FSFDEC69.jpg

巷の噂では・・・
あの伝説の・・・

逆アセンブラ & 逆Cコンパイラ
が帰ってくる・・・
近日公開・・・

AGNSS & DCC 2.60 復刻版
(予定価格:9,980円)
Disassembler & DeCompiler for C
presented by bilyzkid
◆◇◆◇◆◇
SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書くことで、あなたも小説が書けるようになります。
presented by bilyzkid
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
1. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
2. サイト 内 検索 をリリースしました。
3. 郵便番号検索 をリリースしました。
4. 世界の国旗 をリリースしました。
5. 広告ページを htm003ico.bmp としました。
  ( htm003ico.bmp ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    htm003ico.gif ページ、その他:広告なし)
title_back.bmp (全角のみです)
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和
[京 都 大原 三千院 ♪~♪ 恋に弊(つか)れた 女がひとり ♪~♪ or検索] ヒット 46 件です。
聖なる神殿の謎 bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
そんなものはない。センサーにはな んの反応もない」「当然よ、突然、消滅したの」「なんだと?」「人工的に作られたワームホールなのよ。そのせいで、我々のセンサーにも量子変動のパターンが見られなかったんだと思うわ」と、ダックス大尉。「何者かがワームホールを作って、突然、合よく消したとでもいうのか?そんなみえすいた嘘を、どこのだれが信じるんだ?」「その通りだもの、信じてもらうしかないわ!」カーデシア船は、通信を切った。「反軽粒子妨害波を亜空間に送っています。艦隊との交信を邪魔する気です」「敵は、フェーザー砲を準備中です」と、オブライエン。「非常警報!シールドアップ!」と、キラ少佐。「未調整です!」「また、通信波です」と、ダックス大尉。「チャンネル、オン」「都合のよい作り話には、誤魔化されんぞ!デュカットの船は、おまえたちの手で、撃墜したんだろ?」と、ガルジャサッド。「ガルジャサッド、繰り返すけど」「直ちに、無条件で、降伏し、我々に宇宙ステーションを明渡せ!嫌なら、我
天使は淋しい道を行く bilyzkid.com/TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
「そうとう、ビビりまくってたぜ!」と、ひとり。また、ウィスキーの小瓶を飲みあった。そのとき、リチャードが立っているのに、気づいて、笑うのをやめた。「ごあいさつに、帰ってきたのか?」と、若者。「おまえたち、どこの石の下から、はい出てきたんだ?」と、リチャード。「だから、会のやつはイヤなんだ!ユーモアのセンスってものが、ねぇんだからな!そういう口の利き方をするやつは、虫がすかねぇんだ!」ひとりが、こぶし大の石を拾って、身構えた。「つきあいにくい野郎とは、つきあわねぇことにするよ!」もうひとりも、落ちていた棒を手にした。3人は、身構えた。しかし、急に、若者は、ケンカの姿勢をやめた。シスターが、ゆっくり、歩いてきた。そして、若者のひとりの、頬を平手打ちした。もうひとりも、石を持った手を下げた。シスターは、その若者の腕をひっぱって、ならんで立たせた。「アタマにきたんで、すっ飛ばしたの?」と、シスター。「そうでしょ?そういう表現をするんじゃないの?少しばかり、からんで
“スペーステロリスト”ターナロス bilyzkid.com/ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
カーデシア人だけでなく、邪魔なベイジョー人まで、みさかいなく殺している。確か、先月の政府高官の暗殺にも、犯行声明を出していたはずだ」「でも、ターナは別です」「コーマの一員か?」「ええ、でも」「かばう気なら、任務からはずれてもらう!どっちつかずの気で任務にあたられるのはごめんだ。彼がコーマのテロリストなら、このステーションを隠れ蓑にして、破壊活動を続けるおそれがある」「私は、ベイジョーの利益を優先します。どっちつかずの気じゃないわ。今のベイジョーには、ターナロスのような強い意志を持った人間が必要なんです」「カーデシアを倒せればテロも許すというのか?」「我々が強力な独立国家をもう一度築きづくためには、コーマのようなテロリストグループは、いわば、必要悪です。はっきり言えば、ターナは我々にとって、希望の光なんです、見殺しになんかできません」医療室では、ドクターベシアがターナロスの治療にあたっていた。「様子はどう?」と、キラ少佐。「2度の火傷やけど、裂傷に脳震盪、でも、
ケンタウロス bilyzkid.com/FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
アランフィールドガーンロバーツは、秘密エージェントKー1356として知られる人物だが、今は、銀河連邦の主任安全局員として、ひとり乗り宇宙船で、眠りについていた。宇宙船は、地球を出発して、206光年離れた場所をめざして、時速14光年で、自動航行中であった。ベルがなって、コンピュータに、起こされた。すぐに、スクリーンにむかい、スイッチを入れると、連邦の所長特別補佐のダウネンブランドの顔が映った。「Kー1356、さっそく、仕事です」と、スクリーンのブランド。「今、通過中の星雲にある、ノヴァという恒星をご存知ですか?」「ええ」と、ロバーツ。すぐに、返答した。この距離での通信は、今のような、超光速通信では、かなりの電力ロスにつながるので、できるだけ、早く、会話を切り上げたかった。「では、その惑星については?」「そこに行ったことはありません。知ってるのは、2つの居住可能な惑星があるということだけです」「そのとおりです。内側の惑星には、われわれとさほど変わらない、人族が住ん
オーマイガー bilyzkid.com/FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
おとなりさんで、ふたりとも仲のよい友人であった。「5000万・・・」と、ドクターラルストン。なにかを考えながら。「その数字は、ジェーシーの数のようだな」1ドクターラルストンとドクターグラハムは、ふたりとも、パーシーたち━━━単性生殖で生まれた子どもたちの担当医師だった。20年前の2043年に、単性生殖━━━卵子を精子の助けなしに受精させる最初の実験を担当していた。その実験で生まれた子どもは、ジョンという名前で、今、20才で、おとなりのドクターグラハム夫妻と住んでいた。ジョンの母親が数年前に事故で亡くなって、夫妻の養子として引き取られたのだった。ジョンが10才になるまで、ほかのパーシーたちはいなかった。10才になって、明らかに、ジョンが健康で普通であることがわかって、初めて、医師たちは、門戸を開放し、子どもを欲しがる女性━━━独身であろうと、不妊の夫をもつ女性であろうと、単性生殖で子どもを持つことを許可した。2030年代に発生したパンデミックによって、世界の男性
