(画像提供: ISFDB)

SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン
NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト)
NOVELYst AutogeNerating dimensional space
試用版 ゲストルーム
原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト!
presented by bilyzkid
◆◇◆更新ニュース◇◆◇
1. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。
2. サイト 内 検索 をリリースしました。
3. 郵便番号検索 をリリースしました。
4. 世界の国旗 をリリースしました。
5. 和暦⇔西暦・早見表 で、令和を新年号としました。
6. 広告ページを としました。
  ( ページ:ネットゲーム・健康広告あり
    ページ、その他:広告なし)
  ◇◆Alt-P (印刷ページ)Enterで、広告なしに移れます◇◆
  左  中央:初出年月・初放映日・初出雑誌・他  右
京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 月 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 SFミステリー
ブラザーサン ある日どこかで オールウェイズ キャビア マーストラリア ビックマック 記憶
ホラー シリウス コロシウム ナスティ アボミっぽい
[月 夜 花 光 or検索] ヒット 64 件です。
夢、遥かなる地にて /ST/DS9_6_4_1/
GALMAY1952.jpg
「説教じゃない、力になりたいだけだ」 「力になりたいなら、時計買ってくれよ、金になるからさ」 「なんで働かない?」と、ベニー。 「何して?レストランの出前か皿洗い?へっへへへ、勘弁だね。人に使 われるのはご免だ、時間に追われるのも」 「ああ、ごたいそうな理屈だな」 「あんたよりましだろ。に住んでいる白人の話なんて書いて、くだら ないもいいところだね」と、ジミー。 40 39 「それは、やめた、主人公は、私たち黒人だ」と、ベニー。 「へっへへ、じゃ、おれたちが月へ行くっていうのかい?」 「ああ、来月号を見てくれよ」 「へっへへ、おれたちが月にねえ、へ、それもいいかもな、でも、まず は、現金を稼がないとな」    ◇    編集部では、ベニーが昨夜書き上げたタイプ原稿をみんなでまわし読 みしていた。 「あっははは、お腹に虫が入っちゃうんだ、うふ、やあだ、気持ち悪い。 おもしろいけど、気
SFミステリー ライトノベル風 /CO/cmt/
SGGYDG1963.jpg FSFFEB68.jpg
Top 感想・ 感想の表示 (画像提供: ISFDB) 感想ありがとうございます。 以下の項目に、ご記入ください。 (全項目ご記入ください。 感想の表示に掲載される場合は、全角のみとなりますので、 できるだけ、全角のみでお願いします。 メールの送信は、 をクリックしてください。) 作品名: ニックネーム: 感想: (画像提供: ISFDB) SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト) NOVELYst AutogeNerating dimensional space 試用版 ゲストルーム 原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト! presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ 1.自分のオリジナル作品を、非公開URLにて、掲載可能です。  表示は、縦書きで、ルビ可能です。PC上から、印刷可能です。 2.出版
ボディスナッチャー /SY/BodySnatcher/
FSFJAN66.jpg
事実なのよ!」と、リサ。立ち上 がって、声を荒げた。 「われわれそっくりの体なんだ。なぜ、信じない!」と、ジャック。 「みなが、精神異常?」と、リサ。 「そろって、幻覚を見たと、信じさせたいの?」と、ナンシー。  マシューは、ギブナーに話すのをあきらめて、ドアの外へ出た。 「私は、中に電話で呼ばれて、きみたちを助けに来ただけだ」と、ギ ブナー。 「悪かったよ。迷惑かけたなら、あやまるさ」と、ジャック。「だが、 あやまるのも、腹が立つ!」ジャックは、ドアノブをたたいた。ナンシ ーが、ジャックのコートをつかんで、止めに入った。「ナンシーをおこ らせたな!」  マシューは、テラスで外を見ていた。高層ビルや、ゴールデンブリッ ジが見えた。ギブナーが、帰るために、出てきた。背広をぬいで、手に 持っていた。 「正体不明だが」と、マシュー。「たしかに、見た。ぼくは、戦う!」 84 83 「マシュ
武器 /FB2/TheWeapon/
ASF_0245.jpg
 1    グラハムは、このようなときに、もっとも創造的で、すばらしい仕事 をした。昼間の雑用から解放されて、自宅の薄暗い室に、ひとりすわり ながら。しかし、今は、彼の心は乱れて、建設的な方向に進まなかっ た。考えていたのは、隣の室にいる、精神的に未発達の息子のことだっ た。おもに感じていたのは、愛情であって、数年前に、息子のことを初 めて聞かされた時に感じたような、怒りでは、なかった。少年は、幸せ だった。それで、じゅうぶんではないか?子どもが、いつまでも子ども で、親元を去ることのない子どもを、どれだけ多くの人が持てるという のだろうか?たしかに、そう考えるのは、理にかなったことだ。間違っ た理屈かもしれないが。そのとき、玄関のベルが鳴った。  グラハムは、立ち上がり、玄関へ行く前に、ほとんど暗くなった室の 電気をつけた。思考を中断された、イラつきはなかった。今夜ばかりは、 中断されたことを、むしろ歓迎した。  玄関のドアをあけた。 「グラハム博士ですか?」と、見
そよぐ幻影 /OT/SoyoguGenei/
FSFNOV1954.jpg
 そよぐ幻影げんえい  大手おおて拓次たくじ あなたは ひかりのなかに さうらうとしてよろめく花はな、 あなたは はてしなくくもりゆく こゑのなかの ひとつの魚うを、 こころを したたらし、 ことばを おぼろに けはひして、 あをく かろがろと ゆめをかさねる。 あなたは みづのうへにうかび ながれつつ ゆふぐれの とほいしづけさをよぶ。 あなたは すがたのない うみのともしび、 あなたは たえまなく うまれでる 生涯しょうがいの花はなしべ、 あなたは みえ、 あなたは かくれ、 あなたは よろよろとして わたしの心のこころなかに 咲さきにほふ。 みづいろの あをいまぼろしの あゆみくるとき、 わたしは そこともなく ただよひ、 ふかぶかとして ゆめにおぼれる。 ふりしきるさざめきのやうに わたしのこころは ながれ ながれて、 ほのぼのと 死しのくちびるのうへに たはむれる。 あなたは みちもなくゆきかふ むらむらとしたかげ、 かげは にほやかに もつれ、
ノヴァリアン試用版 /novelyan/guestroom/
FSFDEC89.jpg fantastic_196008.jpg ASF_0170.jpg NTMRSGZNS1961.jpg 1893.03.harpers.s.jpg march-harpers-1895.jpg
あなたは、すでに、ノヴァリスト! サンプルあり( 1 2 3 ) presented by bilyzkid ◆◇◆◇◆◇ or and (全角のみです) 京 都 大原 星 銀河 夢 心 人形 宇宙船 夜 花 光 月 夜 花 光 、 ◇ 令 和 ブラザーサンシスタームーン ある日どこかで オールウェイズ SFミステリー ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 試用版 ご使用方法 小説コマンドの説明 画像コマンドの説明 詩的コマンドの説明 FAQ バージョン履歴 タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 001.nov タイトル novファイル(15KBまで) 変換 ページ 表示 印刷用 002.nov
ケンタウロス /FB1/HorseRace/
NTMRSGZNS1961.jpg
       ガーンロバーツは、秘密エージェントKー1356として知られる人 物だが、今は、銀河連邦の主任安全局員として、ひとり乗り宇宙船で、 眠りについていた。宇宙船は、地球を出発して、206光年離れた場所 をめざして、時速14年で、自動航行中であった。ベルがなって、コ ンピュータに、起こされた。すぐに、スクリーンにむかい、スイッチを 入れると、連邦の所長特別補佐のダウネンブランドの顔が映った。 「Kー1356、さっそく、仕事です」と、スクリーンのブランド。 「今、通過中の星雲にある、ノヴァという恒星をご存知ですか?」   2 1 「ええ」と、ロバーツ。すぐに、返答した。この距離での通信は、今の ような、超光速通信では、かなりの電力ロスにつながるので、できるだ け、早く、会話を切り上げたかった。 「では、その惑星については?」 「そこに行ったことはありません。知ってるの
ドール /XF/Chinga/
FSFMAY97.jpg
わたし、休暇中よ。お天気はいいし、ニューイングランド 地方の新鮮な空気を満喫しようとしているんだから、ジャマしないで!」 「まさか、コンバーチブルじゃ?」 「なぜ?」 「あれは、ジコると、クビがふっとぶ確率がデカイ!」 「モルダー、もう切るわよ!ケータイ、オフにしておくわ。あとは、 曜日に、オフィスで!」 「それから、運転中の通話も命取りだ。統計によると━━━もしもし?」    ◇    スカリーは、スーパーマーケットの駐車場に入った。  別の車が、急にバックしてきて、スカリーは、車を止めた。その車の 女性は、子ども連れで、車を急発進させて出て行った。スーパーマーケ ットの入り口を見ると、老人の男性が、目から血を流しながら出てきた。 スカリーは、黒いジャケットを着て、車から降りた。 「すいません、どうなさったの?」と、スカリー。 「い、医者を呼んで、もらえんかな?」と、老人。 8 7
恐怖のウイルス /ST/DS9_1_2_1/
FSFFeb1962.jpg
これを見ると、目から脳へ映像が送られ、トリコーダ という言葉と結びつきます。このウイルスは、そこを邪魔するのです」 「つまり、トリコーダを見ても、口からは別の言葉が出るのか。窓とか」 「その通りです」 「ドクター、また、患者が出ました」と、看護婦。 「夜が流れだした」と、ひとりの患者。 「が瞳を閉じ、トンネルの向こうから太陽が来たんです」と、別の患 者。 26 25 「ドクター、今からステーションを緊急隔離体制に置こう」と、シスコ 大佐。 「わかりました」    ◇      オドーは、クワークの店に立ち寄った。 「クワーク、いったいこれはどういうことになっているんだ?」と、オ ドー。 「なんか変かい?」と、クワーク。 「客が戻ってきたみたいじゃないか」 「へへ」 「しかし、おかしいな、追って通達があるまで、どの店も営業を中止さ れたはずだ」と、オドー。 「必要不可欠な事業については、
ハンスカーベルのリング /FB3/HansCarvel/
NTMRSGZNS1961.jpg
