ねずみ
            原作:フレドリックブラウン
            アランフィールド
             
            プロローグ
 
 ビルヒラーは、たまたまだったが、83番街ストリートの角にある、
アパートの5階の自宅の窓から、外を見ていた。そのとき、どこからか
やってきた、宇宙船が、セントラルパークウエストに着陸した。
 それは、空から静かに降りてきて、セントラルパークのサイモンボリ
バーの銅像と、歩道の間の芝生に、ビルヒラーの窓から、わずか30メ
ートルのところに降り立った。
 
 



 

2

1





            1
 
 ビルヒラーは、窓枠にいるシャムネコのやわらかい毛をなでる、手を
とめた。
「ビューティ、あれは、なんだろう?」と、ビル。とまどいながら。
 しかし、シャムネコは、答えず、ゴロゴロとのどを鳴らすのをやめた。
ビルがなでるのを、やめたからだ。彼女は、ビルとは違う、なにかを感
じていた。たぶん、ビルの指が、急に、こわばって硬くなったとか、ネ
コ特有の予知能力や、モードの違いを感じ取る能力で。彼女は、背中で
1回転した。
「ミャオー」と、ビューティ。強く、訴えるように。
 ビルは、彼女に答えず、公園通りをはさんで起こった、信じられない
できごとに、心を奪われていた。
 それは、葉巻タイプで、長さは、7フィート、直径は、最も太いとこ
ろで、2フィートだった。サイズからいったら、ちょっと大きめの、お
もちゃ飛行船であったが、窓と向かいの空中50フィートに出現するの
を、初めて見たときから、ビルは、それが、おもちゃであるとは、まっ
たく思わなかった。
 それは、あえて呼ぶなら、エイリアンだったが、そう呼んでも、それ
が、なんであるかを示してなかった。エイリアンとか地球のものとかは、

4

3





その外形を特定するわけでなかった。それは、翼がつばさなく、プロペラもロ
ケットブースターもなく、なにもなかった。金属で作られたシリンダー
で、あきらかに、空気よりは重かった。
 しかし、それは、まるで、羽のように漂い、草地の上、3フィートの
空中まで、降りてきて、ピタリと止まった。そして、突然、片方のはし
ら━━━はしは、どちらも同じ形で、どちらが前方で、どちらが後方かは、
判断できなかった━━━目もくらむような、閃光が放たれた。その閃光
と同時に、シューという音がして、ビルヒラーの手の下からネコがころ
がり出てきて、しなやかな動きで、すくっと、立つと、窓の外を眺めた。
彼女は、フゥーッと言ってから、しずかに、背中や首の後ろの毛を、ピ
ンと逆立さかだて、太さ2インチになった、しっぽを、ピンと上にのばした。
 ビルは、彼女から、手を離した。そのような状態になったら、ネコか
らは、離れた方が懸命だからだ。
「ビューティ、静かに!だいじょうぶ。地球を征服するために火星から
来た、ただの宇宙船だよ。ねずみじゃないよ」
 彼は、最初の点では、ある意味、正しかった。しかし、第2の点では、
ある意味、間違っていた。しかし、そんなふうに、物事の先取りは、し
ないことにしよう。



6

5





            2
 
 排気管かなにかからの最初の閃光のあと、宇宙船は、12インチ下が
って、草地の上に留まった。まったく、動かなかった。今、一方のはし
ら、黒くげた地面の、扇形のエリアが広がっていて、30フィートに
及んでいた。
 そのあとは、なにも起こらず、四方八方から人々が、集まり始めた。
警官も走ってきた。3人の警官は、人々が宇宙船に近づきすぎないよう
にした。近すぎるとは、警官のアイデアで、10フィート以内とされた。
ビルヒラーには、それは、ばかげたことに思えた。もしも、それが、爆
発かなにかしたら、たぶん、数ブロック先の全員が死亡するだろう。
 しかし、それは、爆発しなかった。ただ、そこにあって、なにも起こ
らなかった。ビルとネコを驚かせた、閃光だけだった。ネコは、もう、
うんざりして、窓枠にもどって、毛づくろいした。
 ビルは、また、ぼんやりと、なめらかな、淡黄褐色の毛をなでた。
「まっ昼間に、あれは外から来たんだ」と、ビル。「くもじゃないんだ
から、下へ降りて、ちょっと見てくるよ」
 エレベーターで、下へ降りて、正面玄関をあけようとしたが、できな
かった。ガラス越しに見えるのは、ドアに押し付けられた、人々の背中
だけだった。つま先立ちして首をのばしても、見えるのは、人々の頭の

