ミットキーふたたび
            原作:フレドリックブラウン
            アランフィールド
             
            プロローグ
             
 壁の暗がりに、動くのは、ミットキー。彼は、ふたたび、ただの、小
さな、灰色のねずみで、床板の穴から、ちょこちょこ、はい出てきた。
ミットキーは、おなかがすいていた。穴を出たところに、オッペルバー
ガー教授の冷蔵庫があって、その下には、チーズがあった。
 太った、小さなネズミのミットキーは、ミニートと同じくらい太って
いた。ミニートは、教授の寛大さのせいで、スマートとはいいがたい体
型だった。
「いつも、ミットキー」と、オッペルバーガー。「冷蔵庫の下には、チ
ーズがあるんだよ。いつもね」



 

2

1
























































 たしかに、いつもあった。普通のチーズとは、限らなかった。ロキュ
フォートやベアケース、ハンドチーズやカマンベール、時には、ネズミ
が住みついているかような、ネズミにとっては、すばらしい楽園の味が
する、輸入物のスイス産チーズであったりした。






            1
 
 ミニートは、よく食べ、ミットキーもよく食べた。壁にも穴があり、
床板の穴も大きかったことは幸運で、そうでなければ、ぽっちゃりたち
の通れる穴はなくなっていた。
 なにか別のことが、起こりつつあった。なにか楽しいことだが、教授
は知っていて、心配していたことだった。
 小さな心の暗闇に、壁の中を、ねずみが、ちょこちょこ、はいまわる
のとは違う、渦巻きが現れた。奇妙な記憶の、渦巻き。言葉や意味の、
記憶。ロケットの暗い個室での、耳をつんざく騒音の、記憶。チーズや

4

3
























































ミニートや暗闇よりも、ずっと、重要な、記憶。
 ゆっくりと、ミットキーの記憶と知性は、よみがえった。
 冷蔵庫のかげで、ミットキーは立ちどまり、耳をすました。隣の室で
は、オッペルバーガーが仕事をしていた。いつものように、自分に話し
かけながら。
「よし、着陸用の翼を取り付けよう。この翼があれば、ずっといい。月
に着いたら、軟着陸ができる。空気があればだけど」
 ほとんどすべて、ミットキーは、意味がわかってきた。言葉は、なじ
みのあるもので、彼の小さな灰色の頭に、いろいろな概念や映像を送り
込んだ。理解しようとすると、彼のヒゲが動いた。
 教授が歩くと、体重で床がゆれた。台所のドアまで歩いてきて、立ち
止まり、床板のねずみの穴をのぞきこんだ。
「ミットキー、また、わなを設置すべきかな?いや、やめよう。ミット
キー、わしの小さなスターマウス、きみは、平穏な休息が必要だろ?月
へのロケット、第2号には、別のねずみに乗ってもらおう。いいかい?」
 ロケット、月━━━小さな灰色のねずみの心は、冷蔵庫の下のチーズ
の皿で、いっぱいだったが、かき乱されて、影でおおわれた。ほとんど
すべて、ミットキーは、思い出した。
 教授の足音は、戻っていったので、ミットキーは、チーズに向かった。
 しかし、ミットキーは、不穏なかんじを抱きながら、聞いていた。

6

5
























































 受話器を上げる、クリック音。教授の声が、番号を告げた。
「ハートフォード研究所ですかな?こちら、オッペルバーガー教授。ね
ずみが必要なんじゃが。いいや、ねずみじゃ。そうじゃ、白いねずみ。
いや、色は、重要ではあらん。紫でも。ないって、ええ、紫のねずみが
いないことは、わかっておる。時期は、別にいそがん。1週間くらいの
うちに、都合のよろしいときに、送ってくだされ!」
 受話器をおく、クリック音。
 冷蔵庫の下のねずみの心にも、クリック音。ミットキーは、チーズを
かじるのをやめて、代わりに、それを見た。そのものの言葉が浮かんだ。
チーズ。
 静かに、ミットキーは、自分に言った。「チーズ」ちゅうちゅう鳴く
声とそれの、中間くらいで。というのは、プロックスが教えてくれた発
音は、さびついていたからだ。しかし、次は、もっとうまく発音できた。
「チーズ」と、ミットキー。
 それから、別の2つのワードが、考えなくても、浮かんできた。「そ
れは、チーズです」
 そのことに、少し驚いて、ミットキーは、壁の穴に逃げ込んだ。暗闇
が、居心地がよかった。それから、別のワードが浮かんで、ミットキー
は、さらに少し、驚いた。「失敗につぐ、失敗」
 もはや、それは、心に浮かんだ、ただの絵ではなく、それが意味する、

8

7
























































音だった。とても混乱していて、だんだん思い出すにつれ、されに、混
乱していった。








            2
 
 教授の家のまわりは、暗くなり、壁の中にも暗闇。しかし、教授の仕
事室には、明るい光があった。ミットキーの心の、薄暗さにも、影にな
った帯から見てるように、光がさし始めた。
 仕事机の台におかれた、にぶく光る金属製のシリンダー━━━ミット
キーは、前にも、そのようなものを見た。そのワードも、浮かんだ━━
━ロケット。
 そして、どしんどしんと歩く、大きな生き物は、仕事を続けながら、
いつも、自分に話しかけていた━━━。

10

9
























































 ほとんど、ミットキーは、「教授!」と呼びそうになった。
 しかし、ねずみとしての自覚が、彼を黙らせて、聞いていた。
 今や、それは、坂道を下る、雪だるまのように、ミットキーの記憶は、
膨らんでいった。教授が話すと同時に、言葉と意味が押し寄せてきた。
 間違った形のジグザグの記憶が降ってきて、ひとつづつ、意味のある
絵に収まっていった。
「さて、ねずみ用の個室に、流体のショック吸収器具、これで、ねずみ
は、安全に軟着陸できる。それに、この超短波送信機が、月の大気中で、
彼が生きているかどうかを、教えてくれる━━━」
「大気」という教授の声には、侮辱の響きが含まれていた。「月には、
大気がないと言っていたバカどもめが!たしかに、分光器では、そうだ
が━━━」
 教授の声に含まれる、ちょっとした痛みは、ミットキーの小さな心に、
広がりつつある痛みとは、まったく、別のものだった。
 ミットキーは、今や、ふたたび、ミットキーであった。記憶は、その
ままでは、すこし混乱して、バラバラであった。マーストラリアの夢や
ら、ほかのすべても。
 帰ってきて、ミニートを、最初に見て、電気の通った、金属ホイール
を踏んだ一歩が、彼の夢のすべてを終わらせた。わな。そう、わながあ
ったのだ。

