SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.12 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書くことで、あなたも小説が書けるようになります。
presented by bilyzkid
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
1. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
2. サイト 内 検索 をリリースしました。
3. 郵便番号検索 をリリースしました。
4. 世界の国旗 をリリースしました。
5. 広告ページを htm003ico.bmp としました。
  ( htm003ico.bmp ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    htm003ico.gif ページ、その他:広告なし)
title_back.bmp (全角のみです)
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇
[莠ャ 驛ス 螟ァ蜴 荳牙鴻髯「 笙ェ縲懌飭 諱九↓蠑(縺、縺)繧後◆ 螂ウ縺後イ縺ィ繧 笙ェ縲懌飭 or検索] ヒット 50 件です。
つくられた記憶 bilyzkid.com/ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
「それは自分で考えろ。つまみ出せ!」異星人のひとりが、武器で追い立てると、オブライエンは大声を出した。「うおぉぉぉ、うおぉぉぉ」◇オブライエンは、頭に電極をかぶせられて、寝台の上で目覚めた。「あぁぁぁ」「さぁ、終わりました」と、異星人の執行官が言って電極を取り外した。オブライエンは、寝台の上で体を起こすと、目の前に立っているキラ少佐に驚いた。「はぁ、はぁ、少佐!」「そうよ、チーフ」と、キラ少佐。「そんなバカな、20年もたっているのに、年をとっていない」「実はまだ数時間しかたっていないのですよ」と、執行官。「どういうことです?」「チーフ、急にこう言われても信じられないでしょうけど、あなたは服役してないの。あなたが経験したことは、作られた現実よ。脳に働きかけるプログラムによって、作り出されたイメージを見たに過ぎないの」「なに?」と、オブライエン。「少佐の言うとおりです。我々は犯罪者に服役し
ファイナルアンサー bilyzkid.com/FB2/Answer/
MLO347.jpg
ファイナルアンサー原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグデュワーイブは、おごそかに、最後の接続を金で溶接した。12台の亜空間中継カメラが、彼に向けられ、彼の動きはそのまま、12画面で全宇宙に立体中継されていた。デュワーイブは、まっすぐに立ったまま、デュワーレインにうなづくと、スイッチのある場所まで移動した。そのスイッチが押されると、連結が完了することになる。ただちにすべての、960億の惑星にある、巨大コンピュータのすべてを、この1つのサイバネティックマシンに、1つの人工知能に直結する。全銀河の全知識が、1つに統合されることになる。1デュワーレインは、無数の聴衆にむかって、簡潔に話した。しばらくの沈黙ののち、彼は、言った。「スイッチをどうぞ、デュワーイブ」デュワーイブは、スイッチを入れた。大きなハム音が響いて、960億の惑星から情報が押し寄せてきた。数マイルにおよぶパネルが
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ bilyzkid.com/FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
1「キライよ」と、女。声が低くなった。「アンタのすべてがキライよ」「キサマの方こそ。キサマの贅沢のために、さんざんしぼり取られたあげく、こっちには、もう、キサマのエゴのために、バカなものを買わされるカネさえ残ってないんだ」「それは、ウソよ。アンタだって、それがウソだってわかってるはずよ。アンタが、むかしのようにわたしに接してくれてたら、アンタだって、おカネの問題じゃないってわかるはずよ。もんだいは、あの女よ」男は、1万回も同じことを聞かされた男がするように、ため息をついた。「キサマだってわかってるだろ?」と、男。「彼女は、なんの関係もないって。ほんのすこしもね。キサマが、オレのやることにいちいち指図さしずしたんだ。ほんのささいなことにも。オレはあやまる気はないね。また、同じことをするまでさ。キサマだって、チャンスがあれば、同じことをするだろう。ただ、そんなことのために、恥をかかされたく
ジバゴ bilyzkid.com/SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
と、教授。「でも、一般医療に」「現場で、命と取り組みたいかね。この美しい菌が、どんな悪さをするか、見られるぞ」教授は、菌のプレパラートを顕微鏡からはずして、机の上に無造作に置いた。◇外は晴れていたが、路面は雪が積もっていた。路面電車が発車したところへ、ユーリが走ってきた。ユーリは、しかたなく、路面電車を追いかけて、あいているドアから、飛び乗った。電車には、ラーラが乗っていて、ユーリは、知らずにラーラの後ろの席につくと、窓の外を走る子どもをふたりで目で追った。降りようとして席を立ったラーラと、別の女性に通路を譲ろうとして立ち上がったユーリの背中が、オーバーコート越しに触れると、路面電車の架線が火花を上げた。ラーラは、路面電車を降りると、家路を急いだ。通行人が多い場所に来ると、ビラを配っている青年がいた。その青年のもとに、ふたりの男が近づいた。「名前は?」と、男のひとり。「アンティポフ」と
フェルマーの予想 bilyzkid.com/RM/Fermat/
fsfaug51.gif
と、ノーグ。「そういうことではないでしょうね。なんらかのデータベースということらしいです」「パッドに入っているテキストの最初の図形は?」と、ケイコ先生。「はーい、ピタゴラスの定理です」と、ジェイク。「そうです、直角三角形の斜辺の二乗が、他の辺の二乗の和に等しいというものですね。次に書かれているのが」「フェルマーの予想と呼ばれていたもので、nが3以上だと、フェルマー解が存在しないという、非存在定理です」「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるのは、むしろ、存在を見つけるプログラムを動かしてみるだけです。非存在は、そこで見つからなければ、存在しないのかもしれないということかしら?」「次の図は、なんですか?」と、ジェイク。「この図は、テキストによると、y<1、x<1として、zもz=1とすると、0と1の間の2次元の図に書けて」「あ、ち
そよぐ幻影 bilyzkid.com/OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
そよぐ幻影げんえい大手おおて拓次たくじあなたはひかりのなかにさうらうとしてよろめく花はな、あなたははてしなくくもりゆくこゑのなかのひとつの魚うを、こころをしたたらし、ことばをおぼろにけはひして、あをくかろがろとゆめをかさねる。あなたはみづのうへにうかびながれつつゆふぐれのとほいしづけさをよぶ。あなたはすがたのないうみのともしび、あなたはたえまなくうまれでる生涯しょうがいの花はなしべ、あなたはみえ、あなたはかくれ、あなたはよろよろとしてわたしの心のこころなかに咲さきにほふ。みづいろのあをいまぼろしのあゆみくるとき、わたしはそこともなくただよひ、ふかぶかとしてゆめにおぼれる。ふりしきるさざめきのやうにわたしのこころはながれながれて、ほのぼのと死しのくちびるのうへにたはむれる。あなたはみちもなくゆきかふむらむらとしたかげ、かげはにほやかにもつれ、かげはやさしくふきみだれる。(昭和八年六月二十