8

7





並びだけだった。エレベーターに戻った。
「外は、騒がしいですね」と、エレベーターボーイ。「パレードかなに
かですか?」
「なにか、宇宙船のようなものが」と、ビル。「セントラルパークに着
陸したんだ。火星か、どこかから。そのうち、歓迎のスピーチを、聞け
るよ」
「なんですって?それは、なにを?」
「なにも」
 エレベーターボーイは、ニヤリとした。「おもしろいですね、ミスタ
ーヒラー。ネコは、どうしてます?」
「元気だよ」と、ビル。「きみのは?」
「ご機嫌ななめですね。昨夜帰ったときに、ベルトの下、数インチに、
本を投げつけられましたよ。私が、夜、数ドル使ったことを、責められ
ましてね。あなたのワイフは、最高ですよ」
「そう思うよ」と、ビル。
 窓に戻ってみると、すごい数の群集だった。セントラルパークウエス
トは、どの方向も、半ブロックづつの人々のかたまりができていて、公
園全体が、どの通りも、人々に埋め尽くされていた。唯一の隙間は、宇
宙船の周りの円だけで、今や、半径20フィートに広がって、それを維
持する警官は、3人よりずっと多くなった。

10

9





 ビルヒラーは、シャムネコを窓枠のはしに、やさしく移し、座った。
「ビューティ、ここは、特等席だ。あそこへ降りてゆくより、ずっとよ
く見える」
 下の警官たちは、苦戦をしいられた。しかし、トラックで援軍が到着
して、なんとか、円の中へ入って、広げようとした。円を広げたら、数
人が押しつぶされることは、明らかなようにみえた。カーキ色の軍服が、
数人、円に混じっていた。
「高官が」と、ビル。「混じってるようだな。階級章がよく見えないが、
大佐以上だ。歩き方から、分かる」
 彼らは、円を押し広げて、ついに、側道まで達した。円の中には、多
くの将校がいた。6人くらいの軍服たちが、注意しながら、宇宙船に近
づいた。写真を撮り、寸法を測った。ひとりは、装置入りの大きなスー
ツケースを持ち込んで、慎重に、金属を引っかいたり、なにかのテスト
をした。
「ビューティ、金属を調べる、冶金やきん学者さ」と、ビルヒラー。シャムネ
コに説明した。彼女は、もう、なにも見てはいなかったが。「1ミャオ
ーに10ポンドのレバーを賭けてもいいけど、彼は、未知の元素を含ん
だ、新しい合金を見つけるよ。
 ビューティ、寝っころがってないで、見ていなさい!すごい1日にな
るよ。終わりの始まりか、なにか新しいことの、始まりに。もうちょい、

12

11





急いで、宇宙船をあけてもらいたいね」
 軍隊のトラックが、円の中に入ってきた。6機の大きな飛行機が、上
空で、爆音をたてて、円を描いていた。ビルは、不思議そうに、見上げ
た。
「爆弾を積んだ、爆撃機だ。公園や人々や、その他すべてを、爆撃する
つもりなのかな?もしも、小さな緑の宇宙人が現れて、光線銃で、人々
を殺し始めたら、爆撃機が、このあたり一帯を、壊滅させるつもりらし
い」
 しかし、小さな緑の宇宙人は、シリンダーからは、現れなかった。そ
こで作業していた人々は、見たところ、それをあけることは、できなか
った。ひっくり返して、下側を見ても、同じだった。下は、上だった。
 そのとき、ビルヒラーは、不満をもらした。軍隊のトラックが、大き
なテントを下ろして、カーキ色の軍服が、杭を打ち、テントを広げ始め
た。
「ビューティ、やつらは、なにをするつもりだろう」と、ビル。かなり、
不満そうに。「テントを建てて、見えなくされたら、最悪だ」
 テントは、できた。ビルヒラーは、テントの先端は見れたが、先端に
変化はなく、内側でなにが起こってるかは、見えなかった。トラックが、
行き来し、将校と背広が、行き来した。
 しばらくしてから、電話が鳴った。ビルは、ネコの毛並みをひとなぜ