12

11
























































 教授は、ミットキーを裏切って、彼の知性を繊細に破壊する、ひょっ
とすると、命さえも奪いかねない、電気ショックを与えた。どしんどし
んと歩く、人間たちの利益を、知性あるねずみから守るために。
 おー、そうだ、教授は、頭がよかった、と、ミットキーは、にがにが
しく考えた。ミットキーは、教授と呼びそうになった時に、そう呼ばな
かったことを、喜んだ。教授は、彼の敵だったのだ。
 ひとり、暗闇の中で、ミットキーは、働かなければならなかった。ミ
ニートが、もちろん、最初だ。プロックス人が作り方を教えてくれた、
X19光線プロジェクターを作って、ミニートの知能レベルを上げよう。
それから、仲間の別のふたりを━━━。
 教授の助けなしに、秘密裏に、機械を作るのは、難しいだろう。しか
し、たぶん━━━。
 仕事場の床に、ワイヤーの切れ端があった。ミットキーは、それを見
つけて、明るい、小さな目をにぶく光らせて、ヒゲを動かした。オッペ
ルバーガーが、別の方向を向くまで待ってから、ワイヤーに向かって、
静かに走った。そして、ワイヤーを口にくわえて、壁の穴に走りこんだ。
 教授は、ミットキーを見てなかった。
 ミットキーは、ワイヤーをくわえても、暗闇の中で、安全であった。
よし、始めよう!もっと、ワイヤーが必要だ。コンデンサーも。たしか、
教授がひとつ、持っていたはずだ。あと、太陽電池━━━これは、扱い

14

13
























































が難しい。ミットキーは、教授が寝ているあいだに、床をころがして運
んだ。ほかのものも。何日もの時間がかかった。しかし、時間がかかっ
ても、なんの問題があろう?
 教授は、その夜、遅くまで、かなり、遅くまで仕事をしていた。
 しかし、ついには、仕事場が暗くなった。暗闇と、とても忙しい、小
さなねずみ。




            3
 
 そして、明るい朝。ドアベルが鳴った。
「小包ですよ!教授、オ、オッペルバーガー教授!」
「やぁ、なかみはなんじゃ?」
「知りません。ハートフォード研究所からです。注意深く、運べと」
 小包に、小さな穴が、いくつも、あいていた。
「やぁ、ねずみじゃ」
 教授は、サインをした。仕事場に運んで、木製の箱の包みを開いた。
「おお、白いねずみじゃ。小さなねずみよ、きみは、長い長い旅に行く

16

15
























































んじゃよ。どう、呼ぼうかね?ホイットニーは、どうじゃ?チーズが欲
しいかい、ホイットニー?」
 そう、ホイットニーは、喜んで、チーズを欲しがった。彼は、つやや
かで、こざっぱりした、小さなねずみで、互いに寄り添った、ビーズの
目と、えばったようなヒゲをもっていた。もしも、横柄なねずみの絵を
いたとしたら、ホイットニーがそうだった。都会ずれした、ねずみだ
った。研究所の貴族の血統で、チーズは食べたことがなかった。チーズ
のような一般大衆的なものは、彼のビタミン中心の食事には、ありえな
かった。
 しかし、ホイットニーは、チーズをおいしいと感じた。とりわけ、カ
マンベールが、貴族の血統には、美味だった。彼は、喜んで、チーズを
欲しがった。彼は、優美に、育ちのよさそうなふうに、少しづつかじり
ながら、食べた。そして、もしも、ねずみが笑顔を浮かべるとしたら、
笑顔を浮かべた。悪党が浮かべるような、笑顔かもしれない。
「それから、ホイットニー、見せてあげよう。きみのケージで録音した、
食事するかすかな音を、送信するんだ。もう少し、調整して━━━」
 机のすみに置かれたスピーカーから、ねずみがチーズを食べる音の、
千倍の巨大な咀嚼そしゃく音。
「よし、動いた。分かるかい、ホイットニー?説明しよう。ロケットが
月に着いたとき、個室のドアがひらく。だが、きみは、まだ、外へ出ら

18

17
























































れない。バルサ材でできた、バーがあるからね。そいつをガリガリかじ
ってしまえば、外へ出られるよ。生きていればね!分かるかい?」
「それで、きみのかじる音が、超短波で送信されて、それを、わしが受
信する。ロケットが着陸して、受信機から、ガリガリかじる音が聞こえ
てくれば、きみが無事に、着陸したことが分かる」
 ホイットニーは、教授の言うことが分かったら、不安になったかもし
れない。しかし、もちろん、彼には分からなかった。彼は、傲慢で至福
な無関心さで、カマンベールをかじった。
「そして、それが、大気について、わしが正しかったかどうかを、教え
てくれるじゃろう。ホイットニー、ロケットが月に着いたとき、個室の
ドアが開いて、空気が遮断される。月に大気がない限り、きみは、5分
かそれ以下しか、生きられない」
「もしも、きみが、バルサ材を5分以上かじり続けていたら、月には大
気があることになるから、天文学者や分光器は、間違っていたことにな
る。スペクトルからライプニッツ曲線を引く際に、大間違いを犯してる
ことになる。そうだろ?」
 受信機のスピーカーの振動版に、チーズをかじる音、チャップチョッ
プチョップ。そう、マイクロフォンの音は、美しく響いた。
「それじゃ、今から、ロケットに、送信機をセットしよう!」


20

19
























































            4
 
 昼が来て、夜が来た。そして、また、昼が来て、夜が来た。
 人間は、ロケットを作り、うしろの壁の中では、ねずみが働いていた。
なにか小さいもの、しかし、同じくらいに複雑なものを完成させようと、
もっと一生懸命に、働いていた。ねずみの知能を高める、X19光線プ
ロジェクターを。もちろん、使うのは、ミニートが、最初だった。
 盗まれた鉛筆の使い残しが、黒鉛の芯をもつ、コイルになった。芯に
は、盗まれたコンデンサーがつながり、1マイクロファラッドの正確な
容量になるまで、少しづつかじった。コンデンサーには、ワイヤがつな
がった。しかし、ミットキーにも、それがなんなのか分からなかった。
彼の心には、どう作ったらいいのかの設計図が書かれていたが、なぜ、
そう動くのかの理由は、書かれてなかった。
「さて、盗んでおいた、太陽電池を━━━」そう、ミットキーも、仕事
しながら、いつも、自分に話しかけていた。ただし、小さな声で、教授
には聞こえない、小さな声で。
 壁からは、のどの奥から出てくるような、いつまでも続く声。
「さて、個室の音を送信させよう━━━」
 人間とねずみ、どちらも、忙しく、働いていた。


22

21
























































            5
 
 ミットキーが、先に、仕事を完成させた。小さな、X19光線プロジ
ェクターは、おせいじにも、見た目が美しいとは、言えなかった。実際、
電線やらのスクラップを、集めただけのように見えた。明らかに、壁の
外の室にある、ロケットのように、流線型の輝きはなかった。ルーブゴ
ールドバーグが描いた、複雑そうなだけの、にせ機械のようだった。
 しかし、それは、ちゃんと動いた。あらゆる本質的な機能において、
ミットキーがプロックスの科学者におそわった通りに、動いた。
 最後のワイヤを、つないだ。
「さて、ぼくのミニートを連れてこよう━━━」
 ミニートは、家の反対側のすみに、隠れていた。彼女の頭に照射して、
なにか神経的な作用をする、変なものから、できる限り離れた場所に。
 ミットキーが来たとき、ミニートの目に、恐怖が浮かんだ。真の恐怖。
「ぼくのミニート、なにも、恐れることは、ないんだよ。プロジェクタ
ーにもっと、近づいてごらん!知能の高いねずみになれるんだよ!そう、
ぼくのように、じょうずに、英語が話せるようになるんだよ」
 この数日間、ミニートは、混乱して、不安だった。彼女の夫が奇妙な
行動をして、ねずみのちゅうちゅう鳴く、理にかなった声とは違う、雑
音を発っしたりして、彼女をこわがらせた。今、夫は、彼女に向けて、