天使が死ぬ時 bilyzkid.com/TS/TheHabit/
FSFMAY65.jpg
リチャードは、すぐに、逃げ、がけになっている陰に隠れた。「おい、キンブル、出て来い!隠れても、ムダだぞ!」警官が、別の警官に合図しているスキに、リチャードは走りだした。警官は、走ってきて、発砲した。「キンブル!」リチャードは、右足をおさえて、倒れた。そして、道端をうまく走りぬけて、走ってきたトラックの荷台に、飛び乗った。「生まれてから死ぬまでに」と、ナレーター。「人は、数知れぬ道を旅する。地図をたどれば、次の曲がり角になにがあるか、誰でも知ることができる。だが、逃亡者には、地図はない。ただ、研ぎ澄まされた本能だけが、どの道へ進むべきかを、選ばせるのだ」サクラメントまで、98マイルの標識。リチャードは、公衆電話で、電話帳を見て、ダイヤルした。電話が鳴って、若いシスターが出た。「セントマリーマグダレアです」「あの、シスターベロニカは、まだ、おいでですか?」と、リチャード。「ここの、校長先生
人形の家で bilyzkid.com/TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
元通りの生活に戻るよ!」◇チャーリーの家。4人そろって、ココアを飲んでいた。「母さんのココアは、やっぱり格別だ」と、チャーリー。「治療は、痛かった、チャーリー?」と、母。「ショック療法は、痛みを伴うと言われたが、結局、やらずに済んだ。問題なかったよ」「頭がヘンなやつが、いたろ?」と、バディ。隣にいるマイラに、肘鉄ひじてつされた。「チャーリーのことじゃないよ!」「別に気にしてないよ。ココアを、もう一杯!」「チャーリー、いくつか、いい知らせがあるの」と、マイラ。「バディの仕事の話は、まだ、空きがあるの」「よかった」「それから、ハリエットに事情を説明したら、理解してくれたわ」「うれしいよ」「今晩、うちに来ることに」「ありがとう、マイラ。バディも」「話をつけるのは、大変だったぞ」と、バディ。「そうだろうね。期待に沿えるよう、一生懸命働くよ」「今晩に備えて、少し、休む。昼寝の用意をして、母さん!
黄の悪夢 bilyzkid.com/FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
黄の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、目覚まし時計の音で目覚めた。音を止めたあとも、しばらくベッドのうえに横になったまま、その日の昼間に実行する盗みと、夜中に実行する殺人の計画を考えながら、最後の時間をすごした。どんなささいな事柄でも、見逃してはならなかった。しかし、これは、最終チェックだった。今夜の8時46分に、彼は自由になるのだ。あらゆる意味で、自由に。1今夜を選んだのは、今日が彼の40回目の誕生日で、夜中の8時46分が、まさに彼が生まれた瞬間だったからだ。時刻まで詳しく知っているのは、母が占星術にこっていて、生まれたときのことを、なんども聞かされていたからだった。彼自身は、迷信深くはなかったが、40才で新しい人生を、正確な時刻にはじめることは、彼のユーモアのセンスに強く響いたのだった。時間は、どんな場合でも、ただ、彼を通りすぎていった。不動産専門の弁護
ヴァンパイア bilyzkid.com/FB/Blood/
FSFFeb1955.jpg
遥はるかな未来、ヴァンパイアという言葉さえ忘れ去られ、ふたりが安心して、暮らし、子孫しそんをふやしていける未来へ━━━。「お腹なかがへったわ、ヴェロン」と、ドリーナ。「ひどく空腹よ」「オレもだ、愛するドリーナ。また、タイムマシンを止めてみよう」ふたりは、すでに、4回、タイムマシンを止めていたが、いずれも、あやうく殺されるところであった。ヴァンパイアは、決して忘れ去られていなかった。前回止めたのは、50万年前だった。人類に代わって犬が人類のような文明を築いている社会であったが、まだ、ヴァンパイアは忘れ去られていなかった。一度、ふたりは、犬社会の娼婦の血をむさぼったが、すぐに見つかって猟犬たちに追い立てられ、タイムマシンで、さらなる未来へ逃れるしかなかった。「止めてくれて、うれしいわ」と、ドリーナ。溜息ためいきをついた。「オレに感謝しないでいいよ」と、ヴェロン。「ここが、終点だ。燃料切れな
ケンタウロス bilyzkid.com/FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
両惑星のおもな供給元になっていました。100年前に、鉱物資源をめぐって、戦争が始まったため、銀河連邦が仲介して、人族と馬族のあいだに、ある協定を締結させて、戦争を終わらせました。その協定は、両民族ともに、それぞれの1個人が、その生涯にわたって、小惑星の1つを、ただ、1つだけを所有できるというものです」「ああ、そのことなら、銀河連邦史で読んだことがあります」「そうですか。その後、問題が発生したらしく、人族の方から、連邦に、馬族が、協定違反をしているという訴えがきています。存在しない馬族の名前を使って、小惑星の権利を得て、取り分以上の鉱物を得ているというのです。あなたの任務は、こうです。まず、馬族の惑星に行ってください。あなたの身分は、商売人です。多くの商売人が訪れていますから、疑われません。馬族は、友好的で、問題はありません。地球の商売人として、歓迎されます。人族の主張する、馬族が、馬族
バーニングマン bilyzkid.com/TZ/TheBurningMan/
FSFOCT85.jpg
言ってみて!」「嘘も方便よ」「違うよ、聖書や拳銃の話だよ!」「聖書もあるし、ハンドルの下には、フル装填の拳銃。座席の下には、十字架。グローブボックスには、かなづちも・・・」ローリーもアンドレも、大声で笑った。◇湖。木製の台から、飛び込むアンドレ。水中から、現れるローリー。ローリーとアンドレは、水着で水をかけあって、おはしゃぎだった。木陰で休む、ローリーとアンドレ。すでに、服を着替えていた。「セミの声だ」と、アンドレ。「まさか、あの人の話、ほんとうじゃ、ないよね?違う道で、帰れないの?」「無理ね」「何も、起きないといいけど」「心配ないわ。行くわよ」アンドレは、ランチバスケットを車に乗せた。夕日の中を、昼と同じ道を、帰っていった。「ほんとうだったらな」と、アンドレ。「何の話?」と、ローリー。「座席の下に、十字架さ」道端で、真っ白な服を着た、少年が手を振っていた。ローリーは、車を止めた。「町
眠れるステーション エムポックノール bilyzkid.com/ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
眠れるステーションエムポックノールハンスべイムラー、ブライアンヒュラープロローグキラ少佐、ジャッシアダックスとウォーフ少佐は、連れ立ってクワークの店へ入った。「どうも、いらっしゃいませ!ようこそ!」と、クワーク。「今日は、なんだか、静かねぇ」と、ダックス。「いやぁ、ちょうど、谷間でね、先にご注文を伺いましょうか?混み合ってくる前に」「わたしは、ティラミンビール」と、ダックス。「それじゃ、わたしは」と、キラ少佐が言いかけると、店の隣から騒音が響いた。「今のはなんだ?」と、ウォーフ少佐。「何ってなんです?ああ、あれね。あれは、甥おいっ子とチーフオブライエンがコンジットを修理してるんです。すぐ慣れますって」「クリンゴンレストランにしよう!」と、ウォーフ少佐。「そっちのほうが、静かね」と、ダックスも同意して、三人は店を出ていった。クワークは、士官候補生の制服を着て通りかかった甥おいっ子のノーグ
終わり良ければ bilyzkid.com/FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