お金以外で与えられるものが、彼女を満足させるには十分で はなかったかもしれなかった。かもしれない?はっきり言おう。十分で はなかったのだ。不自然にならないように、ハンスカーベルは、調査を 依頼して、妻が浮気をしていることを知った。ハンスカーベルは、心が 動揺して苦しみ、眠るたびに悪夢に悩まされた。  2    その悪夢のひとつに、ある夜、デビルが現れた。ハンスカーベルは、 悩みを打ちあけて申し出た。 「なにか妻の貞操を保証してくれるものがあったら、ここにあるお金で 売ってほしいのだが!」 「もちろん、いいとも!」と、デビル。 「魔法のリングを売ってあげよう。目覚めたら、リングに気づくよ。そ のリングをはめている限り、きみの奥さんがきみに隠れて浮気をするこ とは不可能だ」 4 3  デビルは、消えた。  ハンスカーベルは、目覚めた。  そしてリングをはめていることに気づいた。  悪
人形の家で /TZ/Miniature/
FSFAug1962.jpg
気がすすまなかった。 「お願い。わたしのためだと思って、一度だけ会ってみて!会ってくれ たら、二度と口出ししない」 「分かった」 「彼女の住所よ」マイラは、紙に書かれた住所を、テーブルに置いた。 「電話しなくていい。直接、迎えに行って!夜8時に」    ◇    の公園。チャーリーは、ハリエットと腕を組んで歩いていた。 「チャーリー」と、ハリエット。「なにを考えているの?」 「別になにも」と、チャーリー。ふたりは、ベンチに座った。 「口数が少ないのね。危険な男って、かんじ。静かな男は、信用できな い」 「信用していいよ!」 40 39 「信用させたいの?」 「ぼくは、ただ」 「もっと、リラックスして!後ろにもたれて、力を抜くの!そうよ。い い感じでしょ?」 「ああ」 「チャーリー?」 「うん?」 「わたしのこと、好き?」 「ああ、とても」 「態度で示してみて!」 「態度って?」 「たとえ
終わり良ければ /FB1/HappyEnding/
FU_1957_09_L.jpg
個々のキフたちは、自 分の命をかけて、勇敢な兵士として戦った。  しかし、キフたちは、ベッドに入りこんできた。服にも、食料にも。  キフたちは、むずむずするような小さなあしではい回った。  2    夜には、海岸を歩いた。その夜は、やかましい夜だった。光の下、 高く飛びながら轟音ごうおんをあげるジェット機の機体や、海の黒の水面に浮か ぶ機影があった。それらの飛行機やロケット、ジェット機は、都市を破 壊し、鉄道をただの曲がった鉄にし、稼動していた工場に、水爆を落と した機体だった。  彼は、それら夜空の機体にむかって、こぶしをあげ、大声でのろった。  叫ぶのをやめると、海岸に別の声がした。コンラッドの声だった。そ の声は、ある日、コンラッドが官邸にやって来て、白い顔をして、敬礼 26 25 も忘れて、こう言った日のことを思い出させた。 「デンバーが突破されました、ナンバーワン!ト
歩兵 /FB1/Sentry/
MLO4329.jpg
 歩兵  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、ぬれて、泥だらけで、ひどくおなかがすいて、寒かった。しか も、故郷の星から、5万年も離れた星にいた。  奇妙な青い太陽が、かがやいていた。重力も、彼の星の2倍もあって、 動くのも、困難だった。  1万年のあいだ、戦況は、変わらなかった。空軍のパイロットたちは、 流線型の宇宙船に、ファンシーな武器が使えて、上機嫌だった。チップ が地上にバラまかれると、歩兵めがけて、地面をはってきて、足という 足は、すべて、血で染められた。   2 1  このひどい惑星に、上陸するとは、彼は、まったく、聞かされていな かった。惑星の地表は、エイリアンたちも、そこにいるがゆえに、神聖 なる戦場だった。そのエイリアンたちは、この銀河に存在する、われわ れ以外の、唯一の知的生命体であった。冷酷で、みにくく、考
天使は淋しい道を行く /TS/LonelyRoad/
FSFMAR1964.jpg
 3    トラックは、牧場にとまっていた。  リチャードは、牧場主の若い女性と納屋から出てきた。 「狩猟のシーズンは」と、女性。「来からだから、まだ、なにも仕事 がないんですよ。すいません」 「いや、おじゃましました」と、リチャード。 「ほかにもあるんですが、でも、どこも閉まっています。山越えなら、 国道にいらしゃれば、いろいろ、お店もいろいろあったのにねぇ」 「ええ、そうでしょうね」リチャードは、トラックに戻った。 「長くかからないと、いいけど」と、シスター。 「仕事はないんです。この先も、どうやら、なさそうですよ」 「でてきますとも」  干草を積んだ、大型トラックが、牧場に入ってきて止まった。男性が 降りてきて、前輪のタイヤを蹴っ飛ばした。 「あの方は、助けがほしいのではないかしら?」と、シスター。 「冗談じゃない、あんな、クマみたいな体で。干草なんて玉にして運び ますよ」 「でも、聞くだけ聞いてみたら、いかが?」  リチャードは、シスターの言葉にしたがって、大型
チャンスふたたび /FB3/SecondChance/
NTMRSGZNS1961.jpg
 原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ    ジェイとオレは、シカゴのニューコミスキー球場の内野スタンドにい た。1959年のワールドシリーズ109日の試合のリプレイが、そ ろそろ始まろうとしていた。  オリジナルゲームは、ちょうど500年前で、ロサンジェルスドジャ ーズが9対3で勝利し、4勝してシリーズを制し、ワールドチャンピオ ンとなった。オリジナルゲームと可能な限りまったく同じ条件でゲーム は始まるが、結果が違ってくることはありうる。     2 1  1    シカゴホワイトソックスの選手たちがフィールドに出てきて、内野で ボールをまわし始めた。先発ピッチャーのウィンは、マウンドでボール を受けとると、ウォームアップピッチングを始めた。クルツェフスキー がファースト、フォックスがセカンド、グッドマンがサード、そして、 アパリシオがショート
死の手紙 /FB3/DeadLetter/
ElleryQueensMysteryMagazineJuly1955.jpg
警部補」と、バブコック。「私のボスのコングレスマ ンクインから、すいぶん前に手紙を渡されました。そして、もしもコン グレスマンクインになにか普通でないことが起こったら、すぐに手紙を ラバティに手渡すように言われました。それで、ラジオの知らせを聞い て━━━」 「ああ、知ってる。クインは昨遅くに殺された。きみはクインの下で、 どんな仕事をしていたのかね?」 6 5  エピローグ   「それは、極秘ですが、今となっては、極秘でもないでしょうね。私は、 ボスの代わりに、重要でないスピーチやボスが出たくない会合に出てい ました。そうです、警部補。私は、ボスの影武者です」        (おわり) 8 7
パペットショー /FB2/PuppetShow/
PlayboyNov1962.jpg
 パペットショー  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ    8の泡立つような暑い日の午後、ホラーは、チェリーベルにやって きた。  8月は、言うまでもなく、アリゾナ州、チェリーベルでは、連日、焼 けつくように暑かった。国道89号線で、だいたい、トゥーソンの南4 0マイル、メキシコ国境の北30マイルにあった。         2 1  1    国道の両側には、両方向の旅行者めあてに、ガソリンスタンドや、食 料品店、ビールとワイン専門の居酒屋や、国境まで待てない人たちのた めに、派手な色彩の肩掛けのセラーペや、編革サンダルのヒュアラーチ を売る店や、ハンバーガーショップ、それに、数十軒のメキシコ系アメ リカ人の住む家があった。メキシコ系アメリカ人たちは、南の国境の町 のノガーレスで働いていて、なぜか、チェリーベルに住んで、時にはT 型フォードで、
バーニングマン /TZ/TheBurningMan/
FSFOCT85.jpg
体が燃えそうだ!」と、助手席の少年。運転している、ロ ーリーに。 「もうすぐ、湖に飛び込めるわ、アンドレ!」と、ローリー。薄ピンク のドレスに、薄ピンクの帽子を、スカーフでくくっていた。 「この気温の高さは、異常だ!38度くらい?」 「もっと、よ!ここ十数年では、もっとも暑い7みたい」     2 1  1    そのとき、顔が埃だほこりらけの、ダニーが立ち上がった。ダニーは、57 になったばかりだった。服は、茶柄のネクタイに薄茶のスーツだったが、 やはり、埃だほこりらけだった。 「見てよ!」と、アンドレ。  ダニーは、道の真ん中に出てきて、両手をあげていた。ローリーは、 車を止めた。 「止まるとは、驚いたね」と、ダニー。 「それは、こっちのせりふよ!」と、ローリー。「どちらへ?」 「どこでもいい!」そう言って、ダニーは断りもなしに、後部座席に乗 り込んだ。「さぁ、行くんだ
オブライエンの孤独 /ST/DS9_2_4_2/
FSFOCT72.jpg
まるで、ぼくに内 14 13 緒で、こっそり、パーティを計画しているような、そんな、かんじだっ た。でも、ぼくの誕生日は、9で、ほかにお祝いをするようなことは、 なにも、思いあたらなかった」  オブライエンは、ブリッジを通り抜けようとした。  キラ少佐と、ダックス中尉、ドクターベシアがいた。 「ああ、やっと、現れたぞ!」と、ドクターベシア。近づいてきた。 「ずっと、きみを、待ってたんだ!」 「なにか、ご用ですか?」と、オブライエン。 「きょうは、言い訳は、聞かないぞ!」 「言い訳ですって?」 「1時間以内に、医務室に来い!」 「なぜ、です?」 「定期健診だよ。ずっと、のびのびになっているぞ!」 「でも、きょうは、無理ですよ!」 「なにが、無理なんだ?司令官にも、許可をいただいてあるんだ」 「司令官に?なんで、そんな、余計なことを?」 「しかしだね、チーフ!いやがる気持ちも、分かるが
イェフディの法則 /FB2/TheYehudiPrinciple/
ASF_0162.jpg
チャーリーは、ずっと、薬の容器のようなものを あけて、なかを調べていた。スイッチを作動させる小さな振り子や多く のワイヤが見えた。 「分からないな。どこも壊れてない」と、チャーリー。 「たぶん、電池じゃないか?」と、オレ。  懐中電灯を出してきて、単3乾電池をテストした。電球は明るくっ 40 39 た。 「分からないな」と、チャーリー。 「それじゃ、はじめから考えよう、チャーリー」と、オレ。「それは、 動いていた。いろんなドリンク類を出してくれた。2杯のカクテルを作 ってくれた。それは、いわば━━━」 「そこを考えていたとこだ」と、チャーリー。「きみが、殴ってくれ! と言って、ドリンクを取ろうと、かがんだら、なにが起こった?」 「気流。それに、殴り倒されたよ、チャーリー。文字通りに。どうやっ て、オレは自分にしたんだろう?注意したいのは、目的語の違いだ。殴 ってくれ!は、オレに対し
おばばのバースデイ /FB3/GrannysBirthday/
alfred_hitchcocks_mystery_196004.jpg
おばばも合わせ て、8人のハルペリン家がいた。さらに、4人の孫がいて、そのうちの ひとりには妻がいたので、合計13人のハルペリン家がいた。スミスと、 もうひとりの非ハルペリン家の男のクロスを入れると、15人のおとな がいた。もっと早い時間には、3人のハルペリン家のひ孫がいたが、 になって、それぞれの年齢に応じた時間にベッドへ行かされた。  スミスは、みんなが好きだった。お酒が自由にくみかわされ、スミス の好みよりは、パーティは少々、だんだん大声でにぎやかななものにな った。全員が酔っていた。おばばさえ、玉座には見えないイスに座り、 今夜3杯目のシェリーのグラスを手にしていた。 「おばばは、小柄だがとてもやさしく活発な老婦人だ」と、スミスは思 った。「たしかに女家長だ。ビロードの手袋と鉄の棒で家族を支配して いる」スミスはたとえ話を混乱するほど、酔っていた。  スミスは、おばばの息子のビルハルペリンに招待されていた。スミス は、ビルの弁護士であり友人だった。もうひとり
