(画像提供: ISFDB)

◆◇◆おすすめ◇◆◇
一. 巨大な太陽が、青紫の空に、赤く輝いていた。
   茶の茂みが点在し、赤いジャングルが始まっていた。
                    緑の世界
二. 2023年4月5日、地球は侵略された。
                    ヴァヴェリ
三. 彼女は、夕食の時間に戻らなかった。丘から街の方角を
   見下ろしたが、彼女が歩く姿はなかった。
                   小さな子羊よ
四. もっとも奇妙だったことは、オーブリーウォルターズは、
   どこも変わったところのない、ふつうの少女だったこと
   だ。             ギーゼンスタック家
五. もう、ずいぶん前に亡くなった妻のことを、思い出し、
   ほのぼのとした気分になった。くちびるにかすかな笑み
   が浮かび、いっしょにすごした何年ものあいだの、
   ちょっとしたできごとを、いくつも思い出した。
              暗闇の家
六. 彼は、星で時を数え、星の進行で3日ごとに時を数えた。
   サアルバの国では、水が上へ流れ、木の葉は、明るい青の
   炎で燃え、燃えても、燃え尽きることはなく、
   3日が1週間であるという。
             サアルバの国
七. 哀れにも、ナンバーワンは、最後の独裁者であったが、
   ふたたび、正気を失うようなことはなかった。それは、
   正確ではないかもしれない。ナンバーワンは、
   笑っていた。笑って、笑って、ただ、笑っていた。
             終わり良ければ
八. そして、本格的な地震がやってきた。地面は、彼の下で
   めくれあがったようにみえた。彼がそれを見つめている
   と、点滅していた照明は、すべて、消えて、ベルがけた
   たましく鳴り響いた。これが、すべての終わりだった。
             赤の悪夢
九. 「それは、数日間、調査して、分かったんだ。この世界
   は、自滅する寸前にあることが。必要なのは、あとひと
   押しだけだと。それで、それは、そのひと押しを加えた」
             ねずみ
原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト!
presented by bilyzkid
SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
一. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
二. サイト 内 検索 をリリースしました。
三. 郵便番号検索 をリリースしました。
四. 世界の国旗 をリリースしました。
五. 和暦⇔西暦・早見表 で、令和を新年号としました。
六. 広告ページを としました。
  ( ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    ページ、その他:広告なし)
  ◇◆Alt-P (印刷ページ)Enterで、広告なしに移れます◇◆
  左  中央:初出年月・初放映日・初出雑誌・他  右
七. 宝くじMission をリリースしました。
   ◆◇◆ MissionPossible ◇◆◇
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 SFミステリー
「トゥーフ!」 キャビア マーストラリア ビックマック 記憶
ホラー シリウス コロシウム ナスティ アボミっぽい 「ギャーッ!」 ねずみ アリス
[人形 宇宙船 or検索] ヒット 31 件です。
失われた母星 /ST/StarTrek2009/
FSFAUG1952.jpg
と、副長。 「近くに援軍は、いない!自動操縦にして、脱出するんだ!」 「はい、船長」  ロバウは、エレベータに、ひとりで入った。 「きみが船長だ、カーク」  ロバウは、階下へ降りると、シャトルに乗り込んで、敵艦に向かった。 敵艦は、惑星の鉱山掘削用の巨大な宇宙船で、掘削トンネルの奥に、本 体があった。ロバウは、シャトルを降りた。 「心拍数、上がっています」と、ケルヴィンの技術仕官。スクリーンに、 ロバウの身体モニターが映し出された。副長は、船長席で、それを見て いた。  ロバウは、敵艦の奥まで連れて来られた。 「この船を見ろ!」と、敵のひとり。立体モニターに、船体を映した。 「指揮官は、誰だ?」と、ロバウ。「彼か?」 「私が、ネロ船長の代理で話す」 「では、船長に尋たずねろ!どういう理由で、連邦の船を攻撃した?」  ネロは、座ったまま、なにも答えなかった。  船長代理は、人物の立体写真を、モニターに出した。 「あなたは、スポック大使の居場所を知っているか?」と、船長代理。 「
レッドダイアモンド /RD/RedDiamond/
FSF_0374.jpg
「いい香水だ」と、レッド。  東70番街のアパートに着くまで、ふたりは寄り添っていた。  13    室は、思った通りだった。そこの住人のように、暖かく、甘く、女性 的だった。カーペットは厚く、いすはビーンバッグチェアで、大きなラ ガディアン人形がふたつ。鉢植えの緑が、黄やオレンジや赤の装飾のな かで、唯一の自然の色だった。  薄暗くなるスイッチを半分にすると、鮮やかな色があたたかい雰囲気 に変わった。 「わたしが着替えるあいだ、飲み物を用意しておいて!」と、ジェーン。 寝室に向かった。 300 299 「飲み物はなにを?」と、レッド。好みは分かっていたが、きいた。あ るいは、少なくとも、彼女の好みが、最後に会ったときのままなら。 「驚かしてみて!」と、ジェーン。寝室から叫んだ。  レッドは、ジェーンにトムコリンズを作り、自分はスコッチのストレ ートを作った。ずぶ濡れの上着を脱いで、飲
緑の世界 /FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