まばたきして、また、前方を見た。救命艇は、ビーチの海岸線の上を飛んでいた。砂浜は、故郷の星では、けっして、見ることができないような、まぶしいほどの白だった。空や水は、青で、ファンタスティックなジャングルのへりは、緑だった。近くによると、緑のなかに、きらめく赤が見えた。彼は、突然、それが、マリギーだと気づいた。かつて、地球の植民星でペットとして人気があった、知能のあるベヌースb星のオウムだ。地球の植民星のどの惑星においても、空から血とはがねが降ってきて、すべての惑星が占領されてしまった。現在は、なにも落ちてはこなかった。今、ここでは、ほとんど完全に破壊された世界の一部ではあるが、なにも落ちてはこなかった。このような静かな場所で、ひとりでいることが、彼にとっては、安全だった。別の場所では、監禁され、あるいは、死にいたるかもしれなかった。ここでさえ、危険があった。救命艇の3名の乗員には、わか
小さな子羊 bilyzkid.com/FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
たぶん、そのとおりだったのだろう。店の中に入った。幸運なことに、ドアをくぐったと同時に、ジュークボックスの音が止んだ。バーカウンターまで行って、ブース席の並びを、ちらっと見てみたが、ラムは、そこにいなかった。知り合いの4人に、「ハーイ!」と、あいさつした。連れなしの男にも、自分にあいさつされたと受け取ろうと思えば、そうとれるかんじに。カウンターのうしろにいるハリーに、「ラムは、来てるかい?」と、訊きいた。「いいや、ラムは見てないね、ウェイン。私がここへ来た6時以降は、見てない。飲み物は?」とくに、飲みたくもなかったが、ラムを捜さがしにだけここへ来たと、思われたくなかったので、ドリンクを注文した。「画えは、どうだい?」と、チャーリーチャンドラー。画えといっても、なにかの画えのことを意味していたわけでなかった。チャーリーは、小さな書店を経営していて、驚くべきことに、トーマスウルフとコミック
ヴァヴェリ bilyzkid.com/FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
とても新鮮な━━━」「SOSじゃないね。ただの、Sだけだ」「ティーケトルのような。ねぇ、ジョージ、コマーシャル上の、ただのギャグかも」「いや、ギャグだとしても、製品名まで、消してしまうことはないよ。ちょっと待って、他のチャンネルも見てみよう」彼は、すべてのチャンネルを順番に見ていったが、すぐに、信じ難いという表情になった。地上波、衛星波、あらゆるチャンネルが、それどころか、放送波の来ていない、画面でも、「ジ━ジ━ジ━」と、テレビ。「ジ━ジ━ジ━」彼は、手動で、衛星波の一番右まで移動させてみても、「ジ━ジ━ジ━」と、テレビ。「ジ━ジ━ジ━」ジョージは、テレビを消した。メイジーを見つめていたが、目には、入っていなかった。そうすることは、難しかった。「ジョージ、なにか、まずいことでも?」「そうでないことを、望みたいね」と、ジョージベイリー。「ほんとうに、望みたい」彼は、もう一杯飲もうと手を伸
夢、遥かなる地にて bilyzkid.com/ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
出くわさないとも限りません」「シャンパンのコルクを抜くのが早すぎたようだな。ディープスペースナイン奪還で誰もが、戦争は終わったと思った、ドミニオン軍をカーデシア領域に追い返したんだからな」「大佐もわたしも気を抜いてはいなかったでしょ」「このわずかの油断で、コルテスの400名が犠牲になったのだ」「ああ、ミスターシスコ、基地は気に入っていただけました?」報告を終えて退席するキラ少佐と入れ違いに入って来たのは、シスコ大佐の父親のジョセフシスコで、彼は数日前からステーションに滞在していた。「いやあ、とにかく、もう、でかい!」「ふふふ」「クインティンスワフォードのことは聞いたよ、気の毒にな」「父さん、この二三日、父さんをほったからかしにしてて、悪かったね」「忙しいのはわかっていて来たんだよ。おまえとジェイクの顔を見れりゃいい」「でも、初めて地球を離れるのに、わざわざ戦時中を選ばなくてもよかったの
サアルバの国 bilyzkid.com/FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
サアルバの国原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、山の斜面の小屋に住んでいた。たまに、山頂に登ると、谷を見下ろした。彼の赤いサンダルは、山頂の雪の上に、血のしたたりのように、脱ぎ捨ててあった。谷には、人々が暮らし、そして、死んでいった。彼は、人々を観察していた。彼は、あるとき、山頂にただよう雲を見た。雲は、奇妙な形をしていた。その形は、時々刻々変化し、船であったり、城であったり、馬であったりした。ごくたまに、雲は、彼以外は、だれも見たことのないような形になった。彼は、それを、夢で見ていたのだ。ただよう雲の奇妙なかたちのなかに、夢で見たかたちを、見つけた。1小屋のドア口でひとりたたずんで、毎朝、地面のしずくから昇ってくる太陽を見ていた。谷に住む人たちは、彼に、太陽は昇るのではなく、地球が、オレンジのように丸く、まわっているので、それで、毎朝、燃える太陽が、空のなかに昇
空想せよ bilyzkid.com/FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
空想せよ原作:フレドリックブラウンアランフィールド空想せよ。さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。空想せよ。いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する都市や、海中に沈んだ都市。ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。空想するのは、かんたんだ。何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。空想せよ。宇宙船や未来を。空想するのは、かんたんだ。未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?もちろん、ある。空想せよ。ひとつぶの物質を。そのなかに、あなたがいて、目覚め、考え、それゆえ、自分が存在することがわかり、自分が入っている、ひとつぶの物質を、動かすことができ、眠らせたり、起こしたり、恋をさせたり、あるいは、丘をのぼらせたりできる、と。空想せよ。宇宙を。無限でも
聖なる神殿の謎 bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
元のダックス大尉の姿に戻った。シスコ中佐は、白い光の中にいた。「おまえは誰だ?何者だ?」「ひとつの肉体よ、物質的存在」と、砂浜で横になっているジェニファー。「何だと?どういう意味だ?」「視聴覚的刺激に反応する存在ともいえる。言語交信が可能だ」と、ピカード艦長。「なるほど、言語交信ということは、言葉でコミュニケートできるんだな?」「あなたは、何者?」と、カイオパカ。「人類と呼ばれる種族だ。地球という惑星からきた」「地球?」と、釣りをしている姿のジェイク。「今見ている美しい星だ。おまえと私は、全く種が違う。だから、きっと、お互いを、理解するには、時間がかかるだろう」「なんなの?その、時間って?」◇「副司令官日誌、宇宙暦46392・7。現在、シスコ中佐の救出作戦の準備中。ますは、ダックス大尉の情報をもとに、現地の環境に合うようにナビゲーションセンサーを調整する」と、キラ少佐の日誌。「非常に、
ギーゼンスタック家 bilyzkid.com/FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
