FSFDEC69.jpg

SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.12 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書くことで、あなたも小説が書けるようになります。
サンプルあり( 1 2 3 ) presented by bilyzkid
◆◇◆当サイトの広告は、一切、廃止されました◇◆◇
(全角のみです)
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇
[莠ャ 驛ス 螟ァ蜴 荳牙鴻髯「 笙ェ縲懌飭 諱九↓蠑(縺、縺)繧後◆ 螂ウ縺後イ縺ィ繧 笙ェ縲懌飭 or検索] ヒット 45 件です。
ジバゴ bilyzkid.com/SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
人民の敵!」と、カーチャ。ユーリは、少しとまどった。 「でも、皇帝は、自分がそうだって、知らなかったんだ」「気づかなきゃ、だめでしょ?」「そのとおりだ」「市民教育も知らないなんて!サーシャは、学校へ行ってないの?」「お昼よ!」と、ラーラ。「さぁ、おいで!」ラーラは、カーチャを抱き上げた。◇ユーリは、ベリキノの門番小屋の窓から、畑にいるトーニャの姿を見ていた。トーニャは、ふたり目を身ごもっていて、おなかが大きかった。小屋を出て、ユーリは、トーニャを出迎えた。「かいでみて!」と、トーニャ。香草を差し出した。「どう?あ、元気のいい子だわ!さわって!」トーニャは、ユーリの手をとって、おなかにおいた。「待って!ほら!」トーニャは、香草を持って、小屋に入っていった。ユーリは、トーニャの姿を目で追っていたが、急に思いついたように、小屋の入り口に立った。「ちょっと、ユリアティンへ行ってくるよ」「今から?
空想せよ bilyzkid.com/FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
空想せよ原作:フレドリックブラウンアランフィールド空想せよ。さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。空想せよ。いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する都市や、海中に沈んだ都市。ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。空想するのは、かんたんだ。何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。空想せよ。宇宙船や未来を。空想するのは、かんたんだ。未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?もちろん、ある。空想せよ。ひとつぶの物質を。そのなかに、あなたがいて、目覚め、考え、それゆえ、自分が存在することがわかり、自分が入っている、ひとつぶの物質を、動かすことができ、眠らせたり、起こしたり、恋をさせたり、あるいは、丘をのぼらせたりできる、と。空想せよ。宇宙を。無限でも
ドール bilyzkid.com/XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg youtube39_16.bmp
現場を調べたけど、それらしきものは、見かけなかったもの」「それらしきものって、たとえば?」「たとえば、呪術とじゅじゅつか黒魔術とか、あるいは、シャーマニズムや、占うらないいの道具、それに、悪魔崇拝、その他の儀式の痕跡こんせき、チャームにタロットカード、使い魔に血石けっせき、魔除まよけのお守り、そのほかあらゆるオカルトや中国のまじないに関連するシンボル、それに、原始宗教や・・・」「ダナ!」「なぁに?」「ケッコンしてくれ!」「もうすこし、ましなことを言ってくれると、思っていたわ」「それだけ調べたんなら、あとは、とんがり帽子をかぶって、ほうきに乗った、ばぁさんをさがすしかないんじゃないか?」「参考になったわ」ダナは、電話を切った。ビデオに、駐車場で見た、子ども連れの女性が映った。「この女性は、だれ?」と、ダナ。警部補に訊きいた「メリッサターナー」と、警部補。「見る限り、彼女だけ、無傷むきずみ
ノヴァリアン試用版 bilyzkid.com/novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg num0031b.bmp num0032b.bmp num0033b.bmp
SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキトゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆当サイトの広告は、一切、廃止されました◇◆◇全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇ノヴァリアン試用版ご使用方法小説コマンドの説明画像コマンドの説明詩的コマンドの説明FAQバージョン履歴タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用画像ファイル合計ファイルサイズまでアップロード表示事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ヴァヴェリ事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用暗闇の家事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用サアルバの国ご使用方法補足事項タイトルを選びます。タイトルは、〜のつあります。は、の略です。ゲストルームでは
黄の悪夢 bilyzkid.com/FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
黄の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、目覚まし時計の音で目覚めた。音を止めたあとも、しばらくベッドのうえに横になったまま、その日の昼間に実行する盗みと、夜中に実行する殺人の計画を考えながら、最後の時間をすごした。どんなささいな事柄でも、見逃してはならなかった。しかし、これは、最終チェックだった。今夜の8時46分に、彼は自由になるのだ。あらゆる意味で、自由に。1今夜を選んだのは、今日が彼の40回目の誕生日で、夜中の8時46分が、まさに彼が生まれた瞬間だったからだ。時刻まで詳しく知っているのは、母が占星術にこっていて、生まれたときのことを、なんども聞かされていたからだった。彼自身は、迷信深くはなかったが、40才で新しい人生を、正確な時刻にはじめることは、彼のユーモアのセンスに強く響いたのだった。時間は、どんな場合でも、ただ、彼を通りすぎていった。不動産専門の弁護
