(画像提供: ISFDB)

原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト!
presented by bilyzkid
SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
一. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
二. サイト 内 検索 をリリースしました。
三. 郵便番号検索 をリリースしました。
四. 世界の国旗 をリリースしました。
五. 和暦⇔西暦・早見表 で、令和を新年号としました。
六. ネット広告をすべて廃止しました。
   ページ、 ページ、 その他:広告なし
  ◇◆Alt-C Alt-Pともに、広告なし◇◆
  左  中央:初出年月・初放映日・初出雑誌・他  右
七. 宝くじMission に、ビンゴ5(N8)を追加しました。
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 SFミステリー
「トゥーフ!」 キャビア マーストラリア ビックマック 記憶
ホラー シリウス コロシウム ナスティ アボミっぽい 「ギャーッ!」 ねずみ アリス
[令 和 or検索] ヒット 46 件です。
帰ってきたカーン /ST/StarTrek2013/
FSFFEB1952.jpg
艦隊が没収するから、あのイカレ野郎が、銀河の向こうに消えたん です」 「これは、命令なんだ、チャーリー」 「だから、こわいんでしょうが。こんなの、あきらかに、軍事作戦だ。 いつから、軍隊になった?オレたちは、調査隊のはずでしょ?」 「魚雷を受けいれろ!これは、命だ」 「いいでしょ、じゃあ、オレは、船を、降りるしかありませんね」 「おい、チャーリー、そんなこと」 「だって、責任、取れませんもの」 「ただ、サインするだけだ」 「中身が確認できないなら」 68 67 「今回だけだ」 「下船を、認めるんですか、認めないんですか?」 「認めるよ!」言い合いをしているうちに、カークは、口をすべらした。  スコットは、黙った。 「認める」と、カーク。「下船してよし、ミスタースコット!」 「ジム」と、スコット。静かな口調で。「悪いことは、言わねぇ。絶対 に、あの魚雷は、使うなよ」  スコットは、それ
オレとフラップジャックとマルスd星人 /FB4/Flapjack/
ASF_0265.jpg
金星は陸地が なく、大気は有毒だ。木星の重力は、強すぎて押しつぶされる。木星の 月はすべて、あんたがたの月と同様、大気がない。木星より外側の惑星 は、どれも寒すぎて不可能だ。  それでオレたちは、必要性に迫られた。生き延びたいなら、地球に移 住するという必要性に。もし許されるなら、平的に。武力を使わざる を得ないなら、強制的に。オレたちは、地球の全人類を数日で破壊でき る兵器を持っている」 「ちょっと待ってくれ!」と、オレ。「もしもそんなことができると少 しでも考えているんなら━━━」  オレに懐中電灯を向けていた生き物が、ねらいを下げてオレのひざに 向けた。そして、オレがスピーカー装置を操っあやつているやつの方へ歩き出 した瞬間、ボタンを押した。オレのひざは突然、ぐにゃぐにゃのゴムの 26 25 ようになって倒れ、オレはまた黙った。  オレの足は全く歩けなかったので、岩の上には
レッドダイアモンド /RD/RedDiamond/
FSF_0374.jpg
 ブラウンは、パーティッションを閉め、ウォールストリートジャーナ ルを手にした。  こんなことは続かないだろう。レッドは考えた。人から命令されたこ とはなかった。大きな探偵社とはおさらばして、自立してやってきたか らだ。バックアップしてくれる組織がないと、タフではあったが、だれ かに命される方がもっとタフだった。  レッドは、自立の原因となった事件を思い出した。ボスは、手を引け と言った。依頼料を使い果たし、探偵を雇った男は、会社員の男で、ハ ートは大きかったが、もっと大きい借金があって、貯金を使い果たして しまった。  レッドは、その男が9時5時の仕事中に、姿をくらました妻と子ども の行方を追った。ボスは、仕事しなければカネは出せないと言った。レ ッドは、納得しなかった。レッドは、その男の妻と子どもを見つけた。 230 229 セールスマンと逃げていたのだ。セールスマンは、仕事を
ナイトゥアンディ /SY/KAndDy/
FSFJUN70.jpg
眠っちゃって! この人、だれ?」 「1週間前まで」と、フィッツ。「ロイミラーは、世界1信頼できる優 秀な捜査官だった」 「なにがあったの?」と、ジューン。 「それを教えることは、できないんだ、ヘーブンスさん」と、フィッツ。 「だが、これだけは言っておく。ロイは、ストレスのせいで仲間からの 命を信じることができなくなり、それが高こうじて、非現実的な妄想もうそうを抱 いてしまった」 「そう、いい人に見えた」と、ジューン。「わたしが起きてるあいだは」 48 47 「いい人に見えても、殺人鬼に豹変すひょうへんる!おかしいかね?」 「いいえ」 「ロイは危険だ!正常じゃない!」 「ロイは、あなた方が、そう言うって言った!」 「では、ロイと話したんだな?私のことも聞いたか?」 「違う!あなたのことは、聞いていない」 「そ、じゃ、誰のこと?サイモンフェック?」 「そんな人、知りません」と、ジューン
天使は淋しい道を行く /TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
 チャックは、立ち上がると、店に戻っていって、時計を返した。そし て、テーブルの下においてあった、拳銃を構えた。 「まだ、負けちゃいねぇ!よそもんのくせに、なまいきするな、ってん でえ!」  そして、カウンターにあった電話をまわし始めた。 「保安官に言ったら、キサマ、ぶち込まれるぞ!平を乱したってな!」 「電話を置きなさいよ!」と、店に出てきた女性。 「ジャネット、このイカサマ野朗、勝手なマネしやがって━━━」 「台所で、すっかり、聞いたわ!」と、ジャネット。「あきらめるのね、 あんたになら、誰だって勝てるわよ!イカサマ、やらなくたってね!」 「ジャネット、言っとくがな」 86 85 「あんた、あした、山を降りるって言ったわね。それで、もう、旅した くにかかったら、どうなの?」  チャックは、あきらめて、拳銃をカウンタの下に戻して、出てゆこう とした。 「ついでに、そのへん、片付
ノヴァリアン試用版 /novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
あなたは、すでに、ノヴァリスト! サンプルあり( 1 2 3 ) presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ or and (全角のみです) 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 和 SFミステリー ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 試用版 ご使用方法 小説コマンドの説明 画像コマンドの説明 詩的コマンドの説明 FAQ バージョン履歴 タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 001.nov タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 002.nov タイトル novファ
失われた母星 /ST/StarTrek2009/
FSFAUG1952.jpg
すっごく興味あるんだけど」  ウラは、カークを追い出して、ドアを閉めた。    ◇    アカデミーのシミュレーションテスト。  エンタープライズのブリッジ。 「USS小林丸から救難信号を受信」と、ウラ。「エンジン停止で漂流 中。艦隊指令部から、救助命が出ています」 「艦隊指令部から、救助命令が出ています」と、カーク。船長席で。 「船長」 「クリンゴン船2隻が、中立地帯で、こちらにロックオン!」と、マッ コイ。 「それは、オッケー!」 50 49 「オッケーって?」 「ああ、心配すんな!」 「心配すんな?」と、試験官。テストの模様を上から観察していた。 「まじめに試験を受けていないのか?」と、別の試験官。 「さらに、クリンゴンのウォーバード3隻が、攻撃態勢!」と、マッコ イ。「ま、これも、オッケーなんだろうけど」 「撃ってきました」と、狙撃手。 「医療室に小林丸の総員を受け入れるよう、
アリーナ /FB6/Arena/
ASF_0163.jpg