14

13





してから、電話に出た。
「ビルヒラーさんですか?」と、電話。「こちらは、ケリー大佐だが、
あなたは、著名な生物学者だと、お聞きしています。その分野では、ト
ップだと?」
「はい」と、ビル。「生物学者ではありますが、トップかどうかは、分
かりません。私に、なにか?」
「宇宙船が、今、セントラルパークに着陸しました」
「知ってます」
「ここから、さまざまな分野の方に電話して、専門家の方を集めていま
す。生物学者は、あなた以外にも、何人かの方に、宇宙船の内部で見つ
かったものを、調査していただく予定です。ハーバード大のグリム博士
は、町におられ、もうすぐ、到着します。ニューヨーク大のウィンスロ
ー博士は、すでに到着してます。ここは、83番街ストリートの向かい
です。どのくらいで来れますか?」
「パラシュートがあれば、10秒です。大佐の姿は、この窓から見えま
すよ」住所とアパートメント番号を伝えた。「群集をかき分けてくれる、
屈強な男性を2名よこしてもらえれば、ずっと早く着けます。お願いで
きますか?」
「いいでしょう。2名、さしむけます。しばらく、お待ちを」
「助かります」と、ビル。「シリンダーの中には、なにか?」

16

15





            3
 
 2秒間、間があった。
「ここにいらしてから、お教えします」と、ケリー。
「道具が必要なんです」と、ビル。「解剖用や薬品、試薬といった。な
にを持っていったらいいか、知りたいのです。小さな緑の宇宙人が、い
ました?」
「いや」と、ケリー。ふたたび、2秒間の間。「ねずみのようです。死
んだ、ねずみです」
「ありがとう」と、ビル。受話器を置いて、窓に戻った。シャムネコを、
とがめるよう見た。「ビューティ、誰かに、からかわれていたらしい」
 通りの向こうを見て、とまどいの表情が浮かんだ。2人の警官が、テ
ントから出て、まっすぐに、このアパートの玄関に向かって、群集をか
き分け始めた。
「聖火をかざして、マッコイ選手が」と、ビル。急いで、クローゼット
へ行くと、かばんの中に、キャビネットや必要な小物やボトルを、手当
たりしだいに入れて、ドアのノックを待った。
「ビューティ、留守番をよろしく。ちょっと、ねずみを見に行ってくる
よ」
 ビルは、警官にエスコートされて、群集をぬけ、円の中のテントへ入

18

17





った。
 シリンダーのある地点のまわりに、人々が集まっていた。ビルは、肩
越しに、シリンダーが、きれいに、2つにカットされているのを見た。
中は、空洞で、きれいな羽のような、やわらかそうなものが詰まってい
た。片方の端で、ひざをついている男性が、話していた。
「起動装置のようなものはない。それどころか、装置らしきものは、い
っさいない。ワイヤもないし、粒や、燃料も一滴もない。ただの空洞の
シリンダーで、中に、詰め物があるだけだ。いかなる方法でも、自力で
飛行することはできない。しかし、それは、ここへやってきた。宇宙か
ら。グレーブセンドによれば、物質は、地球外のものだという。訳がわ
からぬ」
「少佐、考えがあります」と、別の声。ビルヒラーが寄りかかっていた
男性の声で、声ですぐに分かった。合衆国大統領の声だった。ビルは、
そっと、寄りかかるのをやめた。
「私は、科学者ではないが」と、大統領。「それに、これは、ただの可
能性だが、最初の閃光、なにか排気管からのような、閃光を覚えている
だろうか?あれは、ひょっとすると、なんらかの破壊で、動力や燃料が
なんであれ、すべて跡形もなく、消し去ってしまう爆発だったのかもし
れない。誰かが、あるいは、なにかが、その動力の秘密を、われわれに
知られないようにするために、自爆装置を備えていたのだ。それで、着