SFミステリー (小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン) ライトノベル風 /
FSFDEC69.jpg 32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg FSFNOV69.jpg FSFOCT72.jpg FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg FSFAUG1952.jpg FSFFEB1952.jpg FSFMAY67.jpg FSFJAN66.jpg FSFJUL66.jpg FSFMAY65.jpg FSFAug1962.jpg FSFMAR1964.jpg FSFSEP86.jpg FSFMAY97.jpg FSFMAY2001.jpg FSFSEP88.jpg FSFOCT85.jpg FSFMAR86.jpg FSFJul1953.jpg BDTMRTRNSF1975.jpg FSFJUN72.jpg
(画像提供: ISFDB) SFミステリー 小説家自動生成異次元空間 ノヴァリアン NOVELYAN 1.20 (株)美利崎人 (ビリザキト) NOVELYst AutogeNerating dimensional space 試用版 ゲストルーム 原稿(novファイル)を書き始めた瞬間、あなたは、すでに、ノヴァリスト! presented by bilyzkid ◆◇◆更新ニュース◇◆◇ 1. 試用版 ゲストルーム をリリースしました。 2. サイト 内 検索 をリリースしました。 3. 郵便番号検索 をリリースしました。 4. 世界の国旗 をリリースしました。 5. 和暦⇔西暦・早見表 で、令和を新年号としました。 6. 広告ページを としました。  ( ページ:ネットゲーム・健康広告あり   ページ、その他:広告なし)  ◇◆Alt-P (印刷ページ)Enterで、広告なしに移れます◇◆  左  中央:初
3つの願い /XF/JeSouhaite/
FSFMAY2001.jpg
ぼくらを頼って」 「今の私の状況を」と、ギルモア。「理解できるのは、あなた方しかい な━━━いない」 「無理しないで!」と、モルダー。スカリーに書類をみせた。「これが、 ギルモアさんの状況だ」  スカリーは、口がなくなった写真を見た。 「1ヶほど前に、突然、そうなった」と、モルダー。 「アンソンストークス」と、ギルモア。「あいつの仕業だ。どうやった かは、分からん。彼に、間違いない!」 「アンソンストークスは、貸し倉庫会社の、元従業員だよ」と、モルダ ー。「ギルモアさんが経営している━━━日頃から、問題が多かったら しい」 「私に向かって、黙れ、と。それで━━━」 「ああ、それで、ギルモアさんは、その直後に、災難に見舞われた。そ の後、警察が、アンソンストークスに同行を求めたところ、彼は、それ を、拒否したそうなんだ」 「あの男ときたら、証拠はあるのか、などと」 「まぁ、たしかに、証拠はないですよね?」と、モルダー。 「新しい口を作るために、いったい、いくらかかったと
暗闇の家 /FB1/TheHouse/
fantastic_196008.jpg march-harpers-1895.jpg 1893.03.harpers.s.jpg
 暗闇の家  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      彼は、家のポーチまで来ると、中に入るのを、すこしためらった。背 後の道や、道端みちばたにはえた緑の木々や、黄の平原、遠い丘、それに、明る い陽射しも、これが、最後の、見おさめだった。それから、ドアをあけ、 中へ入った。背後で、ドアが閉まった。  うしろを振り返ると、あるのは、ただの壁で、ドアノブも鍵穴も、ド アのへりさえなかった。へりがあったとしても、うまくまわりの壁に溶 け込んで、輪郭さえ見つけられなかった。   2 1  1    目の前にあるのは、くもの巣のように広がる広間だった。床には、ほ こりが厚くつもり、その先には、細く曲がりくねった通路が、2匹の小 さな、へびか、あるいは、2匹の大きな、いも虫のように、続いていた。 暗く見えにくい通路で、右の方の最初のドアに近
屋根の上の少女 /TZ/IfSheDies/
FSFSEP86.jpg
 屋根の上の少女  デービットバネットカレン、ジョンハンコック    プロローグ      の山の景色。  窓が閉まると、壁にも、星空。  惑星が回っている上に、胎児、蜘蛛、浮き雲、木馬。  赤ちゃん人形の顔、土人のお面。  水爆実験、窓。  そして、ナレーターのロッドサーリングの映像。  星空のバック。  「ミステリーゾーン」のタイトル。   2 1  1    朝。閑静な住宅街。 「パパ、急いで!」  キッチンで、キャシーが、フレンチトーストを作っていた。キャシー は、今年から、小学校に通っていた。 「今、行くよ!」と、ポール。 「パパ、早く来て!」 「分かってる、行くってば!」  やっと、ポールがキッチンに出てきた。スーツを着ていた、 「なぜ、そんなに急いでいるんだ?」 「学校に遅刻する」キャシーは、できたてのトーストを、お皿に盛り付 けた。 「大丈夫さ。服装チェックしてく
“スペーステロリスト”ターナロス /ST/DS9_1_1_2/
ASF_0129.jpg
12 11 「コーマの連中は、カーデシア人だけでなく、邪魔なベイジョー人まで、 みさかいなく殺している。確か、先の政府高官の暗殺にも、犯行声明 を出していたはずだ」 「でも、ターナは別です」 「コーマの一員か?」 「ええ、でも」 「かばう気なら、任務からはずれてもらう!どっちつかずの気で任務に あたられるのはごめんだ。彼がコーマのテロリストなら、このステーシ ョンを隠れ蓑にして、破壊活動を続けるおそれがある」 「私は、ベイジョーの利益を優先します。どっちつかずの気じゃないわ。 今のベイジョーには、ターナロスのような強い意志を持った人間が必要 なんです」 「カーデシアを倒せればテロも許すというのか?」 「我々が強力な独立国家をもう一度築きづくためには、コーマのようなテロ リストグループは、いわば、必要悪です。はっきり言えば、ターナは我 々にとって、希望の光なんです、見殺しになんかで
青の悪夢 /FB3/NightmareInBlue/
TheDudeMagazine.jpg
ベッドの 脇の窓から、ほとんど信じられない青空が見えた。ジョージは、すぐに ベッドからすべり出ると、完全に目覚め、休暇の1日目のほんの1分も 無駄にしたくなかった。しかし妻を起こさないように、静かに服を着た。 休暇のために1週間友人から借りたロッジに着いたのは、昨遅くで、 ウィルマは旅にとても疲れていて、すこしでも長く寝かせてあげたかっ たのだ。靴も居間に行ってからはいた。     2 1  1    息子のトミーは、まだ5才だが、髪をくしゃくしゃにして、寝ていた 子ども室から出てきて、あくびをした。 「朝ごはんは、いるかい?」と、ジョージ。トミーはうなづいた。「服 を着てから、台所に来なさい」  ジョージは台所に行ったが、朝食を始める前に、外のドアを出て階段 の下で、まわりを見渡した。昨夜着いたときは暗かったので、このあた りがガイドブック通りなのか分からなかった。そこ
白の悪夢 /FB3/NightmareInWhite/
TheDudeMagazine.jpg
原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ    彼は、突然目覚めた。完全に目覚めていて、眠るつもりもなかったの に、なぜ眠ってしまったのかと訝りいぶかながら、すぐに腕時計の蛍文字板 を見た。文字板がなければ真っ暗闇の中で、明るく光っていた。11時 数分過ぎだった。彼はホッとした。ほんの少し、うたた寝しただけだっ た。このソファに横になってから、まだ30分もたっていなかった。妻 がおやすみを言いに来るには、まだ早い。彼の姉が、完全に眠り、寝息 をたてるまで待ってからだ。     2 1  1    それは、バカらしい話だった。ふたりは、3週間前に結婚したばかり で、ハネムーンの帰りだった。ふたりが別々に寝るのは、これが初めて だった━━━すべては、彼の姉のデボラが、帰り道の途中にある自分の アパートに泊まってゆくよう、バカらしい提案をしたからだ。あと4
帰ってきたカーン /ST/StarTrek2013/
FSFFEB1952.jpg
ムリだ」 「2時間くらいできる!もう、たとえ話は、やめろ!命令だ!」  カークも、ブリッジを出た。 「ミスターカトウ」と、カーク。通信で。「キノルミア人の船を、用意 させろ!」  カトウは、船長席に座った。運転席には、すぐに、交代仕官が座った。 「カトウ船長代理より、シャトルベイ2番。先、マッド事件の際、押 収した貿易船の、出発準備をしてくれ!カーク船長が、そちらへ向かう」   86 85  ◇    エンタープライズのシャトルベイ2番。  私服に着替えた、カーク、スポック、ウラが、貿易船に、やってきた。 「出発できます、船長」と、2名の機関部仕官。ひとりは、カップケー キ。 「中尉、制服を脱げ。キノルミアの武器商人になる、これを」  カークは、持ってきたバッグから着替えを出した。 「はい?」と、カップケーキ。 「もし、作戦が失敗したとき」と、カーク。「艦隊と結びつけられたら、 困る
眠れるステーション エムポックノール /ST/DS9_5_6_4/
FSFAPR65.jpg
と、オブライエン。 「エムポックノールか?」 「ディーエスナインと同じ構造で、一年前に閉鎖されました。しかしプ ラズママニフォールドシステムはまだ使えるかもしれません」 「付近でのドミニオンの活動はどうだ?」 「ここ数かはありません。戦略的には価値のない星域ですから」 「しかし、ひとつ問題があります」と、オドー。 「カーデシア人が基地から撤退するときは、侵入者撃退対策として、わ なを仕掛けていくのが普通なんです。そのわなを解除するには、カーデ シア人でないと」 「では、カーデシア人を連れていけばいいわけだ」と、シスコ大佐。   8 7  ◇    チーフオブライエンは、エアロックでガラックに訊きいた。 「司令官はなんて言って、きみを説得したんだ?」 「志願したとは思わない?」と、ガラック。 「へへ、脅されたんだろ」と、オブライエン。 「違いますよ、ワイロをつかまされたんです。私の
グレーの悪夢 /FB3/NightmareInGray/
TheDudeMagazine.jpg
暖かい太陽の影は、 寝ているあいだにわずかに角度を変えた。公園のベンチで座ったまま、 わずかに頭が下がり、前のめりになっていた。  公園は、夏よりやさしい春の緑であふれていた。その日は、重要な日 で、彼は若く、恋に落ちていた。すばらしい恋。目がくらむ恋。幸せに なれたのは、昨のことで、土曜の夜だった。     2 1  彼は、スーザンに結婚を申し込み、スーザンはそれを受け入れたよう に見えた。スーザンは、イエスと言う代わりにこう言ったのだ。 「そうね、返事をする前に、あした、うちに来て、家族に会ってほしい の。うちの家族みんなを愛してほしいし、わたしと同じように、うちの 家族みんなもあなたを愛すると思うわ」  これがオーケーでなくてなんだろう?ふたりはあきらかに恋に落ちて いた。それで、彼は、スーザンの家族に会いに来たのだ。  1    スーザンは、やわらかい茶髪に、キ