恐怖のウイルス bilyzkid.com/ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
過去24時間、どこでなにをしたか調べるんだ」「もう、調べてみましたが、それこそ、ステーションじゅうに行ってます」と、キラ。「それを、ひとつづつ、すべて当たってみてくれ。ダックス、当面は、オブライエンの代理は君がやってくれ」「ええ、でも」と、ダックス。「不合でもあるのか?」と、シスコ大佐。「ええ」「ダックス」「ごめんなさい、ベンジャミン、私には、やっぱり、見るがいい、愚か者の涙。嵐がやって来る」◇ドクターベシアは、医療室で、シスコ大佐に報告した。「言語障害が伝染するというのは、実質上ありえません。それが伝染したということは、一見、言語障害にみえても、実は、なんらかの病気だと考えざるを得ないのです。そこで、大尉とチーフの神経細胞をスキャンしたところ、ふたりとも側頭葉からこれが見つかりました」「ウイルスか?」「このウイルスは、神経細胞の連結部分に潜み、情報伝達を攪乱かくらんするのです。たとえば、これを見ると、目から脳へ映像が送られ、トリコーダという言葉と結びつき
ファイナルアンサー bilyzkid.com/FB2/Answer/
MLO347.jpg
1デュワーレインは、無数の聴衆にむかって、簡潔に話した。しばらくの沈黙ののち、彼は、言った。「スイッチをどうぞ、デュワーイブ」デュワーイブは、スイッチを入れた。大きなハム音が響いて、960億の惑星から情報が押し寄せてきた。数マイルにおよぶパネルが点滅し、やがて、静まった。デュワーイブは、1歩下がり、深く息をした。「最初の質問をする栄誉は、あなたのものです、デュワーレイン」「では」と、デュワーレイン。「今まで、どのサイバネティックマシンでも、単独では、答えられなかった質問です」彼は、マシンの正面に立った。「神は、存在するか?」力強い声が、なんのためらいも、なんのリレーの点滅もなしに、こたえた。「そう、今や、神は存在する」突然、デュワーイブの顔におそれの表情がうかび、スイッチにとびついた。エピローグ一筋の雷が、雲ひとつない空から落ちてきて、デュワーイブを撃ち倒し、ヒューズを溶かして、スイッチを閉じた。(終わり)
囚人のピアノ bilyzkid.com/TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
1刑務所の屋上。休憩時間。リックは、目をつぶって、頭の中で、軽快なジャズピアノを演奏していた。台の上に置いた、両手の指が動いていた。不思議に思った、フレッドが、横に座って、動く指を見ていた。フットボールをしていたサムが、ボールを追って、ふたりにぶつかってきた。サムは、追ってきたもうひとりに、タックルされた。「ふざけるな!」と、サム。相手を突き飛ばしてから、ナイフを出した。「来い!」それを見て、リックが、サムにぶつかっていった。すぐに、監視人がやってきた。「やめろ!」と、監視人。ふたりを、引き離した。「覚えてろよ!」と、サム。「手を切られた」と、リック。監視人に、左手を見せた。シャツが血で汚れていた。◇医務室。「感染には、注意が必要だが、傷自体は、軽い」と、医師。「利き手じゃなくて、よかった。左手は、使わない」と、リック。左手に包帯を巻いていた。「リック、囚人の生活は慣れたか?答えなくても、いい」「構わないよ」と、リック。「すっかり、慣れた。同室の連中とも、仲よ
空想せよ bilyzkid.com/FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
空想せよ原作:フレドリックブラウンアランフィールド空想せよ。さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。空想せよ。いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する市や、海中に沈んだ都市。ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。空想するのは、かんたんだ。何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。空想せよ。宇宙船や未来を。空想するのは、かんたんだ。未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?もちろん、ある。空想せよ。ひとつぶの物質を。そのなかに、あなたがいて、目覚め、考え、それゆえ、自分が存在することがわかり、自分が入っている、ひとつぶの物質を、動かすことができ、眠らせたり、起こしたり、恋をさせたり、あるいは、丘をのぼらせたりできる、と。空想せよ。宇宙を。無限でも、有限でもよい。あなたの描きたいように。なん千億の銀河の、ひとつひとつに、
いつもふたりで bilyzkid.com/SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
教会の鐘の音が聞こえてくると、大勢の人が、結婚式を挙げたふたりを祝福に出てきた。そこへ、男女の乗った1台の車が通りかかって、足止めされた。「あまり、幸福しあわせそうじゃないわね」と、女。「そんなことはないさ。結婚したんだから」と、男。◇(つづく)
夢、遥かなる地にて bilyzkid.com/ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
結局何をしても無駄な気がしてくる」「それで、どうしたいんだ?」「退くべき時かもしれない、重い責務は誰かに任せて」「ああ、そうか、おまえは優秀な指揮官だが、代わりはいるさ。おまえがどう決めようと、私は応援する。だが、まあ、もし、スワフォードがここにいたら、いくつか言いたいこともあるだろうがな」「でも、彼はいない。私はそれを言っているんだ」「自分でもう少し考えたほうがいい。私は、かわいい孫と食事の約束がある。じっくり、考えてみるんだな」その時、オフィスのドアの脇を、紳士帽に背広を着て眼鏡をした長身の男性が、ゆっくり横切ってゆくのが見えた。「誰だ、あれは?どこ行った?」あわててその男のあとを追ってオフィスを出たシスコ大佐を、コントロールパネルにいたダックス大尉とキラ少佐は、いぶかし気に見上げた。「誰が?」ジョセフも出てきて言った。「今、ドアの前を通った男だ」「誰も見てないけど」と、ジャッシア。「今、確かに、ああ」◇シスコ大佐とキャシディイェーツ船長は、居住区の通路を
SFミステリー ライトノベル風 bilyzkid.com/CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
感想・感想の表示画像提供:感想ありがとうございます。以下の項目に、ご記入ください。全項目ご記入ください。感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、できるだけ、全角のみでお願いします。メールの送信は、をクリックしてください。作品名:ニックネーム:感想:SFミステリー小説家自動生成異次元空間ノヴァリアン株美利崎人ビリザキト試用版ゲストルーム原稿ファイルを書くことで、あなたも小説が書けるようになります。◆◇◆◇◆◇1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。2.出版された書籍イメージを、画面で、すぐになんども読み直しできるため、チェックや書き直し、校正・推敲が容易です。自分の書いたものを、画面でなんども読み直しているうちに、次の展開が、だんだんと見えてきます。3.作品は、非公開URLのため、あくまで非公開(未発表)です。よって、完成後、そのまま印刷して、未発表作品として、各種大