「オーブリーギーゼンスタックは、きょう、成績表を持ち帰るのよ、パパ。算数は、Aで、国語は、Bで」2日後、サムは、学校の担任に電話した。電話の内容を、もちろん、だれにも聞かれないように、公衆電話から。「ブラッドリー先生、お聞きしたいことがあるんです。個別のことですが、重要な理由があってお聞きします。おたくの学校では、生徒の成績を、通知表をもらう前に、正確に知ることは可能でしょうか?」「いいえ、ありえません。担任の先生さえ、平均点を出すまでわかりません。成績表が作成されて、生徒に配られる日の朝まで、計算さえされてません。そうです、きのうの朝です。生徒の遊び時間に、作成されました」3「サム」と、リチャード。「近頃、気分がすぐれないようですけど、仕事の心配かなにかですか?なにかあれば、相談に乗りますし、会社にも交渉できますから、なにもひとりで、思い悩むことはないですよ」「いや、違うんだ、ディッ
緑の世界 bilyzkid.com/FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
緑さ。ある惑星にしか、存在しない色だよ。宇宙に、たったひとつだけ、緑の世界があるんだ。オレは、そこから来たのさ。きっと、きみも、好きになるさ」「知ってる━━━わたしも、緑の世界を見てみたいわ、マック」と、ドロシー。彼女の低い、ハスキーボイスは、自分の声と同じくらい、なじみのあるものだった。彼女は、いつも、こたえてくれていたからだ。マクガリーは、手をのばして、裸の肩で休んでいるドロシーにふれた。ドロシーは、まるで、女性の手のように、感じられた。マクガリーは、ふりかえって、茶の茂みが点在する、茶の平原、上空には、青紫の空に、赤く輝く太陽を見渡した。それを見て、笑った。大声でなく、ふつうの笑いだった。その景色は、問題ではなかった。すぐに、宇宙船を見つけて、地球に戻れるからだ。緑の丘、緑の原野、緑の谷。もう一度、手を肩において、話しかけた。「さぁ、いくぞ、ドロシー。準備は、いいかい?」「オーケ
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 bilyzkid.com/RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
タワー「東京駅まで!」と、料亭のおかみさんふう女性。「ここからだったら、新目白通りを抜けてゆくのが断然早いわよ!」「いいわ、私が教えてあげる!そこの高戸橋を右に曲がって新目白通りに入ってくれる?」「高速道路に沿って、飯田橋を抜けて」「皇居に出たら、お堀ぞいに行くと」「ほら、東京タワーが一番よく見える場所に出るから」「ここで左折すれば、正面が東京駅よ!」「あら、今夜のタワーは、ずいぶんブルーなかんじだこと!」想おもふ雲「それって、なんなの?」と、女の子。「どれ?これなら、安全の全の字よ」と、お母さん。「金の字かと思った!」「あら、金の字も忘れてしまったの?最近、覚えたばかりじゃない?」「知ってるわよ!ただ、金の字をそう書く人もいるのかなって思ったの」銀座「シンカワの住友ビルの第2の方」と、ビジネススーツの女性と男性。「すいません、シンカワって何です?」「シンカワ知らないの?私、このまま降
アンドロメダUの来訪者 bilyzkid.com/FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
レックスは、今、食事したところよ」「わからない」と、エルモ。「忘れた。オレは、そろそろ、ストーリーを書きに戻った方がいいかもな」エルモは、犬をまたいで、となりの室のタイプライターのあるところへ、歩いていった。タイプライターの前に座り、呼んだ。「ヘイ、トゥーツ!」ドロシーは、室に入ってきて、脇に立った。「いいアイデアが浮かんだよ。━━━善良なるベムたちにとって、エルモスコットにやってくる時間だ━━━には、アイデアのひらめきがある。タイトルも、そこから考えて、サイエンスフィクションのストーリーを、まさに書こうとしていた男が、突然、男の、そう、犬が━━━その犬は、レックスのようなドーベルマンで、今、タイプするから、読んでみて!」タイプライターに新しい紙を挟はさんで、タイトルを打った。アンドロメダUの来訪者(終わり)
タイムマシン第1号 bilyzkid.com/FB/FirstTimeMachine/
bantamA1812.jpg
「簡単なテストは済んでいます」と、グレンジャー博士。「一日前にセットしてボタンを押すと、室の外から、自分の背中が見えたので、そのまま、すぐに戻ってきました」「もしもその時、室へ入って、自分のお尻を蹴り上げたら、何が起こってかな?」と、別の友人。グレンジャー博士は、笑いながら言った。「たぶん、それは不可能です。過去を変えてしまうことになりますから。よく知られている、いわゆるタイムパラドックスです。ある人が過去に行って、自分の祖父を、父が生まれる前に殺してしまったら、その人は、どうなるかといったような・・・」スメドリーは、まだ、機械を調べていた。突然、三人の友人から離れ、薄笑いを浮かべて言った。「これが、やりたかったんだ!君たちが話している間に、ダイヤルを60年前にセットした」「やめたまえ、スメドリー!」と、グレンジャー博士。スメドリーに向かってにじり寄ろうとしていた。「博士、止まらないと
アンラッキー bilyzkid.com/FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
聞こえなかったからではなく、聴覚器官そのものがなかったからだった。彼は、苦痛のために叫んだ。そして、すぐに、叫ぶのをやめた。宇宙マニュアルの記述は、まったく正しかった。アークチュラス星人は、地球言語の読み書きが、かなり、流暢りゅうちょうだった。しかし、書かれたことが、あいまいだと、かならずしも、好意的に解釈してくれるとは限らなかった。宇宙マニュアルの記述は、この点について、じゅうぶんでは、なかったかもしれない。ラルフNCー5は、「あつあつのステーキ」と書いたのだが、あつあつのステーキがほしいのか、あつあつのステーキにされたいのかが、あいまいだった。アンラッキーにも、彼は、望みどおりに、あつあつのステーキにされた。(終わり)
天使は淋しい道を行く bilyzkid.com/TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
ぐらついていらしたんでしょ?わたくしたちは、それぞれ、危機に直面して、必死にもがきながら、おたがいに、影響を与えたんですね。なぜでしょう?わたくし、それを、ずっと、考えていますの。なぜでしょう?」◇チャックは、モリスの運転するパトカーに乗っていた。「そうさ、キンブルを取り押さえたら、このチャックの名前は、ここらの山じゅうに、ダイヤのごとく輝くってわけだよ!」「犯罪者の逮捕は、警察官がなすべき義務だ」と、モリス。「いいか、そいつを、忘れるなよ!おまえを、連れてきたのは、問題の車を確認するためだ。今のうちに、アンダースン保安官に連絡できれば、はさみうちにできるんだが・・・」「事故っていうのは、どこなんだ?」「よく知らんのだ。この下の方らしい。もう一度、やってみよう」モリスは、無線機のマイクを手にした。「モリス保安官より、アンダースン保安官へ。どうぞ、アンダースン保安官・・・」誰もいないパト
ドール bilyzkid.com/XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
メリッサの家の子ども室。ポリーが人形を抱いたまま、昼寝をしていた。ポリーのお気に入りの軽快なレコード音楽がかかっていた。メリッサは、子ども室に入って、眠っているポリーに近づくと、レコードが引っかかって、音楽が止んだ。メリッサが人形をつかまえようと近づくと、人形が目をあけた。「あ・そ・ぼ!」と、人形。レコードが、また、軽快な音楽を始めた。メリッサは、人形をあきらめて、下のキッチンへ戻って、泣き始めた。その時、キッチンの窓に人影が映った。「メリッサ・・・助けて、お願い・・・」と、窓の人影。血だらけで、バディにそっくりだった。「いやぁ!」と、メリッサ。◇ヨットハーバーの隣のレストラン。女店員が、大きなロブスターの料理を運んできた。「まぁ、すごい!」と、ダナ。ジャックと、テーブルについていた。「まるで、ジュールベルヌの世界ね!ほんとに、食べるの?」「もう、来きちまったからな」と、ジャック。さっ
