつもいた。いつも、ほとんどいつも、彼の6インチの長さのカーブした、さきが鋭利な、2重の歯の攻撃は、
SFミステリー ライトノベル風 bilyzkid.com/CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
感想・感想の表示画像提供:感想ありがとうございます。以下の項目に、ご記入ください。全項目ご記入ください。感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、できるだけ、全角のみでお願いします。メールの送信は、をクリックしてください。作品名:ニックネーム:感想:SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。◆◇◆◇◆◇1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。2.出版された書籍イメージを、画面で、すぐになんども読み直しできるため、チェックや書き直し、校正・推敲が容易です。自分の書いたものを、画面でなんども読み直しているうちに、次の展開が、だんだんと見えてきます。3.作品は、非公開URLのため、あくまで非公開(未発表)です。よって、完成後、そのまま印刷して、未発表作品として、各種大
ヴァンパイア bilyzkid.com/FB/Blood/
FSFFeb1955.jpg
遥はるかな未来、ヴァンパイアという言葉さえ忘れ去られ、ふたりが安心して、暮らし、子孫しそんをふやしていける未来へ━━━。「お腹なかがへったわ、ヴェロン」と、ドリーナ。「ひどく空腹よ」「オレもだ、愛するドリーナ。またタイムマシンを止めてみよう」ふたりは、すでに、4回、タイムマシンを止めていたが、いずれも、あやうく殺されるところであった。ヴァンパイアは、決して忘れ去られていなかった。前回止めたのは、50万年前だった。人類に代わって犬が人類のような文明を築いている社会であったが、まだ、ヴァンパイアは忘れ去られていなかった。一度、ふたりは、犬社会の娼婦の血をむさぼったが、すぐに見つかって猟犬たちに追い立てられ、タイムマシンで、さらなる未来へ逃れるしかなかった。「止めてくれて、うれしいわ」と、ドリーナ。溜息ためいきをついた。「オレに感謝しないでいいよ」と、ヴェロン。「ここが、終点だ。燃料切れなのさ。ここでは、おそらく、燃料のウランはすべて、鉛になっていて、見つからな
幻の指揮官 bilyzkid.com/ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
ヴォイジャー担当のオペレータが見つめるコンソールには、ヴォイジャーのブリッジ。「全システムを、ドクターに委任いにん」と、コンピュータ。「指揮官は、ドクターです」◇ヴォイジャーのブリッジ。「わかった」と、ドクター。「シールド最強!光子魚雷を全門装填そうてん!撃うて!・・・コンピュータ、どうだ?」「敵に、影響はありません」と、コンピュータ。「われわれは、ボーグだ!」と、ボーグ艦。「ああ、よく、わかっているよ」と、ドクター。「攻撃をやめろ!」「認識番号を述べよ!」「緊急司令ホログラム。華麗かれいに登場!」「認識不可能だ」「すぐ、覚えるさ」「ドクター!」と、セブン。同化された、トゥヴォックとチャコティが近づいてきた。ドクターは、ハイボスプレーで、チャコティを眠らせると、トゥヴォックの肩をつかんで、気絶させた。セブンは、ドクターに、感謝の笑えみを送った。「警告。メインシールド、消失します」と、コンピュータ。「これが、最後だ、よく、聞け!」と、ドクター。「武装を解除し
恐怖のウイルス bilyzkid.com/ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
「却下します」「私の部下は、まだ、誰もウイルスに感染していない。それに、すぐに出発しなければ積荷のターメンサーシアがダメになるんだ」「艦長、ご自分の船にお戻りください。すぐに」「お願いだ、私は、あんな病気になりたくないのだ」「申し訳ないが、この病気の治療法が見つかるまでは、出発は許可できない」◇クワークは、クルークォータにあるレプリケータの前にいた。「コンピュータ、そうだな、手始めに、フェレンギスターダスタを頼む。うんと強いやつをな。完璧だ」と、クワーク。オドーは、壁の変身から現れた。「へへ、ワゴンの調子がおかしいもんでね」と、クワーク。「許可なくして、クルークォータに立ち入るのは、違法行為だぞ、クワーク。レプリケータを使いたいなら、申請すればいいだろう」と、オドー。「頼まずにすむなら、神をもだませという諺ことわざがある。へへ、なんでわかったんだ?」「ロムがレプリケータを直したって言っただろ?」「ああ」「ロムに直せるものか。曲がったストローも直せない奴だぞ
ジバゴ bilyzkid.com/SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