24

23
























































気味の悪い雑音を発っし始めた。
「ぼくのミニート、大丈夫だよ。プロジェクターにもっと、近づいてご
らん!すぐに、話せるようになれるよ、ぼくのようにね。そう、プロッ
クス人は、うまく話せるように、ぼくの声帯を少し直したけど、直さな
くても、きみは、うまく話せるようになるよ━━━」
 静かに、ミットキーは、ミニートに近づいて、すみに押し出して、隣
の室の壁のうしろのプロジェクターの方へ、誘導しようとした。
 ミニートは、キーキー鳴くと、走った。
 プロジェクターの数フィートのところを過ぎて、床板の穴を通って、
右方向に向かい、台所の床をちょこちょこ走って横切ると、ドアの網戸
の穴を通り抜けた。外へ、芝刈りのされてない、庭の草地へ逃げ込んだ。
「ミニート、ミニート、ミニート、戻っておいで!」
 ミットキーは、ミニートのあとを、かなり遅れて、ちょこちょこ走っ
た。
 足の高さのある芝生や雑草の中で、ミニートを完全に見失い、足跡も
なかった。
「ミニート、ミニート!」
 かわいそうな、ミットキー。もしも、ミットキーが、彼女がただのね
ずみであることを、思い出していたら、そして、彼女を呼ぶ代わりに、
ちゅうちゅう鳴いていたら、ミニートは、隠れ場所から出てきたに違い

26

25
























































なかった。
 悲しみながら、ミットキーは戻ってきて、X19光線プロジェクター
を、シャットダウンさせた。
 あとで、ミニートが戻ってきたら、ミットキーは、いろいろ工夫する
つもりだった。ミニートが寝ているあいだに、プロジェクターを近くに
運んで、安全に作業するために、ミニートの足を縛って、もしも、神経
的な振動で、彼女が起きたとしても━━━。



            6
 
 夜。ミニートは、いなかった。
 ミットキーは、ため息をついて、待った。
 壁の外で、いつまでも続く、教授の声。
「おお、パンがなくなってしまった。食料がない。買い物に行かなきゃ
ならんな。食料か。大事な仕事があるのに、食わなきゃならんとは、人
間は、やっかいなものじゃ。ところで、わしの帽子は、どこいった?」
 そして、ドアがあいて、閉まる音。
 ミットキーは、穴から、はい出てきた。仕事場をさがして、ミニート

28

27
























































の細い、かわいい足を縛るための、やわらかい紐をさがすのに、いい機
会だった。
 そう、電灯は、つけたままで、教授は、出かけていた。ミットキーは、
室の真ん中に、ちょこちょこ、はい出てきて、まわりを見回した。
 ロケットがあった。ミットキーが見たところ、それは、完成していた。
たぶん、教授は、ロケットを発射させる時を、待っているところだった
のだろう。壁側に、受信機があって、それは、ロケットの着陸時の、自
動送信を、受信するためであった。
 作業テーブルの上に、ロケットが置いてあった。美しく輝く、シリン
ダーで、教授の計算が正しければ、最初に月に到着する、地球発の物体
になるはずだった。
 それを見る、ミットキーの息使いが、スピーカーから聞こえた。
「美しいよね?」
 ミットキーは、空中に1インチは、ジャンプした。それは、教授の声
ではなかった。奇妙なキーキー声で、人間の声域より、1オクターブは
高かった。
 かん高い含み笑い。「驚かしたかな?」
 ミットキーは、ふたたび、まわりを見回した。今度は、声の主をさが
して。作業テーブルの上にある、木製のケージに、なにか白いものがい
た。

30

29
























































 ケージのドアバーの間に、白い手が見え、ラッチを上げて、白いねず
みが、出てきた。小さな明るい目が、すこし軽蔑したように、床にいる、
小さな灰色のねずみを、見下ろした。
「きみは、教授が、話していた、ミットキーだろ?」
「ああ」と、ミットキー。とまどいながら。「きみは?━━━う、そう
か、なにが起こったか、分かった。X19光線プロジェクターが、きみ
のケージの外から、誤射したようだ。そして、きみは、ぼくのように、
教授の話から、英語がしゃべれるようになったんだ。きみの名前は?」
「ホイットニーと、教授は、呼んでいる。それが、名前だろう」と、ホ
イットニー。「X19光線プロジェクターって、なんだい、ミットキー
?」
 ミットキーは、説明した。
「ふ~ん」と、ホイットニー。「可能性が、多くの可能性があるね。月
への旅行より、ずっといい。プロジェクターを使った、きみの計画は?」
 ミットキーは、説明した。ホイットニーの、小さな明るい目が、さら
に、明るく、小さくなった。しかし、ミットキーは、それに気づかなか
った。
「月に行かないなら」と、ミットキー。「降りてくれば、壁の中の隠れ
方を、教えてあげるよ」
「いや、まだだ、ミットキー。ほら、ロケットの発射は、明日の夜明け

32

31
























































だ。急ぐ、必要はない。すぐに、教授は、戻ってくる。教授は、少しの
間、仕事して、話す。ぼくは、聞いて、もう少し、学べる。夜明け前に、
教授は、眠るから、ぼくは、逃げられる。簡単だろ?」
 ミットキーは、うなづいた。「頭がいいね。でも、教授を信用しちゃ、
だめだよ。もしも、きみに知能があると知れたら、きみを殺すか、決し
て逃げられないように、するからね、教授は、知能のあるねずみを、恐
れているんだ。そう、金属ホイル。ケージに戻って、気をつけて!」
 ミットキーは、穴に向かって、ちょこちょこ走った。途中で、紐のこ
とを思い出して、紐のところに戻った。ミットキーの尾の先が、穴に消
えたときに、オッペルバーガーが、室に戻ってきた。
「チーズだよ、ホイットニー」と、オッペルバーガー。「チーズを買っ
てきたよ。ロケットの個室に、置いておこう。旅の途中で、食べられる
からね。きみは、優秀なねずみだったんだろ、ホイットニー?」
「ちゅうちゅう」と、ホイットニー。
 教授は、ケージをのぞきこんだ。
「もうすこしで、きみが答えてくれると思うところだったよ」と、オッ
ペルバーガー。「ホイットニー、イエスということかい?」
 沈黙。長い沈黙が、木製のケージから━━━。
 ミットキーは、待った。さらに、待った。
 ミニートは、帰って来なかった。