恐怖のウイルス bilyzkid.com/ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
急がないとやばいぞ、その船は、あと一分で爆発だ」と、クワーク。「ああ」ドクターサーマクレインは、医療室の電子ファイルにアクセスした。「ウイルスのたんぱく質症、ヌクレオチド連鎖、よおし、これだぞ、シナプス抑制体だ。さすが、ディーコンエルグだ、たいしたものだ。治療薬が見つかったようですよ、キラ少佐」と、ドクターサーマクレイン。「はぁ」と、キラー。オドーは、船内で噴出するガスに包まれていた。「あと50秒」と、クワークの声。「うぇ」「あと30秒だ、急げ」と、クワーク。「わかってる、そう、せかすな!」と、オドー。「あと20秒だぞ」「ふっ」「あと10秒」「ふっ」「ああぁぁ」「バッギョーン」オドーが船をエアロックから切り離すと、船体は爆発した。「ウウゥゥ、はあ、はあ」と、オドー。「オドー、クワークより、オドー、まだ生きているか?」と、クワーク。「おい、そんながっかりした声を出すなよ」「さあて、今回の
屋根の上の少女 bilyzkid.com/TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
「それなら、教会の立場は、明白です。迷信的なことを信じるのは、望ましくありません。あったわ!」シスターは、戸棚の奥から、クマの人形を取り出した。「トビーです!あの子は、これを抱きしめて、寝ていました。こんなボロボロになるほど、かわいがってたんです」「それを、ぼくに!」シスターは、人形を抱きしめた。「あの子の、形見よ!大事に、取っておいた」「変に、思うかもしれないが、譲ってほしい!サラと約束したんです」「なんですって?」「きのうの夜、サラに会いました。屋根の上の少女は、サラだったんです。信じられないでしょうが、神が、サラの魂を召していなかったら?いつの日か、役目を果たせるよう、サラをこの世に残しているとしたら?その時まで。今・・・」シスターは、おそるおそる、人形をさし出した。エピローグ病院の集中治療室。ポールは、装置をはずして、意識のないキャシーの体を、シーツにくるんで抱き上げた。ナース
ティラノサウルス bilyzkid.com/FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
ティラノサウルス原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ長い日々のあいだ、彼は、空腹の森をぬけ、低い木や砂の、空腹の平原を横切り、のっそりとさまよった。大きな水に流れこんでいる、静寂の流れのわきに沿って、さらに、さまよった。いつも、空腹だった。ずっと、長いあいだ、空腹だった。たまに、食べられそうなものがいたが、いつも小さかった。ひづめのあるやつだったり、足指が3つだったりした。みんな、とても小さかった。そんなやつらの1匹では、彼のものすごい食欲のほんの1片しか満たしてくれなかった。それに、小さいやつらは、とてもすばしっこく走った。やつらを見つけて、大きな口からよだれをたらしながら地面をゆらして突進してゆくと、やつらは、木々のあいだを毛皮のいなづまのように、さっと、どこかへ行ってしまった。やつらをつかまえようと、死にものぐるいになって、前方の小さな木々をなぎ倒して突進していっ
パペットショー bilyzkid.com/FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
パペットショー原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ8月の泡立つような暑い日の午後、ホラーは、チェリーベルにやってきた。8月は、言うまでもなく、アリゾナ州、チェリーベルでは、連日、焼けつくように暑かった。国道89号線で、だいたい、トゥーソンの南40マイル、メキシコ国境の北30マイルにあった。国道の両側には、両方向の旅行者めあてに、ガソリンスタンドや、食料品店、ビールとワイン専門の居酒屋や、国境まで待てない人たちのために、派手な色彩の肩掛けのセラーペや、編革サンダルのヒュアラーチを売る店や、ハンバーガーショップ、それに、数十軒のメキシコ系アメリカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT型フォードで、通勤する方がよかったのだ。国道の看板には、やや誇張して、こうあった。「チェリーベルポップ42」
ボディスナッチャー bilyzkid.com/SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
と、ジェフリー。「グレックスかな?」「なに?」「2種類の花から受粉してできる、まったく、別種の花。聞いて!」リサは、図鑑を読み上げた。「エピロビック。語源は、ギリシャ語で、豆のサヤの上。多くは、危険な雑草」「危険?」「花壇ではね。根付くのが、早いの」リサは、コップに入れた花を、見せた。「急速繁茂は、戦後の欧州の廃墟でも見られた。荒地でも、繁る種類が多い・・・」「週末、ベイルへ行かないか?」「行けたらね」「ジェフリー!読書中よ・・・ご機嫌ね!」「今夜は、決勝戦があるからね」「ジェフリー!」「なに?」「今、読書中よ」「分かった。ヘッドホンをするよ!」「下へ行くわ!」◇マシューベネルは、営業中のレストランの裏口をノックした。「誰だ?」と、レストランのオーナー。「衛生局だ」と、マシュー。マシューは、厨房へ入った。「ベネルさん、ようこそ」と、オーナー。マシューは、調理中の厨房を念入りに、見てまわ
ノヴァリアン試用版 bilyzkid.com/novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg num0031b.bmp num0032b.bmp num0033b.bmp
SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキトゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆◇◆◇全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇ノヴァリアン試用版ご使用方法小説コマンドの説明画像コマンドの説明詩的コマンドの説明FAQバージョン履歴タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用画像ファイル合計ファイルサイズまでアップロード表示事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ヴァヴェリ事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用暗闇の家事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用サアルバの国ご使用方法補足事項タイトルを選びます。タイトルは、〜のつあります。は、の略です。ゲストルームでは、他に同一タイトルをご使用の方がおられ
地球人は出ていけ bilyzkid.com/FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
別の1匹は、66℃以上で、完全に順調だった。3匹めは、通常の動物にとっては、致死量の毒を含む食事で、よく育ち、4匹めと5匹めは、両親のどちらか一方でも数分で死んでしまうX線被爆下で、ふつうに生活していた。その後の多くの動物実験が示したことは、同じ条件のもとで適応した両親から生まれた純正の子孫は、誕生時から同じ条件のもとで生きる能力をもつ、ということであった。「それから10年後、今から10年前になりますが」と、主任の先生。「きみたちが、生まれました。実験を志願した人たちのなかから、慎重に選ばれた両親から、生まれたのです。誕生時から、きみたちは、注意深く制御され、徐々に変化する条件のもとで、大きくなりました。生まれたときから、呼吸する空気は、少しづつ薄くされ、酸素量も少しづつ下げられました。きみたちの肺組織は、容量をとても大きくすることによって、少ない酸素量に対抗し、それで、きみたちの胸は