終わり良ければ bilyzkid.com/FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
心配することは、なにもなかった。つらさは、後悔からくるものではなく、敗北からくるつらさであった。完璧な敗北。くそいまいましいマルスd星人に、あの不毛の星から戻る途中から尾行された。ユテピールe星の衛星連合艦隊が、日々、なんども地球に来襲して、無数の宇宙艦船からの攻撃で、巨大市はすべて灰と化した。あらゆる努力にもかかわらず、彼の強力な秘密兵器による抵抗もむなしく、彼の軍隊の最後の決戦のあと、生き残りは、わずかに20名か40名だった。彼の軍隊内の将軍でさえ、敵に内通したものがいて、月の連隊の裏切りが、決定的な敗北をもたらした。彼は、部下とともに、ふたたび決戦にのぞむこともできただろう。しかし、大敗北のあとでは、彼の生きているあいだは、無駄だった。独裁者の最後だった。銀河系からうらまれ、そのことをのろった。そのことは、がまんができるし、ひとりにされたことも耐えられた。ひとりになることは、予想してもいた。ひとりだが、まだ、彼はナンバーワンだった。もしも、他人がいた
サアルバの国 bilyzkid.com/FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
太かった。彼女は、着ているものをぬいで、寝床に横になった。眠りながら、彼女は、何気なく手ではらいのけると、毛布が床に落ちた。キャンドルは、まだ、テーブルの上で燃えていた。キャンドルの炎の光が、彼女の胸のあいだの、白いくぼみにある、小さな黒の十字架を照らした。炎は、上下に、揺れた。彼は、消灯時刻のベルを聞いて、山頂へ行く時間であることに気づいた。3日目の夜だったからだ。山から、嵐が降りてきた。風は、小屋のまわりで叫ぶように、吹き荒れたが、女性は、目覚めなかった。彼は、嵐のなかへ出て行った。風は、かつてないほど、冷酷だった。恐ろしい手が、彼の心臓を、わしづかみにした。だが、あの星は、待っていた。寒さが、さらに厳しくなり、夜の黒が深まった。雪の毛布は、彼が倒れた地点をおおいながら、山の上を漂っていた。朝、女性は、解けた雪の上にある、赤いサンダルを見つけて、谷に持ち帰った。「奇妙な夢を見たわ」と、年上の女性。「十字架の上で、男が苦しんでいたの」年下の女性は、手を組んだ
黄の悪夢 bilyzkid.com/FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
ほかのメリットもあった。もしも、妻が生きたままだったら、次の朝、起きたときに彼がいなければ、なにか心配して、警察を呼ぶかもしれない。しかし、殺しておけば、死体はしばらくは、見つからないだろう。たぶん、2・3日は。これは、さいさきのよいスタートとなるはずだ。3事務所では、ものごとは、スムーズに進んだ。約束の時間になったので、妻を迎えにいって、すべては予定どおりだった。しかし、レストランで、妻は食事に時間をかけていたので、家に8時46分に戻れるか、心配になってきた。それは、バカげたことだとわかったはいたが、彼にとっては、自由になる時間がすごく重要で、1分早くても、1分遅くてもだめだったのだ。腕時計を見た。家の中に入るまで、待つべきだったが、1分おくれそうだった。家のポーチは、暗く、家の中と同じくらい、だれかに気づかれる心配はなかったので、そこで、彼は、ドアの前に立って、ドアを開けるのを待っている妻に、ジャックナイフを一突きした。妻が倒れる前に、片手でささえてまっす
パターン bilyzkid.com/FB2/Pattern/
MLO347.jpg
うす暗くなって、足をどけるか、通り過ぎるまで、明かりが必要になった。それだけだった。彼らは、人間には、なんの注意も払わなかった。そして、彼らと対話しようとする、あらゆる試みは、陸軍や空軍によるあらゆる攻撃がそうであったように、同じように、失敗におわった。彼らめがけて撃たれた砲弾は、たしかに彼らの内部で炸裂したが、まったく、効果がなかった。1匹が、砂漠を横断しているあいだに落とされた水爆でさえ、ほんのかすり傷さえ与えられなかった。彼らは、われわれには、なんの注意を払わなかった。「それにさぁ」と、ミスメーシー。妹に。妹も、ミスメーシーだった。というのも、ふたりとも、未婚だったからだ。「彼らは、どんな危害も加えないのが、証拠よ、そうでしょ?」「わたしも、そう、望みたいわ、アマンダ」と、妹のミスメーシー。「でも、見て、彼らは、なにかしているわ」その日は、天気のよい日だった。すくなくとも、すこし前までは。空は、明るいブルーで、巨人の人間そっくりな頭と肩は、1マイル上空で
赤の悪夢 bilyzkid.com/FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
赤の悪夢原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目がさめた。最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横になったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。時計の夜光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見えた。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか?ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか?あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、という警報のベルなのか?家から出て、どこか広い場所へむかえと警告しているのか?突然、おそれからではなく、自分でも分析したくない奇妙な衝動によって、どこかへ逃れたかっ
ヴァヴェリ bilyzkid.com/FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
インク入れやらが飛んで来た。それらを、すばやく身をかわして、よけながら、ドアの外に出た。待っていたメイジーをつかまえて、階段へ走った。「さぁ、飲みにゆこう!」と、ジョージ。◇放送局のビルのはす向かいのバーは、混んでいたが、奇妙に静かだった。客の大半は、テレビ関係者であったため、バーカウンタ正面には、大きな液晶テレビがすえられて、そのまわりに、人々が集まっていた。「ジ━」と、テレビ。「ジ━ダ━ダダ━ジ━ダ━ダ━ダジダ━ジ━」画面は、乱れたままだった。「美しい響きだ」と、ジョージ。メイジーに囁いささやた。誰かが、チャンネルをかえ、誰かが、たずねた。「どこの周波数バンド?」誰かが、答えた。「警察だよ」「海外に、合わせてみたら?」「ここは、ブエノスアイレスのはずだけど」「ジ━ダダ━ジ━」と、テレビ。誰かが、自分の髪をかきむしってから、言った。「そのくそいまいましいものの電源を切ってくれ!」しかし、別の誰かが、すぐにまた、テレビをつけた。ジョージは、後ろのブース席に知り
地球人は出ていけ bilyzkid.com/FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