34

33
























































「ミニートは、隠れてなんか、いないさ」と、ミットキー。自分を元気
づけるように。「彼女は、明るいうちに帰ってきたら、危険なことを知
ってるのさ。暗くなれば━━━」
 暗闇が、訪れた。
 ミニートは、帰って来なかった。
 外が暗くなると、壁の中も暗くなった。ミットキーは、台所のドアに、
こそこそ近づいて、ドアがあいていて、網戸に穴があることを、確かめ
た。彼は、穴を頭から通り抜けて、呼んだ。
「ミニート!ぼくのミニート!」そのとき、彼は、ミニートは英語が分
からないことを、思い出して、ちゅうちゅう鳴いた。しかし、となりの
室にいる教授には、聞こえないように、小さい声で。
 返事は、なかった。ミニートは、いなかった。
 ミットキーは、ため息をついた。そして、台所の暗いすみから暗いす
みへ、ちょこちょこ走って、穴に無事に戻った。
 戻って、すぐに、ミットキーは、待った。さらに、待った。
 まぶたが重くなり、目がふさがった。ミットキーは、眠った。深く、
眠った。
 誰かにさわられて、起こされた。ミットキーは、跳びあがった。ホイ
ットニーだった。
「しっ!」と、白いねずみ。「教授は、眠ってる。もうすぐ、夜明けだ。

36

35
























































教授は、目覚まし時計を、1時間後にセットした。目覚めたら、ぼくが
いないことに気づく。教授は、別のねずみを、つかまえようとするだろ
う。ぼくたちは、隠れて、外には出ないことだ」
 ミットキーは、うなづいた。「頭がいいね、ホイットニー。しかし、
ぼくのミニートがいないんだ!彼女は━━━」
「どうにもできないよ、ミットキー。待って!隠れる前に、X19光線
プロジェクターが、どう動くか見せてくれないかな?」
「すぐ、見せてあげるよ。そしたら、ぼくは、教授が起きだす前に、ミ
ニートを見つけなければならないんだ。ほら、これだよ」
 ミットキーは、ホイットニーに、それを見せた。
「ミットキー、ぼくたちほど、頭のいいねずみにしないように、パワー
を下げるには、どうしたらいいんだい?」
「ここで、調整するんだ」と、ミットキー。「でも、どうして?」
 ホイットニーは、それには、答えず、肩をすくめた。「不思議に思っ
ていることがあるんだ、ミットキー。教授が、すごく特別な種類のチー
ズをくれたんだ。新しいチーズさ。それを、ちょっと持ってきたから、
食べてみてくれないか?そしたら、ミニートをさがしに、いっしょに行
ってあげるよ。あと、1時間しかないからね」
 ミットキーは、チーズを食べた。「新しくなんか、ないさ。リンバー
ガーだよ。ただ、リンバーガーにしては、かなり変な味がするね」

38

37
























































「どっちが好きかい?」
「分からないよ、ホイットニー。でも、あまり、食べたくない━━━」
「不思議な味がするかい、ミットキー?すごいだろ。全部食べていいよ、
きっと、好きになるよ」
 失礼のないように、また、議論するのもめんどうなので、ミットキー
は、残りも食べた。
「悪くは、ないね」と、ミットキー。「さぁ、ミニートをさがしに行こ
う」
 しかし、ミットキーの目は、重くなり、あくびをした。ミットキーは、
穴の端まで来ていた。
「ホイットニー、少しだけ、休むよ。5分だけくれないか━━━」
 言い終わる前に、ミットキーは眠りに落ちた。いびきをかいて、今ま
でかいたことのないような、いびきをかいて、眠りに落ちた。
 ホイットニーは、ニタリとしてから、忙しく働くねずみになった。
 






40

39
























































            7
 
 目覚まし時計が、鳴り出した。
 オッペルバーガーは、眠たそうに、目をひらき、今日がロケットの日
だったと、思い出して、あわてて、ベッドから出た。今から、30分後
が、ロケット発射の時だった。
 家の外へ出て、発射台を点検した。発射台は、問題なかった。ロケッ
トも。ただし、もちろん、個室のドアは、まだ、ひらいたままだった。
最後の瞬間に、ねずみを乗せるまでは、そのままだった。
 教授は、ふたたび、家の中に戻り、ロケットを発射台に運んだ。注意
深く、所定の位置に合わせ、スターターピンを点検した。すべて、異常
なかった。
 10分前だった。ねずみを、連れてこよう。
 白いねずみは、木製のケージで眠っていた。
 オッペルバーガーは、ケージの中に、注意深く、手を入れた。
「さて、ホイットニー、これから、長い、長い旅に行くんじゃよ。かわ
いそうな、小さなねずみよ、できれば、起こさないようにしよう。スタ
ートの号砲で起されるまでは、眠っていなさい」
 静かに、そっと、静かに、教授は、眠り続ける荷物を、庭に運び、ロ
ケットの個室に入れた。

42

41
























































 3つのドアが、しまった。内側のドアと、バルサ材の格子と、外側の
ドア。バルサ材の格子以外は、ロケットの着陸時に、自動的にひらき、
送信機は、ねずみが、バルサ材をかじって、外へ出ようとする音を拾っ
て、送信することだろう。
 もしも、月に大気があれば。もしも、ねずみが━━━。
 懐中時計の分針を見ながら、教授は、待った。秒針が、今━━━。
 教授の指が、正確にタイミングをはかった、遅れて作動する、スター
ターボタンに触れると、家の中に走った。
 ドドドドドーーーン!
 ロケットが通った空中に、飛行跡ひこうせき
「グッバイ、ホイットニー。かわいそうな、小さなねずみ、でも、いつ
か、きみは、有名になるよ。わしのスターマウスのミットキーと同じく
らいに、有名になるよ。いつか、わしが本を出せば━━━」
 さて、日記に、出発の章を始めよう。
 教授は、ペンに手を伸ばした。自分の手の内側を見ると、その手は、
ねずみをつかんだ手だ。
 白だった。少し、混乱した。電灯の下に、手をかざして、調べた。
「白ペンキだ。わしは、どこで、白ペンキにさわったのかな?少しはあ
るが、使ってはおらん。ロケットにも、室でも、庭でも━━━」
「ねずみ?ホイットニー?わしは、ホイットニーをつかんだ。しかし、

44

43
























































なんだって、研究所は、白ペンキを塗った、ねずみを送ってきたのじゃ
ろ?たしかに、わしは、どんな色でもよいとは言ったが━━━」
 教授は、肩をすくめ、手を洗いにいった。それは、不思議で、実に、
不思議だったが、重要では、なかった。しかし、地上にある、研究所が、
なぜそんなことをしたんだろうか?
 