エコーバック /FB3/Rebound/
GALAPR1960.jpg
それで、彼は、暴力 犯罪に関わることは一切なかった。   2 1  1    ある、スネルは、食堂の電話ブースで、競馬のノミ屋と、その日の 午後のレースで電話で賭けた当たり馬券が、3連単か3連複かで、言い 争いをしていた。ついにあきらめて、スネルは、言い放った。 「死んじまいな!」  そして、受話器をたたきつけた。  そのことを、スネルはそのまま忘れていたが、つぎの日、そのノミ屋 が、電話しながら死んだことを聞かされた。ちょうど、スネルと話して いた時刻に。  このことは、ラリースネルに考える材料を与えた。スネルは、無学で はなく、魔力について知っていた。実際、前に魔力を試してみたことが あった。まったく効果はなかったが。なにが変わったのだろう?試して みる価値はあった。注意深く、20人のリストを作った。いろいろな理 由で、スネルが憎んでるやつらだ。そして、順番にひとりづ
アンラッキー /FB1/Unfortunately/
FSFOct1958.jpg
     ラルフNCー5は、監視スクリーンのアルクトゥルス第4惑星を見て、 安堵あんどのためいきをついた。コンピュータが、そう、教えてくれたのだ。 アルクトゥルス第4惑星は、ここでは、唯一の、人が住んでいる、居住 可能な惑星で、となりの太陽系まで、数年離れていた。  彼は、食料を必要としていた。燃料や水は、じゅうぶんだったが、冥めい 王おう星の兵站へいたん部は、彼の偵察艇に物資を補充する際、食料を補充しわすれ た。宇宙マニュアルによると、アルクトゥルス第4惑星の原住民は、友 好的だった。頼めば、なんでも与えてくれるという。   2 1  マニュアルには、この点について、詳細に記述されていた。自動操縦 で、着陸を指示すると、アルクトゥルス星人に関する記述を再読した。 「アルクトゥルス星人は」と、ラルフNCー5。マニュアルを、声に出 して読んだ。「ヒューマノイドではないが、
悪魔のジョーカー /TZ/DealersChoice/
FSFMAR86.jpg
 悪魔のジョーカー  ドナルドトッド、ウェスクラーベン    プロローグ      。ピートの居間。  男たちが、テーブルを囲んで、和気あいあいと、トランプゲームに興 じていた。 「友達とのポーカー」と、ナレーター。「という、ささやかな楽しみが、 究極の賭けになるときもあります。テーブルの上のワイルドカードが、 ゲームの鍵を握る、ミステリーゾーン」       2 1  1    コールがかかって、ジミーが自分の手を見せた。 「キングまでの、ストレート!お前は?」 「6とジャックのフルハウス!」と、ニック。手を見せた。  それを、見て、一同そろって、ため息をついた。 「また、フルハウスか!」と、ピート。「ニックだっけ?」 「そう、ニック」と、ニック。 「誰の代わり?」 「なに?」 「代理だろ?」 「ああ、いとこのノーマン」 「病気になったか?」 「だから、家にいる」 「じゃあ、始
囚人のピアノ /TZ/TheConvictsPiano/
FSFSEP88.jpg
 囚人のピアノ  パトリスメシーナ、ジェームスクロッカー    プロローグ      の山の景色。  窓が閉まると、壁にも、星空。  惑星が回っている上に、胎児、蜘蛛、浮き雲、木馬。  赤ちゃん人形の顔、土人のお面。  水爆実験、窓。  そして、ナレーターのロッドサーリングの映像。  星空のバック。「ミステリーゾーン」のタイトル。 2 1  1    刑務所の屋上。休憩時間。  リックは、目をつぶって、頭の中で、軽快なジャズピアノを演奏して いた。台の上に置いた、両手の指が動いていた。不思議に思った、フレ ッドが、横に座って、動く指を見ていた。  フットボールをしていたサムが、ボールを追って、ふたりにぶつかっ てきた。サムは、追ってきたもうひとりに、タックルされた。 「ふざけるな!」と、サム。相手を突き飛ばしてから、ナイフを出した。 「来い!」  それを見て、リックが、サム
ギーゼンスタック家 /FB1/TheGeezenstacks/
s-l1600.jpg
だれかに話したりしなか ったかい?」 「まったく、ありません。ピートとエイミーのことは、きのう手紙をも らうまで、なんかも考えてもいませんでした。1週間、滞在してほし いそうです」 「たぶん、3日で帰ってくるよ」と、サム。  リチャードが、じっさいに、3日で戻ったとき、サムは、理由を説明 しなかった。サムが、リチャードがどのくらい滞在するかを知っていた のは、ギーゼンスタックおじさんがなん日いなかったかを知っていたか らだ、というのは、あまりにバカげた理由に思えたからだ。  サムウォルターズは、オーブリーを、なにげなく、監視するようにな った。そして、不思議に感じていた。オーブリーは、もちろん、ギーゼ ンスタック家で起こることがなんであれ、彼女自身が、そうさせている ことだった。可能性として、オーブリーに、超自然的能力があって、ウ ォルターズ夫妻やリチャードに起こるできごとを予知して、無意識に、 そうさせていることはないだろうか?  サムウォルターズは、もちろん、予知
天使が死ぬ時 /TS/TheHabit/
FSFMAY65.jpg
「どうぞ、こちらへ」と、シスターアンジェリカ。 「では、のちほど━━━」と、リチャード。シスターアンジェリカのあ とに、続いた。 「あとで、うかがいます。そのときに、その、手当ても━━━」  テラスに出ると、シスターアンジェリカが言った。 「管理人のハークネスさんは、4かいらしたんですが、生徒のひとり と、問題を起こして、やめられましたの。とくに、これといって、つら い仕事では、ありませんが、やはり、献身的な愛情がございませんとね。 シスターベロニカも、大変ですの」    ◇    シスターベロニカは、廊下にいたビッキーとマリーに声をかけた。 16 15 「おはよう、ビッキー。おはいんなさい!マリー、あなたは、お授業で すよ!」 「さ、身体検査しなくていいの?」と、ビッキー。室へ入った。  マリーは、廊下の窓のカーテン越しに、中庭を歩く、リチャードとシ スターアンジェリカの姿を目で
小さな子羊よ /FB/TheLittleLamb/
32613163032_3e5ea3fd38_b.jpg
        2 1  月明かりの夜で、明るく澄んでいた。街頭の明かりは点々と、丘の曲 線は、黄の大きいに、青に黒を重ねて、続いていた。ここを描かくべき 気がしたが、月はだめだ。誰でも画えに月を入れたとたん、それは、こっ けいで、こぎれいな画えになってしまう。ヴァンゴッホは星空の画えに月を 入れたが、これは、こぎれいどころか、驚嘆 きょうたんする画えだった。ただ、彼は これを描かいたとき、正気ではなかった。正気な人間は、なかなか、ヴァ ンゴッホのようには描かけない。  パレットを洗っていなかったので、もう少し、画えを続けようとした。 二日ふつか前にはじめた画えだった。緑をパレットで混ぜはじめたが、思う色が 作れなかった。やはり、昼間の光を待たなくてならないことを、痛感さ せられた。夜は、自然の光がないところでも、下書きや仕上げはできる。 しかし、色を作るとなると、昼間
ナッシングシリウス /FB2/NothingSirius/
CPTNFTRSPR1944.jpg
テントの奥から歩いてきた。オレが、ひとりの女性 と言ったのは、ひとりという以外、適当な言葉を思いつかなかったから だ。彼女は、聖セシリア、アーサー王の王妃グィネヴィア、それに、ジ ャンヌダルクの融合体だった。彼女は、ニューメキシコで見る夕陽、火 星の赤道公園から見る冷たい銀の2つののようだった。彼女は、金星 の春の渓谷、バイオリンを弾くドルザルスクのようだった。彼女は、ほ んとうに、なにかだった。 36 35  オレの横から、別のため息が聞こえた。それは、なじみのないものだ った。なぜ、なじみがなかったか、すぐに、分かった。オレは、ジョン レーンが、ため息をつくのを、今まで、聞いたことがなかった。見ない ようにするのは難しく、横目でチラリと彼の顔を見た。 「ああ、かわいそうなエレン」と、オレは考えた。そのかわいそうな青 年は、疑いもなく、去っていった。  ちょうどその時、たぶん、
幻の指揮官 /ST/VGR_6_1_4/
FSFFEB1960.jpg
複数の作業を同時にこなせるんで す」 「だけど、あなたの、この提案は、━━━なんて、タイトルだった?」 「ECH、緊急司令ホログラムです」 「アイデアとしては、おもしろいけど、私が指揮不能に陥 おちいった時のため の、艦長のバックアップなんてね。でも、プログラムの改良に、何か もかかるわ」 「いつか、クルーの生死がかかわる時がきます」 「残念だけど、答えは、ノー。でも、正式な回答として言うけど、この 提案は考慮に値すると、艦隊に報告するつもりよ。アルファ宇宙域に戻 ったら、かならずね」 「ありがとうございます」と、ドクターは、自分が提出したパッドを受 け取った。 22 21 「どういたしまして」と、ジェインウェイ。退席するドクターを見送っ た。    ◇    ドクターは、自分の要望が、通らなかったことに、がっかりした様子 で、つき返されたパッドを眺めながら、医療室に戻ってきた。ドア
ナスティ /FB3/Nasty/
PlayboyApr1959.jpg
今までは。今、彼に、なに か、失うものがあっただろうか?  かびの生えた、悪のにおいのする、稀少本の1冊に、求めるものを発 見した。書かれているとおりに、5頂点の星型を描き、秘密のマークを コピーして、ろうそくに火をともした。そして、呪文を大声で唱となえた。  1筋の閃のあと、煙が舞った。そして、悪魔。悪魔を、あなたが好 きにはなれないことは保証するが、どんな姿か述べるのはやめておこう。 「きみの名前は?」と、ビュレガード。声を一定にしようとしたが、す こし震えていた。  悪魔は、叫び声と口笛の中間のような声を出した。大きなバイオリン を、のこぎりで弾いたときに出る倍音を伴っていた。 「そうだね、おまえには、発音することができないよ。おまえたちのゆ るい言語では、翻訳すると、ナスティかな。ナスティって、呼んでくれ たまえ!おまえのほしいものは、ふつうのものかい?」 「ふつうのものって?」と、ビュレガード。知りたがった。 「もちろん、願いさ」と、ナスティ。「よし、おま
アボミっぽい /FB3/Abominable/
TheDudeMagazine.jpg
ここでひとりで挑戦す る理由がそれで、危険な登山というだけでなく、危険な救出でもあった。 もしも、ローラガブラルディが、まだ、生きていれば、アボミっぽいス ノーマンにつかまったのだ。  シャウンシー卿は、ローラガブラルディ本人に、直接会ったことはな かった。彼女のことを知ったのは、1ヶにもならない前で、彼女が主 演する映画を見たのだ。その映画で、彼女は突然、地球上でもっとも美 しい女性、イタリアが生んだ最も美しい映画スターとして伝説になった。 シャウンシー卿が理解できないのは、イタリアが彼女を生み出したこと だった。彼女は、世界中の女性の目利きの心に残る、完成された女性美 として、バルドーやロロブリジッダ、エクバーグに、とって代わった。 シャウンシー卿も、女性の目利きのトップとして、そうだった。映画で 彼女を見た瞬間、彼女本人に会わなければならないことを、たとえ死ん でも、そうしなければならないことを知った。  しかし、その時まで、ローラガブラルディは失踪しっそうし