新しい長靴ちょうかがすりきれるころには、彼らもわれわれの声に耳を傾けるだろう。のちに、私は、戦闘中、前線から3個大隊を離脱させることに成功するが、このときは、まだ、じっと、様子を見ていた。まだ、志願兵が多すぎる。その多くは、熱におかされ、志願した連中だがなかには、愛国心に燃え、危機感を感じて、志願したものもいる」ウラルのグラドフで暮らすパーシャとラーラの姿もあった。子どもを抱えたパーシャは、ラーラに子どもを預け、志願兵の受付のテントに入っていった。ラーラは、子どもを抱えながら、不安そうな顔をした。「将来を憂うれうものや、不幸なものが志願する。仕事に不満を持つもの、妻に不満を持つもの、自分に疑問を持つもの。幸せな者は、志願などしない。年齢や職業で、徴兵が先送りになれば、神に感謝する。腕や目や足を失っても、家に戻れた者はまだいい」負傷兵の病院で、ユーリは、看護師とともに診療に忙殺されていた。病床はいっぱいで、負傷兵にあふれていた。「彼らは、まだ、幸運だ」雪原に
アンドロメダⅡの来訪者 bilyzkid.com/FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
「そうなんッス」と、リス。ニワトリが、ドアの穴から、「コッココ」と鳴いて、首をひっこめた。「どうぞ、入って!スリー」と、ドーベルマン。「たぶん、きみたちは、スリーとは、直接、コミュニケートできないと思う。スリーは、入り込んだ生命体の喉のどの構造を変えてしゃべれるようにしようとしたのだが、うまくゆかなかったようだ。しかし、スリーは、テレパシーが使えるから、ぼくたち経由で、きみたちと話せるから問題にはならないよ。今、スリーは、きみたちに、初めまして、とあいさつして、ドアをあけてほしいと言ってるよ」エルモが見ると、黒い大きなめんどりは、「コッコケーッ」と鳴いた。「トゥーツ、ドアをあけてくれる?」と、エルモ。ドロシースコットは、立ち上がって、ドアまで行って、困った顔をした。「あら、向こうからウシが来るわ。彼女を入れるつもり?」「彼だよ」と、ドーベルマン。「そうだね、彼は、トゥー。きみたちは、2つの性しかないから、ぼくたちは、だいたい、男性ということになる。それも、
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 bilyzkid.com/RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
慶應義塾大学に出たら、また右に曲がって、札の辻を渡って」芝浦に出ると、以前はただの埋立地で何もなかったところに高層マンションがいくつも立ち並んでいた。「ガードレールが切れたところで停めてください!」芝浦がこんなに変わっていたとは!そういえば、レインボーブリッジから見る夜景は高層ビルが立ち並んで、手塚治虫が描いた未来都市のような気も。新宿御苑「新宿御苑まで」ホストとホステスの4人組、1・2分で到着。「そのコンビニの前で停めて!」「ハイ、料金は7100円でございます!」「ウフ、マスター、また、ボケかませられたわ!」「あ、間違えました!710円でした!」「━━━」歌舞伎町「歌舞伎町のドンキまで」背の高いホステスふう女性。「ここは左折します?」「まっすぐ行って!」エルタワーの突き当たり。「ここはまっすぐじゃないですよね?」「━━━」「左折しまぁす!」歌舞伎町のドンキに来ると、おじぃさんが自転車に乗っていた。「ドンキに来ましたけど」「前に停めて!」「あ、おじぃさんが
緑の世界 bilyzkid.com/FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
引き金を引くと、一気に放出した。このときの閃光の色は、エネルギー源となった太陽の補色ほしょくであった。地球の太陽は黄なので、その補色である、紫むらさきの閃光となり、クルーガーは、赤なので、その補色である、緑みどりの閃光となった。もしも、シリウスのような青なら、橙だいだいの閃光となっただろう。「たぶん」と、マクガリー。「このことは、きみが仲間だということに加えて、こころの平静を保つのに、ひと役かっていると思うよ。一日になんどか、見ることのできる、緑の閃光。その色がどういう色だったかを、思い出させてくれる、緑の世界。ふたたび、見たときに、目がちゃんと認識できるように、目のチューンアップになるのさ」2クルーガー第3惑星は、ジャングルのモザイクでおおわれていて、目の前のジャングルは、その小さな1ピースにすぎなかった。このようなモザイクのピースは、数えきれないほど、何千とあった。じっさい、何千だっただろう。クルーガー第3惑星は、地球より大きかった。しかし、密度が、地
ミッキーふたたび bilyzkid.com/FB1/MitkeyRidesAgain/
PLANETNOV1950.jpg