               ◇
 
 轟音ごうおんを上げて、上昇するロケットの、暗い個室。月へ一直線、衝突。
 睡眠薬入りの、リンバーガーチーズ。
 黒い裏切り。
 白ペンキ。
 おお、かわいそうな、ミットキー!帰りのチケットなしで、月へ一直
線。
 
               ◇
 
 夜。ハートフォードは、雨だった。教授は、望遠鏡で、ロケットを追
えなかった。
 だが、すべては、順調で、問題なかった。

46

45
























































 送信機が、そう、教えてくれた。ロケットの轟音ごうおんが、大きすぎて、中
のねずみが生きているかどうか、確信がもてなかったが、たぶん、生き
ているだろう。ミットキーは、プロックスへの旅でも生きていたのだか
ら。
 ついに、教授は、長椅子でうたた寝するために、電気を消した。起き
たときには、雨はやんでいるだろう。
 教授は、うとうとして、目は閉じられた。そして、しばらくして、ふ
たたび、目をあける夢を見た。自分の見ているものが夢だということは、
分かったいた。
 4つの小さい白い点が、ドアから床を横切って、動いた。
 4つの小さい白い点は、ねずみのようだったが、ねずみの夢を見てい
るのでない限り、ありえなかった。それらは、軍隊のように整然と、正
確な四角形で、動いたからだ。ほとんど、兵士のように。
 それから、音が、あまりにかすかで聞き取れなかった。4つの小さい
白い点は、1つのかたまりになって、消えた。1つ1つ、正確なインタ
ーバルで、床板から消えた。
 教授は、目が覚めて、自分に笑った。
「夢ではない?白いねずみや、手についた白ペンキのことを考えて、眠
ったから、それで、そんな夢を━━━」
 伸びをして、あくびをして、起き上がった。

48

47
























































 しかし、小さい白い点は、つまり、白いなにかは、また、床板に現れ
た。別の点が、合流した。教授は、目をパチクリさせて、それらを見た。
立ったまま、夢を見ているのだろうか?
 ひっかくような音がして、なにかが床を進んだ。最初の2つの白い点
は、壁から離れ、別の2つが現れた。ふたたび、四角形フォーメーショ
ンで、床を横断して、ドアに向かった。
 行進は、続いた。4つの点は━━━これらが、白いねずみということ
はあるだろうか?━━━なにかを運んでいた、2つが引っぱり、2つが
押していた。
 しかし、それは、バカらしかった。
 教授は、電気のスイッチまで行って、点けた。光が、一瞬、教授の目
をくらませた。
「止まれ!」と、高い、金切り声がした。
 教授は、今、見えるようになった。それは、4匹の白いねずみだった。
彼らは、なにかを運んでいた。教授の持っている、鉛筆タイプの懐中電
灯の部品のひとつのようなものを、周りにくっつけた、奇妙な、小さい
物体だった。
 3匹のねずみは、大急ぎで、物体を運び始め、4匹目は、教授と物体
の間に立った。4匹目は、教授に、小さなチューブのようなものを向け
ていた。

50

49
























































「動けば、ぶっ殺すぞ!」と、チューブを持ったねずみ。金切り声で。
 教授が動けなかったのは、チューブの脅威からではまったくなかった。
あまりに驚いたので、動けなかったのだ。チューブを持ったねずみは、
ホイットニーではないか?そう見えた。しかし、4匹とも、すべて、ホ
イットニーに見えた。ホイットニーは、月への旅の途中だ。
「なにが、どうして、どうなった?」
 3匹のねずみは、荷物とともに、台所のドアの網戸の穴に消えた。4
匹目も、彼らのあとを追った。
 網戸の手前で、立ち止まった。
「あんたは、バカか、教授?」と、ホイットニー。「人間は、すべて、
バカだ。オレたち、ねずみが、みな殺しにしてやる!」
 ホイットニーは、チューブを捨てて、網戸の穴へ消えた。
 教授は、ゆっくりと歩いて、ホイットニーが捨てていった武器を拾い
上げた。それは、マッチ棒だった。チューブでも、武器でも、まったく
なく、ただの、安全に燃やせるマッチ棒だった。
「しかし、なにが、どうして?」と、教授。
 教授は、マッチ棒を、燃えているかのように、手から落とした。そし
て、大きなタオルで、額をひたいぬぐった。
「しかし、なにが、どうして?」
 教授は、その場に、長い時間いたかのように、立っていた。それから、

52

51
























































ゆっくり冷蔵庫に行って、あけた。一番奥のすみに、ボトルがあった。
 教授は、禁酒主義者だった。しかし、禁酒主義者も、1杯が必要なと
きがある。今が、そうだった。
 教授は、一杯を注いだ。






            8
 
 夜。ハートフォードは、雨だった。
 マイククラーリは、ハートフォード研究所のガードマンだが、やはり、
一杯飲んだ。骨にリューマチをかかえた男には、こんな天気の夜に、雨
の中庭を横切って歩いた後に、内から温めてくれる一杯が必要だった。
「カモたちにとっちゃ、いい夜だ」と、マイク。飲んだのは、初めてで
はなかった。自分のユーモアに、声を出さずに、くっくっと笑った。
 マイクは、3号棟の建物に入った。化学薬品の倉庫、測量室、発送室
を通った。彼は、ランタンを脇で揺らして、自分の前に、グロテスクな

54

53
























































影を作った。
 しかし、これらの影は、マイククラーリを驚かせなかった。というの
も、この10年というもの、夜な夜な、この建物で、影たちと、追いか
けっこをしていたからだ。
 マイクは、生物室のドアをあけた。ドアをあけたまま、中へ入った。
「なんてこった!」と、マイク。「なにが起きたっていうんだ?」
 白いねずみを入れていた、2つの大きなケージのドアが、あいたまま
だった。2時間前に、巡回したときは、あいてはなかった。
 ランタンを高くかかげて、ケージの中を見た。ケージは、どちらも、
カラだった。ねずみは、すべて、いなくなっていた。
 マイククラーリは、ため息をついた。上司は、オレを責めるだろうな。
 よし、こう言おう。数匹のねずみなら、高いもんじゃないし、給料で、
なんとかなる。そう、オレのミスで、弁済することになるだろうな。
「ウィリアムさん」と、マイクは、上司に言うだろう。「最初、巡回し
たとき、これらのドアは閉まってました。2回目の巡回では、あいてま
した。ねずみをつかまえるのは、難しいでしょう。私に非があるのなら、
その分、給料を減額━━━」
 かすかな気配が、背後にした。マイクは、あたりを見回した。
 室のすみに、白いねずみがいた。あるいは、白いねずみに見えるよう
な、なにかがいた。しかし、それは、シャツとズボンを身に着けていた。

56

55
























































「おお、神よ!」と、マイククラーリ。ほとんど、肺で声を出した。
「こいつは、アル中の妄想だ、オレは、ついに━━━」
 別の考えが、マイクを愕然とさせた。
「ええ、そうなのか?きみは、小人族のひとりなのか?どう、元気?」
 マイクは、震える手で、帽子をぬいだ。
「よっぱらいめ!」と、小さなねずみ。電光石火で、姿を消した。
 マイククラーリの額にひたいは、汗。背中や脇の下からも、汗が、したたり
落ちた。
「やつらに遭遇した!」と、マイク。「ついに、やつらに遭遇した!」
 まったく論理を越えて、彼の確固たる信念でもあったが、尻ポケット
の1パイントボトルを取り出して、いっきに、残っていた酒を飲み干し
た。