重要だった。とても長く待ったが、あまりに、突然、終わった。青 紫の空を泳いでいる気がしたと思ったら、ひざが締め付けられて、空が 下に走った。  マクガリーは、横に寝かされて、びんを口にあてがわれていた。気つ け薬なのか、火のでるようなひと口を味わった。座る姿勢になって、気 分がよくなった。宇宙船が、まだ、そこにあることを、目で確認できた。 それは、すばらしいことだった。 「気がつきましたか?」と、アーチャー中尉。「30分したら、出発し ます。カートヘイジには、6時間で着きます。出発までのあいだ、なに か、話しますか?どんなことがあったのか、すべてを、話してくださっ て結構ですよ」  彼らは、茶の茂みの影にすわった。マクガリーは、ここへ来てからの こと、すべてを、話した。5年のあいだ、記録にあった、以前、この惑 星に不時着した宇宙船を、探したこと。そこに、自分の宇宙船を修理す るために、必要な電子部品が、こわされずに残されているかもしれない こと。長期にわたる探索。ドロシー
人形の家で /TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
見事に彫られた、木の塊」 「このまま、一緒に?」 「残念ですが、博物館の所蔵品です。もう一度、整理して、考えてみて ください。いいですね?大事なのは、なにを見たかではなく、なぜ見た か、です。それが分かれば、幻覚も見なくなります」  チャーリーは、彼女が元気そうなので、心からホッとして、人形に頬 ずりした。目には、涙を浮かべていた。精神科医は、人形をふたたび、 箱に入れた。    ◇    同じ精神科医の室。チャーリーの母に、マイラとバディがいた。 「チャーリーは?」と、母。 「まもなく来ます」と、精神科医。 「あの子は、普通ですか?」 「その言葉は、適切ではありませんね、パークス夫人」 「どうして?」 「無意味だからです。普通は、大多数であることを示す言葉にすぎず、 大多数が正しいとは、限りません。たとえば、もしも国民の99・9% が、靴下をはいて寝るとします。すると、靴下をはいて寝るのが普通で、 52 51
ギーゼンスタック家 /FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
エディスは、サムには、なにも言ってないんだろ?」 「まだよ。たぶん、サムには、人形のことは言わないほうが、いい気が するわ」 「ぼくも、そう思う。サムがとりつかれているものがなんなのか、わか ってないし、それまで待ってから話したほうがいい。オーブリーは、す でに、人形をあきらめる気になっている。もしもサムに話したら、反対 するかもしれないし、人形を残したいと言いだすかもしれない。外に持 ち出してからなら、サムも反対できないよ」 「そうよ、ディック。オーブリーには、サムに話さないように、ダンス レッスンは、サムには内緒のビックリプレゼントだって言ってあるの。 だから、そのかわりの人形のことも、サムには話さないはずよ」 「いいね、エディス」  サムが、もしも知ったとしても、うまくいったかもしれない。あるい は、サムが、もしも知ったとしても、すべては同じように起こったかも 30 29 しれ
ねずみ /FB1/Mouse/
TWONSJUN1949.jpg
ビューティ」  彼は、イスに座り、背もたれにもたれて、天井を見た。 「こう仮定してみよう。どこかから、高度に進化した知性が、それは、 あの宇宙船を作り、それに乗って、いっしょに来た。それは、あのねず みではなかった。あれを、ねずみと呼んだとしてだが。さて、あのねず みは、宇宙船では、唯一の肉体的存在だった。その生命は、つまり、イ ンベーダーは、肉体をもたない。それは、肉体がなんであれ、そこから 出たり、入ったりできる、存在なのさ。それは、どんな肉体にも住める し、安全に戻れる家として残せるし、ひとつに乗ったり、戻った際に捨 てることもできる。これは、ねずみのこと、それが宇宙船の着陸時に死 んだことを、うまく、説明している」  彼は、すこし、間をおいた。 「さて、その生命は、あの瞬間、ここにいた、誰かの肉体の中に飛び込 んだんだ。たぶん、宇宙船が着陸して、最初に、駆け寄った誰かにね。 それは、誰かの体の中に住んで、ブロードウェイのホテルや、ボウェリ や、いろんなところの安宿
幻の指揮官 /ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
と、トゥヴォック。「シールドは、維持しています」 「通信が入りました」と、ハリー。 「いくぞ、ドクター」と、チャコティ。 「スクリーンへ」と、ハリー。    ◇    異星人の宇宙船。 「ほら、彼ですよ」と、担当のオペレータ。コンソールに映ったドクタ ーを指さした。「気をつけて。とても、危険な男です」  監督官は、コンソールの正面に立つと、言った。 「この地域は、ヒエラルキーが支配している。船の資源とテクノロジー を、引き渡してもらおう」    ◇    ボイジャーのブリッジ。 「ドクター、いい?」と、ジェインウェイ。内部通信リンクで。「屈服 はしない。簡単には渡さない、と言って!」 「屈服はしないぞ」と、ドクター。「渡さない、と言って!」 84 83 「なに?」と、監督官。 「いや、だから、簡単には、渡さない」と、ドクター。「100年後に 出直せ!私がいるかぎり、ムリだ!」 「アドリブは、
パターン /FB2/Pattern/
MLO347.jpg
しかし、ミスメーシーの 庭は、静かだった。彼女が静かに見上げる先には、モンスターように巨 大な、1マイルはあろうかというインヴェイダーたちの姿があった。  1週間前に、彼らは、100マイルの長さの宇宙船を、アリゾナ砂漠 に静かに着陸させて、地球にやってきた。1000人近い数の仲間が、 宇宙船から出てきて、今も、そこらじゅうを歩きまわっていた。 2 1  1    しかし、ミスメーシーの言うように、彼らは、なにも、あるいは、だ れも、傷つけなかった。彼らは、人々に影響するほどは、実体的ではな かった。1匹が、人を踏みつけたり、あるいは、人がいる家を踏みつけ たりすると、あたりが夕暮れのように、うす暗くなって、足をどけるか、 通り過ぎるまで、明かりが必要になった。それだけだった。  彼らは、人間には、なんの注意も払わなかった。そして、彼らと対話 しようとする、あらゆる試みは、陸軍
暗黒の地球帝国 /ST/ENT_4_5_2/
FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg
「基地で、分解されたからです」と、タッカー。「しかし、幸い、部品 は、すべて、格納デッキにある。ただ、組みなおすには、時間がかかり ます」 「どのくらい?」と、トゥポル。 「2・3日━━━実際、なんの機械が分からないものも、あります。ま るで、汽船勤めの機関主任が、初めて、宇宙船に、乗り込んだようだ」 「12時間以内に、ワープを可能にしろ!」と、アーチャー。「でなけ れば、おまえは、クビだ!」 「捕虜にした、異星人に、手伝わせては?」と、トゥポル。「なにか、 知っているかもしれません」 92 91 「作業中、目を離すな!ワープエンジンが直ったら、突撃部隊との、合 流点へ向かう」 「戦える状態では、ありません!」と、トゥポル。 「ソリアは、簡単に、片付いた」と、リード少佐。 「この船は、400人のクルーを、要します。われわれは、全部で、4 7人ですよ。ディファイアント号は、まず、地球に運
パペットショー /FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
安心するだろう。ところで、2番目のテストは、なんだね?」 「もう、始まっている」と、デードグラント。指を、パチンと鳴らした。 「こう、呼んでくれないか━━━エドガーバーゲンのチャーリーマッカ ーシーの次の、2番目の人形の名前は?」  大佐は、思いつかなかった。軍曹が、代わりに、答えた。 「モーチマスネード」 「そう、オレのことは、モーチマスネードと、呼んでくれ!しかし、今、 オレは━━━」  デードグラントは、言い終える前に、砂の上に水平に、仰あお向けに倒れ、 目をつぶった。数分前に、杖男が倒れたのと、まったく同じように。   40 39  エピローグ    ロバは、頭を上げた。そして、軍曹の肩越しに、頭を円の中に入れた。 「大佐、操りあやつ人形たちの世話を、よろしく頼む!」と、ロバ。「銀河の 支配種族が、人間、少なくとも、ヒューマノイドかどうか、なんてこと が、そんなに重要かね
終わり良ければ /FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
抑揚のない話 し声。  征服された憎しみの波が、まるで、嵐に、海の波が岸壁に打ちつける ように、人々に打ちつけた。戦うことをやめて、同盟を結ぶことは、人 々には、明らかに、憎むべきもの、復讐すべきもの━━━息するのも話 すことも困難な、薄い空気のようなものに感じられた。  宇宙船。ジェット機。それに、ロケット、あの憎むべきロケットが、 毎日、昼も夜もやって来て、1機が10に分かれて爆発した。空から、 地獄の雨を降らせ、破壊され、大混乱になって、希望をたたれた。  最近、彼が気づいたことは、なにか別の音がするということだった。 たまに、聞こえ、長く続くこともあった。それは、声だった。ののしる 叫び。憎しみからのわめき声。時には、地球の底力や人々の運命を賞賛 する声。  それは、彼自身の声だった。白い砂浜の波で反響して、彼がいるとこ ろまで戻ってきたのだ。ヒヒたちにも、叫び返し、彼らを黙らせた。な んども、彼が笑うと、マリギーたちも笑った。たまに、ベヌースb星の
葬送曲 /FB3/Recessional/
TheDudeMagazine.jpg
 それは、司教の邪教の始まりでしかなかった。司教は1つの神を信ず るのをやめ、いっしょにゲームをプレイする神々を信ずるようになった。 神々はわれわれを人間として扱いもせず、戦う動機もわれわれのもので はなく、われわれは、無用な戦いにくり出された操りあやつ人形に過ぎないと 信じていた。さらに悪いことに━━━なんというバカげたことだろう! ━━━ホワイトはかならずしも善ではなく、ブラックはかならずしも悪 ではないという。宇宙のスケールから見たら、どちらが戦いに勝とうと 問題ではないという。 4 3  2    もちろんこれは、私にだけしかも囁かささやれたものだった。司教は心の安 らぎをのぞんでいたのであって、彼の言ったことは彼の意思ではなかっ たのだ。  忠誠心がなければ、われわれはなにものでもない。チボルト司教はと んでもない間違いを犯していた。ホワイトはかならず勝つ。勝利は、わ れ
帰ってきたカーン /ST/StarTrek2013/
FSFFEB1952.jpg
噴火すれば、 星に危険が」 「無事を祈りましょう」 「噴火は、しない?」 「活発というのは、相対的にいってですから、そこまで、正確とは」 「噴火しなかったのは、ミスタースポックが、火口内で冷却装置を作動 させたからで、その直前、村人は、車輪を発明したかどうかなのに、海 のなかから出現する、宇宙船を見たと、それが、きみの報告にある、詳 細だがね」と、パイク。スポックに。 「提督」と、スポック。 「報告したのか?」と、カーク。「なぜ、黙ってた?」 「きみも、航星日誌には、真実を書くと思ったからだ」 「ああ、書いたよ、おまえを救ってなければ」 「そのことは、このうえなく、感謝しているが、だからこそ、私が責任 をもって、報告をせねばと感じたのだ」 「すごい責任感だ。ごりっぱだよ、とんがり耳、オレを裏切ってまで」 「とんがり耳?それは、私をおとしめる意図か?」 「諸君!」と、パイク。立ち上がった。手に、杖。「艦隊の指示は、調 査と観察であり、干渉では、ない」 「しかし、ワイヤーが切れな
聖なる神殿の謎 /ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
と、ドクターベシア。 「発光体を作った何者かが、あのワームホールを作ったという可能性が 高いわね」 「カーデシアが動き始めました、デノリアスベルトへ向かっています」 と、オブライエン。 「オブライエン、このステーションをワームホールの入り口に移動でき ないかしら?」と、キラ少佐。 「これは、宇宙船じゃないんですよ。反動推進エンジンを六基備えてい るに過ぎない。1億6000万キロ進むには、2か月はかかる」 「明日までには、着きたいわ」 「へへ、そんなこと不可能ですよ」 「あのワームホールは、この宇宙域全体の未来を切り開くものよ。ベイ ジョーとしては、領有権を確保したいわ。くやしいけれど、惑星連邦の 後押しがあれば、こちらの主張は、通りやすいでしょうね」 「ディフレクタジェネレータで、亜空間フィールドを拡大できないかし ら。ローレベルのフィールドでステーション全体を包むのよ」と、ダッ クス中尉。 「そうすれば、慣性質量が落ちる」 82 81
ノヴァリアン試用版 /novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