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 bilyzkid.com/
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg
SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆当サイトの広告は、一切、廃止されました◇◆◇全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇SFミステリー☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界小さな子羊ヴァヴェリギーゼンスタック家ティラノサウルス暗闇の家サアルバの国☆DS9番外編より☆フェルマーの予想☆スペースドライバー☆☆VGRより☆幻の指揮官☆DS9より☆夢、遥かなる地にて☆なつかしの日曜洋画劇場より☆いつもふたりで☆なつかしの海外ドラマより☆ミステリーゾーン人形の家で☆大手拓次全集より☆そよぐ幻影和暦⇔西暦早見表郵便番号検索バグ表感想・感想の表示※縦書き表示は、のみです※※メインページ※※印刷ページ:、向け※※表示ページ:その他すべて、向け※※次
ファイナルアンサー bilyzkid.com/FB2/Answer/
MLO347.jpg
ファイナルアンサー原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグデュワーイブは、おごそかに、最後の接続を金で溶接した。12台の亜空間中継カメラが、彼に向けられ、彼の動きはそのまま、12画面で全宇宙に立体中継されていた。デュワーイブは、まっすぐに立ったまま、デュワーレインにうなづくと、スイッチのある場所まで移動した。そのスイッチが押されると、連結が完了することになる。ただちにすべての、960億の惑星にある、巨大コンピュータのすべてを、この1つのサイバネティックマシンに、1つの人工知能に直結する。全銀河の全知識が、1つに統合されることになる。1デュワーレインは、無数の聴衆にむかって、簡潔に話した。しばらくの沈黙ののち、彼は、言った。「スイッチをどうぞ、デュワーイブ」デュワーイブは、スイッチを入れた。大きなハム音が響いて、960億の惑星から情報が押し寄せてきた。数マイルにおよぶパネルが
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ bilyzkid.com/FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
1「キライよ」と、女。声が低くなった。「アンタのすべてがキライよ」「キサマの方こそ。キサマの贅沢のために、さんざんしぼり取られたあげく、こっちには、もう、キサマのエゴのために、バカなものを買わされるカネさえ残ってないんだ」「それは、ウソよ。アンタだって、それがウソだってわかってるはずよ。アンタが、むかしのようにわたしに接してくれてたら、アンタだって、おカネの問題じゃないってわかるはずよ。もんだいは、あの女よ」男は、1万回も同じことを聞かされた男がするように、ため息をついた。「キサマだってわかってるだろ?」と、男。「彼女は、なんの関係もないって。ほんのすこしもね。キサマが、オレのやることにいちいち指図さしずしたんだ。ほんのささいなことにも。オレはあやまる気はないね。また、同じことをするまでさ。キサマだって、チャンスがあれば、同じことをするだろう。ただ、そんなことのために、恥をかかされたく
ケンタウロス bilyzkid.com/FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
両惑星のおもな供給元になっていました。100年前に、鉱物資源をめぐって、戦争が始まったため、銀河連邦が仲介して、人族と馬族のあいだに、ある協定を締結させて、戦争を終わらせました。その協定は、両民族ともに、それぞれの1個人が、その生涯にわたって、小惑星の1つを、ただ、1つだけを所有できるというものです」「ああ、そのことなら、銀河連邦史で読んだことがあります」「そうですか。その後、問題が発生したらしく、人族の方から、連邦に、馬族が、協定違反をしているという訴えがきています。存在しない馬族の名前を使って、小惑星の権利を得て、取り分以上の鉱物を得ているというのです。あなたの任務は、こうです。まず、馬族の惑星に行ってください。あなたの身分は、商売人です。多くの商売人が訪れていますから、疑われません。馬族は、友好的で、問題はありません。地球の商売人として、歓迎されます。人族の主張する、馬族が、馬族
小さな子羊 bilyzkid.com/FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
たぶん、そのとおりだったのだろう。店の中に入った。幸運なことに、ドアをくぐったと同時に、ジュークボックスの音が止んだ。バーカウンターまで行って、ブース席の並びを、ちらっと見てみたが、ラムは、そこにいなかった。知り合いの4人に、「ハーイ!」と、あいさつした。連れなしの男にも、自分にあいさつされたと受け取ろうと思えば、そうとれるかんじに。カウンターのうしろにいるハリーに、「ラムは、来てるかい?」と、訊きいた。「いいや、ラムは見てないね、ウェイン。私がここへ来た6時以降は、見てない。飲み物は?」とくに、飲みたくもなかったが、ラムを捜さがしにだけここへ来たと、思われたくなかったので、ドリンクを注文した。「画えは、どうだい?」と、チャーリーチャンドラー。画えといっても、なにかの画えのことを意味していたわけでなかった。チャーリーは、小さな書店を経営していて、驚くべきことに、トーマスウルフとコミック
そよぐ幻影 bilyzkid.com/OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
そよぐ幻影げんえい大手おおて拓次たくじあなたはひかりのなかにさうらうとしてよろめく花はな、あなたははてしなくくもりゆくこゑのなかのひとつの魚うを、こころをしたたらし、ことばをおぼろにけはひして、あをくかろがろとゆめをかさねる。あなたはみづのうへにうかびながれつつゆふぐれのとほいしづけさをよぶ。あなたはすがたのないうみのともしび、あなたはたえまなくうまれでる生涯しょうがいの花はなしべ、あなたはみえ、あなたはかくれ、あなたはよろよろとしてわたしの心のこころなかに咲さきにほふ。みづいろのあをいまぼろしのあゆみくるとき、わたしはそこともなくただよひ、ふかぶかとしてゆめにおぼれる。ふりしきるさざめきのやうにわたしのこころはながれながれて、ほのぼのと死しのくちびるのうへにたはむれる。あなたはみちもなくゆきかふむらむらとしたかげ、かげはにほやかにもつれ、かげはやさしくふきみだれる。(昭和八年六月二十
アンラッキー bilyzkid.com/FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