それか ら、あきらめたジェスチャーをしながら、石を下へ落とし、手のひらを 上にして、空の両手を上げた。  彼は、声を出してしゃべった。言葉は、目の前にいる生物には意味が ないことは知っていたが、しゃべることで考えに集中できて、より完全 なメッセージにできた。 「オレたちの間には、平はないのか?」彼は言った。静けさの中で、 彼の声は奇妙に響いた。「オレたちをここへ連れてきた存在は、戦った あとでなにが起こるか話した。一方の絶滅、他方が弱くなって退化する と。戦いがどうなるかは、存在が言うには、オレたちがここでなにをす るかに依存するらしい。なぜ、オレたちは、永久に平和に暮らすことが できない?あんたらは自分の銀河で、オレたちはここの銀河で?」  カーソンは、心を空白にして、返答を待った。  それは、来た。そして、カーソンを後ろにのけぞらした。赤のイメー ジが彼に送ってきた、殺したいという意志の強さが、ホラーそのものと 32 31
地球人は出ていけ /FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
 地球人は出ていけ  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      ダプティンというのが、略称だ。最初は、アダプティンと呼ばれてい たのが、ダプティンと、略されて呼ばれるようになった。それは、ぼく たちを、適応させてくれるのだ。  10才の時に、みんなに説明された。彼らは、ぼくたちが10才にな らなければ、理解できないと思っていたようだが、みんなは、すでに、 多くを知っていた。火星に着陸すると、すぐに、話してくれた。 「きみたちの故郷だよ、生徒諸君」と、主任の先生。ぼくたちのために 建設してくれた、プラスチック製のドームに入ってから、講義が始まっ た。この夜の、特別講義は、とても重要なもので、全員、出席するよう に言われていた。  その夜、先生は、ぼくたちに、なぜなのかやなんのためにも含めた、 すべてを、話してくれた。先生は、ぼくたちの前に立っていた。もちろ ん、寒さを遮断する宇宙服を着て、ヘルメットをかぶっていた。ドーム 2 1 の気温は、ぼくたちにとって、適温だったが、先生にとっては、すでに、 凍るように寒く、空気も、すでに、先
SFミステリー ライトノベル風 /CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
Top 感想・ 感想の表示 (画像提供: ISFDB) 感想ありがとうございます。 以下の項目に、ご記入ください。 (全項目ご記入ください。 感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、 できるだけ、全角のみでお願いします。 メールの送信は、 をクリックしてください。) 作品名: ニックネーム: 感想: (画像提供: ISFDB) SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト) NOVELYst AutogeNerating dimensional space 試用版 ゲストルーム 原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト! presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ 1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。  表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。 2.出版
人形の家で /TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
それに、チャーリーの母が同行していた。 「少しは。こちらです。電気を?」 「まだ、けっこう。お母さん、来てください!みなさんは、ここで、待 機を」  精神科医は、パークス夫人と、人形の家のある展示室のドアに立った。 「出てくるように、呼びかけて!」 「チャーリー!」と、母。 「大声で命して!」 「母さんよ、出てきなさい!」 「もう一回!」 「今すぐ、出てきなさい!聞いてる?」 「警備員さん、電気を!」  警備員は、展示室の電気をつけた。 「ここに?」と、警官。 「まず、間違いない」と、精神科医。 70 69 「捜しましょう!」と、警官。 「チャーリー!」と、母とマイラ。  みんなで展示室の中を、さがしまわった。  警備員は、人形の家の前に来たとき、応接間が、いつもと違う気がし た。  アイリーンが、チャーリーといっしょにイスに座って、スライドを見 せていたのだ。アイリーンも、チャーリー
幻の指揮官 /ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
ドクターは、自分の要望が、通らなかったことに、がっかりした様子 で、つき返されたパッドを眺めながら、医療室に戻ってきた。ドアがあ くと、風船で飾られた食堂で、ヴォイジャーのみんなが、シャンパング ラス片手に、出迎えた。 「みんなに紹介するわ」と、ジェインウェイ。「彼が、新指揮官、緊急 司ホログラムよ」  ドクターは、眺めていたパッドが、いつの間にか、シャンパングラス に変わっていることを、おかしいとは思ったが、セブンやベラナに祝福 されて、そんな懸念けねんは吹きとんだ。    ◇    異星人の宇宙船。コンソールには、両腕に、セブンとベラナを伴うド クターが映っていた。 「内部センサーにアクセスしたんだけどな」と、異星人のオペレータ。 24 23 別のオペレータに、自慢げに。「セキュリティの暗号を解けなかったん だ。でも、もっと、いいものを見つけたよ。彼だ。なんと、ホログラム のク
ナッシングシリウス /FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
敬礼した。だが、彼の目には、すこし同 意しがたいものがあった。それが多少あったにせよ、どうということは なかった。なにが、前人未到の地へかきたてるのだろうか?テントやス ロットマシンは、冒険家の正しい装備では、なかったかもしれない。  しかし、完璧なパイロットは、けっして、船長の命に、疑問を持つ ことはない。  ジョニーは、操縦席に座り、パネルを操作した。オレたちは、邪魔し ないよう、操縦室を出た。 「ママ」と、オレ。「オレは、恥ずべきアホだ」 「そうじゃなかったとしても、そうなるわね」と、ママ。  オレは、ニヤリとして、エレンを見た。  しかし、エレンは、オレを見てなかった。エレンは、ふたたび、夢見 るような表情を浮かべていた。操縦室へ連れてって、ジョニーに1突き して、気づかせてやりたかった。 「エレン、聞いてくれ、ジョニーは、今━━━」と、オレは言いかけた 10 9 が、す
エコーバック /FB3/Rebound/
GALAPR1960.jpg
つぎに 世界を乗っ取って、得たものをうまく使えば、史上最強の独裁者になれ るのではないか?1晩にひとりのスターダンサーの代わりに、ハーレム を含むすべてを所有することもできるだろう。軍隊を組織して、彼の最 低の望みが、他の人々の最大の法になるよう強制することもできるだろ う。命が電話で伝えられたなら、ラジオやテレビを通じて服従させら れるだろう。必要なものは、世界中のすべての人に、あるいは、ほとん どの人に伝えられる、世界ネットワークの構築費用を払うこと、あるい は、単に要求することだ。彼の側につく人々が大多数なら、残りの人々 も、そのうち従うだろう。  しかし、これは、大きな取引になる。今までなされた最大の取引だ。 計画に時間をかけて、ミスの可能性を無くさなければならない。数日間 は、計画のため人々から離れてひとりで、郊外で過ごさなければならな い。 8 7  4    スネル
星雲を越えて /ST/StarTrek2016/
FSFDec1950.jpg
大急ぎでやっていた。   44 43  ◇    通路。  カークは、ひとりで通路を銃を構えて進むと、敵の司官の一群に出 くわした。敵の司令官は、左手で古代の遺物を大切そうに運んでいた。 通路を横断するときに、銃撃戦になって、カークは敵の司令官に、右手 ひとつでつかみあげられた。 「カーク」と、敵の司令官。「船長」  カークは、銃を落とし、首をつかまれて声が出なかった。    ◇  機関室。  スコットは、ジェフリーチューブをやっとつなぎ合わせた。小さな宇 宙人が、円盤部のプラズマに点火すると、船体が大きく揺れた。    ◇    通路。  カークは、斜めになった通路の床をすべり落ちた。古代の遺物も近く にすべってきたので、カークはそれを手にした。 46 45    ◇    ブリッジ。 「よし!」と、
暗闇の間奏曲 /FB4/Interlude/
GALJAN1951.jpg