失われた文明1透明人間 /FB3/Discovery1/
GentFeb1961.jpg
ハーレムに入った。50人あまりの 美女たちが、フロに入ったり全身に香油や香水をていねいに塗って、美 を保つために昼間の時間を使うのを眺めながら、楽しい午後を過ごした。  ひとり、コーカサスの女性がとりわけ気になった。 「だれもが考えることだろうが」と、プレーターは考えた。「までい たとしても、あすの午後まで透明でいられるので、まったく安全だ。そ れなら、明るいうちに、彼女の寝室を確認しておいて、電気が消えたら、 室にすべりこもう。彼女はサルタンが来たと思って、喜んで迎えてくれ るはずだ」 6 5  3    プレーターは、彼女の入った室を覚えておいた。武装した宦官かんがんが、カ ーテンドアにそれぞれ1名づついて、寝室を守っていた。彼は、女性が 完全に眠ったと思われるまで待ってから、宦官かんがんがホールの方を向いて、 カーテンドアの動きに気づかない瞬間をねらってすべりこんだ。ホー
暗黒の地球帝国 /ST/ENT_4_5_2/
FSFJUN77.jpg FSFAUG78.jpg
地球にナイフのささった、地球帝国の紋章。  砲兵隊が、つぎつぎに、大砲を発射。炎を吐く火炎放射器。低空飛行 の戦闘機。  水爆実験、空母に着艦する戦闘機。魚雷発射の海中の潜水艦。魚雷命 中の別の潜水艦。進軍する戦車。ミサイルで撃墜された戦闘機。多量の 爆弾投下の爆撃機。  ロケットが発射。で飛行士に掲げられた、地球帝国の国旗。  宇宙で分離される核弾頭。  エンタープライズが宇宙から、つぎつぎに敵の都市を爆撃し、放たれ た爆弾で破壊されたビル群。何台ものエンタープライズが、多くの敵の 宇宙船を攻撃。  そして、宇宙に君臨する、地球にナイフのささった、地球帝国の紋章。   4 3  1   「航星日誌、2155年1月13日」と、エンタープライズ船長。「コ リアンステーションを発たち、急襲部隊との合流ポイントを目指す」  エンタープライズは、宇宙を航行していた。 「リード少佐とドクタ
つくられた記憶 /ST/DS9_4_5_3/
GALMAR1952.jpg
「6年もこんなところに閉じ込められていて笑いでもしなけりゃ、どう にかなっちまうよ。笑う方がいいだろ?」  収容所のアナウンスが響いた。 「全受刑者はこれから睡眠時間です、睡眠時間に起きて活動している受 刑者は罰せられます、照明は20秒後に暗くなります」 「おやすみ、マイルズ。中に笑いたくなったら遠慮なく笑ってくれ。 私は起きないから、ふふ、へへへへ」と、イーチャー。 「今から、睡眠時間に入ります」と、アナウンス。 「ううん、マイルズ」と、イーチャー。 24 23  2    クワークの店で、ウォーフ少佐とマイルズオブライエンは、ダーツを やっていた。 「君の番だ」と、ウォーフ少佐。 「17をあとひとつ取るのか?」と、オブライエン。 「いやあ、どうだったかな?」 「忘れちまったよ」 「じゃあ、やり直そうか?」と、ウォーフ少佐。 「いやあ、いいよ、無理してつきあってくれなくても、僕
八甲田 歩のスペースドライバー日誌 /RM/SpaceDriver/
s-l1600_1.jpg tower.jpg sabrina.jpg isogo.jpg omohu.jpg kugahara.jpg iikura.jpg gyoen.jpg siodome.jpg kabuki.jpg ginza.jpg sibaura.jpg koutuu.jpg
「いいわ、私が教えてあげる!そこの高戸橋を右に曲がって新目白通り に入ってくれる?」 「高速道路に沿って、飯田橋を抜けて」 「皇居に出たら、お堀ぞいに行くと」 「ほら、東京タワーが一番よく見える場所に出るから」 「ここで左折すれば、正面が東京駅よ!」 「あら、今のタワーは、ずいぶんブルーなかんじだこと!」 2 1  想おもふ雲 「それって、なんなの?」と、女の子。 「どれ?これなら、安全の全の字よ」と、お母さん。 「金の字かと思った!」 「あら、金の字も忘れてしまったの?最近、覚えたばかりじゃない?」 「知ってるわよ!ただ、金の字をそう書く人もいるのかなって思ったの」 4 3  銀座 「シンカワの住友ビルの第2の方」と、ビジネススーツの女性と男性。 「すいません、シンカ
緑の世界 /FB/SomethingGreen/
Space_on_my_hands.jpg green_F1000770.jpg ASF_0209.jpg
きっと、きみも、好きになるさ」  マクガリーは、ふりかえって、茶の平原に茶の茂み、上空には、青紫 の空に、赤く輝く太陽を見渡した。たえず、赤く輝く太陽、クルーガー は、この惑星では、けっして沈まず、昼が終わることはなかった。惑星 の同じ片側を、つねに、太陽に向けているからだ。地球のが、つねに、 表側を地球に向けているのと同じだ。  昼もなく、夜もなかった。影の境界線を越えて、氷つくような寒さで、 生命を維持できない、夜の側に行かない限り。季節もなかった。気候は 一定で、気温も変わらず、風もなく、嵐もなかった。 8 7 「たとえ、住みにくい星であったとしても」と、マクガリーは、考えた。 何千回目か、いや、何百万回目に。「地球のような、緑があったらなぁ ━━━たまに、ソラーガンの閃光で見れる以外の、緑の世界があったら なぁ━━━」  ここには、呼吸できる大気があり、気温も、影の境界
すい星はさりゆくとも やがて きたらむ /FB2/Reconciliation/
MLO347.jpg
 すい星はさりゆくとも やがて きたらむ  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      の外は、静かで、星がまたたいていた。けれど、室内は、殺気だっ ていた。男と女が、数フィート離れて立ち、お互いを憎しみに満ちた目 で、にらみつけていた。  男のこぶしは、固く握られ、いまにもパンチを繰り出しそうであった。 女の指は、広げられ、かぎつめのようにカーブさせていた。しかし、ふ たりとも、腕は、脇から離さなかった。ふたりとも、良識ある市民であ った。   2 1  1   「キライよ」と、女。声が低くなった。「アンタのすべてがキライよ」 「キサマの方こそ。キサマの贅沢のために、さんざんしぼり取られたあ げく、こっちには、もう、キサマのエゴのために、バカなものを買わさ れるカネさえ残ってないんだ」 「それは、ウソよ。アンタだって、それがウソだってわかって
ミッキーあらわる /FB1/TheStarMouse/
PLANETSPRING1942.jpg
幸せだった。 「今日が、その日だよ、ミッキー。きみに、ウソは言わない。保証とか はないけど、これから、危険な旅に行くんだ、親愛なる友よ。  チャンスは、フィフティフィフティくらいかな、ミッキー。月か爆発 でなく、月に爆発、あるいは、たぶん、安全に地球に戻れるよ。ミッキ ー、分かるよね?は、緑のチーズでできてないんだ。そう見えても、 きみは、チーズを食べるために、月に住むことはできないんだ。月には、 大気がないから、住めないし、ひげがあっても、だめなんだ。 14 13  それなのに、なぜ、わしがきみを送るのかって?それは、ロケットが、 超スピードを出せないかもしれないからさ。それができなくも、別の実 験がある。ロケットが、もしも、月に行けなくても、地球に戻って来れ るか?その場合、ある道具が、宇宙空間で知られてることより、多くの 情報をもたらしてくれるんだ。きみがもたらす情報は、き
地球人は出ていけ /FB1/KeepOut/
amazing_stories_195403.jpg
 地球人は出ていけ  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      ダプティンというのが、略称だ。最初は、アダプティンと呼ばれてい たのが、ダプティンと、略されて呼ばれるようになった。それは、ぼく たちを、適応させてくれるのだ。  10才の時に、みんなに説明された。彼らは、ぼくたちが10才にな らなければ、理解できないと思っていたようだが、みんなは、すでに、 多くを知っていた。火星に着陸すると、すぐに、話してくれた。 「きみたちの故郷だよ、生徒諸君」と、主任の先生。ぼくたちのために 建設してくれた、プラスチック製のドームに入ってから、講義が始まっ た。この夜の、特別講義は、とても重要なもので、全員、出席するよう に言われていた。  その夜、先生は、ぼくたちに、なぜなのかやなんのためにも含めた、 すべてを、話してくれた。先生は、ぼくたちの前に立っていた。もちろ ん、寒さを遮断する宇宙服を着て、ヘルメットをかぶっていた。ドーム
オーマイガー /FB2/Jaycee/
FSFJun1955.jpg
言 った。 「ぼくが正しかった」 「正しいって、なにが?」 6 5 「ジョンのことだよ。だれにも言ってなかったんだが━━━。昨のパ ーティーで、お酒を切らしたとき、ジョンがなにをしたと思う?」  ドクターラルストンは、まゆをひそめた。 「水をワインに変えたのかい?」 「ジンに変えたんだ。みんな、マティーニを飲んでいたんでね。さっき も、ジョンは、サーフボードなしで、サーフィンに行くというので、た ずねると、想像力さえあれば、そんなものは、必要ないというんだ」 「なんて、ことだ」と、ドクターラルストン。顔を手でおおった。  かつて、人類史上、1度だけ、処女懐胎があった。今、5000万の 処女懐胎で生まれた少年たちが、元気に育っていた。  10年後に、新たな5000万のジェーシーが現れることだろう。 「なんてジーザス、ことだクライスツ」と、ドクターラルストン。なみだ声になった。 「な
アンドロメダⅡの来訪者 /FB/AllGoodBems/
TWONSAPR1949.jpg
ビックリすることだろうけど、ぼくたち は、遅い次元で作業できるからね」 「ああ、そうか」と、エルモ。 「どういう意味なの?」と、ドロシー。 「遅い次元さ」と、エルモ。「前に、オレが書いたストーリーで使った アイデアだよ。時間比率の異なる次元へ行って作業すれば、そこでの1 かは、帰ってくれば、こちらの次元では、出発してから数分か数時間 しかたっていないのさ」 「あなたがそれを発明したの?エルモ、すごいじゃない!」  エルモは、ドーベルマンに向かって言った。「それが、おまえらの要 求のすべてかい?宇宙船が完成するまで、おまえらを、ここにいさせて あげて、このことを誰にも話さない」 「そのとおり!」と、ドーベルマン。うれしそうだった。「不必要な不 便は、強しいないよ。ただし、きみたちは、監視される。ファイブか、ぼ くによって」 「ファイブ?どこにいるんだい?」 「ビックリしないでほしいけど、ファイブは、イスの下にいるよ。さっ き、ドアの穴から入ってきたんだ。ファイブ、こちら
ミッキーふたたび /FB1/MitkeyRidesAgain/
PLANETNOV1950.jpg
ひとつづつ、意味のある 絵に収まっていった。 「さて、ねずみ用の個室に、流体のショック吸収器具、これで、ねずみ は、安全に軟着陸できる。それに、この超短波送信機が、月の大気中で、 彼が生きているかどうかを、教えてくれる━━━」 「大気」という教授の声には、侮辱の響きが含まれていた。「には、 大気がないと言っていたバカどもめが!たしかに、分光器では、そうだ が━━━」  教授の声に含まれる、ちょっとした痛みは、ミッキーの小さな心に、 広がりつつある痛みとは、まったく、別のものだった。  ミッキーは、今や、ふたたび、ミッキーであった。記憶は、そのまま では、すこし混乱して、バラバラであった。マーストラリアの夢やら、 ほかのすべても。  帰ってきて、ミニーを、最初に見て、電気の通った、金属ホイールを 踏んだ一歩が、彼の夢のすべてを終わらせた。わな。そう、わながあっ たのだ。 12 11