ラルフNCー5は、監視スクリーンのアークチュラス第4惑星を見て、安堵あんどのためいきをついた。コンピュータが、そう、教えてくれたのだ。アークチュラス第4惑星は、ここでは、唯一の、人が住んでいる、居住可能な惑星で、となりの太陽系まで、数光年離れていた。彼は、食料を必要としていた。燃料や水は、じゅうぶんだったが、冥めい王おう星の兵站へいたん部は、彼の偵察艇に物資を補充する際、食料を補充しわすれた。宇宙マニュアルによると、アークチュラス第4惑星の原住民は、友好的だった。頼めば、なんでも与えてくれるという。マニュアルには、この点について、詳細に記述されていた。自動操縦で、着陸を指示すると、アークチュラス星人に関する記述を再読した。「アークチュラス星人は」と、ラルフNCー5。マニュアルを、声に出して読んだ。「ヒューマノイドではないが、非常に、友好的である。上陸したら、乗員は、欲しいものを頼めばい
赤の悪夢 bilyzkid.com/FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
赤の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目がさめた。最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横になったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。時計の夜光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見えた。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか?ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか?あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、という警報のベルなのか?家から出て、どこか広い場所へむかえと警告しているのか?突然、おそれか
いつもふたりで bilyzkid.com/SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
いつもふたりでフレデリックラファエル、スタンリードーネンプロローグ情緒的でありながら、楽しげなテーマ曲。映像は、ドライブしているイメージアニメーション。道であったり、森だったり、標識であったり。◇教会の鐘の音が聞こえてくると、大勢の人が、結婚式を挙げたふたりを祝福に出てきた。そこへ、男女の乗った1台の車が通りかかって、足止めされた。「あまり、幸福しあわせそうじゃないわね」と、女。「そんなことはないさ。結婚したんだから」と、男。◇(つづく)
“スペーステロリスト”ターナロス bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
だから、協力してくれ!」「私をだましてたくせに、よく言うわ。これ以上、利用されるのは、もう、ごめんよ!」「目的を果たすために、ワープできるシャトルが欲しい。君だけを頼ってここまで来たんだ」「どういう計画か聞きたいわ」「あと一歩で、一滴の血を流すことなく、ベイジョーにとって理想の独立国家を築くことができるんだ」「方法は?」「ふふ、リスクが大きすぎる、これ以上話すことはできない」「この私がシスコに、言うとでも、思ってるの?」「その時に初めて、君の本心がわかる、そうだろ?」3クワークの店で、ドクターベシアは、ターカリアンティーに口をつけた。「やぁ、ガラック、元気かい?よかったら、こっちへ」と、ドクターベシア。「誰かに見られている気がします」と、ガラック。「スパイは、たいへんだな」「人生には、はめをはずして楽しむ時と、用心して行動すべき時がある。たとえば、今は、後者です。コーマのテロリストがふ
ミッキーあらわる bilyzkid.com/FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
ミッキーあらわる原作:フレドリックブラウンアランフィールドねずみのミッキーは、そのときは、ミッキーではなかった。彼は、ほかと変わらぬ、ただの、ねずみだった。オッペルバーガー教授の家の、ゆか板としっくいのうしろに住んでいた。教授の家は、以前は、ヴィエンナとハイデルベルグの家で、ふたりは、学者仲間のある強力なものを、あまりに賞賛するがために、ドイツから亡命してきた。彼らが賞賛したのは、オッペルバーガー教授ではなく、失敗に終わったロケット燃料の副産物として生じた、あるガスであった。このガスは、別の目的としてみれば、大成功であった。(つづく)
緑の世界 bilyzkid.com/FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
おそらく1年も生き延びられなかっただろう。1赤いジャングルの手前で、マクガリーは、ライオンを見つけた。地球にいるライオンとは、もちろん、まったく違っていた。あかるい赤紫で、ライオンがよくひそんでいる茂みの茶とは、まったく違う色なので、やすやすと、見つけることができた。足は、8本で、関節がなく、ぞうの鼻のように、しなやかでじょうぶだった。鳥のような、くちばしがあって、頭は、うろこにおおわれていた。マクガリーは、それを、ライオンと呼んだ。それらには、まだ、名前がつけられていなかったから、マクガリーには、名前をつける権利があった。あるいは、名前があったとしても、命名者は、クルーガー第3惑星の動植物レポートを地球に持ち帰らなかった。記録によると、かつて、1隻だけ、マクガリーの前に、ここへ宇宙船が不時着したが、離陸することはなかった。マクガリーは、その宇宙船を見つけようとしていた。ここに来てから
パペットショー bilyzkid.com/FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
パペットショー原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ8月の泡立つような暑い日の午後、ホラーは、チェリーベルにやってきた。8月は、言うまでもなく、アリゾナ州、チェリーベルでは、連日、焼けつくように暑かった。国道89号線で、だいたい、トゥーソンの南40マイル、メキシコ国境の北30マイルにあった。国道の両側には、両方向の旅行者めあてに、ガソリンスタンドや、食料品店、ビールとワイン専門の居酒屋や、国境まで待てない人たちのために、派手な色彩の肩掛けのセラーペや、編革サンダルのヒュアラーチを売る店や、ハンバーガーショップ、それに、数十軒のメキシコ系アメリカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT型フォードで、通勤する方がよかったのだ。国道の看板には、やや誇張して、こうあった。「チェリーベルポップ42」
ティラノサウルス bilyzkid.com/FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