地球人は出ていけ原作:フレドリックブラウンアランフィールドプロローグダプティンというのが、略称だ。最初は、アダプティンと呼ばれていたのが、ダプティンと、略されて呼ばれるようになった。それは、ぼくたちを、適応させてくれるのだ。10才の時に、みんなに説明された。彼らは、ぼくたちが10才にならなければ、理解できないと思っていたようだが、みんなは、すでに、多くを知っていた。火星に着陸すると、すぐに、話してくれた。「きみたちの故郷だよ、生徒諸君」と、主任の先生。ぼくたちのために建設してくれた、プラスチック製のドームに入ってから、講義が始まった。この夜の、特別講義は、とても重要なもので、全員、出席するように言われていた。その夜、先生は、ぼくたちに、なぜなのかやなんのためにも含めた、すべてを、話してくれた。先生は、ぼくたちの前に立っていた。もちろん、寒さを遮断する宇宙服を着て、ヘルメットをかぶっていた。ドームの気温は、ぼくたちにとって、適温だったが、先生にとっては、すで
屋根の上の少女 bilyzkid.com/TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
ポールは、おそるおそる、右手をのばして、少女の手に触れた。「どうしたの?」「手が冷たいね」「お願い」少女の手をつかむと、少女は、先に立って、ベビーベッドのところへ行った。「あの子がいないと、眠れない」「トビー?捜しておくよ」少女は、ベッドに入った。「眠るまで、いっしょにいてあげよう」「ありがとう」ポールは、ベッドの脇のイスに座った。「わたしは、サラ。あなたは?」「ポール」「毛布をかけて!」ポールは、サラに毛布をかけてあげた。「おやすみ、サラ!」「おやすみなさい」ポールが、キャシーのベッドの方を見てから、目を戻すと、サラの姿は消えていた。◇ポールは、病院のとなりの施設に行ったが、移転の張り紙があった。修道院の玄関。「シスターたちは、忙しいんです」と、シスタービクトリア。「ベッドを売った、シスターに会わせてくれ!」と、ポール。「大切な話がある」「朝の礼拝中です」「緊急なんだ。ベッドのことを知りたい。サラという少女のもの?それとも、トビーの?彼は、サラの兄弟?」シス
天使が死ぬ時 bilyzkid.com/TS/TheHabit/
FSFMAY65.jpg
お怪我でも?すぐに誰か呼んで、手当てさせましょう」「いやいや、自分でやりますから。できることがあれば、いつでも、声をかけろと言ってくださいましたね?それで、うかがったんです」「どんな、お役に立てそうですの?」「片腕の男のジョンソン、家内を殺した男の話しは?」「覚えています。見つかりましたの?」「らしいんです。その男をさがし歩くのに、疲れましてね。情報を買うために、金をためたんです」「買うとおっしゃると?」「これです」リチャードは、写真を見せた。「これを、買いました。2日前、タールトンで撮った写真です。もぐりの富くじを、やっているらしいです。数を当てるやつです」「この人が?」写真には、レストランのカウンターに座った、片腕の男が写っていた。「お客から、金を、集めたり、払ったりするんです」「もし、居場所がわかっていらっしゃるのなら」「写真だけでは、正確なことはいえません。念のために、本人をさがし出したいんです」シスターは、写真を返して、イスに座った。「でも、タールト
気まぐれ bilyzkid.com/FB1/Experiment/
MLO4329.jpg
教授は、前かがみになって、タイムマシンのダイヤルのひとつをセットした。「時計を見ていてください」と、教授。ふたりの同僚の教授は、自分の時計を見た。ジョンソン教授は、物体を、マシンの台の上に、静かにおいた。すぐに、物体は消えた。5分後に、一瞬で、それは、現れた。ジョンソン教授は、それを、持ち上げた。「こんどは、5分、過去に送りましょう」教授は、別のダイヤルをセットした。物体を、手の上において、時計を見た。「今は、3時6分前です。ちょうど3時に、物体を台の上において、実験を開始します。よって、物体は、私の手から消えたあと、3時5分前に、台の上に出現します。それは、私がそこに物体をおいて、実験を始めた、5分前です」「どうやって、物体を台の上におくことができるのかな?」と、同僚の教授のひとり。「それは、私の手が近づくと、台から消えてから、そこにおかれるために、また、私の手の上に現れます。3時に、です。注意して、見ていてください」物体は、教授の手から、消えた。それは、再
暗闇の家 bilyzkid.com/FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
1目の前にあるのは、くもの巣のように広がる広間だった。床には、ほこりが厚くつもり、その先には、細く曲がりくねった通路が、2匹の小さな、へびか、あるいは、2匹の大きな、いも虫のように、続いていた。暗く見えにくい通路で、右の方の最初のドアに近づくまで、気がつかなかった。そのドアには、旧英国書体で、「常に忠実」と刻まれていた。ドアを抜けると、そこは、大きなクローゼットほど広さの、小さな赤い室であった。1脚のイスが、室の壁沿いにおいてあり、イスの足は、1本折れてぶら下がっていた。近くの壁には、1つだけ、額に入れられた、ベンジャミンフランクリンの肖像画があった。額は、ななめに傾いて、ガラスには、ひびがはいっていた。床にほこりはなく、最近、そうじしたようにきれいだった。床の中央には、きれいに磨かれた、アラビアの片刃刀かたはとうがおいてあった。つかは、赤く染められ、刃先は、緑の軟泥なんでいで、厚くコーティングされていた。室には、ほかに、なにもなかった。彼は、ながいあいだ、こ
ジバゴ bilyzkid.com/SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
トーニャ。「そうだ。たまには、町に出ろ!気分もかわるぞ」と、叔父。「ユリアティンになにか、あります?」と、ユーリ。「会とは違うが、りっぱな図書館があるぞ。まだ、あればだが」「行ってらっしゃいよ」と、トーニャ。「いや、やめておくよ」と、ユーリ。「どうせ、道も通れまい」◇やがて、陽射しがさして、窓の雪をとかした。春が来て、黄すいせんが咲きほこった。白樺の白い木肌に、黄がよく似合った。ラーラは、ユリアティンの図書館で働いていた。ユーリが入り口で、入館証に記入しているときに、ラーラは気づいていた。ユーリは、歩いてきて、階段のところで立ち止まった。「ジバゴ」と、ラーラ。「ああ」と、ユーリ。「元気だった?」「どうして、ここにいるの?」「ベリキノに住んでいる」「ベリキノに?」図書館の仕事を終え、ラーラは外へ出た。ユーリがいっしょだった。「なぜ、ベリキノに?」と、ラーラ。「モスクワには、いられなくなってね」と、ユーリ。「まさか、会うなんて!夫をさがしに来たの。でも、戦死し
バーニングマン bilyzkid.com/TZ/TheBurningMan/
FSFOCT85.jpg
天候のせいなのか、どうか」「どういう意味?」と、ローリー。「きょうみたいに、暑いと、あらぬ妄想を、するもんだ。引き裂かれた体の中から、悪魔が生まれるとか」ダニーは、後部座席にもたれた。「今年は、17年セミが、生まれる年では?今年が?」「知らない」と、ローリー。「そうだよ。体で感じる。いいかね」ダニーは、また、前の座席に身を乗り出した。「世界は、謎に満ちている。17年セミがいるなら、17年人間が、いてもいい」「17年人間?」と、アンドレ。「そうだよ。24年人間とか、57年人間だって、いるぞ。人間が生まれる理由は、大人が結婚するからだというが、他の方法で生まれる人間が、いるかもしれない。たとえば、セミのように」「セミだって?」「それに、生まれつきの悪人がいないとは、言い切れん」アンドレは、ローリーと、顔を見合わせた。そのとき、車の右後部タイヤがパンクした。ローリーは、車を止めて、タイヤ交換を始めた。「どんな悪人ですって?」と、ローリー。レンチでナットを締めていた。