58

57
























































            9
 
 暗闇と轟音ごうおん
 急に、轟音ごうおんが止んで、ミットキーは目がさめた。目覚めると、そこは、
真っ暗な、せまい場所だった。頭痛がして、胃も痛かった。
 突然、ここがどこなのか分かった。ロケットだ!
 ロケット噴射が止んだということは、軌道に乗って、あとは、月へ向
かって、落ちつつ、落ちてゆくだけだということだった。
「しかし、なにが、どうして?」
 ミットキーは、思い出した。送信機があって、ロケットの音を、教授
の超短波受信機に、送信していることを。彼は、絶望的になりながら、
呼びかけた。
「教授!オッペルバーガー教授!助けて!こちらは━━━」
 別の音がして、ミットキーは、黙った。
 口笛のような音、高いキーキー音、ロケットが大気中を、突き抜けて
るかのような音だった。
 月?月に関しては、教授が正しく、天文学者たちが間違ってたのか?
あるいは、ロケットが、地球に戻ったのか?
 ともかく、翼は、機能し始め、ロケットは、加速でなく、減速しつつ
あった。

60

59
























































 突然、引っ張られて、ミットキーの呼吸を圧迫した。パラシュートの
翼がひらきつつあった。もしも、それらが━━━。
 クラッシュ!
 ふたたび、ミットキーの目の前も、後ろと同様、暗くなった。真っ暗
闇。ふたつのドアがひらいて、バルサ材の向こうに光がさしたが、ミッ
トキーは、それらを見なかった。
 しばらくして、ミットキーは目をあけて、うめき声を上げた。
 彼の目は、最初、木製のバーを見て、それから、その向こうを、見た。
「月」と、ミットキーは、つぶやいた。ミットキーは、バルサ材の門ま
で来たが、それを、あけなかった。恐ろしくて、彼は、小さな灰色の鼻
を、ドアから出して、周りを見渡した。
 なにも、起こらなかった。
 ミットキーは、頭を、後ろに引っ込めて、マイクロフォンに顔を向け
た。
「教授!聞こえますか?ぼくです、ミットキーです。ホイットニーじゃ
ありません。彼は、ぼくたちを、だましたんです。ぼくは、白ペンキを
塗られていました。それで、なにが起こったのか、知ったんです。あな
たは、そんなもの入れませんよね。白ペンキがあるはずないんです」
「だまされたんです、教授。ぼくは、ねずみなのに、裏切られたんです。
それに、ホイットニーは、今、X19光線プロジェクターを持っていま

62

61
























































す。彼が、なにを計画しているのか、恐ろしいです。間違ったことでな
ければ、ぼくに、話したでしょうし」
 沈黙。ミットキーは、よく、考えた。
「教授、ぼくは、戻らなければなりません。ぼくのためでなく、ホイッ
トニーを止めるために。助けてくれますよね?見てください、ぼくは、
この送信機を、受信機に改造できます。たぶん、やさしいです。受信機
は、ずっと、単純ですからね?そして、教授は、超短波送信機を、すぐ
にでも、作れますよね?」
「そう、今から、始めます。グッバイ、教授。このワイヤを、変えてと
━━━」
            10
 
「ミットキー!聞こえるかい、ミットキー?」
「ミットキー、いいかい?地球に戻れるように、ロケットを改造する方
法を、今から教えるよ。すぐに作れないこともあるから、30分ごとに、
改造法を、なんども繰り返すからね」
「まず、方法を全部、聞いたら、電気を節約するために、回路を、シャ
ットオフしなさい!再出発のために、電気をバッテリーに、残しておく
必要があるんだよ。だから、送信はしなくていいよ。わしに、返答せん
ように!」

64

63
























































「目的地の設定と計算は、あとにする。まず、チューブに残っている燃
料を、チェックしなさい!燃料は、多めに入れておいたから、十分だと
思うよ。重力の小さい月を出発する方が、地球を出発するより、ずっと、
ずっと、燃料が少なくてすむからね。それから━━━」
 教授は、話し終わっても、なんどもなんども、説明を繰り返した。教
授は、自分の手元にないので、どのようにしたらいいか分からないもの
も、いくつかあったが、ミットキーは、なんとか答えを見つけられた。
 ロケットの調整や、照準の角度や、タイミングの説明を、なんども、
繰り返した。ミットキーが、どうやって、ロケットを転回させ、照準を
あわせるかは、説明しなかった。しかし、ミットキーは、かしこいねず
みだったから、教授には、分かった。たぶん、レバーでなんとかするだ
ろう。レバーを見つけられれば━━━。
 繰り返し、繰り返し、夜遅くまで、親切な教授の声が、疲労でしゃが
れ声になるまで、そして、ついには、説明の繰り返しが、19回目の途
中で、教授は、いびきをかいて、眠りに落ちた。
 教授が目覚めると、明るい陽射しで、棚の時計は、11時を告げた。
起き上がり、つりそうな筋肉を伸ばしてから、座って、マイクロフォン
に向かった。
「ミットキー、聞こえるかい?」
 答えは、なかった。答えないように、言ってあったからだ。ミットキ

66

65
























































ーは、前回の交信を、夜のはじめにしたとして、今は、夜遅くだった。
ミットキーの電池━━━つまり、ロケットの電池は、回路をまだ、つな
いでいたとして、かなり使い果たしているだろう。
 待つこと以外、今できることは、なかった。
 希望は、厳しく、待つことは、もっと、厳しかった。
 夜、昼、夜。夜と昼が続いて、1週間がたった。ミットキーは、いな
かった。
 ふたたび、前と同じように、教授は、鉄製のケージにわなを仕掛けて、
ミニートをつかまえた。ふたたび、前のように、ミニートの世話をした。
「ミニート、ミニート、たぶん、ミットキーが、もうすぐ、ここへ戻っ
てくるんだよ」
「ところで、ミニート、なぜ、きみは、ミットキーのように、話せない
んだい?ミットキーは、X19光線プロジェクターを作って、なぜ、き
みに、使用しなかったんだろう?なぜか、分からないのう」
 ミニートは、教授に、理由を話さなかった。理由を、知らなかったか
らだ。ミニートは、教授を疑わしそうに、見ていたが、話さなかった。
ミットキーが戻ってくるまで、ふたりは、理由が分からないだろう。そ
して、逆説的だが、ミットキーには、白ペンキを落とす時間がなかった。



68

67
























































            11
 
 ミットキーの着陸は、完璧だった。ロケットから、はい出ると、しば
らく、歩いた。
 着陸場所は、ペンシルベニアだったので、ハートフォードまで、2日
かかった。もちろん、徒歩ではなかった。ガソリンスタンドに隠れてい
て、コネチカットナンバーのトラックがガソリンを入れにきたら、ミッ
トキーもついでにのせてもらった。
 最後の数マイルは、歩いて、ついに━━━。
「教授!ぼくです!ミットキーです!」
「ミットキー、わしのミットキー!もう、会えないかと思っておったよ。
どうやって、戻ったか、話してくれんか?」
「あとです、教授。あとで、全部お話します。さきに、ミニートはどこ
です?ミニートは、います?前は、行方不明で━━━」
「ケージにいるよ、ミットキー。おまえのために、ミニートにいてもら
ったんだよ。ミニートを解放しようか?」
 教授は、鉄製のケージのドアをあけた。ミニートが、ためらいながら、
出てきた。
「ご主人さま!」と、ミニート。ミニートが見ていたのは、ミットキー
だった。