あなたは、すでに、ノヴァリスト! サンプルあり( 1 2 3 ) presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ or and (全角のみです) 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 ブラザーサンシスタームーン ある日どこかで オールウェイズ SFミステリー ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 試用版 ご使用方法 小説コマンドの説明 画像コマンドの説明 詩的コマンドの説明 FAQ バージョン履歴 タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 001.nov タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 002.nov
探検隊 /FB3/Expedition/
FSFFeb1957.jpg
くじの結果は、29人の女が勝ち、男 で勝った者は、ただひとりであった」 「くじに勝ったもの以外の全員が大声で抗議したが、長官は耳をかさず、 くじは正当に行われていて、結果はいっさい変更されなかった。男のエ ゴを満たす唯一の譲歩は、マクソンを船長にしたことであった。宇宙船 は出発し、火星への旅は成功した」    2   「第2次火星探検隊が到着したとき、植民地の人口は2倍になっていた。 ちょうど2倍で、女性の全員が子どもを生んで、ひと組は双子だったの で、ちょうど30人の子どもがいた」 「アンブローズ君、手を上げているのは見えますが、話を終えさせてく ださい。ここまでの話にビックリするようなことはありませんし、一部 の人たちが考えるような不道徳なこともありません。時間さえあれば、 ひとりの男が29人の子どもを作ることは可能です」 6 5  エピローグ   「マクソン船長が、鉄腕マクソンと
囚人のピアノ /TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
 パトリスメシーナ、ジェームスクロッカー    プロローグ      夜の山の景色。  窓が閉まると、壁にも、星空。  惑星が回っている上に、胎児、蜘蛛、浮き雲、木馬。  赤ちゃん人形の顔、土人のお面。  水爆実験、窓。  そして、ナレーターのロッドサーリングの映像。  星空のバック。「ミステリーゾーン」のタイトル。 2 1  1    刑務所の屋上。休憩時間。  リックは、目をつぶって、頭の中で、軽快なジャズピアノを演奏して いた。台の上に置いた、両手の指が動いていた。不思議に思った、フレ ッドが、横に座って、動く指を見ていた。  フットボールをしていたサムが、ボールを追って、ふたりにぶつかっ てきた。サムは、追ってきたもうひとりに、タックルされた。 「ふざけるな!」と、サム。相手を突き飛ばしてから、ナイフを出した。 「来い!」  それを見て、リックが、サムにぶつかっていっ
夢、遥かなる地にて /ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
これ書いたの 誰?」 「私だ」と、ベニー。 「あなた?」と、ダーリーン。 42 41 「意外かな?」 「だって、これ、『人形使い』以来の傑作!SF、よく読むの」 「いい子だね、君は」と、ハーバート。 「あんたみたいな人が増えてくれなきゃ」と、ケイシー。 「ベニーの小説は、ほんとに、そのお、えと、そのお、どう言えばいい かな、えと、非常に、そのお」と、アルバート。 「感動的!」と、ダーリーン。 「ええ、そう」 「うふ」 「実に画期的なすばらしい作品だ、ディープスペースナインというタイ トルも興味をかき立てられる」と、ハーバート。 「おみごとだ」と、ジュリアス。 「彼は、舌足らずだね、君の才能の半分でもあればと、そう、言いたか ったんだよ」と、ハーバート。 「ねぇ、ベニー、私、この少佐が気に入ったわ、タフな女よね、SFに はもっと強い女が必要なのよ、いつも、そう言っていたわよね?」ケイ シー
アンドロメダⅡの来訪者 /FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
と、ウシ。 「すぐに、もどるッス」と、リス。 「コッコー」と、ニワトリ。  3    2時間近くたってから、その時、監視ガードについていたドーベルマンが、 顔を上げた。 「あいつらが、行ってしまったよ」と、ドーベルマン。 「なんだって?」と、エルモスコット。 「新しい宇宙船は、ちょうど今、離陸したよ。木星の近くからワープし て、アンドロメダへ向かったよ」 「あいつらって?おまえは、いっしょに行かないのかい?」 「ぼく?もちろん、行かないよ。ぼくは、あんたの犬のレックスだよ。 30 29 覚えてないの?ぼくの体を使っていた、ワンだけ行ってしまったのさ。 ぼくに、なにが起こっていたか教えてくれて、低レベル知性を残してく れたんだ」 「低レベル?」 「だいたい、あんたのレベルと同じさ、エルモ。ワンが言うには、この 知性は、消えてしまうそうだよ。でも、すべてをあんたに説明するまで は、消えない
ケンタウロス /FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
 アランフィールド        ガーンロバーツは、秘密エージェントKー1356として知られる人 物だが、今は、銀河連邦の主任安全局員として、ひとり乗り宇宙船で、 眠りについていた。宇宙船は、地球を出発して、206光年離れた場所 をめざして、時速14光年で、自動航行中であった。ベルがなって、コ ンピュータに、起こされた。すぐに、スクリーンにむかい、スイッチを 入れると、連邦の所長特別補佐のダウネンブランドの顔が映った。 「Kー1356、さっそく、仕事です」と、スクリーンのブランド。 「今、通過中の星雲にある、ノヴァという恒星をご存知ですか?」   2 1 「ええ」と、ロバーツ。すぐに、返答した。この距離での通信は、今の ような、超光速通信では、かなりの電力ロスにつながるので、できるだ け、早く、会話を切り上げたかった。 「では、その惑星については?」 「そこに行ったことはありま
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 /