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 bilyzkid.com/
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg
3.郵便番号検索をリリースしました。4.世界の国旗をリリースしました。5.広告ページをとしました。(ページ:ネットゲーム・健康広告ありページ、その他:広告なし)全角のみです都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇令和SFミステリー☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界小さな子羊ヴァヴェリギーゼンスタック家ティラノサウルス暗闇の家サアルバの国☆DS9番外編より☆フェルマーの予想☆スペースドライバー☆☆VGRより☆幻の指揮官☆DS9より☆夢、遥かなる地にて☆なつかしの日曜洋画劇場より☆いつもふたりで☆なつかしの海外ドラマより☆ミステリーゾーン人形の家で☆大手拓次全集より☆そよぐ幻影和暦⇔西暦早見表世界の国旗郵便番号検索バグ表感想・感想の表示※縦書き表示は、のみです※※メインページ※※印刷ページ:、向け※※表示ページ:その他すべて、向け※※次ページ※SFミステリーライトノベル風縦書きブログ☆原作:フレドリックブラウンより☆緑の世界昭和年月画像提供:「手
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ bilyzkid.com/FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
衝撃がやってきた。静かな夜は、昼と化し、巨大な赤の花がさらに、巨大化して、空をおおいつつあった。直径30マイルのすい星の衝突は、水爆の1千億倍のエネルギーで地ち殻かくを溶かし、マグマの津波つなみは、高さ100マイルで30分後に地球の反対側までくると、互いにぶつかりあって、波打った。(終わり)
歩兵 bilyzkid.com/FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
歩兵原作:フレドリックブラウンアランフィールド彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しかも、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、動くのも、困難だった。1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップが地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という足は、すべて、血で染められた。このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていなかった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖な戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわれ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考えただけで気分が悪くなるモンスターであった。やつらとは、銀河の中間地点で、接触がおこった。それまでは、それぞれ、ゆっくりと、1万あまりの惑星を、植民地化するという困難な
人形の家で bilyzkid.com/TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
チャーリーも、すぐに、立ち上がって、上着を着て、外へ向かった。それを、隣のガラス戸越しに、上司の男性が、いぶかしげに見送った。◇チャーリーは、昼食のために、バートン郡博物館へ行った。「失礼!」と、チャーリー。玄関で、ぶつかったアイリーンに。アイリーンは、黒のコートに、黒の手袋だった。あきれたように、頭をふって、去っていった。アイリーンにぶつかったことが、チャーリーが見知らぬ世界に迷い込むきっかけとなった。館内の食堂は、「改装のため休業」の立て札があった。階段を上っていくと、下へ降りようとする、団体客にぶつかった。「次は、古代の美術品です」と、案内する男性。「この盾は、100年も前のものです。比較的新しい、1950年代のものもあります。アフリカの一部の地域は、開拓前で、文明化されていません。奥地の先住民の中には、文明社会を知ることなく、死んでゆくものもいます。また、彼らは、数百の言語を操ります」チャーリーは、団体客に押されて、2階に上がれず、1階の団体客の中にい
つくられた記憶 bilyzkid.com/ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
もう、話し尽くしたよ」と、オブライエン。「だけど、聞きたいんだ、私にも妻がいれば、話してやれたんだけどな。それに、イライラした時、ケイコのことを話すと、君は落ち着きを取り戻すみたいだからね」「そうか」「ああ」「そのお絵かきが気に障ってイライラするんだ」と、オブライエン。「いつからだ?」「今からだよ」「どうしたんだ、落ち着け!」と、イーチャー。「おまえの指図さしずなど聞きたくない」「マイルズ」「そのマイルズというのもよせ!もう、やだ、閉じ込められているのも、おまえのお絵かきも、もう、うんざりだ、おまえの顔も見たくない!」「冷静になるんだ!」「冷静になんかなりたくないね、なんでおれがこんな目にあうんだ?いい加減にしてくれよな。おおい、聞こえるか?ここから出せよ、おれはなにも悪いことはしていないぞ、おい、聞いてるんだろ!」「マイルズ!」「なんでおれがこんな目にあうんだ?早くここから出してくれ!おれはなにも悪いことなんてしていないんだぞ!おまえらだって知ってるだろ!」
世界の終わり bilyzkid.com/FB/TheEnd/
TheDudeMagazine.jpg
場の内側にいる存在にとっては、すでに来てしまった未来は、過去に、これから起ころうとする過去は、未来と捉とらえるしかない━━━それは、あたかも」納得のいかない生徒たちは、さらに、ざわつき始めた。「ジョアンナ君、君の顔が、今、鏡のように左右反対になってしまっても、誰も気がつかないのと同じだよ。あるいは、地球の歴史において━━━なんどか起こっているように、地球のN極とS極が瞬時に入れ替わっても、渡り鳥たちにとっては、なんの支障もないのと━━━」ジョアンナは、納得がいかないまま頬ほほに手をおくと、今朝けさ、右頬みぎほほに新しくできたばかりのニキビがすっかり消えてしまっているのに気づいて喜んだ。しかし、その喜びは、長く続かなかった。右頬みぎほほのニキビは、そっくりそのまま、左頬ひだりほほに移動しただけだったからだ。(終わり)
ノヴァリアン試用版 bilyzkid.com/novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