別のやつらは、木をのぼり、彼が走るよりもはやく、枝から枝へとんで逃げた。25フィートの彼の背丈より高く、根こそぎ倒せないような太い幹の木の上へ。彼の巨大なアゴの一撃をかわして、10フィートも滑空することもあった。彼が、イライラして、あまりの空腹から大声でほえると、小さなやつらは、早口になにかを言いかえしてくる始末だった。空腹、いつも、空腹だった。この100年は、腹いっぱい食べたことがなかった。彼は、種の最後の生き残りだった。ほかには、もう、目の前に立ちはだかり、戦い、そいつを殺してから腹いっぱい食べるというやつらは、もはや、残ってはいなかった。スレート状の灰の肌は、だらしなくたれさがり、内臓の空腹という、終わることのない苦痛から、ちぢんでなん重にもしわがよっていた。彼の記憶力は、浅かったが、昔は、こんなじゃなかったと、かすかに覚えていた。かつては、彼も若く、反撃してくるやつらと、ひどい
終わり良ければ bilyzkid.com/FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
まばたきして、また、前方を見た。救命艇は、ビーチの海岸線の上を飛んでいた。砂浜は、故郷の星では、けっして、見ることができないような、まぶしいほどの白だった。空や水は、青で、ファンタスティックなジャングルのへりは、緑だった。近くによると、緑のなかに、きらめく赤が見えた。彼は、突然、それが、マリギーだと気づいた。かつて、地球の植民星でペットとして人気があった、知能のあるベヌースb星のオウムだ。地球の植民星のどの惑星においても、空から血とはがねが降ってきて、すべての惑星が占領されてしまった。現在は、なにも落ちてはこなかった。今、ここでは、ほとんど完全に破壊された世界の一部ではあるが、なにも落ちてはこなかった。このような静かな場所で、ひとりでいることが、彼にとっては、安全だった。別の場所では、監禁され、あるいは、死にいたるかもしれなかった。ここでさえ、危険があった。救命艇の3名の乗員には、わか
アンドロメダUの来訪者 bilyzkid.com/FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
1エルモスコットは、タイプライターのタブキーを押して、キャリッジが横切るジーという音とベル音に耳を澄ませた。実にいい音で、もう一回やった。しかし、タイプライターに挟はさまれた紙には、なにも書かれていなかった。電子タバコを一本出して、みつめた。電子タバコでなく、紙をみつめた。紙には、まだ、ひとことも書かれていなかった。絨毯のじゅうたん上には、黒と茶のぶちのドーベルマンがいた。「おまえは、ラッキーなやつだよ」と、エルモスコット。ドーベルマンは、なんともかわいらしい尻尾をふってこたえた。ほかに返事はなかった。エルモスコットは、また、紙を見た。紙には、まだ、ひとことも書かれていなかった。キーボードの上に手をおいて、タイプした。「善良なる男たちにとって、パーティにやってくる時間だ」打った文字をみつめ、かすかなアイデアが頬をかすめるのを感じた。「トゥーツ!」と呼ぶと、青の普段着のドレスを着たブルネ
オーマイガー bilyzkid.com/FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
ジョンがなにをしたと思う?」ドクターラルストンは、まゆをひそめた。「水をワインに変えたのかい?」「ジンに変えたんだ。みんな、マティーニを飲んでいたんでね。さっきも、ジョンは、サーフボードなしで、サーフィンに行くというので、たずねると、信念さえあれば、そんなものは、必要ないというんだ」「なんて、ことだ」と、ドクターラルストン。顔を手でおおった。かつて、人類史上、1度だけ、処女懐胎があった。今、5000万の処女懐胎で生まれた少年たちが、元気に育っていた。10年後に、新たな5000万のジェーシーが現れることだろう。ジーザスクライストのイニシャルも、JCだジェーシーった。「なんて、ことだ」と、ドクターラルストン。なみだ声になった。「なんて、こオーマイガーとだ・・・」(終わり)
眠れるステーション エムポックノール bilyzkid.com/ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
眠れるステーションエムポックノールハンスべイムラー、ブライアンヒュラープロローグキラ少佐、ジャッシアダックスとウォーフ少佐は、連れ立ってクワークの店へ入った。「どうも、いらっしゃいませ!ようこそ!」と、クワーク。「今日は、なんだか、静かねぇ」と、ダックス。「いやぁ、ちょうど、谷間でね、先にご注文を伺いましょうか?混み合ってくる前に」「わたしは、ティラミンビール」と、ダックス。「それじゃ、わたしは」と、キラ少佐が言いかけると、店の隣から騒音が響いた。「今のはなんだ?」と、ウォーフ少佐。「何ってなんです?ああ、あれね。あれは、甥おいっ子とチーフオブライエンがコンジットを修理してるんです。すぐ慣れますって」「クリンゴンレストランにしよう!」と、ウォーフ少佐。「そっちのほうが、静かね」と、ダックスも同意して、三人は店を出ていった。クワークは、士官候補生の制服を着て通りかかった甥おいっ子のノーグ
タイムマシン第1号 bilyzkid.com/FB/FirstTimeMachine/
bantamA1812.jpg
「簡単なテストは済んでいます」と、グレンジャー博士。「一日前にセットしてボタンを押すと、室の外から、自分の背中が見えたので、そのまま、すぐに戻ってきました」「もしもその時、室へ入って、自分のお尻を蹴り上げたら、何が起こってかな?」と、別の友人。グレンジャー博士は、笑いながら言った。「たぶん、それは不可能です。過去を変えてしまうことになりますから。よく知られている、いわゆるタイムパラドックスです。ある人が過去に行って、自分の祖父を、父が生まれる前に殺してしまったら、その人は、どうなるかといったような・・・」スメドリーは、まだ、機械を調べていた。突然、三人の友人から離れ、薄笑いを浮かべて言った。「これが、やりたかったんだ!君たちが話している間に、ダイヤルを60年前にセットした」「やめたまえ、スメドリー!」と、グレンジャー博士。スメドリーに向かってにじり寄ろうとしていた。「博士、止まらないと
サアルバの国 bilyzkid.com/FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
サアルバの国原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、山の斜面の小屋に住んでいた。たまに、山頂に登ると、谷を見下ろした。彼の赤いサンダルは、山頂の雪の上に、血のしたたりのように、脱ぎ捨ててあった。谷には、人々が暮らし、そして、死んでいった。彼は、人々を観察していた。彼は、あるとき、山頂にただよう雲を見た。雲は、奇妙な形をしていた。その形は、時々刻々変化し、船であったり、城であったり、馬であったりした。ごくたまに、雲は、彼以外は、だれも見たことのないような形になった。彼は、それを、夢で見ていたのだ。ただよう雲の奇妙なかたちのなかに、夢で見たかたちを、見つけた。1小屋のドア口でひとりたたずんで、毎朝、地面のしずくから昇ってくる太陽を見ていた。谷に住む人たちは、彼に、太陽は昇るのではなく、地球が、オレンジのように丸く、まわっているので、それで、毎朝、燃える太陽が、空のなかに昇