原作:フレドリックブラウンアランフィールド壁の暗がりに、動くのは、ミッキー。彼は、ふたたび、ただの、小さな、灰色のねずみで、板の穴から、ちょこちょこ、はい出てきた。ミッキーはおなかがすいていた。穴の近くにある、教授のアイスボックスの下には、チーズがあった。太った、小さなネズミのミッキーは、ミニーと同じくらい太っていた。ミニーは、教授の寛大さのせいで、スマートとはいいがたい体型だった。「いつも、ミッキー」と、オッペルバーガー教授。「アイスボックスの下には、チーズがあるんだよ。いつもね」たしかに、いつもあった。普通のチーズとは、限らなかった。ロキュフォートやベアケース、ハンドチーズやカマンベール、時には、ネズミが住みついているかような、ネズミにとっては、すばらしい楽園の味がする、輸入物のスイス産チーズであったりした。(つづく)
ナッシングシリウス bilyzkid.com/FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
ナッシングシリウス原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグハッピーにも、オレは、スロットマシンから最後のコインを取り出して、数えていた。その間、ママは、小さな赤いノート━━━そうオレが呼んでいた━━━に数字を書き込んでいた。ご機嫌な数字だった。そう、オレたちは、シリウス系惑星、ソアとフリーダのどちらでも、ご機嫌なゲームができた。とくに、フリーダでは。2つの惑星の地球の小さな植民地のやつらは、なんであれ、娯楽というものに、死ぬほど飢えていて、一方で、金にはなんの意味もなかった。◇(つづく)
気まぐれ bilyzkid.com/FB1/Experiment/
MLO4329.jpg
教授は、前かがみになって、タイムマシンのダイヤルのひとつをセットした。「時計を見ていてください」と、教授。ふたりの同僚の教授は、自分の時計を見た。ジョンソン教授は、物体を、マシンの台の上に、静かにおいた。すぐに、物体は消えた。5分後に、一瞬で、それは現れた。ジョンソン教授は、それを、持ち上げた。「こんどは、5分、過去に送りましょう」教授は、別のダイヤルをセットした。物体を、手の上において、時計を見た。「今は、3時6分前です。ちょうど3時に、物体を台の上において、実験を開始します。よって、物体は、私の手から消えたあと、3時5分前に、台の上に出現します。それは、私がそこに物体をおいて、実験を始めた、5分前です」「どうやって、物体を台の上におくことができるのかな?」と、同僚の教授のひとり。「それは、私の手が近づくと、台から消えてから、そこにおかれるために、また、私の手の上に現れます。3時に、です。注意して、見ていてください」物体は、教授の手から、消えた。それは、
オーマイガー bilyzkid.com/FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
夫妻の養子として引き取られたのだった。ジョンが10才になるまで、ほかのパーシーたちはいなかった。10才になって、明らかにジョンが健康で普通であることがわかって、初めて、医師たちは、門戸を開放し、子どもを欲しがる女性━━━独身であろうと、不妊の夫をもつ女性であろうと、単性生殖で子どもを持つことを許可した。2030年代に発生したパンデミックによって、世界の男性人口の1/3が失われていたため、5000万を越える女性が単性生殖で妊娠し、子どもたちが生まれた。性のバランスをとるのに、幸運だったのは、単性生殖で生まれた子どもたちは、すべて、男性であった。エピローグ「マルシアが言うには」と、ラルストン夫人。「ヘンリーの心配は、ジョンのことらしいの。でも、理由がわからないって。だって、ジョンは、あんなにいい子なんですもの、と言っていたわ」そのとき、いきなり、ドクターグラハムが、ノックもなしに室に入ってきた。顔は、まっ白で、目は、大きく見開かれ、同僚を見つめて、言った。「ぼ
悪魔のジョーカー bilyzkid.com/TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
「悪魔が現れたとしたら、理由は、1つ・・・誰かが、死ぬ!」「バカな!」と、トニー。「絶対そうだよ。ニュースで見た!誰がターゲットだ?」「ピートの家だ!」「だから?」と、ピート。「ジミーは、胸が痛むと」「いや」と、ジミー。「痛みは、消えたよ。元気はつらつだ!」「ノーマンは、家にいないぞ」ピートが持つ受話器から、呼び出し音がしていた。ニックが、キッチンから戻ったので、ピートは、電話機を電話台に戻して、席に戻った。「なにか?」と、ニック。席についた。「ノーマンは、病気で家にいるんだろ?」と、ピート。「だが、いなかった」「説明してくれよ!」と、ジミー。ニックのカードを指さした。「ミスターシックス・シックス・シックス!」「ノーマンは、病気のおじの家に」ニックは、腕時計を見た。「今は、死んだようだが」ニックの落ち着いた態度に、3人は、寒気を感じた。「お前は、ほんとうに、アレなのか?」と、トニー。「そのようだな」「いとこじゃない?」「早く言うべきだったが、ポーカーを楽し