あなたも小説が書けるようになります。サンプルあり◆◇◆◇◆◇全角のみです都大原星銀河夢心人形宇宙船月夜花光月夜花光、◇令和ノヴァリアン試用版ご使用方法小説コマンドの説明画像コマンドの説明詩的コマンドの説明FAQバージョン履歴タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用画像ファイル合計ファイルサイズまでアップロード表示事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ヴァヴェリ事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用暗闇の家事例タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用サアルバの国タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用タイトルファイルまで変換ページ表示印刷用ご使用方法補足事項タイトルを選びます。タイトルは、~のつあります。は、の略です。ゲストルームでは、他に同一タイトルをご使用の方がおられると、変換・表示の際に、上書きされる場合がございます。ユー
ティラノサウルス bilyzkid.com/FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
それに、小さいやつらは、とてもすばしっこく走った。やつらを見つけて、大きな口からよだれをたらしながら地面をゆらして突進してゆくと、やつらは、木々のあいだを毛皮のいなづまのように、さっと、どこかへ行ってしまった。やつらをつかまえようと、死にものぐるいになって、前方の小さな木々をなぎ倒して突進していっても、ついたときには、やつらは、いつも、逃げたあとだった。彼の頑丈ながんじょう足よりも、やつらのちっぽけな足の方が速かった。彼の1歩は、やつらの50歩分あったが、1歩すすむあいだに、やつらは、小さな足をすばやく動かして、100歩もすすんでしまうのだ。身をかくせる木々のない、開けたところでさえ、やつらをつかまえられなかった。1空腹は、100年つづいた。彼、ティラノサウルスレックスは、すべての王であり、かつてこの世が生んだ、最強にして、もっとも残虐非道、生きた殺戮さつりくマシーンであり、むかってくるあらゆる敵を、容赦なく殺すことができた。しかし、だれも、彼にむかって来るも
フェルマーの予想 bilyzkid.com/RM/Fermat/
fsfaug51.gif
nが3以上だと、フェルマー解が存在しないという、非存在定理です」「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるのは、むしろ、存在を見つけるプログラムを動かしてみるだけです。非存在は、そこで見つからなければ、存在しないのかもしれないということかしら?」「次の図は、なんですか?」と、ジェイク。「この図は、テキストによると、y<1、x<1として、zもz=1とすると、0と1の間の2次元の図に書けて」「あ、ちょうど、ピタゴラスの二乗は、円の右上にあたるってことかな」と、ジェイク。「そのようね。n=3とすると、少し膨らんで、n=∞の極限では、四角の右上になるらしいわ」「たしかに、x=3/5、y=4/5とおくと、xの二乗とyの二乗を足すと、25/25になって、z=1になってますね」と、ノーグ。「さすが、ノーグは、フェレンギだけあって、いつもラチナムを数えているから、計算にはやたら強いね!」と、ジェイク。◇(つづく)
眠れるステーション エムポックノール bilyzkid.com/ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
◇チーフオブライエンは、エアロックでガラックに訊きいた。「司令官はなんて言って、きみを説得したんだ?」「志願したとは思わない?」と、ガラック。「へへ、脅されたんだろ」と、オブライエン。「違いますよ、ワイロをつかまされたんです。私の店のスペースを増やしてくれるそうなんです。最近の仕立ての機械は、かさばるのでね」「とにかく、来てくれて嬉しいよ。どうしたんだ?」「いやはや、まったく、最近、みなさん、私を信用してるみたいなんです。なんと言いますか、居心地が悪くってね。この調子だと、そのうち食事に招かれだすかもしれません」「そうか、そんなにいやなら、僕は君を招待するのは、やめておくよ」「ありがとうございます」「お礼なんかいいって、君には借りができたしな、カーデシア人が仕掛けたわなを、解除するのは、僕向きじゃないよ」と、オブライエン。「それが当然ですよ。ご心配なく、私の得意分野ですから」と、ガラック。ボリアン人のボクタは、シャトルに乗り込んできたクルーたちに言った。「わな
アンラッキー bilyzkid.com/FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
原作:フレドリックブラウンアランフィールドラルフNCー5は、監視スクリーンのアークチュラス第4惑星を見て、安堵あんどのためいきをついた。コンピュータが、そう、教えてくれたのだ。アークチュラス第4惑星は、ここでは、唯一の、人が住んでいる、居住可能な惑星で、となりの太陽系まで、数光年離れていた。彼は、食料を必要としていた。燃料や水は、じゅうぶんだったが、冥めい王おう星の兵站へいたん部は、彼の偵察艇に物資を補充する際、食料を補充しわすれた。宇宙マニュアルによると、アークチュラス第4惑星の原住民は、友好的だった。頼めば、なんでも与えてくれるという。マニュアルには、この点について、詳細に記述されていた。自動操縦で、着陸を指示すると、アークチュラス星人に関する記述を再読した。「アークチュラス星人は」と、ラルフNCー5。マニュアルを、声に出して読んだ。「ヒューマノイドではないが、非常に、友好的である。上陸したら、乗員は、欲しいものを頼めばいいだけだ。欲しいものは、自由に、す
幻の指揮官 bilyzkid.com/ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
「だけど、あなたの、この提案は、・・・なんて、タイトルだった?」「ECH、緊急司令ホログラムです」「アイデアとしては、おもしろいけど、私が指揮不能に陥おちいった時のための、艦長のバックアップなんてね。でも、プログラムの改良に、何か月もかかるわ」「いつか、クルーの生死がかかわる時がきます」「残念だけど、答えは、ノー。でも、正式な回答として言うけど、この提案は考慮に値すると、艦隊に報告するつもりよ。アルファ宇宙域に戻ったら、かならずね」「ありがとうございます」と、ドクターは、自分が提出したパッドを受け取った。「どういたしまして」と、ジェインウェイ。退席するドクターを見送った。◇ドクターは、自分の要望が、通らなかったことに、がっかりした様子で、つき返されたパッドを眺めながら、医療室に戻ってきた。ドアがあくと、風船で飾られた食堂で、ヴォイジャーのみんなが、シャンパングラス片手に、出迎えた。「みんなに紹介するわ」と、ジェインウェイ。「彼が、新指揮官、緊急司令ホログラムよ
ドール bilyzkid.com/XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