歩兵 bilyzkid.com/FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
歩兵原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しかも、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、動くのも、困難だった。1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップが地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という足は、すべて、血で染められた。このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていなかった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖な戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわれ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考えただけで気分が悪くなるモンスターであった。やつらとは、銀河の中間地点で、接触がおこった。そ
“スペーステロリスト”ターナロス bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
と、ダックス大尉は、言った。「ディーエスナインから、ガンジー」「何だ?」と、ガンジーの操縦室にいるシスコ中佐。「ふたりは、スターゲイザーに乗り込み、発進準備にかかりました」「了解した、大尉」と、シスコ中佐は答え、隣にいるオブライエンに指示した。「メインパワーシステムを停止!」ふたりのシャトルは、衛星の軌道上で停止した。「ふぅ、静かですね」と、オブライエン。◇キラ少佐は、ターナロスを乗せて、シャトルを操縦していた。「ベイジョー8号星までの距離、残り12万キロ。通常エンジン。それは、何?」「反物質変換器だ。この船のワープドライブからパワーを充電する」と、ターナロス。「真正面からクリンゴン船が姿を現したわ」「大丈夫だ、会うことになっている」「クリンゴンと?なぜ?」「今にわかるさ」◇衛星軌道上のシスコ中佐のシャトル。「クリンゴンが転送準備しています」と、オブライエン。「発進の準備をしろ!」と、
赤の悪夢 bilyzkid.com/FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
赤の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目がさめた。最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横になったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。時計の夜光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見えた。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか?ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか?あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、という警報のベルなのか?家から出て、どこか広い場所へむかえと警告しているのか?突然、おそれか
パターン bilyzkid.com/FB2/Pattern/
MLO347.jpg
明るいブルーで、巨人の人間そっくりな頭と肩は、1マイル上空で、ほとんどくっきり見えていた。しかし、今、だんだんもやがかかってきた。ミスメーシーは、妹が上空を見ているので、いっしょに上を見た。2匹の巨体が見えた。1匹が、タンクのようなものを手に、ゆっくりと地上に向けて、霧のような雲を出現させていた。エピローグミスメーシーは、また、鼻で笑った。「雲を作ってるわ。彼らのおもしろいところね。雲なんて、ぜんぜん、人の害にはならないわ。みんなは、なんで、そんなに心配するのかしら?」ミスメーシーは、庭仕事に戻った。「今まいているのは、アマンダ、液体肥料なの?」と、妹。「いいえ」と、ミスメーシー。「殺虫剤よ」(終わり)
気まぐれ bilyzkid.com/FB1/Experiment/
MLO4329.jpg
です。注意して、見ていてください」物体は、教授の手から、消えた。それは、再び、タイムマシンの台の上に現れた。「見ましたか?私が、それを、台の上におく、ちょうど5分前に、そこに現れました!」もうひとりの同僚の教授は、現れた物体を、疑わしそうな表情で見た。「あなたが、台におく、5分前にすでに、物体は、出現しているわけだから、もしも、あなたが、気まぐれで、物体を、3時に台の上におかなかったら、なにが、起こるかな?ある種のパラドックスが、含まれているんじゃないかな?」「興味深い、考えです」と、ジョンソン教授。「その可能性は、考えていませんでした。やってみる価値はあるでしょう。いいですね、私が、おかないと━━━」パラドックスは、まったく、なかった。立方体の物体は、そのままだった。しかし、それ以外の、宇宙の残りすべてが━━━教授たちも、なにもかもすべてが━━━消えてしまった。(終わり)
暗闇の家 bilyzkid.com/FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
暗闇の家原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグ彼は、家のポーチまで来ると、中に入るのを、すこしためらった。背後の道や、道端みちばたにはえた緑の木々や、黄の平原、遠い丘、それに、明るい陽射しも、これが、最後の、見おさめだった。それから、ドアをあけ、中へ入った。背後で、ドアが閉まった。うしろを振り返ると、あるのは、ただの壁で、ドアノブも鍵穴も、ドアのへりさえなかった。へりがあったとしても、うまくまわりの壁に溶け込んで、輪郭さえ見つけられなかった。1目の前にあるのは、くもの巣のように広がる広間だった。床には、ほこりが厚くつもり、その先には、細く曲がりくねった通路が、2匹の小さな、へびか、あるいは、2匹の大きな、いも虫のように、続いていた。暗く見えにくい通路で、右の方の最初のドアに近づくまで、気がつかなかった。そのドアには、旧英国書体で、「常に忠実」と刻まれていた。ドアを抜けると
ミッキーあらわる bilyzkid.com/FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
ミッキーあらわる原作:フレドリックブラウンアランフィールドねずみのミッキーは、そのときは、ミッキーではなかった。彼は、ほかと変わらぬ、ただの、ねずみだった。オッペルバーガー教授の家の、ゆか板としっくいのうしろに住んでいた。教授の家は、以前は、ヴィエンナとハイデルベルグの家で、ふたりは、学者仲間のある強力なものを、あまりに賞賛するがために、ドイツから亡命してきた。彼らが賞賛したのは、オッペルバーガー教授ではなく、失敗に終わったロケット燃料の副産物として生じた、あるガスであった。このガスは、別の目的としてみれば、大成功であった。(つづく)
幻の指揮官 bilyzkid.com/ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