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFOCT72.jpg FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg FSFAUG1952.jpg FSFFEB1952.jpg FSFDec1950.jpg FSFJUN70.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFMAY2001.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg FSFJul1953.jpg BDTMRTRNSF1975.jpg FSFJUN72.jpg Bantam0302.jpg LCSDVNTRSN0000.jpg AliceWonder.jpg AliceLooking.jpg FSF_0374.jpg
(画像提供: ISFDB) ◆◇◆おすすめ◇◆◇ 一. 巨大な太陽が、青紫の空に、赤く輝いていた。   茶の茂みが点在し、赤いジャングルが始まっていた。   → 緑の世界 二. 2023年4月5日、地球は侵略された。     → ヴァヴェリ 三. 彼女は、夕食の時間に戻らなかった。丘から街の方角を   見下ろしたが、彼女が歩く姿はなかった。   → 小さな子羊よ 四. もっとも奇妙だったことは、オーブリーウォルターズは、   どこも変わったところのない、ふつうの少女だったこと   だ。   → ギーゼンスタック家 五. もう、ずいぶん前に亡くなった妻のことを、思い出し、   ほのぼのとした気分になった。くちびるにかすかな笑み   が浮かび、いっしょにすごした何年ものあいだの、   ちょっとしたできごとを、いくつも思い出した。  
恐怖のウイルス /ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
3    シスコ大佐は、コンピュータに報告した。 「ステーション日誌 宇宙暦 46423・7、ディープスペースナイ ンにいる人間の6割が、ウイルスによる言語障害を発病、我々は、標準 隔離体制を発動、追って通知するまで、外部から、当宇宙ステーション への宇宙船からの接触を禁止した」  キラ少佐は、レプリケータの配線の奥で汚染装置を発見した。 「レプリケータのパターンジェネレータに取り付けてありました」と、 キラ。 「オブライエンは、修理中、これを作動させてしまったんだな」と、シ スコ大佐。 「ベシアによれば、その装置は、変則プログラミングシーケンスを出現 サブルーチンに導入するんだそうです。つまり、わかりやすくいうと、 ウイルスを分子レベルでレプリケータの食べ物の中に、直接入れるわけ です」 「明らかに、破壊活動だ」 「カーデシアの破壊活動です」と、キラ。 「なぜ、そう言いきれる?」と、シスコ大佐。 「動力にターボリニアコアを使っています。これは、カーデシアの技術
ドール /XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
キッチンでなんどもマッチをするが、火がつかなかった。 「メリッサ!」玄関でノックする音が聞こえた。  やっと、1本のマッチに火がついた。 「ママ!」と、ポリー。キッチンまで、来ていた。  ポリーが抱いている人形が、目をあけた。すぐに、マッチの火が消え た。 「火遊びは、ダメ!」と、人形。 「ベッドに戻りなさい!」と、メリッサ。また、マッチをすった。しか し、火はすぐに消えた。「さ、はやく!」 「メリッサ!」と、ジャック。ノックを続けた。  スカリーは、裏のキッチンのドアまで来た。ドアは、中から釘で打ち つけられ、あかなかった。窓から、のぞくと、バディが倒れた横で、メ リッサがマッチをすっていた。 「メリッサ!メリッサ!」と、スカリー。窓をたたいた。メリッサは、 マッチをなんどもすっていた。「ジャック!」 68 67  メリッサは、マッチに火がつかないので、引き出しをあけた。 「ナイフも
星雲を越えて /ST/StarTrek2016/
FSFDec1950.jpg
スポックは、高齢の大使が32才で死んだのが信じられない気がした が、バルカンには、公式記録を疑う習慣はなかった。    ◇    ヨークタウン基地の監視塔。  監視衛星の脇を、救難ポッドが基地に向かって落ちていった。 「IFFアラート!」と、監視員。「船籍不明の宇宙船が、接近中!連 邦の船ではありません!」 「船籍不明の船に告ぐ!」と、監視チーフ。「接近許可はない!エンジ ンを切り、指示を待て!」  ヨークタウンの小型の警備艇が5隻、救難ポッドを追尾した。 「船籍不明船、応答せよ!」  スクリーンに、救難ポッドの女性船長の映像。なにを言っているのか、 調整できてなかった。    ◇   24 23  ヨークタウン基地のエアロック。救難ポッドの女性船長が立っていた。 「ふつうに話して!」と、隊員。  ヨークタウンの女性提督が、脇で見ていた。そこへ、カークも来た。 服は、ヨークタウンのブルー系で
ボディスナッチャー /SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
やっと、花を置いた。 「あちこちにあるわ。寄生植物よ。どこから、来たの?」 「宇宙から?」と、ナンシー。 「まさか!」と、ジャック。 「なぜ?」 「宇宙からなんて」 「どうして?」 「スペースフラワーなんかない!」 「そう言いきれる?金属製の宇宙船とは、限らないでしょ?」 「金属製の宇宙船は、信じられない!」 「地球への侵入方法は、いくらでもあるわ!」 88 87 「そうよ」と、リサ。「肌にふれたりとか、においをかいだだけでも」 「この公害だらけの世界では、気づかれないわ」 「侵入経路は、不明だけど、感染したのよ!この花を分析しなきゃ!唯 一の手がかりよ!」 「体内に入って、DNAに作用して」と、ナンシー。「人を変えるのよ。 太古に、宇宙人が来て、猿の遺伝子から、人類が生まれたの。それと、 同じことが、今、起こっているのよ!」  ナンシーは、話しながら歩いてきて、となりの室のマシューと目が
歩兵 /FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