◇深夜、メリッサの家の前に、パトカーが来て、ダナとジャックが降りた。「バディの車だ」と、ジャック。別の白い車が、斜めに停めてあった。ふたりは、家に向かった。メリッサは、ポリーを寝かしつけると、かなづちと釘を戸棚にしまって、南錠をかけた。キッチンに戻って、石油ストーブを倒して、灯油をまくと、マッチをすろうとした。「メリッサ!」と、ジャック。玄関のドアをノックした。ダナは、窓からカーテンごしにのぞいた。「なにか、見えるか?」「いいえ」と、ダナ。ダナは、裏に回った。「メリッサ!」と、ジャック。ノックを続けた。メリッサは、キッチンでなんどもマッチをするが、火がつかなかった。「メリッサ!」玄関でノックする音が聞こえた。やっと、1本のマッチに火がついた。「ママ!」と、ポリー。キッチンまで、来ていた。ポリーが抱いている人形が、目をあけた。すぐに、マッチの火が消えた。「火遊びは、ダメ!」と、人形。「ベッドに戻りなさい!」と、メリッサ。また、マッチをすった。しかし、火はすぐ
ギーゼンスタック家 bilyzkid.com/FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
たぶん、夜ふかしの習慣だったろう。これは、むしろ、両親の間違いだった。じっさい、オーブリーは、自分から、眠いのでベッドへ行きたいと言いだすまで、服のままで、夜ふかしを許されていた。5才や6才のころでさえ、夜の10時前に、ベッドへ行くことは、めったになかった。母がしつけに気をつかっていた、最初のころは、早めにベッドへ行かされたが、それでも、眠らないで、別のことをしていた。それなら、夜ふかししても同じことだ、ということになったのだ。9才の今も、両親と同じ時間まで、夜ふかしをしていた。ふつうの夜なら、だいたい、11時まで、ブリッジの仲間がいたり、外出した夜は、11時よりもっとおそくなった。外出するときは、おそくなっても、たいてい、オーブリーもいっしょだった。オーブリーは、どこへ行っても、楽しかった。劇場のいすに、ねずみのようにじっとしていたし、ナイトクラブでは、両親がコックテイルをのんでいるあいだ、ジンジャエールの入ったグラスのふち越しに、少女特有のまじめさで、両親
小さな子羊 bilyzkid.com/FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
ヴァンゴッホは星空の画えに月を入れたが、これは、こぎれいどころか、驚嘆きょうたんする画えだった。ただ、彼はこれを描かいたとき、正気ではなかった。正気な人間は、なかなか、ヴァンゴッホのようには描かけない。パレットを洗っていなかったので、もう少し、画えを続けようとした。二日ふつか前にはじめた画えだった。緑をパレットで混ぜはじめたが、思う色が作れなかった。やはり、昼間の光を待たなくてならないことを、痛感させられた。夜は、自然の光がないところでも、下書きや仕上げはできる。しかし、色を作るとなると、昼間の光を待たなくてはならない。汚れたパレットを水洗いして、朝になったら、新しくやり直すことにした。刷は毛けも洗った。9時に近く、まだ、彼女は帰ってなかった。1なにか心配するようなことがあるわけでもなかった。どこかで、友達といっしょで、たのしくやっているのだ。ここの画廊がろうは、街から1マイル離れた、丘の上にあって、途中、電話ボックスもないので、連絡のしようがないのだ。彼女の
アンドロメダⅡの来訪者 bilyzkid.com/FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
2番目の文章の下に、タイプした。「善良なるベムたちにとって━━━」彼は、そこを見つめながら言った。「なんのためかな、トゥーツ。銀河かな、宇宙かな」「好きなように書いたらいいんじゃない?ストーリーが完成しないで、2週間で小切手が入ってこなけりゃ、この家を失って会に逆戻りね。あなたは小説家の仕事を失って、新聞記者に逆戻りよ、そして━━━」「静かに、トゥーツ!ずっとよくわかっているよ」「ずっとということはないわ、エルモ。こうすれば、いいわ」「善良なるベムたちにとって、エルモスコットにやってくる時間だ」ドーベルマンは、絨毯のじゅうたん上で、もぞもぞした。「そんな必要はないと思うけど」ふたりは、ドーベルマンを見た。「エルモ!」と、ブルネットの女性。きれいな足を踏み鳴らした。「こんな手品をするなんて!腹話術をする時間があったら、もっと書く時間を増やしなさいよ!」「違うよ、トゥーツ」と、犬。「ちょっと違うよ」「エルモ!どうやって犬の口を動かしてるの?まるで━━━」彼女は
悪魔のジョーカー bilyzkid.com/TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
と、ジミー。「確かに、怪しいが、ここは、慎重にいこう!ピート、やつの手札を見てみろ!」ピートが、手をのばして、ニックの伏せカードを見ようとした。「よせ、ゲームは続いている!」と、トニー。ピートの手を、つかんで止めた。「そんなことより、大事なことだ!」と、ジミー。そして、ピートに。「見てみろ!」ピートが、ニックの伏せカードを、すべてあけると、6・6・6だった。「アーハッ!アーハッ!」と、ジミー。「ジミー、黙れ」と、トニー。ジミーの口を、手でふさいだ。「悪魔が、ここに現れたんだ!」と、ジミー。「ニュージャージーに?」と、トニー。「近くに住んでいるんだ」「なぜ、この家に?」「いとこのノーマンに聞こう!」と、ピート。ピートは、電話台にいって、電話機ごと持ってきた。「トニー、オレには、分かるよ」と、ジミー。「悪魔が現れたとしたら、理由は、1つ・・・誰かが、死ぬ!」「バカな!」と、トニー。「絶対そうだよ。ニュースで見た!誰が、ターゲットだ?」「ピートの家だ!」「だから?」
ヴァンパイア bilyzkid.com/FB/Blood/
FSFFeb1955.jpg
こちらにやってくる生物は、テレパシーが使えた。「私たちは、あなた方の考えを聞くことができます」と、ふたりの脳内の声。「ヴァンパイアのことを知っているか、考えていますね。それがなんなのかわかりませんが、われわれは、知りませんね」ドリーナは、歓喜のあまり、ヴェロンの腕をつかんだ。「自由よ!それに、ごはん!」「あなた方は、疑問を抱いていますね」と、声。「私たちがなにから進化した生物なのか━━━そうですね、現在の全種族は、野菜です。私は━━━」彼は深くおじぎをした。「ここの支配種族のひとりですが、かつて、あなた方が、チューリップと呼んでいたものです」(終わり)
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 bilyzkid.com/RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
新目白通りを抜けてゆくのが断然早いわよ!」「いいわ、私が教えてあげる!そこの高戸橋を右に曲がって新目白通りに入ってくれる?」「高速道路に沿って、飯田橋を抜けて」「皇居に出たら、お堀ぞいに行くと」「ほら、東京タワーが一番よく見える場所に出るから」「ここで左折すれば、正面が東駅よ!」「あら、今夜のタワーは、ずいぶんブルーなかんじだこと!」想おもふ雲「それって、なんなの?」と、女の子。「どれ?これなら、安全の全の字よ」と、お母さん。「金の字かと思った!」「あら、金の字も忘れてしまったの?最近、覚えたばかりじゃない?」「知ってるわよ!ただ、金の字をそう書く人もいるのかなって思ったの」銀座「シンカワの住友ビルの第2の方」と、ビジネススーツの女性と男性。「すいません、シンカワって何です?」「シンカワ知らないの?私、このまま降りる!すぐ降ろして!」「ははっ」と笑う部下の男性と降りていった。サブリナ「銀座のホコテンって、何時まででしたっけ?」と、スラックスの女性。「歩いて
ボディスナッチャー bilyzkid.com/SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