ヴァヴェリ bilyzkid.com/FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
とても新鮮な━━━」「SOSじゃないね。ただの、Sだけだ」「ティーケトルのような。ねぇ、ジョージ、コマーシャル上の、ただのギャグかも」「いや、ギャグだとしても、製品名まで、消してしまうことはないよ。ちょっと待って、他のチャンネルも見てみよう」彼は、すべてのチャンネルを順番に見ていったが、すぐに、信じ難いという表情になった。地上波、衛星波、あらゆるチャンネルが、それどころか、放送波の来ていない、画面でも、「ジ━ジ━ジ━」と、テレビ。「ジ━ジ━ジ━」彼は、手動で、衛星波の一番右まで移動させてみても、「ジ━ジ━ジ━」と、テレビ。「ジ━ジ━ジ━」ジョージは、テレビを消した。メイジーを見つめていたが、目には、入っていなかった。そうすることは、難しかった。「ジョージ、なにか、まずいことでも?」「そうでないことを、望みたいね」と、ジョージベイリー。「ほんとうに、望みたい」彼は、もう一杯飲もうと手を伸
ヴァンパイア bilyzkid.com/FB/Blood/
FSFFeb1955.jpg
遥はるかな未来、ヴァンパイアという言葉さえ忘れ去られ、ふたりが安心して、暮らし、子孫しそんをふやしていける未来へ━━━。「お腹なかがへったわ、ヴェロン」と、ドリーナ。「ひどく空腹よ」「オレもだ、愛するドリーナ。また、タイムマシンを止めてみよう」ふたりは、すでに、4回、タイムマシンを止めていたが、いずれも、あやうく殺されるところであった。ヴァンパイアは、決して忘れ去られていなかった。前回止めたのは、50万年前だった。人類に代わって犬が人類のような文明を築いている社会であったが、まだ、ヴァンパイアは忘れ去られていなかった。一度、ふたりは、犬社会の娼婦の血をむさぼったが、すぐに見つかって猟犬たちに追い立てられ、タイムマシンで、さらなる未来へ逃れるしかなかった。「止めてくれて、うれしいわ」と、ドリーナ。溜息ためいきをついた。「オレに感謝しないでいいよ」と、ヴェロン。「ここが、終点だ。燃料切れな
フェルマーの予想 bilyzkid.com/RM/Fermat/
fsfaug51.gif
と、ノーグ。「そういうことではないでしょうね。なんらかのデータベースということらしいです」「パッドに入っているテキストの最初の図形は?」と、ケイコ先生。「はーい、ピタゴラスの定理です」と、ジェイク。「そうです、直角三角形の斜辺の二乗が、他の辺の二乗の和に等しいというものですね。次に書かれているのが」「フェルマーの予想と呼ばれていたもので、nが3以上だと、フェルマー解が存在しないという、非存在定理です」「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるのは、むしろ、存在を見つけるプログラムを動かしてみるだけです。非存在は、そこで見つからなければ、存在しないのかもしれないということかしら?」「次の図は、なんですか?」と、ジェイク。「この図は、テキストによると、y=1−xとして、zもz=1とすると、0と1の間の2次元の図に書けて」「あ、ちょう
ボディスナッチャー bilyzkid.com/SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
ボディスナッチャー原作:ジャックフィニーW.D.リヒター、フィリップカウフマンプロローグ宇宙の、とある惑星。宇宙生命体が、胞子状の半透明の無数の種を、宇宙空間に散布していた。宇宙空間を漂い、銀河を抜けて、地球に漂って、地上に降り立った。シスコのゴールデンブリッジの近くの公園。雨が降っていた。植物の葉の上に着床した胞子は、放射状に葉根をのばして、小さなつぼみを形成して、赤い可憐な花を咲かせた。◇同じ木々の葉の上に、いくつも咲いた赤い花のひとつを、女性が手にとって持ち帰った。(つづく)
SFミステリー ライトノベル風 bilyzkid.com/CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
感想・感想の表示画像提供:感想ありがとうございます。以下の項目に、ご記入ください。全項目ご記入ください。感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、できるだけ、全角のみでお願いします。メールの送信は、をクリックしてください。作品名:ニックネーム:感想:SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆当サイトの広告は、一切、廃止されました◇◆◇1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。2.出版された書籍イメージを、画面で、すぐになんども読み直しできるため、チェックや書き直し、校正・推敲が容易です。自分の書いたものを、画面でなんども読み直しているうちに、次の展開が、だんだんと見えてきます
恐怖のウイルス bilyzkid.com/ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
すぐ直るぞ。レプリケータをコマンドレベルで稼動させるだけだろう」「もう、とっくに頼んであるんだよ。なるべく早く直してくれるとは言ってたがな」「うんうん、じゃ、いつになるかわからんな。チーフは、とにかく多忙だからね」オドーが行ってしまうと、クワークは、カウンターの奥のコンソールに向かった。「コンピュータ。ステーションの区画図を出せ。修理を終わり、コマンドレベルで稼動しているレプリケータをすべて表示せよ」「その情報は、セキュリティクリアランスファイブ以上の方のみ入手可能。セキュリティク証明をお入れください」と、コンピュータ。クワークは、周囲をうかがいながら、引き出しに隠してあったクリアランスをセットした。「クリアランスを確認」と、コンピュータ。コンソールには、いくつかのレプリケータの位置が表示された◇オブライエンは、司令室のレプリケータの修理を済ました。「どうぞ司令官。今度こそ、お好みに合
幻の指揮官 bilyzkid.com/ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