いつもふたりで /SY/TwoForTheRoad/
FSFMAY67.jpg
鍛きたえろ!」  バスルームで、ジョアンナは、お経を唱えた。 「わたしは、おなかがへってない。あなたは、おなかがへってない。わ れわれは、おなかがへってない」  服に着替えた、マークが見に来た。 「わたしは、空腹!あなたは、満腹!」 「妊娠中は、食べすぎに注意しないとね」 「まだ、2かよ!村に、お店があるはずよ」 「おなか、すき過ぎらしいな。じゃ、薬局で、なにかを」 「ハンバーガー!」 「そういう名前のピル?」 「ラージサイズのハンバーガーピル!ホテルの人には、見られないで!」  紙包みを持って、村道を歩く、マークを、白のベンツが追い抜いた。    ◇    白のベンツが、畑の道を走った。 「食事は?」と、マーク。グレーのスーツで、運転していた。 「食事って?」と、ジョアンナ。オレンジのシャツに、サングラス。 86 85 「なつかしの、サンジェストじゃ、なぜ、だめなんだ?」 「ドレス
ヴァヴェリ /FB/TheWaveries/
ASF_0170.jpg
ひとりで、座っていた。ジョージとメイジー は、ピートのはす向かいに座った。 「ハロー!」と、ジョージとメイジー。おごそかに。 「ヘル!」と、ピート。彼は、MIDの技術研究員の主任であった。 「すばらしい夜だね、マルベニー」と、ジョージ。「羊毛のような雲に かかった、を見たかい?まるで、嵐の中で、荒波をこえて突つき進む、 スペインの大型帆ガ レオ ン船のように━━━」 「静かに!」と、ピート。「今、考えてるとこだ」 「ウィスキーサワー、二つ!」と、ジョージは、注文をとりにきたウェ イターに言った。ウェイターは、テーブルを横切って、カウンターに戻 っていった。 「声を出して、考えてくれる?そうすれば、オレたちも、聞くことがで きる。その前に、あの大騒ぎの場所から、どうやって、逃のがれてきたんだ い?」 「クビになったよ」 「それじゃ、握手だな!あいつらに、ジ━ジ━ジ━って言ったのかい?」  ピートは、初めて、尊敬の念をもって、ジョージを見た。 「きみは、やったのかい?」
サアルバの国 /FB1/DeathOnTheMountain/
NTMRSGZNS1961.jpg
きのうがそうだったのは、おとといもそうだったからで、そんなふうに、 4 3 物事は、けっして変化しないのだ、と答えた。  に、彼は、星や谷の光を見た。谷の光は、消灯時刻になると消えた が、星は、消えなかった。星は、あまりに遠くにあるので、消灯時刻の ベルが聞こえなかったのだ。  明るい星があった。3日目の夜には、山の雪の積もった頂の いただきすぐ上ま で降りてきたので、彼は山頂までのぼり、星に話しかけた。星は、答え なかった。  彼は、星で時を数え、星の進行で3日ごとに時を数えた。3日が1週 間であった。谷の人々にとっては、7日が1週間であった。谷の人々は、 サアルバの国を夢で見たことはなかった。サアルバの国では、水が上へ 流れ、木の葉は、明るい青の炎で燃え、燃えても、燃え尽きることはな く、3日が1週間であるという。 6 5
ねずみ /FB1/Mouse/
TWONSJUN1949.jpg
火星か、どこかから。そのうち、歓迎のスピーチを、聞け るよ」 「なんですって?それは、なにを?」 「なにも」  エレベーターボーイは、ニヤリとした。「おもしろいですね、ミスタ ーヒラー。ネコは、どうしてます?」 「元気だよ」と、ビル。「きみのは?」 「ご機嫌ななめですね。昨帰ったときに、ベルトの下、数インチに、 本を投げつけられましたよ。私が、夜、数ドル使ったことを、責められ ましてね。あなたのワイフは、最高ですよ」 「そう思うよ」と、ビル。  窓に戻ってみると、すごい数の群集だった。セントラルパークウエス トは、どの方向も、半ブロックづつの人々のかたまりができていて、公 園全体が、どの通りも、人々に埋め尽くされていた。唯一の隙間は、宇 宙船の周りの円だけで、今や、半径20フィートに広がって、それを維 持する警官は、3人よりずっと多くなった。 10 9  ビルヒラーは、シャムネコ
失われた母星 /ST/StarTrek2009/
FSFAUG1952.jpg
ブリッジにも被弾した。 「7名死亡しました!」 「一般命令13を発令する!」と、カーク。「総員退避だ!」 「了解!」 「全デッキ!こちら船長だ!」と、カーク。「ただちに、船を捨てて、 総員退避!各自、指定のシャトルに乗れ!繰り返す」  ブリッジの仕官は、全員、席を立った。  医務室。臨の女性を車イスに乗せて、看護婦が退避を始めた。 「ジョージの声よ、どういうこと?」と、車イスの女性。 「シャトルで、お産よ!行って!」と、看護婦。 「船体が破損!早く、逃げろ!立たせろ!」機関部から、退避する乗員。 何人かは、爆発で吹き飛ばされた。 「ジョージ!」と、車イスの女性。無線で。 「無事か、よかった」と、カーク。「医療シャトル37号を、スタンバ 10 9 イした。そこまで、行けるか?」  看護婦たちは、エレベータを降りた。 「大丈夫だから、オレの言うとおりにしろ!シャトル37号だ!」 「ジョ
聖なる神殿の謎 /ST/DS9_1_1_1/
fantasyandscifi_1953_01_schomburg1.jpg
デノリアスベルトへ向かっています」 と、オブライエン。 「オブライエン、このステーションをワームホールの入り口に移動でき ないかしら?」と、キラ少佐。 「これは、宇宙船じゃないんですよ。反動推進エンジンを六基備えてい るに過ぎない。1億6000万キロ進むには、2かはかかる」 「明日までには、着きたいわ」 「へへ、そんなこと不可能ですよ」 「あのワームホールは、この宇宙域全体の未来を切り開くものよ。ベイ ジョーとしては、領有権を確保したいわ。くやしいけれど、惑星連邦の 後押しがあれば、こちらの主張は、通りやすいでしょうね」 「ディフレクタジェネレータで、亜空間フィールドを拡大できないかし ら。ローレベルのフィールドでステーション全体を包むのよ」と、ダッ クス中尉。 「そうすれば、慣性質量が落ちる」 82 81 「ステーション自体が軽くなれば、六基のエンジンでも、十分に移動で きるわ」
緑の悪夢 /FB3/NightmareInGreen/
TheDudeMagazine.jpg
 緑の悪夢  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ    彼は目覚めると、昨ベッドの中で考えた強い決意を思い起こした。 それは、ウィリアムがふたたび男に、強い男になるために曲げてはなら ない決意だった。妻のデイジーに離婚してくれるよう断固として要求す る。そうしなければ、すべてを失って2度と勇気を持てなくなるだろう。 6年間の結婚生活の最初から、離婚は不可避だった。  今が、そのターニングポイントだった。自分より、あらゆる点ですぐ れた女性と結婚することは、耐えられないだけでなく、自分がだんだん 弱々しい生き物、希望を失ったねずみになっていってしまうのだ。   2 1  1    デイジーは、あらゆる点で、ウィリアムより優まさっていた。彼女は、ア スリートだったので、ゴルフでもテニスでもあらゆるスポーツで、彼を やすやすと打ち負かした。デイジーは
ジバゴ /SY/Zhivago/
FSFJUL66.jpg youtube39_16.bmp
父に読んで聞かせていた。「なかなか手紙が書けませんが、許 してください」 「いつの日付だ?」と、父。 「720 はつか日」 「8週間前か」 「ようやく、戦争も終結して、患者も減り、時間もできました。詩を書 く時間も持てると思います。書き方を忘れていなければね」  トーニャは、笑って、父に言った。「はは、覚えているわよ」 「ラーラも、まだ、こちらにいます」と、トーニャ。手紙の続きを読ん で聞かせた。 「彼女は、すばらしい人です。医学には説明できない力で、患者を癒いやす ことができる。間違った手当てをしても、不思議と、それが患者に効く ━━━叔父さんは元気?葉巻は、まだ、手に入りますか?」 「なかなかね」と、父。 「サーシャは、しゃべるようになった?叔母さんは、元気?」  トーニャは、父を見て行った。 「手紙に書いたのに━━━そして、愛するトーニャ。きみは元気?」 「アンナが死んだことを、まだ、知らんのか」と、父。「知ったところ で、変わらんが━━━」  そのとき、遠くで、
赤の悪夢 /FB1/NightmareInRed/
TheDudeMagazine.jpg
 赤の悪夢  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド        彼は、なにによって起こされたのか、わからないまま、目が覚めた。 最初のゆれのあと、1分で、2回目のゆれが来た。ベッドが少しゆれ、 タンスの上の小物が、ガタガタと、音をたてた。3回目のゆれを、横に なったまま、待っていたが、来なかった。その時までは、来なかった。  ほとんど目が覚めてしまっていて、もう、眠ることができなかった。 時計の光盤を見ると、まだ、真夜中の3時であった。ベッドから出て、 パジャマのまま、窓のところまで歩いた。暗い空に、点滅する光が見え た。夜の音が聞こえた。どこかで、ベル。   2 1  しかし、なぜ、この時間にベルなんか?災害を知らせるベルなのか? ここの軽いゆれが、どこか近くで、大きな地震につながったのだろうか? あるいは、これから、ほんとうの地震が来る、という
黄の悪夢 /FB2/NightmareInYellow/
TheDudeMagazine.jpg
1年前、確実に儲かる方法で、 2倍か3倍にする投資に使うために、5万ドルを借用した。しかし、う まくゆかなかった。それで、その損失をうめるために、あれやこれやと、 ギャンブルに手を出して、さらに多くの金を借用した。  その額は、今では、30万ドルをこえていた。あと2・3かしか不 足分を隠しとおせなかった。その間に、不足分を返せる見込みもなかっ た。  それで、疑惑をもたれないように、注意深く、不動産を売りはらいな がら、現金の額を増やしていった。今日の午後には、残りの人生を送る のにじゅうぶんな、100万ドルをこえる逃走資金が手にはいる。 4 3  彼のことは、だれにも気づかれていなかった。じゅうぶん計画して、 逃走経路や、目的地、新しい身分証やらを、ことこまかに準備した。き わめて簡単な作業だったが、なんか月もかけた。    2    妻を殺すことにしたのは、どちらかといえば、
ティラノサウルス /FB1/Runaround/
ASF_0142.jpg
 ティラノサウルス  原作:フレドリックブラウン  アランフィールド    プロローグ      長い日々のあいだ、彼は、空腹の森をぬけ、低い木や砂の、空腹の平 原を横切り、のっそりとさまよった。大きな水に流れこんでいる、静寂 の流れのわきに沿って、さらに、さまよった。いつも、空腹だった。  ずっと、長いあいだ、空腹だった。  たまに、食べられそうなものがいたが、いつも小さかった。ひづめの あるやつだったり、足指が3つだったりした。みんな、とても小さかっ た。そんなやつらの1匹では、彼のものすごい食欲のほんの1片しか満 たしてくれなかった。 2 1  それに、小さいやつらは、とてもすばしっこく走った。やつらを見つ けて、大きな口からよだれをたらしながら地面をゆらして突進してゆく と、やつらは、木々のあいだを毛皮のいなづまのように、さっと、どこ かへ行ってしまっ