まわりを見た。 14 13  畑が広がっていて、マットの説が少なくとも部分的には正しかったこ とを示していた。自分の年より、ずっと以前、農業がまだ経済の主要 産業のひとつだった時代、明らかに彼の時代より以前の文明であった。  およそ半マイル先に、鬱蒼うっそうとした森が広がっていた。公園でなく、彼 の時代のコントロールされた自然生活のために作られた森でもなかった。 手付かずの森林地帯は、ほとんど想像もできなかった。しかし、時代的 に、信じられないことに慣れてゆかなければならない。これは少なくと も知っていたことだった。これから多くの奇妙ことに出会うだろう。  数百ヤード右に、木で作られた建物があった。外観が原始的でも人間 の住居に違いない。この時代の仲間と接触する機会を逃のがす手はない。ひ どくびっこを引きながら、20世紀の人に会うために向かった。  女は、彼の訪問が予想外だったよ
悪魔のジョーカー /TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
 悪魔のジョーカー  ドナルドトッド、ウェスクラーベン    プロローグ      夜。ピートの居間。  男たちが、テーブルを囲んで、気あいあいと、トランプゲームに興 じていた。 「友達とのポーカー」と、ナレーター。「という、ささやかな楽しみが、 究極の賭けになるときもあります。テーブルの上のワイルドカードが、 ゲームの鍵を握る、ミステリーゾーン」       2 1  1    コールがかかって、ジミーが自分の手を見せた。 「キングまでの、ストレート!お前は?」 「6とジャックのフルハウス!」と、ニック。手を見せた。  それを、見て、一同そろって、ため息をついた。 「また、フルハウスか!」と、ピート。「ニックだっけ?」 「そう、ニック」と、ニック。 「誰の代わり?」 「なに?」 「代理だろ?」 「ああ、いとこのノーマン」 「病気になったか?」 「だから、家にいる」 「じゃあ、始
つくられた記憶 /ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
虐待を受けた。カーデシアで裁判にかけられたこ ともある。それでも、生き延びてきた。だから、大丈夫だ、きっと立ち 直るよ。ただ、時間が必要なだけだ」    ◇    マイルズオブライエンは、レプリケータの前に立って、コンピュータ に命した。 「コンピュータ、チーナッシュフルーツをひと切れ出してくれ」 「そのくだものは、レプリケータのパターンにはありません。どんなく だものか、特徴をどうぞ」コンピュータが答えた。 「どんなって、そうだな、ああ、どう説明したらいいかわからないや、 今の命令は取り消す」  マイルズオブライエンは、プロムナードに来ると、ケイコを伴ったド クターベシアとすれ違った。 「チーフ」と、ベシアはあいさつして診療室へと戻っていった。 「マイルズ、ああ、マイルズ」と、ケイコ。 16 15  マイルズオブライエンは、妻を抱き寄せて、お腹を見た。 「マイルズどうかしたの?」と
ザ・オフィス /FB5/TheOffice/
THOFFICE1958.jpg
   3    1922年6月29日木曜の午後、そこから始めよう。この年は好況 が始まる年だった。また、不況が始まる7年前でもあった。2年に及ぶ 不況の終わりを見た年で、20世紀がうなりを上げ始めた年だった。  マーティレインズを登場させる。年は21、身長5フィート7イン チ、体重130ポンド、普通のブロンド髪で、簿記係。モズの巣にペン を刺したり、借り方に項目を記入したり、自分の勇気を知るためだけに ファイル係のステラクロスターマンをデートに誘ったりするようなやつ。 研磨剤10パウンドと半ガロンの接着剤を借り方に記入してから、台帳 から顔を上げて、オフィスの奥で、ステラがファイルキャビネットの下 から2番目の引き出しに腰を曲げているところへ目をやった。  ステラは、ほどよく肉付きのよい、すばらしい体をしていた。顔は別 の方を向いていたが、マーティは、彼女が温かい茶の目をして、ときど き涙でかすむことを知っていた。髪は肩までのショートヘアでやはり温 かい茶だった。彼女は背が高く、ふつうのハイヒールでは、目の高さが ほとんどマーティの背の高さだった。ときどき彼が少し不快に思い悩む のは、夜に高いヒールをはいてきたら、彼より背が高くないように見せ 12 11 られるかどうかだった。また、ステラはまだ背が伸びるのではないかと 悩んでいた。いや、そんなことはないと彼は考えた。彼女は1
3つの願い /XF/JeSouhaite/
FSFMAY2001.jpg
そう 言ったよね?」 「そして、みんな、破滅の道を、歩んでいったわ」 「それは、つまり、自分の利益しか、考えなかったからだ」 「かもね」 「とすれば、要は、人のためになることを、願えばいいわけだろ?」  モルダーは、最初の願い事を決めた。 「う、それじゃあ」と、モルダー。「世界平を頼む!」 「世界平和ね?」と、女性。「いいのね?」  モルダーは、うなづいた。「問題でも?無理かね?」 「いいえ、できるわよ━━━完了!」 「えへへ」と、モルダー。なにかに思いあたった。「まさか!」  窓のブラインドから、外を見てから、通りに出た。 66 65  車もバスも、みんな、止まっていた。誰も、いなかった。 「どうせ、こんなことだろうと、思ったよ!」と、モルダー。誰もいな い、交差点で、叫んだ。「スカリー━━━」  モルダーは、心配になって、FBI本部まで、歩いた。 「スカリー!」と、モルダー。地
まだ終わりじゃない /FB3/NotYet/
CPTNFTRWIN1941.jpg
もう1つを標本の1匹の頭につけ た。カーも、同様に、自分と標本のもう1匹の頭につけた。  しばらくして、カーとラルは、がっかりして互いを見た。 「7つのテストで、最低レベルを下回る」と、カー。「これでは、訓練 しても、鉱山の単純労働にも使えない。もっともシンプルな命も理解 できないだろう。標本は、サンダー博物館に持ち帰ろう」 「惑星は破壊しますか?」 「いや」と、カー。「おそらく100万年後には、それまでわれわれの 種族が続いていたとして、ここの生物も奴隷にできるくらいに進化して いるかもしれない。よし、つぎの太陽系に移動だ!」 10 9  エピローグ    ミルウォーキースター新聞の編集室は、ローカルページの校正に追わ れていた。校正係長のジェンキンスは、最後から2番目の欄の記事をど うするかで迷っていた。 「ピート」と、ジェンキンス。「8番目の欄にもう1つ記事が入るよ! 36
ジバゴ /SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
   ◇    ユーリとラーラは、医療用馬車で、1軒の邸宅に入って行った。中庭 には、袋に入れられた遺体が横たえられていた。そこは、野戦病院で、 病室は患者であふれていた。 「とても、ひとりじゃ手に負えない!」と、ユーリ。 「臨時政府からの命だ」と、兵士。命令書を、ユーリに手わたした。 「従ってもらう!」  ユーリとラーラは、患者の多さに困惑しながらも、兵士に従って、病 室の奥へ向かった。    ◇    ユーリの叔父の家の書斎。 「こちらは、仕事に追われる毎日です」と、トーニャ。ユーリから来た 112 111 手紙を、父に読んで聞かせていた。「なかなか手紙が書けませんが、許 してください」 「いつの日付だ?」と、父。 「7月20 はつか日」 「8週間前か」 「ようやく、戦争も終結して、患者も減り、時間もできました。詩を書 く時間も持てると思います。書き方を忘れていなければね」  トーニ
ミットキーあらわる /FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
「それは、 地球でトラブルを起こすかもしれません。深刻なトラブルをね。ねずみ と人間のような、非常にかけ離れた生物クラスは、友好的には、共存で きないでしょう。しかし、それは、われわれには、関係ないことです。 単に、好き嫌いの問題です。混乱が起こって、地球の進歩を遅らせるで しょう。地球人が、われわれを発見して、トラブルが起こる日が来るま でに、数千年の平を、もたらしてくれます。地球人のことですから」 「しかし、きみは、X19光線を、彼らに渡せと言うのか?その結果は」 「違います、もちろん、違います。ミットキーには、一番、単純で、限 定的な、機械の作り方を教えましょう。単に、ねずみの知能を、0・0 001から0・2に、高めるだけの原始的なものです。0・2は、今の ミットキーのレベルで、地球人のレベルでもあります」 「それなら、いいかもしれん」と、クラロフ。テレパシーで。「彼らに は、永遠に、その原理は分かるまい」 「しかし、その単純な機械で、自分たちの知能レベルを、高めてしまう かもしれません」 「きみは、忘れているよ、ベムジ。X19光線の限界を。X19光線の 52 51 プロ
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 /