かならずね」「ありがとうございます」と、ドクターは、自分が提出したパッドを受け取った。「どういたしまして」と、ジェインウェイ。退席するドクターを見送った。◇ドクターは、自分の要望が、通らなかったことに、がっかりした様子で、つき返されたパッドを眺めながら、医療室に戻ってきた。ドアがあくと、風船で飾られた食堂で、ヴォイジャーのみんなが、シャンパングラス片手に、出迎えた。「みんなに紹介するわ」と、ジェインウェイ。「彼が、新指揮官、緊急司令ホログラムよ」ドクターは、眺めていたパッドが、いつの間にか、シャンパングラスに変わっていることを、おかしいとは思ったが、セブンやベラナに祝福されて、そんな懸念けねんは吹きとんだ。◇異星人の宇宙船。コンソールには、両腕に、セブンとベラナを伴うドクターが映っていた。「内部センサーにアクセスしたんだけどな」と、異星人のオペレータ。別のオペレータに、自慢げに。「セキ
つくられた記憶 bilyzkid.com/ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
「それは自分で考えろ。つまみ出せ!」異星人のひとりが、武器で追い立てると、オブライエンは大声を出した。「うおぉぉぉ、うおぉぉぉ」◇オブライエンは、頭に電極をかぶせられて、寝台の上で目覚めた。「あぁぁぁ」「さぁ、終わりました」と、異星人の執行官が言って電極を取り外した。オブライエンは、寝台の上で体を起こすと、目の前に立っているキラ少佐に驚いた。「はぁ、はぁ、少佐!」「そうよ、チーフ」と、キラ少佐。「そんなバカな、20年もたっているのに、年をとっていない」「実はまだ数時間しかたっていないのですよ」と、執行官。「どういうことです?」「チーフ、急にこう言われても信じられないでしょうけど、あなたは服役してないの。あなたが経験したことは、作られた現実よ。脳に働きかけるプログラムによって、作り出されたイメージを見たに過ぎないの」「なに?」と、オブライエン。「少佐の言うとおりです。我々は犯罪者に服役し
聖なる神殿の謎 bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
と、シスコ中佐は、女性に訊きいた。「彼女は、私が連れてゆきます」と、ボリアン人士官。「ジェニファーを見なかったか?」シスコ中佐は、破壊された船でジェニファーを捜した。「ジェニファー!ジェイク!」シスコ中佐は、瓦礫の下からジェイクを助け出した。「警告!ワープコア、破損。あと、三分で爆発します」「待ってろよ、ジェイク、ママを助けてくる!」シスコ中佐は、瓦礫の下に倒れているジェニファーを見つけた。「ジェニファー!いいか、ジェイク!ママを助け出したら、すぐにここを出るぞ!」「シスコ中佐!」と、ボリアン人士官。「手を貸せ!」と、シスコ中佐。ボリアン人士官は、ジェニファーの容体をポリコーダで調べた。「ジェニファー、しっかりしろ」「中佐!」「手を貸せ!」「息がありません!もう、手遅れです!避難してください!」「警告!ワープコア、破損。あと、ニ分で爆発します」「少尉!この子を頼む!」と、ボリアン人士官
地球人は出ていけ bilyzkid.com/FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
というのは、火星さえも居住に適さなかったからだ。地球人が、火星にさえにも住めないなら、他の惑星を植民地化することなどできるはずもなかった。2そして、30年前の、2098年、ウェイムースという輝かしい名の生化学者が、ダプティンを発見した。この奇跡の薬は、接種した動物や人間には、作用せず、接種後、決まった期間内に妊娠した子どもに作用するのだ。この薬は、その子どもに対して、徐々に変化、いかなる変化にも適応できるほとんど無限の適応能力を与えた。ウェイムース博士は、オスとメスのペアのモルモットに接種して、2匹を結婚させた。5匹の子どもが生まれたが、それぞれの子どもを、徐々に変化するさまざまな環境におく実験を行って、驚くべき結果を得た。モルモットの子どもたちが成熟したとき、1匹は、マイナス40℃で快適に生活し、別の1匹は、66℃以上で、完全に順調だった。3匹めは、通常の動物にとっては、致死量の毒を
気まぐれ bilyzkid.com/FB1/Experiment/
MLO4329.jpg
と、ジョンソン教授。ふたりの同僚の教授に、誇らしげに、報告した。「ただし、これは、実験用の小規模モデルです。重さは、1・5kgまで。移動できる時間は、過去にも、未来にも、12分までです。しかし、ちゃんと、動きます」小規模モデルは、台の下の部分に、2つのダイヤルを備えた、郵便料金計測用はかりのような形だった。ジョンソン教授は、小さな金属製の立方体の物体を持ち上げた。「実験用の物体です」と、教授。「これは、しんちゅう製で、520gあります。最初、これを、5分、未来に送ります」教授は、前かがみになって、タイムマシンのダイヤルのひとつをセットした。「時計を見ていてください」と、教授。ふたりの同僚の教授は、自分の時計を見た。ジョンソン教授は、物体を、マシンの台の上に、静かにおいた。すぐに、物体は消えた。5分後に、一瞬で、それは、現れた。ジョンソン教授は、それを、持ち上げた。「こんどは、5分、過去
夢、遥かなる地にて bilyzkid.com/ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
出くわさないとも限りません」「シャンパンのコルクを抜くのが早すぎたようだな。ディープスペースナイン奪還で誰もが、戦争は終わったと思った、ドミニオン軍をカーデシア領域に追い返したんだからな」「大佐もわたしも気を抜いてはいなかったでしょ」「このわずかの油断で、コルテスの400名が犠牲になったのだ」「ああ、ミスターシスコ、基地は気に入っていただけました?」報告を終えて退席するキラ少佐と入れ違いに入って来たのは、シスコ大佐の父親のジョセフシスコで、彼は数日前からステーションに滞在していた。「いやあ、とにかく、もう、でかい!」「ふふふ」「クインティンスワフォードのことは聞いたよ、気の毒にな」「父さん、この二三日、父さんをほったからかしにしてて、悪かったね」「忙しいのはわかっていて来たんだよ。おまえとジェイクの顔を見れりゃいい」「でも、初めて地球を離れるのに、わざわざ戦時中を選ばなくてもよかったの
パターン bilyzkid.com/FB2/Pattern/
MLO347.jpg
原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグミスメーシーは、鼻で笑った。「なぜ、みんなは、そんなに心配するのかしら。彼らはなんにもしやしないじゃない?そうでしょ?」町では、どこでも、パニック状態であった。しかし、ミスメーシーの庭は、静かだった。彼女が静かに見上げる先には、モンスターように巨大な、1マイルはあろうかというインヴェイダーたちの姿があった。1週間前に、彼らは、100マイルの長さの宇宙船を、アリゾナ砂漠に静かに着陸させて、地球にやってきた。1000人近い数の仲間が、宇宙船から出てきて、今も、そこらじゅうを歩きまわっていた。1しかし、ミスメーシーの言うように、彼らは、なにも、あるいは、だれも、傷つけなかった。彼らは、人々に影響するほどは、実体的ではなかった。1匹が、人を踏みつけたり、あるいは、人がいる家を踏みつけたりすると、あたりが夕暮れのように、うす暗くなって、足をどけ