 歩兵  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しか も、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。  奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、 動くのも、困難だった。  1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、 流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップ が地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という 足は、すべて、血で染められた。   2 1  このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていな かった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖 なる戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわ れ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考えた
屋根の上の少女 /TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
教会の立場は、明白です。迷信的なことを信じるのは、望 ましくありません。あったわ!」  シスターは、戸棚の奥から、クマの人形を取り出した。 「トビーです!あの子は、これを抱きしめて、寝ていました。こんなボ ロボロになるほど、かわいがってたんです」 「それを、ぼくに!」  シスターは、人形を抱きしめた。 「あの子の、形見よ!大事に、取っておいた」 「変に、思うかもしれないが、譲ってほしい!サラと約束したんです」 「なんですって?」 「きのうの夜、サラに会いました。屋根の上の少女は、サラだったんで す。信じられないでしょうが、神が、サラの魂を召していなかったら? いつの日か、役目を果たせるよう、サラをこの世に残しているとしたら? その時まで。今━━━」  シスターは、おそるおそる、人形をさし出した。 22 21  エピローグ    病院の集中治療室。ポールは、装置をはずして、意識のないキ
アリスのルッグラン /LC/AliceLooking/
AliceLooking.jpg
驚く気になれない!」  アリスは、ボトルを飛び越えてころがってくる人形を受け止めた。 「あなた!」と、アリス。人形は、テーブルの上で照明にあたっていた。 「ゆすれば、キティになりそう!」    10    アリスは、赤の女王人形を持ち上げて、前後に力いっぱいゆすった。  赤の女王は、なんの抵抗もできず、顔は、だんだん小さくなって、目 は、だんだんグリーンになった。アリスがゆすり続けると、さらに、背 が低くなって、太ってフワフワになった。    11    最後には、人形は、キティになった。 278 277  12   「赤の女王陛下!そんなにのどを鳴らさないように!」と、アリス。目 をこすりながら、キティに向かって、すこしおごそかに。「あなたのせ いで、目がさめてしまった!あんなにすばらしい夢だったのに!わたし といっしょに、キティは、ルッグランの世界にいたのよ!覚えてる?」  なにか話
空想せよ /FB1/Imagine/
FSFMay1955.jpg
 空想せよ  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        空想せよ。  さまざまな幽霊。神々。悪魔たち。  空想せよ。  いろいろな地獄や天国。空中に浮遊する都市や、海中に沈んだ都市。  ユニコーンやケンタウロス。魔女や魔法使い。精霊のジンやバンシー。  天使やハルピュイア。魔力や魔法。4大元素、守護神、悪霊。  空想するのは、かんたんだ。  何千年のあいだ、人類は、これらすべてを、空想してきた。   2 1  空想せよ。  宇宙船や未来を。  空想するのは、かんたんだ。  未来は、現実にやってくるし、宇宙船も登場する。  それでは、空想するのは、むずかしいものは、あるだろうか?  もちろん、ある。  空想せよ。  ひとつぶの物質を。  そのなかに、あなたがいて、目覚め、考え、  それゆえ、自分が存在することがわかり、  自分が入っている、ひとつぶの物
いつもふたりで /SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
早く、ふたりっきり になりたいの」 「そんなに長くは、たってないだろ?」マークは、ドアをあけて、顔を 出した。 「この2日間が、何ヶ月にも思えるわ」ジョアンナは、ドアをしめた。 髪にティアラ。 「彼と、仕事をするんだ」 「わたしがするわけじゃないわ。わたしじゃ、ないわ」 「モーリスの操り人形」と、マーク。鏡の前で。 「子どもの名前は?」と、ジョアンナ。白の室内着になって、出てきた。 「なんの子ども?」 「わたしたちの子どもよ!」 「ベイビーだろ?」 「なぁに?」 「きみが太った姿を、思い描いてる。なに?」 「あなたが、やせた姿を、考えたの」 「公爵夫人でいたいなら、そのまま。愛を望むなら、帽子を」 156 155  ジョアンナは、髪のティアラをはずした。    ◇    ヒッチハイクのふたりは、岩場で、また、水着に着替えた。紙製の帽 子も、脇に。  手をつないで、海に入った。テーマ曲が、ゆっく
ナッシングシリウス /FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
大丈夫だろう。彼は、リストコンパスで、帰り道を 案内した。  道路のあった終点まで来ると、あとは、粘土の上に足跡が残っていた ので、それをたどるのは、簡単だった。プロペラのある鳥がいた、紫の 茂みが見える丘まできたが、鳥も紫の茂みも、見当たらなかった。  しかし、宇宙船は、ちゃんとあった。最後の丘から、宇宙船は見えた。 出発したときと、まったく同じ姿で、まるで、我が家のように、見えた。 オレたちは、早足になった。 58 57  10    オレは、宇宙船のドアをあけた。ママとエレンが、先に入った。ママ が入ろうとした時に、声がした。 「きみたちに、別れを告げる」と、声。 「オレたちも」と、オレ。「おまえたちに、別れを告げる。地獄に行き な!」  宇宙船に入ってから、オレは、ママに説明した。この場所を離れるの が早ければ、早いほど、オレはハッピーだった。 「待て!」と、声。  その声に