20

19





陸したあと、動力は、自ら、完全に破壊された。ロバーツ大佐、げた
地面のエリアを調べましたね。なんらかの痕跡こんせきが見つかってますか?」
「ええ、確かに、大統領」と、ロバーツ。「金属やシリカ、ある種のカ
ーボンが、見つかってます。ひどい熱で蒸発して、固まったかのように、
一様に広がってます。手でつまめるような、かたまりではないですが、
センサーがそれを示してます。ほかには━━━」
 ビルは、声に、気づいて、振り向いた。
「ビルヒラーさんでは?」
「ウィンスロー博士!」と、ビル。「写真で、存じ上げてます。学会誌
で論文を読みました。お会いできて、光栄です」
「大げさな話は、やめなさい」と、ウィンスロー。「それより、これを
見てください!」
 ウィンスローは、ビルの腕をひっぱって、テントの端のテーブルに案
内した。
「どう見ても、死んだねずみに見える」と、ウィンスロー。「しかし、
まったく、違う。まだ、私は、解剖してない。きみと、グリムを待って
いた。ただ、体温測定と、体毛と筋肉組織は、調べた。さぁ、自分の目
で、見てみたまえ!」
 ビルヒラーは、見た。それは、まったく、ねずみに見えた。とても、
小さなねずみだった。近くに寄って見ると、小さな違いが分かる、もし

22

21





も、あなたが、生物学者なら。
 グリムが到着して、3人は、慎重に、解剖をはじめた。違いは、小さ
いことをやめ、大きくなった。骨格は、骨ではなく、別の1つのもので
できていて、色も、白ではなく、明るい黄だった。消化組織は、まった
く常識はずれだった。白のミルクのようなものが、流れていたが、心臓
はなかった。そのかわりに、チューブに沿って、区画ごとに、接点があ
った。
「道ごとの駅だな」と、グリム。「中央ポンプはない。1つの大きな心
臓のかわりに、多くの小さな心臓を持つわけだ。効率的と、いえる。こ
のような生物は、心臓病を、患うわずらことはない。白の液体を、少し、スラ
イドに取ってみよう」
 誰かが、ビルの肩にもたれかかって、体重をかけてきた。彼は、文句
を言おうと、顔を向けると、合衆国大統領だった。
「地球外からかね?」と、大統領。静かに、いた。
「それに、どうやって?」と、ビル。1秒後に、付け足した。「大統領」
 大統領は、うなづいた。「それは、死んで長いのかね?それとも、着
陸時に死んだのかね?」
「これは、推測ですが、大統領」と、ウィンスロー。「というのは、生
物の化学的組成が不明で、平熱がどのくらいか分からないからです。た
だ、私がここへ到着した、20分前には、直腸の体温は、95・3でし

24

23





たが、1分前は、90・6でした。熱の下がり方からいって、死んでか
ら、長くはたっていません」
「それは、知的生命体だと?」
「たしかなことは、言えません、大統領。それは、エイリアンですし。
しかし、私が思うに、あきらかに、ノーです。地球にいる、ねずみより
優れていることはありません。脳のサイズや、その渦巻構造からして、
まったく、同じです」
「きみは、それが、考えうる限り、宇宙船を作ったのではないと?」
「そうではない方に、100万、賭けます、大統領」
 宇宙船が着陸したのは、昼下がりであったが、ビルヒラーが家路につ
いたのは、真夜中近くであった。通りを渡って帰ったのではなく、ニュ
ーヨーク大のウィンスロー博士の研究室から、歩いて帰ったのだ。研究
室では、解剖と顕微鏡による調査をした。
 ビルは、ぼーっとしながら、帰った。シャムネコに食事を用意しなか
ったことに、罪悪感を覚えた。それで、最後の1ブロックは、急ぎ足で
歩いた。
「ミャオー、ミャオー、ミャオー」と、ビューティ。責めるように。
 ビルは、急いで、アイスボックスからレバーを出して、食べさせた。
「ごめんよ、ビューティ」と、ビル。「もうひとつ、あやまりたいのは、
あのねずみは、持って来れなかったんだ。頼んでもだめだろうから、頼

26

25





まなかった。それにおそらく、あのねずみは、食べても、消化不良を起
こすだけだろうしね」
 その夜は、ビルは、興奮して、眠れなかった。朝は、早くから、朝刊
が待ち遠しく、新聞を手にすると、新しい発見や進展がなかったか、調
べた。
 なにもなかった。新聞には、彼がすでに知っていることより、少ない
ことしか書かれてなかった。しかし、すでに、大きなことは起こってい
て、新聞に、大きく扱われることになった。