ナンシーに。「送っていこうか?」「あそこへは、帰らないわ」と、ナンシー。「ここへ、泊まれ!」と、マシュー。ナンシーは、うなづいた。「世話になったね、デビット」と、マシュー。ギブナーに。「寝たまえ!」と、ギブナー。帰って行った。マシューは、テラスの階段を下りて、裏口に、南錠をかけた。テラスのイスに座って、高層ビルの明かりを見ているうちに、眠くなった。テラスの地面から、白い糸が伸びてきて、マシューの下ろした腕から、服の中に入り込んだ。白い糸の先には、大きなサヤがあって、そこから、大きな花が咲いた。花の中心が、息づきはじめ、花びらが落ちると、そこから、人間の頭のようなものが、はい出てきて、両手をふるわせた。マシューにならぶようにして、横たわり、両足を動かした。大きな花は、ほかにも、いくつか咲いて、花びらを落とすと、人間の頭のようなものが、はい出てきて、テラスの芝の上で、ふるえていた。「マシュー!」と、ナンシー。テラスの入り口で、大声で呼んだ。「マシュー!マシュー
緑の世界 bilyzkid.com/FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
感じられた。「心配しないでいいよ、ドロシー。きっと、見つかるさ。つぎのジャングルは、きっと、ビンゴさ!それが、見つかったら━━━」マクガリーは、ジャングルのはしまで来た。赤いジャングル。すると、タイガーが、マクガリーめがけて、いきおいよく、飛び出してきた。6本足で、青薄紫あおうすむらさきのタイガーは、頭は、ビヤだるのようだった。マクガリーは、ソラーガンをかまえた。引き金をひくと、明るい緑の閃光が走った。シンプルだけれど、うつくしい━━━そう、とても、うつくしい緑。そのタイガーは、もはや、存在しなかった。「いまのを見たかい?ドロシー?」と、マクガリー。声に出さずに笑った。「あれが、緑さ。ある惑星にしか、存在しない色だよ。宇宙に、たったひとつだけ、緑の世界があるんだ。オレは、そこから来たのさ。きっと、きみも、好きになるさ」「知ってる━━━わたしも、緑の世界を見てみたいわ、マック」と、ドロシー。彼女の低い、ハスキーボイスは、自分の声と同じくらい、なじみのあるものだっ


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け htm003ico.gif )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け htm003ico.bmp )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I)☆

赤の悪夢

issue of The Dude (volume 3, Number 5), May 1959
昭和36年2月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ マガジン」

アンラッキー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, Oct 1958
昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵

Galaxy Science Fiction, Feb 1954
昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ

Amazing Stories, Mar 1954
昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1955
昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家

Weird Tales, September 1943
昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス

Astounding Science Fiction, Sep 1942
昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)

Fantastic Science Fiction Stories, Aug 1960
昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国

Nightmare and Geezenstacks
昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「いくつかの悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ

Fantastic Universe, Sep 1957
昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき I:未完)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき Ⅱ:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, February 1960
第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, August 1962
昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1986
昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1986
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, October 1985
昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, September 1988
昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1997
平成9年11月
(画像提供: ISFDB)

スティーブンキング
クリスカーター

逃亡者
天使は淋しい道を行く

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, March 1964
昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, May 1965
昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影

The Magazine of Fantasy and Science Fiction, November 1954
昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次


Astounding Science Fiction, April 1948
(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年

世界の国旗
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常 (4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)

FSFNOV69.jpg
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。