食堂に入ると、みんなが、正装して、拍手で、ドクターを出迎えた。「だいじょうぶ、これは、夢じゃないよ」と、ハリー。「艦長」と、ドクター。「創造的な作戦で、船を救ったことを、評価し」と、ジェインウェイ。ドクターの胸に、勲章くんしょうをつけた。「宇宙艦隊褒ほう章勲章を授与します。おめでとう!」「感謝します」と、ドクター。「あの提案を考えなおしたわ。あなたの指揮能力を開発するプログジェクトを、スタートさせるつもりよ。かっこよかったもの!」「おめでとう、ドクター」と、セブン。近づいて、頬に、かるいキスを贈った。「特別な意味は、ないぞ。絵のモデルに、なる気もない」「了解」と、ドクター。それでも、どこか、誇らしげであった。━━━ボイジャーは、ふたたび、アルファ宇宙域への、帰還の旅についた。(第六_一_四話終わり)
悪魔のジョーカー bilyzkid.com/TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
どうだ?」ニックが笑った。「それが、言いたかった」と、トニー。「あのゲームを、ここで?」と、ジミー。「ナイトベースボールって?」と、マーティ。「トニーの地元で、よくやるポーカーだ」と、ジミー。マーティは、うなづいた。「バカにすんな!」と、トニー。「ビールを持ってくるあいだに、決めておけ!」そう言って、ジミーは、立ち上がって、キッチンへ行った。「カードを全部、伏せるゲーム?」と、ピート。「ああ、9がワイルドカード」と、トニー。「昔、ばあさんがやってたよ!」それを聞いて、マーティとニックが、声に出さずに、笑い出した。「昔だと!」と、トニー。「ピート、ビールを切らしているぞ!」と、ジミー。キッチンから戻ってきた。「そうか」と、ピート。「お前の家なんだから、用意しておけよ」「しかたないだろう!」トニーが、トランプを配っていた。ジミーは、ビールがないので、そのまま、席についた。「一度に、すべて配
ナッシングシリウス bilyzkid.com/FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
ナッシングシリウス原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグハッピーにも、オレは、スロットマシンから最後のコインを取り出して、数えていた。その間、ママは、小さな赤いノート━━━そう、オレが呼んでいた━━━に数字を書き込んでいた。ご機嫌な数字だった。そう、オレたちは、シリウス系惑星、ソアとフリーダのどちらでも、ご機嫌なゲームができた。とくに、フリーダでは。2つの惑星の地球の小さな植民地のやつらは、なんであれ、娯楽というものに、死ぬほど飢えていて、一方で、金にはなんの意味もなかった。◇(つづく)
いつもふたりで bilyzkid.com/SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
いつもふたりでフレデリックラファエル、スタンリードーネンプロローグ情緒的でありながら、楽しげなテーマ曲。映像は、ドライブしているイメージアニメーション。道であったり、森だったり、標識であったり。◇教会の鐘の音が聞こえてくると、大勢の人が、結婚式を挙げたふたりを祝福に出てきた。そこへ、男女の乗った1台の車が通りかかって、足止めされた。「あまり、幸福しあわせそうじゃないわね」と、女。「そんなことはないさ。結婚したんだから」と、男。◇(つづく)
オーマイガー bilyzkid.com/FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
ジョンがなにをしたと思う?」ドクターラルストンは、まゆをひそめた。「水をワインに変えたのかい?」「ジンに変えたんだ。みんな、マティーニを飲んでいたんでね。さっきも、ジョンは、サーフボードなしで、サーフィンに行くというので、たずねると、信念さえあれば、そんなものは、必要ないというんだ」「なんて、ことだ」と、ドクターラルストン。顔を手でおおった。かつて、人類史上、1度だけ、処女懐胎があった。今、5000万の処女懐胎で生まれた少年たちが、元気に育っていた。10年後に、新たな5000万のジェーシーが現れることだろう。ジーザスクライストのイニシャルも、JCだジェーシーった。「なんて、ことだ」と、ドクターラルストン。なみだ声になった。「なんて、こオーマイガーとだ・・・」(終わり)
SFミステリー ライトノベル風 bilyzkid.com/CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
感想・感想の表示画像提供:感想ありがとうございます。以下の項目に、ご記入ください。全項目ご記入ください。感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、できるだけ、全角のみでお願いします。メールの送信は、をクリックしてください。作品名:ニックネーム:感想:SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。◆◇◆◇◆◇1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。2.出版された書籍イメージを、画面で、すぐになんども読み直しできるため、チェックや書き直し、校正・推敲が容易です。自分の書いたものを、画面でなんども読み直しているうちに、次の展開が、だんだんと見えてきます。3.作品は、非公開URLのため、あくまで非公開(
囚人のピアノ bilyzkid.com/TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
セーラー服を着た女性が、花火を持って、楽団に近づいてきた。リックは、花火を受けとろうとして、手をのばした。ピアノから離れた瞬間に、元の礼拝所に戻っていた。リックは、あわてて、立ち上がって、ピアノから離れた。2休憩時間の屋上。「よお、リック!」と、サム。フットボールを持っていた。「やらないか?」「けがしている」と、リック。サムは、仲間ふたりと、詰め寄ってきた。そのとき、エディが葉巻を吸いながら、近づいてきて、言った。「よせ!」サムは、あきらめて、どこかへ行った。「借りができた」と、リック。「構わんよ」と、エディ。「入所して、長いのか?」「もう、50年になる」「絡からまれないコツは?」「格言に、従うのさ。己の欲するところを、人に施せほどこ。積極的にな」「根回しか?」「処世術だよ。これでも、若いころは、危ない橋を渡ってた。だがな、人は殺してない。ミッキーシャナシーに、はめられた!」「友人なん
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 bilyzkid.com/
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg
SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。◆◇◆更新ニュース◇◆◇1.試用版ゲストルームをリリースしました。2.サイト内検索をリリースしました。3.郵便番号検索をリリースしました。4.世界の国旗をリリースしました。5.広告ページをとしました。(ページ:ネットゲーム・健康広告ありページ、その他:広告なし)全角のみです京都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇SFミステリー☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界小さな子羊ヴァヴェリギーゼンスタック家ティラノサウルス暗闇の家サアルバの国☆DS9番外編より☆フェルマーの予想☆スペースドライバー☆☆VGRより☆幻の指揮官☆DS9より☆夢、遥かなる地にて☆なつかしの日曜洋画劇場より☆いつもふたりで☆なつかしの海外ドラマより☆ミステリ