バーニングマン bilyzkid.com/TZ/TheBurningMan/
FSFOCT85.jpg
死ぬまで悪いの?」と、アンドレ。「賢いかしこな、坊や。生まれつき天使のような、人間もいれば、年がら年じゅう、偏屈なやつだっているだろうさ」「考えもしなかった」「今日みたいにすごく暑い日の、照りつける太陽に、土から出たばかりの、人間は焼かれてしまう。セミの幼虫のように、57年間も、地中で待っていたんだ。目を覚まして、体を震わせ、あたりを見回して、暑い土の中から、はい出してくる。しばらくすると、体がパックリと割れて、中から、若い肉体が現れて、言うんだ。ギラギラした目で、夏を味わおう、と」「なに?」「夏を楽しむのさ!木を見てみろ!いい、夕飯ゆうはんだ。あっちに広がる草原は、最高のごちそうだな。朝食には、ヒマワリがいい。屋根のタール紙は、昼食だ。湖のそばの家には、ワインもあるぞ。ゴクゴク飲みほして、心行くまで楽しんだら、体が真っ二つになる」ダニーのひとり舞台に、ローリーもアンドレも、あきれた顔をした。車は、タイヤ交換を終えて、走りだした。「なんだか、のどが、かわい
イェフディの法則 bilyzkid.com/FB2/TheYehudiPrinciple/
ASF_0162.jpg
イェフディの法則原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグオレは、正気を失いかけている。チャーリースワンも、同じく、正気を失いかけている。おそらく、オレよりももっと、ひどく。それは、そもそもが、ヤツがしでかしたことだからだ。どういうことかというと、ヤツがそれを作って、ヤツはそれがなんで、どう動くかを、知っていたはずだからだ。◇(つづく)
パターン bilyzkid.com/FB2/Pattern/
MLO347.jpg
1しかし、ミスメーシーの言うように、彼らは、なにも、あるいは、だれも、傷つけなかった。彼らは、人々に影響するほどは、実体的ではなかった。1匹が、人を踏みつけたり、あるいは、人がいる家を踏みつけたりすると、あたりが夕暮れのように、うす暗くなって足をどけるか、通り過ぎるまで、明かりが必要になった。それだけだった。彼らは、人間には、なんの注意も払わなかった。そして、彼らと対話しようとする、あらゆる試みは、陸軍や空軍によるあらゆる攻撃がそうであったように、同じように、失敗におわった。彼らめがけて撃たれた砲弾は、たしかに彼らの内部で炸裂したが、まったく、効果がなかった。1匹が、砂漠を横断しているあいだに落とされた水爆でさえ、ほんのかすり傷さえ与えられなかった。彼らは、われわれには、なんの注意を払わなかった。「それにさぁ」と、ミスメーシー。妹に。妹も、ミスメーシーだった。というのも、ふたりとも、未婚だったからだ。「彼らは、どんな危害も加えないのが、証拠よ、そうでしょ?
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ bilyzkid.com/FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
1「キライよ」と、女。声が低くなった。「アンタのすべてがキライよ」「キサマの方こそ。キサマの贅沢のために、さんざんしぼり取られたあげく、こっちには、もうキサマのエゴのために、バカなものを買わされるカネさえ残ってないんだ」「それは、ウソよ。アンタだって、それがウソだってわかってるはずよ。アンタが、むかしのようにわたしに接してくれてたら、アンタだって、おカネの問題じゃないってわかるはずよ。もんだいは、あの女よ」男は、1万回も同じことを聞かされた男がするように、ため息をついた。「キサマだってわかってるだろ?」と、男。「彼女は、なんの関係もないって。ほんのすこしもね。キサマが、オレのやることにいちいち指図さしずしたんだ。ほんのささいなことにも。オレはあやまる気はないね。また、同じことをするまでさ。キサマだって、チャンスがあれば、同じことをするだろう。ただ、そんなことのために、恥をかかされたくないね。オレの友人たちの前で」「友人たちですって?あのヨタモノたちの意見の
暗闇の家 bilyzkid.com/FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
彼は、ながいあいだ、この室に立っていたが、そのあと、広間を横切って、反対側の室に入った。そこは、小規模な講堂くらいありそうな、広い室で、壁がすべて黒なので、最初に入ったときは、それほど広くは感じなかった。紫のビロードの劇場用のイスが、何列もならべてあったが、ステージや壇はなく黒の壁から数インチのところから、イスの列が始まっていた。室には、ほかに、なにもなかったが、一番近いイスの上に、コンサート曲目プログラムの束が積み上げてあった。1枚をとってみると、裏表紙には、広告が2つあって、ひとつは虫歯予防ハブラシ、もうひとつは、サブロサ分譲地の区画販売の広告であった。前の方のページには、誰かが、鉛筆で、ガーフィンクルという名前を書きこんでいた。彼は、プログラムをポケットに押し込むと、広間に戻り、階段をめざして、壁に沿って歩いた。2ある室を通りすぎるとき、誰かが、ハワイアンギターを調弦しているような、あまりうまくはない曲が聞こえた。ドアをノックすると、走りさる足音が聞


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け htm003ico.gif )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け htm003ico.bmp )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I)☆

赤の悪夢

issue of The Dude (volume 3, Number 5), May 1959
昭和36年2月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ マガジン」

アンラッキー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, Oct 1958
昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ

Amazing Stories, Mar 1954
昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1955
昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家

Weird Tales, September 1943
昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス

Astounding Science Fiction, Sep 1942
昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)

Fantastic Science Fiction Stories, Aug 1960
昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ

Fantastic Universe, Sep 1957
昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I:未完)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, February 1960
第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, August 1962
昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1986
昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1986
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, October 1985
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1988
昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1997
平成9年11月
(画像提供: ISFDB)

スティーブンキング
クリスカーター

逃亡者
天使は淋しい道を行く

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1964
昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1965
昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, November 1954
昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次


Astounding Science Fiction, April 1948
(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年

世界の国旗
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常 (4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)

FSFNOV69.jpg
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。