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFOCT72.jpg FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg FSFAUG1952.jpg FSFFEB1952.jpg FSFDec1950.jpg FSFJUN70.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFMAY2001.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg FSFJul1953.jpg BDTMRTRNSF1975.jpg FSFJUN72.jpg Bantam0302.jpg LCSDVNTRSN0000.jpg AliceWonder.jpg AliceLooking.jpg FSF_0374.jpg
二. サイト 内 検索 をリリースしました。 三. 郵便番号検索 をリリースしました。 四. 世界の国旗 をリリースしました。 五. 和暦⇔西暦・早見表 で、和を新年号としました。 六. ネット広告をすべて廃止しました。   ページ、 ページ、 その他:広告なし  ◇◆Alt-C Alt-Pともに、広告なし◇◆  左  中央:初出年月・初放映日・初出雑誌・他  右 七. 宝くじMission に、ビンゴ5(N8)を追加しました。 or and 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 SFミステリー 「トゥーフ!」 キャビア マーストラリア ビックマック 記憶 ホラー シリウス コロシウム ナスティ アボミっぽい 「ギャーッ!」 ねずみ アリス SFミステリー ☆原作:フレドリックブラウンより☆ 緑の世界   小さな子羊よ   ヴ
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 /RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
 汐留 「汐留の日本テレビまで!」辛口評論家ふう男性。 「最近はタクシー運転手の質が落ちてるよね!水増し経営ってやつかね ?」 「運転手さんは汐留まで行ったことあんの?」 「それじゃあ、昭通りから行って」 「昭和通り曲がる時にいちいち断わる必要ないんだよ。有名なんだから」 「平成通りや明治通りもあるって?関係ねぇだろう!」 「いいから、トンネルで行って!トンネルぐらい知ってんだろ?ほら、 すぐ右寄せて!」 24 23 「あ、ウィンカー出してすぐに車線変更したら危ないだろうが!」 「トンネル出たら、すぐコンビニのとこ入って!」 「早くウィンカー出さなきゃ左曲がれねぇだろうが!」 「日本テレビの前で停めて!ところで運転手さん、メーターまだ入って ないんじゃない?」 「だたいまから、メーター入りますってか?どうでもいいから、領収証 ちょうだい!」 26
フェルマーの予想 /RM/Fermat/
fsfaug51.gif
と、ケイコ先生。 「はーい、ピタゴラスの定理です」と、ジェイク。 「そうです、直角三角形の斜辺の二乗が、他の辺の二乗のに等しいと いうものですね。次に書かれているのが」 6 5 「フェルマーの予想と呼ばれていたもので、nが3以上だと、フェルマ ー解が存在しないという、非存在定理です」 「非存在ってなんですか?」と、ノーグ。 「先生にも、正直なところ、よくわからないわね、今日の演習でやるの は、むしろ、存在を見つけるプログラムを動かしてみるだけです。非存 在は、そこで見つからなければ、存在しないのかもしれないということ かしら?」 「次の図は、なんですか?」と、ジェイク。 8 7 「この図は、テキストによると、y<1、x<1として、zもz=1と すると、0と1の間の2次元の図
ヴァヴェリ /FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
わたしが、ジョージベイリーを選んだのは、侵略者の正体 を、10の100乗光年内で言い当てた唯一の人間だったからだ。  ジョージベイリーは、酔っていた。そのような状況のもとでは、彼を 責められない。彼は、もっとも低級なテレビコマーシャルを見ていた。 見たいわけでも、ほとんどその必要もなかったのだが、MID放送局の 上司、J・R・マクギーに命されたからだ。  ジョージベイリーは、テレビコマーシャルのコピーを書いていた。コ マーシャルよりも、もっと憎んでいたものは、テレビであった。ここで は、自分のプライベートの時間を使って、ライバル放送局のむかむかす るようなコマーシャルを見ていた。 「ベイリー」と、J・R・マクギーは、命令したのだ。「きみは、もっ と、他社がなにをやっているか、知っておくべきだね。とりわけ、担当 時間帯で、他の放送局がどんなコマーシャルを流しているか、見ておく べきだよ」  上司の強い要請ようせいには、なかなか、逆さからえない。とりわけ、週千ドルの 仕事を続けたい場合は、特に。 4 3  しかし、コマーシャルを見ているあいだに、ウィスキーサワーを飲む ことはでき
終わり良ければ /FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
ちゃんとまだ、建っていた。しばらくの間は、彼のすま いになるだろう。かなり、長いあいだかもしれない。ふたりの乗員は、 出発の準備のため、救命艇へ戻っていった。  船長は、彼の正面に立った。厳粛な面持ちだった。船長が、右手をわ きから動かさなかったのは、強い意志によるもので、これは、命から だった。敬礼は、なかった。  船長の声も、厳粛で、感情を、押し殺していた。「ナンバーワン━━ ━」 「静かに!」と、彼。それから、きつさを、ゆるめて。「もっと、気楽 にしゃべれるように、救命艇から、ここまで、歩きなおしたらどうです 6 5 か?」ふたりは、小屋に着いた。 「おっしゃるとおりですな。ナンバーワン━━━」 「いや、もう、オレは、ナンバーワンではない。たまたまここへ連れて きた、いとこのミスタースミスとして、オレのことを考えてくれません か?そうすれば、トンチンカンな言い間違いもなく
恐怖のウイルス /ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
すぐ解除 になるんでしょ?」と、ジェイク。 「ああ、予防的な措置だからな」  ジャヒール艦長は、プロムナードに出てきた。 「もしそうならいいんだがね、司令官」と、ジャヒール艦長。 「まっすぐ帰れよ。夕食には帰る。ジャヒール艦長、船から出てこられ ては困ります」と、シスコ大佐。 「待機命が出ていることは承知している」 「なら、なぜここに?」 「司令官、ステーションから飛び立つ許可をいただきたい」 30 29 「却下します」 「私の部下は、まだ、誰もウイルスに感染していない。それに、すぐに 出発しなければ、積荷のターメンサーシアがダメになるんだ」 「艦長、ご自分の船にお戻りください。すぐに」 「お願いだ、私は、あんな病気になりたくないのだ」 「申し訳ないが、この病気の治療法が見つかるまでは、出発は許可でき ない」    ◇      クワークは、クルークォータにあるレプリケータの前にいた。
歩兵 /FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
 歩兵  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しか も、故郷の星から、5万光年も離れた星にいた。  奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、 動くのも、困難だった。  1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、 流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップ が地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という 足は、すべて、血で染められた。   2 1  このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていな かった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖 なる戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわ れ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、