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け htm003ico.gif )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け htm003ico.bmp )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I)☆

赤の悪夢

issue of The Dude (volume 3, Number 5), May 1959
昭和36年2月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ マガジン」

アンラッキー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, Oct 1958
昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ

Amazing Stories, Mar 1954
昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1955
昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家

Weird Tales, September 1943
昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス

Astounding Science Fiction, Sep 1942
昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)

Fantastic Science Fiction Stories, Aug 1960
昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ

Fantastic Universe, Sep 1957
昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I:未完)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき U)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき U:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, February 1960
第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, August 1962
昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1986
昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1986
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, October 1985
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1988
昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1997
平成9年11月
(画像提供: ISFDB)

スティーブンキング
クリスカーター

逃亡者
天使は淋しい道を行く

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1964
昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1965
昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, November 1954
昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次


Astounding Science Fiction, April 1948
(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
新元号 元年
⇔2019年
新元号 2年
⇔2020年
新元号 3年
⇔2021年
新元号 4年
⇔2022年
新元号 5年
⇔2023年
新元号 6年
⇔2024年
新元号 7年
⇔2025年
新元号 8年
⇔2026年
新元号 9年
⇔2027年
新元号10年
⇔2028年
新元号11年
⇔2029年
新元号12年
⇔2030年

世界の国旗
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁〜7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384−1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常 (4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)

FSFNOV69.jpg
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。