            4
 
 ビルヒラーは、つぎの3日間のほとんどは、ニューヨーク大の研究室
で、ウィンスロー博士を手伝っていた。さまざまなテストや実験をおこ
なって、新しい発見が出てこなくなるまで、続けた。そのあと、政府が、
研究を引き継いで、彼は、自由の身となった。
 そのつぎの3日間は、彼は、おもに自宅にいた。あらゆるニュースを
テレビで見て、ニューヨークシティで英語で発行されたすべての新聞に、
目を通した。しかし、宇宙船の話は、徐々に、トーンダウンしていった。
それ以降は、なにも起こらず、さらなる発見も、なにもなかった。新し

28

27





いアイデアを、どう膨らませてみても、人々の興味をつなぎとめておく
ことは、できなかった。
 大きなできごとが起こったのは、6日目だった。合衆国大統領が、暗
殺されたのだ。人々は、宇宙船のことを忘れた。
 2日後には、イギリスの首相が、外国人によって、暗殺された。その
2日後には、モスクワの政治局員が、単独で、銃を乱射して、高官を殺
害した。
 つぎの日には、ニューヨークシティの窓の多くが、吹き飛んだ。ペン
シルベニア州が、壊滅したからだ。数百マイル以内の誰も、そんな爆発
があるとは、聞かされてなかった。人口密集地帯でなかったから、それ
ほどの死者は出なかった。わずかに、数千人だった。
 株式市場で、事件が起きたのも、午後だった。所長が、自ら首を切っ
て、自殺したのだ。暴落が、始まった。つぎの日の、サクセス湖での暴
動は、誰の注意も引かなかった。正体不明の潜水艦が、ニューオリンズ
港に現れて、停泊していた貨物船すべてを、沈めたからだ。






30

29





            5
 
 その夜、ビルヒラーは、自宅のアパートの居間で、歩き回って、運動
していた。たまに、窓で、休むと、シャムネコをなぜたり、向かいのセ
ントラルパークを見た。そこは、街灯で明るく、武装した兵士が、対空
砲のコンクリートの台座で、非常線を張っていた。
 彼は、やつれてみえた。
「ビューティ」と、ビル。「いっしょに、この窓で、その始まりを見た
ね。たぶん、気のせいかもしれないけど、あの宇宙船が、それを始めた
と、まだ、考えてる。どうやってるかは、神のみぞ知る。たぶん、おま
えに、あのねずみを食べさせれば、よかったね。世の中が、こんなふう
に、突然、誰の助けも、何かの助けもなしに、だめになることはなかっ
たはずだよ」
 彼は、頭を、ゆっくり振った。
「ビューティ、こう、予想してみよう。あの宇宙船には、死んだねずみ
以外に、なにかがいたと。それは、どういったものだったかな?そいつ
は、なにをして、これから、なにをする?」
 彼は、ゆっくり、ひと呼吸した。
「こうしてみよう。ねずみは、実験動物で、ギニア豚だったと。宇宙船
に乗せられ、旅のあいだは、生きていたが、ここで、死んだ。なぜか?

32

31





いやな予感がしてきたよ、ビューティ」
 彼は、イスに座り、背もたれにもたれて、天井を見た。
「こう仮定してみよう。どこかから、高度に進化した知性が、それは、
あの宇宙船を作り、それに乗って、いっしょに来た。それは、あのねず
みではなかった。あれを、ねずみと呼んだとしてだが。さて、あのねず
みは、宇宙船では、唯一の肉体的存在だった。その生命は、つまり、イ
ンベーダーは、肉体をもたない。それは、肉体がなんであれ、そこから
出たり、入ったりできる、存在なのさ。それは、どんな肉体にも住める
し、安全に戻れる家として残せるし、ひとつに乗ったり、戻った際に捨
てることもできる。これは、ねずみのこと、それが宇宙船の着陸時に死
んだことを、うまく、説明している」
 彼は、すこし、間をおいた。
「さて、その生命は、あの瞬間、ここにいた、誰かの肉体の中に飛び込
んだんだ。たぶん、宇宙船が着陸して、最初に、駆け寄った誰かにね。
それは、誰かの体の中に住んで、ブロードウェイのホテルや、ボウェリ
や、いろんなところの安宿に泊まったりして、人間のフリをしているん
だ。ありうるだろ、ビューティ?」
 彼は、立ちあがり、また、歩きだした。
「そして、人間の心をコントロールする能力を持つと、それは、世界、
つまり、地球の再構築を開始した。火星か金星か、あるいは、どこかの