“スペーステロリスト”ターナロス /ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
ロールマン提督に言った。 「提督、シスコ中佐は状況を短絡的にしかとらえていません。問題の複 雑さを理解していないんです」 「よく報告してくれました、感謝します、今後も、逐一報告してくださ い」と、ロールマン提督。 「わかりました」    ◇    シスコ中佐は、司部に戻った。 「中佐、カーデシアが到着しました」と、オブライエン。 「ダックス中尉がドッキング手続きで時間稼ぎをしていますので、まだ、 大丈夫です」 18 17 「頼むぞ、連中に会う前に、もうすこしターナを調べたい」 「中佐、例のテロシストのことはよくわかりません。でも、カーデシア と戦ったことがありますか?」 「いや」 「ベイジョー人の心情を、汲み取って、寛大な処置をお願いします。私 は、同情を」  その時、コールサインが鳴った。 「ロールマン提督から亜空間通信が入ります」 「オフィスで受ける」と、シスコ中佐。 「ベンジャミ
アリスのアンダラン /LC/AliceUnderGround/
LCSDVNTRSN0000.jpg
まだ、居心地の悪いままで、室を 54 53 出る方法はなく、アリスは自分が不幸だと感じた。 「家にいた方が、ずっと楽しかったわ!」と、アリス。自分に。「大き くなろうが、小さくなろうが、ネズミやウサギに命されようが、わた しは、決してウサギ穴には落ちないわ!でも、こんなふうな人生も、お もしろいかもしれない!つぎになにが起こるのかと、わくわくする!お とぎ話を読んで、そんなことは実際にはありえないと思うけど、今、わ たしは、おとぎ話の中にいるのよ!わたしのおとぎ話を書くべきだわ! そうよ!わたしが大きくなったら、きっと書くわ」  アリスは、悲しくなった。 「ここには、もう、わたしが大きくなれる場所が残ってないわ!」と、 アリス。「今のわたしより、大きくなれないとしたら、いいかもしれな い。老婦人にならない。でも、毎日、授業を受けなければならないとい うのは、イヤだわ!」  アリスは、気がついた。 「そうだった!ここでは、授業はムリだわ!ここには、教科書を置く場 所も残ってないのよ!」  そんなふうに、アリスは、最初は一方の側で、次に別の側から、2人 で会話しているかのようにしゃべ
イェフディの法則 /FB2/TheYehudiPrinciple/
ASF_0162.jpg
「ぼくも頼む」と、チャーリー。「おっと、1分待って!」 「現在の状況では」と、オレ。「ドリンクの間隔としては、1分は、そ うとう長すぎやしないか?1分あれば、待てよ、1分待って、つまり━ ━━そうだ!イェフディに、作らせちゃ、なぜだめなのか?」 「ぼくが言おうとしたのも、それさ。ちょっと、提案がある。きみがヘ ッドバンドをつけて、イェフディに命したら?それを、見てみたい」 「オレが?」 「きみだよ」と、チャーリー。「別になんの害もないよ。ぼく以外の誰 でも、ヘッドバンドを動かせるのか知りたいんだ。もしかしたら、ぼく の脳にだけ周波数が合っているだけなのかもしれないし。やってみて!」 「オレが?」 「そう」と、チャーリー。  ヘッドバンドをはずし、オレに差し出した。ヘッドバンドのワイヤの 先に、単3乾電池がぶら下がっていた。オレは、それを受け取り、眺め て見た。べつに、危険そうに見えなかった。こんな単3乾電池くらいじ ゃ、ジュースさえ作れないだろう。  オレは、それを装着した。 「オレたちに、ドリンクを作って!」と、オレ。テーブルを見たが、な にも起こらなかった。 12 11 「
ミットキーふたたび /FB1/MitkeyRidesAgain/
PLANETNOV1950.jpg
と、教授。「ところで、人間と同じレベルに なった、ねずみの知能レベルが、そんなに低いとは、思わなかった。人 間も、0・2レベルということかい、ミットキー?」  ミットキーは、それには、答えなかった。 「教授、ぼくは、自分自身を、恥じています。マーストラリアの考え、 人間とねずみが、平に共存できるというのは、夢でした。ぼくは、間 違ってました、教授。しかし、こんなこと考えてる暇ひまは、ありません。 74 73 やらなきゃならないことがあります━━━」 「どんなことかい、ミットキー?警察に電話して、彼らを、逮捕しても らおうかい?」 「いいえ、人間には、彼らを、止められません、教授。ねずみは、簡単 に、人間から隠れられます。一生、隠れて、生活することさえできます。 100万の警察官、100万の兵士でさえ、皇帝のホイットニーを、見 つけられないでしょう。ぼくが、自分で、やるしかないので
暗黒の地球帝国 /ST/ENT_4_5_2/
FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg
勝利への行進をじゃまさせやしない!」  アーチャーは、胸においた右手を伸ばす、帝国の敬礼をした。 「帝国よ、永遠なれ!」  ブリッジにいた、全員も、アーチャーの敬礼にあわせて、敬礼した。 「帝国よ、永遠なれ!」  アーチャーは、一同の忠誠に、うなづいた。 「艦隊司令部から、そのような指は、届いていませんが」と、トゥポ ル。アーチャーの耳元で。トゥポルは、技術ブースに移った。 「私個人に、届いた」と、アーチャー。 「記録を見せてください」と、トゥポル。 「そのうちにな」そして、ブリッジの全員に指示した。「進路を変える。 215、マーク13。ワープ最大」 「了解」と、パイロット席にいる仕官。 「伍長」と、アーチャーは、女性兵士に命じた。「トゥポルを、第2貨 物室へ!」そして、トゥポルに。「スリバンの遮蔽しゃへい装置がある。機関室 に運び、トリップとインストールしろ!」  トゥポルは、じっとしていた。 「この任務を成功させるためには、遮蔽装置がいる」  トゥポルは、女性兵士に護衛されて、出て行った。  アーチャーは、ブリッジを見渡してから、船長席にゆっくり座った。 18 17  2  
聖なる神殿の謎 /ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
「じゅうぶん、わかっています。ですから、地球に戻り、非戦闘員とし て働ける道を探しています」 「宇宙艦隊司部に、君の交代要員を要請すべきなか?」 「そのほうが、よろしいかと」 「考えておく、だが、それまでは」 「いうまでもなく、それまでは、全力を挙げて任務の遂行に勤めるつも りです、艦長!」 「下がっていい」    ◇    シスコ中佐は、オドーの保安オフィスにクワークを呼び出した。 「別に難しい条件じゃない。出発を取りやめろ!」と、シスコ中佐。 「取りやめろだ?荷造りだって全部済んでるのに」と、クワーク。 「ほどけばいい」 「いったい、どういう風の吹き回しだ?なんで、おれを、置いときたい ?」 「私も、そこが、わからん」と、オドーは言った。 「こいつは、ギャンブラーで泥棒ですよ」 30 29 「泥棒じゃない」と、クワーク。 「いいや、おまえは、泥棒だ」 「だったら証拠を見せてみろ!
ファブクリップ /FB5/FabClip/
Bantam0302.jpg THFBLSCLPJ2021.jpg 9780839825418-us.jpg 51XAIXB8SfL._SL350_.jpg
やつに圧をかけた。  やつは、トラブルがあっても自分で解決できそうなほど、タフに見え た。しかし、この町のバーテンダーは、みんなそうだ。そうでなければ、 バーテンダーになんかならない。  やつは言った。「なんにします?」  やつの目がたまたまオレを見た。オレは、見返した。オレは、命を 思い出した。筋肉1つ動かさなかった。顔の筋肉でさえ。オレは考えた。 「よう、娼婦の息子、すぐにでも殺せるんだぜ」  アムが言った。「ホワイトソーダ。グラスで2つ」  やつの目が、オレからそれて、アムを見た。疑わしそうに、ジョーク なのかどうか分からず、笑おうかどうしようか迷ってるように見えた。 230 229  アムは笑わずに言った。「グラスで、ホワイトソーダ2つ」  アムはテーブルに紙幣を置いた。  カウフマンは、肩をすくめたいように見えたが、実際にはしなかった。 紙幣を受け取り、バーに行った。2つの
夢、遥かなる地にて /ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
沈痛な雰囲気に包まれていた。  カーデシア国境近辺の警備にあたっていた連邦の艦船が一隻、消息を 絶ってからすでに10時間が経過していた。 「ディファイアントが該当地区を6時間も捜索していますけど、生存者 が居そうな痕跡は、全くありません」  キラ少佐の報告に、シスコ司官は、やり切れない苛立ちを感じた。 「コルテスは、いい船だった」 「ああ、スワフォード艦長は友人でしたね」   2 1 「私の紹介で結婚したんだ」 「カーデシア境界のパトロールは、ますます危険になっています。いつ ジェムハダーの戦闘機に、出くわさないとも限りません」 「シャンパンのコルクを抜くのが早すぎたようだな。ディープスペース ナイン奪還で誰もが、戦争は終わったと思った、ドミニオン軍をカーデ シア領域に追い返したんだからな」 「大佐もわたしも気を抜いてはいなかったでしょ」 「このわずかの油断で、コルテスの