SFミステリー

☆原作:フレドリックブラウンより☆
緑の世界   小さな子羊よ   ヴァヴェリ
ギーゼンスタック家   ティラノサウルス
暗闇の家   サアルバの国
ファブクリップ
☆アリスのナンチャラン☆
アンダラン   ビックリラン   ルッグラン
☆サイモンが覚えていたのは「イェ~!」という心の叫び☆
レッドダイアモンド
☆DS9 番外編より☆
フェルマーの予想
☆スペースドライバー☆
☆ENTより☆
暗黒の地球帝国
☆JJ_Abramsより☆
失われた母星   帰ってきたカーン   星雲を越えて
☆VGRより☆
幻の指揮官
☆DS9より☆
夢、遥かなる地にて
なつかしの日曜洋画劇場より
いつもふたりで
なつかしの海外ドラマより
ミステリーゾーン
人形の家で
☆大手拓次全集より☆
そよぐ幻影

※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 1)☆

赤の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

アンラッキー


昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ


昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ


昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家


昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス


昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)


昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ


昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」

ミットキーあらわる


昭和17年2月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

ねずみ


昭和24年6月
(画像提供: ISFDB)

「スリリング ワンダー ストーリー」

ミットキーふたたび


昭和25年11月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 2)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 3)☆

ナスティ


昭和34年4月
(画像提供: ebay)

「プレイボーイ」

アボミっぽい


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

エコーバック


昭和35年4月
(画像提供: isfdb)

「ギャラクシー マガジン」

グレーの悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

緑の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

白の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

青の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

おばばのバースデイ


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ヒッチコック
ミステリー マガジン」

ネコどろぼう


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

チャンスふたたび


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

失われた文明1
透明人間


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明2
不死


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明3
永遠の生命


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

死の手紙


昭和30年7月
(画像提供: abebooks)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

葬送曲


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

殺人アシスタント


昭和36年5月
(画像提供: ebay)

「プレイボーイ」

ハンスカーベルのリング


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

報復戦隊


昭和25年7月
(画像提供: ISFDB)

「スーパーサイエンスストーリー」

ロープ魔術


昭和34年5月
(画像提供: vintagemags)

「アダム」

致命的なミス


昭和30年6月
(画像提供: WordPress)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯1


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯2


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯3


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

探検隊


昭和32年2月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

あごひげ彩か


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ファーストコンタクト


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

ハーフベア


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

まだ終わりじゃない


昭和16年冬
(画像提供: ISFDB)

「キャプテン フューチャー」

フィッシュストーリー


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ふくろぅ3兄弟


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 4)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 5)☆

☆アリスのナンチャラン☆

☆サイモンが覚えていたのは「イェ~!」という心の叫び☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック エンタープライズより☆