※(縦書き表示は、Microsoft Windowsのみです)※
※(ALT+M Enter:メインページ)※
※(ALT+P Enter:印刷ページ:Microsoft Windows、向け )※
※(ALT+C Enter:表示ページ:その他すべて、向け )※
※(ALT+N Enter:次ページ)※

SFミステリー (ライトノベル風)
縦書きブログ

☆原作:フレドリックブラウンより☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 1)☆

赤の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

アンラッキー


昭和33年10月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

気まぐれ


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

歩兵


昭和29年2月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

地球人は出ていけ


昭和29年3月
(画像提供: Galactic Central)

「アメージング ストーリー」

空想せよ


昭和30年5月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

ギーゼンスタック家


昭和18年9月
(画像提供: philsp)

「ウィアード テール」

ティラノサウルス


昭和17年9月
(画像提供: Galactic Central)

「アスタウンディング
サイエンスフィクション」

暗闇の家

(参考ページ)


昭和35年8月
(画像提供: Galactic Central)

「ファンタスティック
サイエンスフィクション」

ケンタウロス


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

サアルバの国


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

終わり良ければ


昭和32年9月
(画像提供: Luminist)

「ファンタスティック ユニヴァース」

ミッキーあらわる


昭和17年2月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

ねずみ


昭和24年6月
(画像提供: ISFDB)

「スリリング ワンダー ストーリー」

ミッキーふたたび


昭和25年11月
(画像提供: ISFDB)

「プラネット ストーリー」

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 2)☆

☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 3:未完)☆

ナスティ


昭和34年4月
(画像提供: ebay)

「プレイボーイ」

アボミっぽい


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

エコーバック


昭和35年4月
(画像提供: isfdb)

「ギャラクシー マガジン」

グレーの悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

緑の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

白の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

青の悪夢


昭和36年5月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

おばばのバースデイ


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ヒッチコック
ミステリー マガジン」

ネコどろぼう


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

チャンスふたたび


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

失われた文明1
透明人間


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明2
不死


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

失われた文明3
永遠の生命


昭和36年2月
(画像提供: oldmags)

「ジェント」

死の手紙


昭和30年7月
(画像提供: abebooks)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

葬送曲


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

殺人アシスタント


昭和36年5月
(画像提供: ebay)

「プレイボーイ」

ハンスカーベルのリング


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

報復戦隊


昭和25年7月
(画像提供: ISFDB)

「スーパーサイエンスストーリー」

ロープ魔術


昭和34年5月
(画像提供: vintagemags)

「アダム」

致命的なミス


昭和30年6月
(画像提供: WordPress)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯1


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯2


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

ユスタックウィバーの
短い生涯3


昭和36年6月
(画像提供: wolfgangs)

「エラリークイーン
ミステリーマガジン」

探検隊


昭和32年2月
(画像提供: ISFDB)

「ファンタジー&
サイエンスフィクション」

あごひげ彩か


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ファーストコンタクト


昭和35年6月
(画像提供: ISFDB)

「ギャラクシー
サイエンスフィクション」

ハーフベア


昭和35年3月
(画像提供: Wiki)

「デューデュ」

まだ終わりじゃない


昭和16年冬
(画像提供: ISFDB)

「キャプテン フューチャー」

フィッシュストーリー


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」

ふくろぅ3兄弟


昭和36年7月
(画像提供: ISFDB)

「悪夢とギーゼンスタック家」


☆原作:フレドリックブラウンより(つづき 4:未完)☆

☆スタートレック ディープスペースナイン 番外編より☆

☆宇宙方位も知らない八甲田歩がスペースドライバーを始めちゃいました。
どうなることやら?☆

☆スタートレック エンタープライズより☆

暗黒の地球帝国


第4_5_2話
平成16年4月15日
(画像提供: ISFDB)

マイクサスマン
マニーコト


☆スタートレック JJ_Abramsより☆

☆スタートレック ボイジャーより☆

幻の指揮官


第6_1_4話
平成11年10月13日
(画像提供: ISFDB)

ジョーメノスキー 他


☆スタートレック ディープスペースナインより☆

聖なる神殿の謎


第1_1_1話
平成5年1月2日
(画像提供: ISFDB)

リックバーマン 他

“スペーステロリスト”
 ターナロス


第1_1_2話
平成5年1月9日
(画像提供: Galactic Central)

キャサリンパワーズ

恐怖のウイルス


第1_2_1話
平成5年1月23日
(画像提供: ISFDB)

マイケルマクグリービー 他

オブライエンの孤独


第2_4_2話
平成6年3月15日
(画像提供: ISFDB)

ポールロバートコイル

つくられた記憶


第4_5_3話
平成8年4月13日
(画像提供: ISFDB)

ロバートヒューイットウォルフ 他

眠れるステーション
 エムポックノール


第5_6_4話
平成9年5月17日
(画像提供: ISFDB)

ハンスべイムラー 他

夢、遥かなる地にて


第6_4_1話
平成10年2月7日
(画像提供: ISFDB)

アイラスティーブンベア 他


☆なつかしの日曜洋画劇場より☆

☆なつかしの日曜洋画劇場より(つづき 1:未完)☆

☆なつかしの海外ドラマより☆

ミステリーゾーン
人形の家で


昭和38年2月
(画像提供: ISFDB)