報復戦隊 /FB3/Fleet/
SPRSCISJUL1950.jpg
距離にすると、186、334の 186、334乗となる。  戦隊は直進し、宇宙を横断して、10年かけて出発点に戻った。  報復戦隊は、最初に視界に入った惑星を破壊した。  そしてつぎの惑星に向かった。そのとき、将軍は真実に気づいた。そ して、目の前の地球と火星の連合戦隊への攻撃命を取り消した。  驚くべきことに、報復戦隊の司令官はバーロ将軍で、侵略者を撃退し た地球と火星の連合戦隊の司令官もバーロ将軍であった。戦闘員の多く も、のちの報復戦隊の戦闘員であった」 8 7  エピローグ   「もしもバーロ将軍が、旅の終わりで、破壊しようとした惑星が金星だ と気づいたとしたら、なにが起こっていたであろうか?  このような考察は、興味深いが、実みのりが少ない。バーロ将軍が、その 惑星を破壊する前に金星だと気づくことは不可能だった。なぜなら、バ ーロ将軍は、すでに、その惑星を破壊してい
ボディスナッチャー /SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
きみを信じるよ。昔からの友人だからな。作戦は?」 「伝染病発生のケースと同じ、厳戒態勢をとりたい」 「私は、なにを?」 「パニック時の警察と、軍隊の出動に、市長命がいる。市長は、患者 だろ?」 「よく知ってるな。どうしろと?」 「協力させてくれ!」 「話してみる。診療所にいるからね。電話をしてくれ」 「サンキュー」  ギブナーは、階段を下りて、自分の車に戻った。 「早いほうが、いい」と、ギブナー。助手席のジェフリーと、後ろの男 性に。すぐに、車を出した。  マシューは、室に戻った。 「いい香りだ」と、ジャック。花を手にもって、かいでいた。 「話を聞いて!」と、ナンシー。 「聞いているよ」 「あれは、幻覚じゃない。あなたに変わりかけていたのよ!あの体は」 「その花は、どこで?」と、リサ。 「花びんの中に」と、ジャック。 「あの中?ジェフリーも、これを、きのうの夜に」 86 85 「だか
眠れるステーション エムポックノール /ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
「いやぁ、無理だ、SOSを打とうとして、もう、四人の部下を失った んだぞ。ガラックの言う通り、敵が襲って来た時、迎い撃つべきだった んだ。敵が来るのを、待つのではなく、自分からゆく。行こう!ガラッ クのあとを追うんだ」 「いたら、殺す?」 「他に方法がなければ、殺す」  ガラックは、司部の床を捜していた。 「どこかにあるのは、わかっているんだぞ。ああ、そこにあったか。ガ ラックよりチーフオブライエン。何を見つけたか、教えてあげましょう か。コトラのボードです。ステーションの司令官が残していったんでし ょうね。駒は散らばっていましたが、テーブルの下で、最後のひとつを 見つけました」  チーフオブライエンは、通信バッジでガラックの話すのを聞くと、ノ ーグと司令部に急いだ。 「どうです?まさに、今の、この状況を象徴しているゲームだと思いま 50 49 せんか?うん?ふたりの戦い、こころ
ケンタウロス /FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
超光速通信で、私 に、結果を報告してください」と、ブランド。スクリーンは、消えた。 6 5  ガーンロバーツは、コンピュータに命して、自動航行システムの行 き先を変更すると、中断された睡眠をつづけるために、寝台へ戻ってい った。    ◇    1週間後、ガーンロバーツは、任務を完了し、ノヴァ太陽系から10 光年離れると、銀河連邦の所長特別補佐に超光速通信を送った。数分後、 ダウネンブランドの顔が、スクリーンに映った。 「Kー1356です。ノヴァ調査の結果です」と、ガーンロバーツ。 「馬族の人口統計を調べますと、彼らの数は、200万ちょっとでした。 一方、彼らの小惑星の所有数は、400万前後でした。このことから、 あきらかに、人族が正しく、馬族は、協定違反をしていると思われます。  それにしても、なぜ、馬族の数の、2倍もの小惑星の所有権を主張し たのでしょう?  彼らには、たしか
ドーム /FB7/TheDome/
TWONSAUG1951.jpg
 彼女の目は、広がった。「ドクターブラドン、からかってるの?」 「いや、はっきり、そうではない!オレは少しあんたより年上だが、そ れほどじゃない、と思う。オレは37。長い間の研究のせいで、もう少 し年上に見えるかもしれないが。あんたは、27?」 「先週で、28。年のことはどうでもいい。あまりに突然だったので、 冗談のように聞こえた。そう、それに今まで一度も」彼女は、意地悪そ うにニヤリとした。「わたしにパスをくれなかった。それに、あんたは そんなことをしない、最初のボスでもあった」 10 9  ブラドンは、彼女に笑いかけた。「すまない。期待していたとは知ら なかった。しかし、マイラ、オレは本気だ、結婚してくれるかい?」  彼女は、考え深げに彼を見た。「わたしは━━━分からない。奇妙な ことは、わたしはあんたに少し、恋をしていたこと。なぜ、そうなった のか、分からない。あんたは
そよぐ幻影 /OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
 そよぐ幻影げんえい  大手おおて拓次たくじ あなたは ひかりのなかに さうらうとしてよろめく花はな、 あなたは はてしなくくもりゆく こゑのなかの ひとつの魚うを、 こころを したたらし、 ことばを おぼろに けはひして、 あをく かろがろと ゆめをかさねる。 あなたは みづのうへにうかび ながれつつ ゆふぐれの とほいしづけさをよぶ。 あなたは すがたのない うみのともしび、 あなたは たえまなく うまれでる 生涯しょうがいの花はなしべ、 あなたは みえ、 あなたは かくれ、 あなたは よろよろとして わたしの心のこころなかに 咲さきにほふ。 みづいろの あをいまぼろしの あゆみくるとき、 わたしは そこともなく ただよひ、 ふかぶかとして ゆめにおぼれる。 ふりしきるさざめきのやうに わたしのこころは ながれ ながれて、 ほのぼのと 死しのくちびるのうへに たはむれる。 あなたは みちもなくゆきかふ むらむらとしたかげ、 かげは にほやかに もつれ、 かげは やさしく ふきみだれる。  (昭八年六月二十九日) 2 1
アリスのビックリラン /LC/AliceWonder/
AliceWonder.jpg
小さな魔法のビンの効果は、ここまでで、アリスは、 もはや大きくならなかった。しかし、まだ、居心いごごち地の悪わるいままで、室を 出る方法はなく、アリスは自分が不幸だと感じた。 「家にいた方が、ずっと楽しかったわ!」と、アリス。自分に。「大き くなろうが、小さくなろうが、ネズミやウサギに命されようが、わた しは、決してウサギ穴には落ちないわ!でも、こんなふうな人生も、お もしろいかもしれない!つぎになにが起こるのかと、わくわくする!お とぎ話を読んで、そんなことは実際にはありえないと思うけど、今、わ たしは、おとぎ話の中にいるのよ!わたしのおとぎ話を書くべきだわ! そうよ!わたしが大きくなったら、きっと書くわ」  アリスは、悲しくなった。 「ここには、もう、わたしが大きくなれる場所が残ってないわ!」と、 アリス。「今のわたしより、大きくなれないとしたら、いいかもしれな 56 55
オブライエンの孤独 /ST/DS9_2_4_2/
FSFOCT72.jpg
きみを、待ってたんだ!」 「なにか、ご用ですか?」と、オブライエン。 「きょうは、言い訳は、聞かないぞ!」 「言い訳ですって?」 「1時間以内に、医務室に来い!」 「なぜ、です?」 「定期健診だよ。ずっと、のびのびになっているぞ!」 「でも、きょうは、無理ですよ!」 「なにが、無理なんだ?司官にも、許可をいただいてあるんだ」 「司令官に?なんで、そんな、余計なことを?」 「しかしだね、チーフ!いやがる気持ちも、分かるが、しかし━━━」 「お断りです。きょうは、忙しいんだ」 「いや、きょうこそは、受けてもらうぞ!いざとなったら、きみの上官 として、命令を出す!本気だよ!」 16 15  そこへ、シスコが、現われた。 「どうか、したのか?」と、シスコ。 「ミスターオブライエンが言うには」と、ドクターベシア。「きょうは、 健診は、受けられないと」 「仕事は、都合して、受けてくれ!」 「司令