34

33





星の人々に安全なように。それは、数日間、調査して、分かったんだ。
この世界は、自滅する寸前にあることが。必要なのは、あとひと押しだ
けだと。それで、それは、そのひと押しを加えた」
 彼は、ひと呼吸した。
「頭を内側から操作して、それは、彼に、大統領を暗殺させて、つかまら
せた。それは、ロシアの高官を銃撃させた。それは、イギリスの首相を
暗殺させた。それは、サクセス湖で、暴動をおこさせ、ミサイル基地の
兵士に、ミサイルを爆発させた。なんてことだ、ビューティ、この世界
は、あと1週間で、最終戦争に突入する。それを、実際に、やってしま
ったんだ」
            6
 
 ビルは、窓に行って、ネコのやわらかい毛をなでた。そして、公園の
照明で浮かびあがる、対空砲に、眉をひそめた。
 たしかに、その生命体は、それをやった。私が正しいとしても、彼を
止めることはできなかった。なぜなら、彼が、どこにいるか分からなか
ったからだ。誰も、今、私を信じてくれないだろうし。彼は、世界を、
火星人に安全なものに変えるだろう。最終戦争が終わったとき、あのシ
リンダーに似た、多くの小さな宇宙船が、あるいは、大きな宇宙船も、
ここにやってきて、10倍は簡単に、地球は、乗っ取られてしまう。

36

35





 ビルは、すこし震える手で、タバコに火をつけた。
「考えれば、考えるほど━━━」
 ビルは、また、イスに座った。
「ビューティ、やってみようか。その考えは、変だろうが、著名人に持
っていって、信じるか信じないかわからないが。前に会った、大佐は、
かしこそうだった。そう、キーリー将軍も。話だけでも」
 ビルは、電話に向かおうとして、歩きだしたが、また、イスに戻った。
「ふたりに話すとして、詳細を、その前に確かめておこう。高度な提案
ができたとして、彼らは、どうやって、その生命体を見つけられるかな
?」
 ビルは、うなった。
「ビューティ、それは、不可能だね。それは、人間とは、限らない。動
物か、別のなにかでありうる。おまえかも、しれないよ。彼は、おそら
く、心の仕組みが、彼と、もっとも近いものに、乗り移るだろう。もし
も、彼が、ネコ科に近ければ、おまえが、もっとも近くにいた、ネコだ
ったことになる」
 




38

37





            エピローグ
 
 ビルは、座って、彼女を見た。
「ビューティ、思い出すと、変だな。宇宙船が、自分の動力を破壊して、
動かなくなった時、おまえは、飛び上がって、身をよじったね。それに、
ビューティ、おまえは、前より、2倍は眠るようになった。おまえの心
に、なにが」
 ビルは、思い出した。
「そう、きのうも、食事で、おまえを起こしたのに、ぜんぜん、起きな
かった。ビューティ、ネコは、いつも、すぐ起きるもんだよ。ネコなら
ね」
 ネコを見つめながら、ビルヒラーは、イスから立ち上がった。
「ビューティ、私が、おかしいのかな?」
 シャムネコは、眠そうな目で、だるそうに、彼を見た。
「忘れちまいな!」と、シャムネコ。はっきりした声で。
 座ろうか、立ち上がろうか、あいまいなまま、ビルヒラーは、少しの
間、眠そうに見えた。彼は、頭をはっきりさせようと、頭を振った。
「ビューティ、なんの話をしていたっけ?眠いので、もっと、シャキッ
としないとね」
 ビルは、窓に行って、ネコのやわらかい毛をなでた。

40

39





「お腹がすいたかい、ビューティ?レバーを食べるかい?」
 ネコは、窓枠から飛び降りて、彼の足に、甘えるように、体をこすり
つけた。
「ミャオー」
 
 
 
 
                            (終わり)












42

41