70

69
























































「なんだって?」と、ミットキー。
「ご主人さま!」と、ミニート。繰り返した。「あなたは、白ねずみで
す。わたしは、あなたの奴隷です」
「なんだって?」と、ミットキー。繰り返した。それから、教授を見た。
「ミニートは、なにを言ってるのだろう?さっぱり━━━」
 教授は、目を見開いた。「分からんよ、ミットキー。ミニートは、わ
しとは、まったく、話さなかった。ミニートがなにを言ってるのか━━
━待てよ、ミニートは、白ねずみって言ってるのぉ。たぶん━━━」
「ミニート」と、ミットキー。「ぼくのことを、覚えてないの?」
「あなたは、白ねずみです、ご主人さま」と、ミニート。「あなたと、
話します。わたしたちは、白ねずみ以外とは、話してはならないのです。
それで、今まで、黙ってました」
「ミニート、だれが」と、ミットキー。「白ねずみ以外とは、話しては
ならないんだい?」
「わたしたちです。灰色ねずみです、ご主人さま」
「教授」と、ミットキー。「分かってきました。ぼくの予想より、ずっ
と悪い状況です」そして、ミニートに。「ミニート、白ねずみに仕える、
灰色ねずみって、なんなんだい?」
「なんでもです、ご主人さま。奴隷であり、労働者であり、兵士です。
わたしたちは、皇帝と、ほかのすべての白ねずみに仕えます。そして、

72

71
























































最初の、すべての灰色ねずみは、働き、戦うように訓練されています。
さらに━━━」
「待って、ミニート。分かった。2足す2は?」
「4です、ご主人さま」
「13足す12は?」
「分かりません、ご主人さま」
 ミットキーは、うなずいた。「ケージに戻りたまえ!」
 ミニートは、ケージに戻っていった。
「教授、分かりました?」と、ミットキー。「ホイットニーは、少しだ
け、灰色ねずみの知能レベルを、低くなるようにしたんです。0・2が、
ホイットニーのレベルですが、そして、それは、おそらく、ほかの白ね
ずみより、少しだけ賢いはずです。また、兵士や労働者になる、灰色ね
ずみの何倍も、賢いはずです。ひどいと、思いませんか?」
「ひどいね、ミットキー」と、教授。「ところで、人間と同じレベルに
なった、ねずみの知能レベルが、そんなに低いとは、思わなかった。人
間も、0・2レベルということかい、ミットキー?」
 ミットキーは、それには、答えなかった。
「教授、ぼくは、自分自身を、恥じています。マーストラリアの考え、
人間とねずみが、平和に共存できるというのは、夢でした。ぼくは、間
違ってました、教授。しかし、こんなこと考えてるひまは、ありません。

74

73
























































やらなきゃならないことがあります━━━」
「どんなことかい、ミットキー?警察に電話して、彼らを、逮捕しても
らおうかい?」
「いいえ、人間には、彼らを、止められません、教授。ねずみは、簡単
に、人間から隠れられます。一生、隠れて、生活することさえできます。
100万の警察官、100万の兵士でさえ、皇帝のホイットニーを、見
つけられないでしょう。ぼくが、自分で、やるしかないのです」
「きみが、ミットキー、ひとりで?」
「そのために、月から戻ったのです、教授。ぼくが、唯一、ホイットニ
ーと同じ、知能レベルのねずみなのです」
「しかし、ホイットニーには、白ねずみの取り巻きがいて、ガードされ
ているのではないかのぉ?ひとりでは、無理では?」
「機械を、X19光線プロジェクターをさがします。それが、彼らの知
能レベルを、高めたのです。分かります?」
「その機械で、なにをするのじゃ、ミットキー?彼らは、すでに━━━」
「ぼくは、回路をショートさせられます、教授。端末を逆につないで、
回路をショートさせれば、それは、閃光とともに、爆発して、1マイル
以内にいる、人工的に知能レベルを高められた、すべてのねずみたちを、
以前の知能レベルに戻せられます」
「しかし、ミットキー、きみも、そこにおるのじゃ。きみ自身の知能レ

76

75
























































ベルも、破壊されてしまう。それで、いいのかい?」
「ええ、いいです。世界のためですし、平和のためです。しかし、ぼく
には、切り札が1枚あって、それで、知能レベルを、元に戻せます」
「どうやるんだい、ミットキー?」
 小さな、灰色の人間が、頭を低く下げて、白ペンキの小さな灰色のね
ずみの上に。ふたりは、高貴な使命と世界の運命について、話し合って
いた。それが、おかしいと思う人は、もちろん、いないはずだ。
「どうやるんだい、ミットキー?」
「まず、白ペンキを、塗り直します。それで、彼らをだませますし、自
分を守れます。ハートフォード研究所の近くに行けば、ホイットニーが、
いっしょに働ける、新しい白ねずみを、見つけるわけです。
 ここを、出発する前に、ぼくは、別のX19光線プロジェクターを作
ります。それで、ミニートの知能レベルを、ぼくと同じレベルに、高め
ます。そして、ミニートに、プロジェクターの動かし方を、教えます。
分かります?
 それで、研究所で、機械をショートさせて、自分の知能を失ったら、
それでも、普通の知能や本能は残ってますから、ちゃんとここにいる、
ミニートのところまで戻ってこれます!」
 教授は、うなづいた。「すばらしい!研究所は、ここから、3マイル
じゃ。機械をショートさせても、ミニートには、影響せんじゃろう。そ

78

77
























































れで、ミニートは、ミットキーを、もとに戻せるわけじゃ、そうじゃろ
?」
「そうです。ワイヤが必要です。すばらしいワイヤが。教授は、お持ち
ですよね?」
 このときばかりは、大急ぎで、X19光線プロジェクターが作られた。
ミットキーは、教授の手助けがあったし、暗闇で盗む代わりに、必要な
ものを言うだけですんだ。
 いっしょに働いているあいだに、教授は、なにかを思い出した。
「ミットキー!」と、教授。突然に。「きみは、月におったのじゃろ?
聞くのを、忘れておった。月は、どうじゃった?」
「教授、ぼくは、帰ることに夢中で、注意して見てませんでした。覚え
てないです」
 機械が完成する、最後の接続まできた。
「教授を信用しないわけでは、ありません」と、ミットキー。熱心に。
「しかし、プロックスの科学者たちとの、約束なんです。この機械が、
どのように動くのか、分かりませんし、教授も、理解できないでしょう。
人間やねずみの科学を、越えています。しかし、約束なので、最後の接
続は、ひとりでやります」
「分かるとも、ミットキー。もちろん、いいとも。ところで、きみが、
これから、ショートさせて破壊するプロジェクターの方は、誰かにみつ