SFミステリー

☆原作:フレドリックブラウンより☆
緑の世界   小さな子羊よ   ヴァヴェリ
ギーゼンスタック家   ティラノサウルス
ザ・ハウス   サアルバの国
ファブクリップ   ザ・オフィス
☆アリスのナンチャラン☆
アンダラン   ビックリラン   ルッグラン
☆サイモンが覚えていたのは「イェ~!」という心の叫び☆
レッドダイアモンド
☆DS9 番外編より☆
フェルマーの予想
☆スペースドライバー☆
☆ENTより☆
暗黒の地球帝国
☆JJ_Abramsより☆
失われた母星   帰ってきたカーン   星雲を越えて
☆VGRより☆
幻の指揮官
☆DS9より☆
夢、遥かなる地にて
なつかしの日曜洋画劇場より
いつもふたりで
なつかしの海外ドラマより
ミステリーゾーン
人形の家で
☆大手拓次全集より☆
そよぐ幻影

※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 1)☆

赤の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

アンラッキー


昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ


昭和29年3月
(画像提供: ISFDB)

「アメージング ストーリー」

空想せよ


昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家


昭和18年9月
(画像提供: ISFDB)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス


昭和17年9月
(画像提供: ISFDB)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

ザ・ハウス

(参考ページ)


昭和35年8月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ


昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」

ミットキーあらわる


昭和17年2月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

ねずみ


昭和24年6月
(画像提供: ISFDB)

「スリリング ワンダー ストーリー」

ミットキーふたたび


昭和25年11月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 2)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 3)☆

ナスティ


昭和34年4月
(画像提供: ISFDB)

「プレイボーイ」

アボミっぽい


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

エコーバック


昭和35年4月
(画像提供: isfdb)

「ギャラクシー マガジン」

グレーの悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

緑の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

白の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

青の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

おばばのバースデイ


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ヒッチコック
ミステリー マガジン」

ネコどろぼう


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

チャンスふたたび


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

失われた文明1
透明人間


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明2
不死


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明3
永遠の生命


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

死の手紙


昭和30年7月
(画像提供: abebooks)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

葬送曲


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

殺人アシスタント


昭和36年5月
(画像提供: ISFDB)

「プレイボーイ」

ハンスカーベルのリング


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

報復戦隊


昭和25年7月
(画像提供: ISFDB)

「スーパーサイエンスストーリー」

ロープ魔術


昭和34年5月
(画像提供: vintagemags)

「アダム」

致命的なミス


昭和30年6月
(画像提供: WordPress)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯1


昭和36年6月
(画像提供: ISFDB)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯2


昭和36年6月
(画像提供: ISFDB)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯3


昭和36年6月
(画像提供: ISFDB)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

探検隊


昭和32年2月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

あごひげ彩か


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ファーストコンタクト


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

ハーフベア


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

まだ終わりじゃない


昭和16年冬
(画像提供: ISFDB)

「キャプテン フューチャー」

フィッシュストーリー


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ふくろぅ3兄弟


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 4)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 5)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 6)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 7)☆

☆アリスのナンチャラン☆

☆サイモンが覚えていたのは「イェ~!」という心の叫び☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック エンタープライズより☆