暗闇の家 bilyzkid.com/FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
暗闇の家原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、家のポーチまで来ると、中に入るのを、すこしためらった。背後の道や、道端みちばたにはえた緑の木々や、黄の平原、遠い丘、それに、明るい陽射しも、これが、最後の、見おさめだった。それから、ドアをあけ、中へ入った。背後で、ドアが閉まった。うしろを振り返ると、あるのは、ただの壁で、ドアノブも鍵穴も、ドアのへりさえなかった。へりがあったとしても、うまくまわりの壁に溶け込んで、輪郭さえ見つけられなかった。1目の前にあるのは、くもの巣のように広がる広間だった。床には、ほこりが厚くつもり、その先には、細く曲がりくねった通路が、2匹の小さな、へびか、あるいは、2匹の大きな、いも虫のように、続いていた。暗く見えにくい通路で、右の方の最初のドアに近づくまで、気がつかなかった。そのドアには、旧英国書体で、「常に忠実」と刻まれていた。ドアを抜けると
歩兵 bilyzkid.com/FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
歩兵原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しかも、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、動くのも、困難だった。1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップが地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という足は、すべて、血で染められた。このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていなかった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖な戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわれ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考えただけで気分が悪くなるモンスターであった。やつらとは、銀河の中間地点で、接触がおこった。そ
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 bilyzkid.com/RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
タワー「東京駅まで!」と、料亭のおかみさんふう女性。「ここからだったら、新目白通りを抜けてゆくのが断然早いわよ!」「いいわ、私が教えてあげる!そこの高戸橋を右に曲がって新目白通りに入ってくれる?」「高速道路に沿って、飯田橋を抜けて」「皇居に出たら、お堀ぞいに行くと」「ほら、東京タワーが一番よく見える場所に出るから」「ここで左折すれば、正面が東京駅よ!」「あら、今夜のタワーは、ずいぶんブルーなかんじだこと!」想おもふ雲「それって、なんなの?」と、女の子。「どれ?これなら、安全の全の字よ」と、お母さん。「金の字かと思った!」「あら、金の字も忘れてしまったの?最近、覚えたばかりじゃない?」「知ってるわよ!ただ、金の字をそう書く人もいるのかなって思ったの」銀座「シンカワの住友ビルの第2の方」と、ビジネススーツの女性と男性。「すいません、シンカワって何です?」「シンカワ知らないの?私、このまま降
ギーゼンスタック家 bilyzkid.com/FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
奇妙な点があることに気づいて、注意してみるようになった。最初は、笑ってしまうような偶然のできごとだったのが、そのあとも、つぎつぎに続いた。その後、彼の目に、とまどいの表情が、うかぶようになった。それから、ほどなくして、彼は、リチャードを室の片すみに呼んだ。4人で劇場から戻ったところだった。「ディック、聞きたいんだが」と、サム。「なんだい、サム」「あの人形のことだけど、ディック。どこで、手に入れたって?」リチャードの目は、ぽかんとしてサムを見つめた。「どういう意味です、サム?どこで拾ったか、話したとおりですよ」「ああ、そうだけど、冗談なしに、ほんとうは?つまり、聞きたいのは、もしかして、オーブリーのために買って、そんな高いプレセントに、ぼくたちが反対するんじゃないかと思って、それで、きみは」「いいえ、ほんとうですよ。買っていません」「しかし、うーん、ディック。人形が窓から落ちたのでも、捨
屋根の上の少女 bilyzkid.com/TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg youtube39_16.bmp
屋根の上の少女デービットバネットカレン、ジョンハンコックプロローグ◇◇(つづく)
ナッシングシリウス bilyzkid.com/FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
ナッシングシリウス原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグハッピーにも、オレは、スロットマシンから最後のコインを取り出して、数えていた。その間、ママは、小さな赤いノート━━━そう、オレが呼んでいた━━━に数字を書き込んでいた。ご機嫌な数字だった。そう、オレたちは、シリウス系惑星、ソアとフリーダのどちらでも、ご機嫌なゲームができた。とくに、フリーダでは。2つの惑星の地球の小さな植民地のやつらは、なんであれ、娯楽というものに、死ぬほど飢えていて、一方で、金にはなんの意味もなかった。◇(つづく)
天使は淋しい道を行く bilyzkid.com/TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg youtube39_16.bmp
リチャードキンブルの身元が割れる」と、ナレーター。「ここ、リンコインシティのクレイン警部は、32才のベテランだ。たちまち、非常警戒網が張り巡らされる。奇跡でも起こらぬ限り、脱出は不可能だ」リチャードは、ゆるんだネクタイに上着姿で、えりを立てて街角を歩いていた。「リチャードキンブルは、奇跡を信じない。彼は、きびしい現実の世界を生きている」リチャードは、サイレンを鳴らして走るパトカーを気にしながら歩いた。「周到な計算と、機敏な動作に、すべてをにぎる鍵があった」リチャードは、すばやく公衆電話に入って、電話をしているふりをした。そのすぐ横を、パトーカーがサイレンを鳴らして走りさった。リチャードは、ビルを曲がろうとして、人の気配がしたので、木箱の影に隠れた。若者ふたりが、階段をのぼって逃げていった。あとに、男が倒れていた。男のさいふも取り出そうとして捨てられていた。中をみると、紙幣は、そのまま残