80

79
























































けられて、修理されたりされんじゃろうか?」
「まず、大丈夫です。それは、破壊されてますし、どう動くかも分かり
ません。教授でも、まず、無理です」
 ケージに近づくと、今、ドアは、ふたたび、閉まっていたが、ミニー
トが待っていた。最後のワイヤをつなぎ、そして、作動させた。
 クリック音。
 少しづつ、ミニートの目が変化していった。
 ミットキーは、急いで、ミニートに説明した。なにが起こっていて、
これから、どうする予定なのかを━━━。

            12
 
 ハートフォード研究所。本館の床下は、暗かった。しかし、ミットキ
ーの鋭い目には、すきまからの光で、短いこん棒を持った、白ねずみが、
近づいてくるのが見えた。
「誰だ?」と、白ねずみ。
「ぼくだよ。上の豚のケージから、逃げてきたんだ。なにか、食べるも
のない?」
「そうか。ねずみの皇帝のところに、連れていってあげよう。彼によっ
て、彼が作った機械によって、きみは、知能と気品を高められるんだ」

82

81
























































「彼って?」ミットキーは、知らないふりをした。
「ホイットニーは、白ねずみの皇帝さ。白ねずみは、すべてのねずみを
支配していて、そのリーダーが、皇帝さ。きみも、宣誓すれば、すべて
を教えてもらえるよ」
「機械のことを言っているのかな?」と、ミットキー。「それは、なん
なんだい?どこにあるんだい?」
「本部さ。今から連れていってあげる。こっちさ」
 ミットキーは、白ねずみについていった。
 途中で、ミットキーは、いた。「賢くなった白ねずみは、どのくら
いいるんだい?」
「きみは、21番目さ」と、白ねずみ。
「それじゃ、20匹すべてが、ここに?」
「そうさ。それに、ぼくたちのために、労働したり、戦ってくれる、灰
色ねずみの奴隷部隊を、訓練しているんだ。すでに、100匹そろって
いて、兵舎で生活しているよ」
「灰色ねずみの兵舎は、本部から、どのくらい離れているんだい?」
「10ヤードか、たぶん、12ヤードだね」
「なるほど」と、ミットキー。
 通路の最後のかどを曲がると、機械があり、ホイットニーがいた。ホイ
ットニーの周りを半円状に、白ねずみが取り囲んで座り、聞いていた。

84

83
























































「次にやることは━━━」と、ホイットニー。「なんだね、護衛?」
「新人です、閣下!」と、護衛。「逃げてきたそうです。参加したいそ
うです」
「いいね」と、ホイットニー。「今、世界征服を話し合っていたところ
だ。きみが、宣誓するまで、待とう。さて、機械の横に立って!片手を、
シリンダーの上に、もう片方を、手のひらを前にして、私に向けなさい
!」
「はい、閣下」と、ミットキー。半円状のねずみたちを回って、機械に
向かった。
「そう」と、ホイットニー。「手を高く!そう!私のする通りに、宣誓
しなさい!白ねずみは、世界の支配者である」
 ミットキーは、繰り返した。「白ねずみは、世界の支配者である」
「灰色ねずみや、人間を含めた、その他の生物は、白ねずみの奴隷とな
る」
 ミットキーは、繰り返した。「灰色ねずみや、人間を含めた、その他
の生物は、白ねずみの奴隷となる」
「さからったものは、拷問され、殺される」
 ミットキーは、繰り返した。「さからったものは、拷問され、殺され
る」
「そして、ホイットニーは、すべてのものたちを支配する皇帝である」

86

85
























































「この機械は、きみが作ったものじゃない!」と、ミットキー。彼は、
X19光線プロジェクターのワイヤの間にもぐりこむと、ふたつの端末
のワイヤを、同時につかんだ━━━。
 
            エピローグ
 
 教授とミニートは、待っていた。教授は、自分のイスに座って、ミニ
ートは、作業テーブルの上で、ミットキーが行く前に作ってくれた、新
しいプロジェクターの横にいた。
「3時間20分たつ」と、教授。「ミニート、なにかまずいことが起こ
ったと思うかい?」
「そうじゃないことを、望むわ、教授」と、ミニート。「━━━ねずみ
って、知能を持ったら、幸せなのかしら?知能を持ったねずみは、不幸
なんじゃないかしら?」
「きみは、不幸かい、わしのミニート?」
「わたしも、ミットキーも不幸だわ、教授。はっきり言って、知能は、
心配の種だし、トラブルのもとよ。そう、壁の中で、冷蔵庫の下のチー
ズに囲まれて、わたしたちは、すごく幸せだったわ、教授!」
「たぶん、脳が、ねずみたちを悪い方向に導くんだろうね。人間のよう
に」

88

87
























































「そうよ、でも、人間たちは、そのように生まれついているのだから、
仕方ないわ。ねずみたちも、もしも、知能が必要なら、そのように、生
まれてくるはずでしょ?」
 教授は、ため息をついた。「たぶん、きみは、ミットキーより、頭が
いいね。わしは、心配じゃよ、ミニート、もしも━━━見てごらん、ミ
ットキーじゃ!」
 小さい灰色のねずみが、壁に沿って、こそこそ歩いていた。白ペンキ
は、ほとんどはがれ、残りがもとの灰色を汚していた。
 床板の穴へ、飛び込んだ。
「ミニート!」と、教授。「ミットキーだよ!成功したんだ!さて、ケ
ージにわなを仕掛けて、ミットキーを、作業テーブルの機械の横に連れ
てこよう!いや、待てよ、その必要はないかな?プロジェクターを、壁
のうしろのミットキーに向けて、スイッチを押せば━━━」
「グッバイ、教授!」と、ミニート。ミニートは、機械に近づいた。教
授が、気づいたときには、もう遅く、ミニートがしようとしていたこと
を、止められなかった。
「ちゅうちゅう」
 そして、ただの、小さな灰色のねずみが、作業テーブルの上で、おお
あわてで、降りる道をさがしていた。作業テーブルの中央には、小さな、
複雑な、もう2度と動作しない、ショートされた機械があった。

90

89
























































「ちゅうちゅう」
 教授は、ミニートをやさしく、つまみ上げた。
「ミニート、わしのミニート!そう、きみは、正しい!きみとミットキ
ーは、とても、幸せじゃろ?しかし、わしは、もう少し待ってほしかっ
た。ほんの少しだけでも、ミットキーと、もう一度、話したかった。ミ
ニート、でも━━━」
 教授は、ため息をついた。そして、灰色のねずみを、床の上に置いた。
「ミニート、壁の中のミットキーに、してあげられることは━━━」
 しかし、教えてあげることは、ミニートが、理解できたとしても、も
う、遅く、その必要もなかった。小さな灰色のねずみは、今や、床下の
穴に向かった、一直線の、小さな灰色の筋となった。
 そして、壁の中に隠された、深い暗闇からは、2匹の楽しそうな、小
さな、ちゅうちゅう鳴く声が聞こえてきた。
 オッペルバーガーは、その声を聞いて、やっと、笑顔を浮かべた。
 
 
 
                            (終わり)



92

91