暗黒の地球帝国


第4_5_2話
平成16年4月15日
(画像提供: ISFDB)

マイクサスマン
マニーコト


☆スタートレック JJ_Abramsより☆

星雲を越えて


第3話
平成28年10月21日
(画像提供: ISFDB)

サイモンペッグ
ダウユング


☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官


第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

聖なる神殿の謎


第1_1_1話
平成5年1月2日
(画像提供: ISFDB)

リックバーマン 他

“スペーステロリスト”
 ターナロス


第1_1_2話
平成5年1月9日
(画像提供: ISFDB)

キャサリンパワーズ

恐怖のウイルス


第1_2_1話
平成5年1月23日
(画像提供: ISFDB)

マイケルマクグリービー 他

オブライエンの孤独


第2_4_2話
平成6年3月15日
(画像提供: ISFDB)

ポールロバートコイル

つくられた記憶


第4_5_3話
平成8年4月13日
(画像提供: ISFDB)

ロバートヒューイットウォルフ 他

眠れるステーション
 エムポックノール


第5_6_4話
平成9年5月17日
(画像提供: ISFDB)

ハンスべイムラー 他

夢、遥かなる地にて


第6_4_1話
平成10年2月7日
(画像提供: ISFDB)

アイラスティーブンベア 他


☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より(つづき 1:未完)☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で


昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女


昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ


昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール


平成10年1月
(画像提供: ISFDB)

原作:スティーブンキング
クリスカーター

Xファイル
3つの願い


平成12年5月
(画像提供: ISFDB)

ビンスギリガン

逃亡者
天使は淋しい道を行く


昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時


昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影


昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次



(画像提供: ISFDB)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年
和暦
⇔西暦
令和13年
⇔2031年
令和14年
⇔2032年
令和15年
⇔2033年
令和16年
⇔2034年
令和17年
⇔2035年
令和18年
⇔2036年
令和19年
⇔2037年
令和20年
⇔2038年
令和21年
⇔2039年
令和22年
⇔2040年
令和23年
⇔2041年
令和24年
⇔2042年
令和25年
⇔2043年
令和26年
⇔2044年
令和27年
⇔2045年
令和28年
⇔2046年
令和29年
⇔2047年
令和30年
⇔2048年
令和31年
⇔2049年
令和32年
⇔2050年
令和33年
⇔2051年
令和34年
⇔2052年
令和35年
⇔2053年
令和36年
⇔2054年
令和37年
⇔2055年
令和38年
⇔2056年
令和39年
⇔2057年
令和40年
⇔2058年
令和41年
⇔2059年
令和42年
⇔2060年
令和43年
⇔2061年
令和44年
⇔2062年
令和45年
⇔2063年
令和46年
⇔2064年
令和47年
⇔2065年
令和48年
⇔2066年
令和49年
⇔2067年
令和50年
⇔2068年

        宝くじMission   実行 ⇒ - 全表示
  使い方:         クリア ⇒
  一.all_historyを実行 ⇒ 統計から、今の抽せん数字パターンを算出。
  二.番目などを変更後、all_historyを実行 ⇒ 抽せん数字予想を算出。
  三.つまり、パターンを変更しないと、今の抽せん数字をそのまま予想。
  四.番目とアケは、統計 ⇒ frequencyで、0相対。頻度の高い順。
  五.日差を、-1にすると、1日前のパターンを算出。(-999まで可能)
  六.右上「全表示」選択なら、全表示。デフォルトは、統計等一部表示。
  七.パターンは上書きされない。パターン算出には、クリア ⇒ が必要。
  八.ヒット方法は、
      ①好みで選ぶ (いつも同じ予想数字になりがち!ヒットせず!)
      ②ランダムに選ぶ (無味乾燥で味気ない!ヒットせず!)
      ③統計 ⇒ から選ぶ (ランダム + 好み ⇒ なに気なくヒット!)
      ④パターン書いて実行 ⇒ させて予想数字になることを確認!

抽せん数字パターン ⇒
N2: 番目 (0~99)
N3: 番目 (0~999)
N4: 番目 (0~9999)
N5: 番目 (0~30) アケ アケ
N6: 番目 (0~42) アケ アケ
N7: 番目 (0~36) アケ アケ
N8: 番目 (0~4) 番目

抽せん数字予想 ⇒
N2:
N3:
N4:
N5:
N6:
N7:
N8:
統計 ⇒ N2 N3 N4 N5 N6 N7 N8             クリア ⇒ & 実行 ⇒
                              ⇒ 抽せん確率
ミニ    ⇒                    ⇒ 1/100
ナンバー3 ⇒                 ⇒ 1/1000
ナンバー4 ⇒               ⇒ 1/10000
ミニロト  ⇒   ⇒ 1/169911
ロト6   ⇒
                           ⇒ 1/6096454
ロト7   ⇒
                          ⇒ 1/10295472
ビンゴ5  ⇒
                            ⇒ 1/390625
Good Luck!
kind number frequency trials/pattern
N2 23 1 100
N3 123 1 1000
N4 4567 1 10000
N5 01 1 10000
N5 11 1
N5 12 1
N5 13 1
N5 31 1
N6 01 1 10000
N6 21 1
N6 22 1
N6 23 1
N6 24 1
N6 43 1
N7 01 1 10000
N7 31 1
N7 32 1
N7 33 1
N7 34 1
N7 35 1
N7 37 1
N8 01 1 10000
N8 06 1
N8 11 1
N8 16 1
N8 21 1
N8 26 1
N8 31 1
N8 40 1

        世界の国旗        

>>      

国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 府 通

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
 
 
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
 
ページ表示
 
 
 
 
 
 
 
 
(追記:Chrome
の異常事例の
ページは、
ChromeのUpdate
によって、
別のページに
移動して
現在不明)
 
 
ルビ付漢字表示
 
 
 
 
(追記:Chrome
の異常事例の
ページは、
ChromeのUpdate
によって、
別のページに
移動して
現在不明)
 
 
 
カーソル表示
 
 
 
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)

回避方法:なし
(chrome/edge/
firefoxを使うか
がまんする)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(そのページを
クリックしても、
入力欄以外に、
カーソルが現れる
ことは、一切ない)
Chrome (Google)
Edge (Microsoft)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常
(4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)

回避方法:
①ルビを1行に
3文字以下にする。
②禁則処理と重な
らないように、
文章を変更する。
③漢字ごとにルビ
を分けて、2文字
づつとする。等
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
54/50/58/104
の次ページで、
右ページが
左ページの位置
に、重なって、
表示され、右ペー
ジは空白になる)

事例:
ページ表示後、
再表示してから、
54
/50 /58 /104
の次ページ
回避方法:
(ctrl-R 再表示、
で正しい表示
に戻る)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
ルビ付漢字だけ
空白になって、
左ページに移動)

事例:
ページ 表示後、
再表示で、
霊れいの部分だけ
空白になって、
左ページに移動
回避方法:
(タブの複製、
で正しい表示
に戻る)
異常
(そのページを
クリックして
フォーカスする
と、
カーソルが現れる)

Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(そのページを
クリックしても、
入力欄以外に、
カーソルが現れる
ことは、一切ない)


(画像提供: ISFDB)
作家を目指す方へお知らせ
presented by bilyzkid
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。