暗黒の地球帝国


第4_5_2話
平成16年4月15日
(画像提供: ISFDB)

マイクサスマン
マニーコト


☆スタートレック JJ_Abramsより☆

星雲を越えて


第3話
平成28年10月21日
(画像提供: ISFDB)

サイモンペッグ
ダウユング


☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官


第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

聖なる神殿の謎


第1_1_1話
平成5年1月2日
(画像提供: ISFDB)

リックバーマン 他

“スペーステロリスト”
 ターナロス


第1_1_2話
平成5年1月9日
(画像提供: Galactic Central)

キャサリンパワーズ

恐怖のウイルス


第1_2_1話
平成5年1月23日
(画像提供: ISFDB)

マイケルマクグリービー 他

オブライエンの孤独


第2_4_2話
平成6年3月15日
(画像提供: ISFDB)

ポールロバートコイル

つくられた記憶


第4_5_3話
平成8年4月13日
(画像提供: ISFDB)

ロバートヒューイットウォルフ 他

眠れるステーション
 エムポックノール


第5_6_4話
平成9年5月17日
(画像提供: ISFDB)

ハンスべイムラー 他

夢、遥かなる地にて


第6_4_1話
平成10年2月7日
(画像提供: ISFDB)

アイラスティーブンベア 他


☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より(つづき 1:未完)☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で


昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女


昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ


昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール


平成10年1月
(画像提供: ISFDB)

原作:スティーブンキング
クリスカーター

Xファイル
3つの願い


平成12年5月
(画像提供: ISFDB)

ビンスギリガン

逃亡者
天使は淋しい道を行く


昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時


昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影


昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次



(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年
和暦
⇔西暦
令和13年
⇔2031年
令和14年
⇔2032年
令和15年
⇔2033年
令和16年
⇔2034年
令和17年
⇔2035年
令和18年
⇔2036年
令和19年
⇔2037年
令和20年
⇔2038年
令和21年
⇔2039年
令和22年
⇔2040年
令和23年
⇔2041年
令和24年
⇔2042年
令和25年
⇔2043年
令和26年
⇔2044年
令和27年
⇔2045年
令和28年
⇔2046年
令和29年
⇔2047年
令和30年
⇔2048年
令和31年
⇔2049年
令和32年
⇔2050年
令和33年
⇔2051年
令和34年
⇔2052年
令和35年
⇔2053年
令和36年
⇔2054年
令和37年
⇔2055年
令和38年
⇔2056年
令和39年
⇔2057年
令和40年
⇔2058年
令和41年
⇔2059年
令和42年
⇔2060年
令和43年
⇔2061年
令和44年
⇔2062年
令和45年
⇔2063年
令和46年
⇔2064年
令和47年
⇔2065年
令和48年
⇔2066年
令和49年
⇔2067年
令和50年
⇔2068年

        宝くじMission      
◆◇◆ MissionPossible ◇◆◇     
Good Luck!   0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 20 100 1000
抽せん数字 n2_hist n3_hist n4_hist n5_hist n6_hist n7_hist all_hist
つぎの抽せん数字を知るには
                              ⇒ 当たる確率
ミニ    ⇒                    ⇒ 1/100
ナンバー3 ⇒                 ⇒ 1/1000
ナンバー4 ⇒               ⇒ 1/10000
ミニロト  ⇒   ⇒ 1/169911
ロト6   ⇒
                           ⇒ 1/6096454
ロト7   ⇒
                          ⇒ 1/10295472
kind number frequency trials
N2 23 1 100
N3 123 1 1000
N4 4567 1 10000
N5 01 1 10000
N5 11 1
N5 12 1
N5 13 1
N5 31 1
N6 01 1 10000
N6 21 1
N6 22 1
N6 23 1
N6 24 1
N6 43 1
N7 01 1 10000
N7 31 1
N7 32 1
N7 33 1
N7 34 1
N7 35 1
N7 37 1

        世界の国旗        
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 府 通

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
 
 
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
 
ページ表示
 
 
 
 
 
 
 
 
(追記:Chrome
の異常事例の
ページは、
ChromeのUpdate
によって、
別のページに
移動して
現在不明)
 
 
ルビ付漢字表示
 
 
 
 
(追記:Chrome
の異常事例の
ページは、
ChromeのUpdate
によって、
別のページに
移動して
現在不明)
 
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)

回避方法:なし
(chrome/edge/
firefoxを使うか
がまんする)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Chrome (Google)
Edge (Microsoft)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常
(4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)

回避方法:
①ルビを1行に
3文字以下にする。
②禁則処理と重な
らないように、
文章を変更する。
③漢字ごとにルビ
を分けて、2文字
づつとする。等
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
54/50/58/104
の次ページで、
右ページが
左ページの位置
に、重なって、
表示され、右ペー
ジは空白になる)

事例:
ページ表示後、
再表示してから、
54
/50 /58 /104
の次ページ
回避方法:
(ctrl-R 再表示、
で正しい表示
に戻る)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
ルビ付漢字だけ
空白になって、
左ページに移動)

事例:
ページ 表示後、
再表示で、
霊れいの部分だけ
空白になって、
左ページに移動
回避方法:
(タブの複製、
で正しい表示
に戻る)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


(画像提供: ISFDB)
作家を目指す方へお知らせ
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。