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け)※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け)※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I)☆

赤の悪夢

issue of The Dude (volume 3, Number 5), May 1959
昭和36年2月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ マガジン」

アンラッキー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, Oct 1958
昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ

Amazing Stories, Mar 1954
昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1955
昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家

Weird Tales, September 1943
昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス

Astounding Science Fiction, Sep 1942
昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)

Fantastic Science Fiction Stories, Aug 1960
昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ

Fantastic Universe, Sep 1957
昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I:未完)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき U)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき U:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, February 1960
第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, August 1962
昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1986
昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1986
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, October 1985
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1988
昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1997
平成9年11月
(画像提供: ISFDB)

スティーブンキング
クリスカーター

逃亡者
天使は淋しい道を行く

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1964
昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1965
昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, November 1954
昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次


Astounding Science Fiction, April 1948
(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
新元号 元年
⇔2019年
新元号 2年
⇔2020年
新元号 3年
⇔2021年
新元号 4年
⇔2022年
新元号 5年
⇔2023年
新元号 6年
⇔2024年
新元号 7年
⇔2025年
新元号 8年
⇔2026年
新元号 9年
⇔2027年
新元号10年
⇔2028年
新元号11年
⇔2029年
新元号12年
⇔2030年

郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁〜7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384−1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常 (4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)

FSFNOV69.jpg
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。