ウォルターグローマン
チャールスバーモント

ミステリーゾーン
屋根の上の少女


昭和60年10月
(画像提供: ISFDB)

デービットバネットカレン
ジョンハンコック

ミステリーゾーン
悪魔のジョーカー


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

ドナルドトッド
ウェスクラーベン

ミステリーゾーン
バーニングマン


昭和60年11月
(画像提供: ISFDB)

原作:レイブラッドベリ
J.D.フェイセルソン

ミステリーゾーン
囚人のピアノ


昭和61年11月
(画像提供: ISFDB)

パトリスメシーナ
ジェームスクロッカー

Xファイル
ドール


平成10年1月
(画像提供: ISFDB)

原作:スティーブンキング
クリスカーター

Xファイル
3つの願い


平成12年5月
(画像提供: ISFDB)

ビンスギリガン

逃亡者
天使は淋しい道を行く


昭和39年2月
(画像提供: ISFDB)

AL.C.ワード
ウォルターグラウマン

逃亡者
天使が死ぬ時


昭和43年1月
(画像提供: ISFDB)

ジョンメレディスルーカス


☆大手拓次全集より☆

そよぐ幻影


昭和八年六月二十九日
(画像提供: ISFDB)

大手拓次



(画像提供: Galactic Central)

和暦⇔西暦・早見表
和暦
⇔西暦
明治16年
⇔1883年
明治17年
⇔1884年
明治18年
⇔1885年
明治19年
⇔1886年
明治20年
⇔1887年
明治21年
⇔1888年
明治22年
⇔1889年
明治23年
⇔1890年
明治24年
⇔1891年
明治25年
⇔1892年
明治26年
⇔1893年
明治27年
⇔1894年
明治28年
⇔1895年
明治29年
⇔1896年
明治30年
⇔1897年
明治31年
⇔1898年
明治32年
⇔1899年
明治33年
⇔1900年
明治34年
⇔1901年
明治35年
⇔1902年
明治36年
⇔1903年
明治37年
⇔1904年
明治38年
⇔1905年
明治39年
⇔1906年
明治40年
⇔1907年
明治41年
⇔1908年
明治42年
⇔1909年
明治43年
⇔1910年
明治44年
⇔1911年
明治45年
⇔1912年
大正 元年
⇔1912年
大正 2年
⇔1913年
大正 3年
⇔1914年
大正 4年
⇔1915年
大正 5年
⇔1916年
大正 6年
⇔1917年
大正 7年
⇔1918年
大正 8年
⇔1919年
和暦
⇔西暦
大正 9年
⇔1920年
大正10年
⇔1921年
大正11年
⇔1922年
大正12年
⇔1923年
大正13年
⇔1924年
大正14年
⇔1925年
大正15年
⇔1926年
昭和 元年
⇔1926年
昭和 2年
⇔1927年
昭和 3年
⇔1928年
昭和 4年
⇔1929年
昭和 5年
⇔1930年
昭和 6年
⇔1931年
昭和 7年
⇔1932年
昭和 8年
⇔1933年
昭和 9年
⇔1934年
昭和10年
⇔1935年
昭和11年
⇔1936年
昭和12年
⇔1937年
昭和13年
⇔1938年
昭和14年
⇔1939年
昭和15年
⇔1940年
昭和16年
⇔1941年
昭和17年
⇔1942年
昭和18年
⇔1943年
昭和19年
⇔1944年
昭和20年
⇔1945年
昭和21年
⇔1946年
昭和22年
⇔1947年
昭和23年
⇔1948年
昭和24年
⇔1949年
昭和25年
⇔1950年
昭和26年
⇔1951年
昭和27年
⇔1952年
昭和28年
⇔1953年
昭和29年
⇔1954年
昭和30年
⇔1955年
昭和31年
⇔1956年
和暦
⇔西暦
昭和32年
⇔1957年
昭和33年
⇔1958年
昭和34年
⇔1959年
昭和35年
⇔1960年
昭和36年
⇔1961年
昭和37年
⇔1962年
昭和38年
⇔1963年
昭和39年
⇔1964年
昭和40年
⇔1965年
昭和41年
⇔1966年
昭和42年
⇔1967年
昭和43年
⇔1968年
昭和44年
⇔1969年
昭和45年
⇔1970年
昭和46年
⇔1971年
昭和47年
⇔1972年
昭和48年
⇔1973年
昭和49年
⇔1974年
昭和50年
⇔1975年
昭和51年
⇔1976年
昭和52年
⇔1977年
昭和53年
⇔1978年
昭和54年
⇔1979年
昭和55年
⇔1980年
昭和56年
⇔1981年
昭和57年
⇔1982年
昭和58年
⇔1983年
昭和59年
⇔1984年
昭和60年
⇔1985年
昭和61年
⇔1986年
昭和62年
⇔1987年
昭和63年
⇔1988年
昭和64年
⇔1989年
平成 元年
⇔1989年
平成 2年
⇔1990年
平成 3年
⇔1991年
平成 4年
⇔1992年
平成 5年
⇔1993年
和暦
⇔西暦
平成 6年
⇔1994年
平成 7年
⇔1995年
平成 8年
⇔1996年
平成 9年
⇔1997年
平成10年
⇔1998年
平成11年
⇔1999年
平成12年
⇔2000年
平成13年
⇔2001年
平成14年
⇔2002年
平成15年
⇔2003年
平成16年
⇔2004年
平成17年
⇔2005年
平成18年
⇔2006年
平成19年
⇔2007年
平成20年
⇔2008年
平成21年
⇔2009年
平成22年
⇔2010年
平成23年
⇔2011年
平成24年
⇔2012年
平成25年
⇔2013年
平成26年
⇔2014年
平成27年
⇔2015年
平成28年
⇔2016年
平成29年
⇔2017年
平成30年
⇔2018年
平成31年
⇔2019年
令和 元年
⇔2019年
令和 2年
⇔2020年
令和 3年
⇔2021年
令和 4年
⇔2022年
令和 5年
⇔2023年
令和 6年
⇔2024年
令和 7年
⇔2025年
令和 8年
⇔2026年
令和 9年
⇔2027年
令和10年
⇔2028年
令和11年
⇔2029年
令和12年
⇔2030年
和暦
⇔西暦
令和13年
⇔2031年
令和14年
⇔2032年
令和15年
⇔2033年
令和16年
⇔2034年
令和17年
⇔2035年
令和18年
⇔2036年
令和19年
⇔2037年
令和20年
⇔2038年
令和21年
⇔2039年
令和22年
⇔2040年
令和23年
⇔2041年
令和24年
⇔2042年
令和25年
⇔2043年
令和26年
⇔2044年
令和27年
⇔2045年
令和28年
⇔2046年
令和29年
⇔2047年
令和30年
⇔2048年
令和31年
⇔2049年
令和32年
⇔2050年
令和33年
⇔2051年
令和34年
⇔2052年
令和35年
⇔2053年
令和36年
⇔2054年
令和37年
⇔2055年
令和38年
⇔2056年
令和39年
⇔2057年
令和40年
⇔2058年
令和41年
⇔2059年
令和42年
⇔2060年
令和43年
⇔2061年
令和44年
⇔2062年
令和45年
⇔2063年
令和46年
⇔2064年
令和47年
⇔2065年
令和48年
⇔2066年
令和49年
⇔2067年
令和50年
⇔2068年

        世界の国旗        
国旗の上にマウスカーソルを置くと 国名が表示されます。 クリックすると、拡大されます。















郵便番号検索

  

  左枠に、郵便番号を入れると、郵便番号→住所を検索します。
  郵便番号は、2桁~7桁の半角数字で指定します。
  3桁目の区切りとして、半角ハイフンを入れても検索します。
  (全角数字も可)。
               例: 384-1305

  複数指定しても、検索対象は、最初のものだけです。
  検索結果は、2桁のみ指定した場合、都道府県のみ、
  3桁以上指定した場合、都道府県・市区町村・町名が表示されます。

  ※郵便番号検索は、同一の郵便番号に多数の住所がある場合でも、
  すべて表示されます。
               例: 6028064
  

  左枠に、住所を入れると、住所→郵便番号を検索します。
  住所は、すべて全角です。
  空白 (半角/全角スペース) で区切って、都道府県・市区町村・町名を指定
  できます。
  検索結果は、都道府県のみ指定した場合は、2桁の郵便番号のみ、
  都道府県・市区町村・町名まで指定した場合、7桁まで表示されます。
  都道府県 (全角1文字以上) が最初に指定されないと、検索しません。
  住所を都道府県から正確に書く場合は、区切りなしでも検索します。
  都道府県の1字、町名の1字でも、検索します。
  ウロ覚えや、全国津々浦々、京都近辺、正確な町名検索にも使えます。
  (全国町名のヨミカタも表示。)

               例: 県 軽井沢

               例: 京 都 大原

  郵便番号データは、Excel郵便番号簿(2012/2/29版)に依ります。
  労作に、感謝します。

バグ表   (Microsoft Windows上での動作)
 
 
縦書き表示・印刷
 
ルビ
 
 
 
 
 
 
アクセスキー
(例:ALT-M) 
 
 
 
 
 
改行処理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禁則処理
 
 
ページ表示
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルビ付漢字表示
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IE (Microsoft)
 
正常
異常
(漢字から非常に離れている)

回避方法:なし
(chromeか
firefoxを使うか
がまんする)
ALT-Mに加えて、Enterが必要だが、動作する。
(同一ページに複数個のALT-Mがあっても、Enterで選択できる)
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Chrome
  (Google)
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
ALT-Mのみで動作する。
複数個のALT-Mには、対応していない。(同一ページ内最終ALT-Mのみ動作する)
異常
(4文字以上の
ルビがあり、禁則
処理と重なると、1
文字早く改行され
る)(長いページ
で、再描画されな
いケースで)

回避方法:
①ルビを1行に
3文字以下にする。
②禁則処理と重な
らないように、
文章を変更する。
③漢字ごとにルビ
を分けて、2文字
づつとする。等
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
54/58の次ペー
ジで、右ページ
が左ページの位
置に、重なって、
表示され、右ペー
ジは空白になる)

事例:
ページ表示後、
再表示してから、
54
/58の次ページ
回避方法:
(ctrl-R 再表示、
で正しい表示
に戻る)
異常
(ごくたまに、
事例のように、
ルビ付漢字だけ
空白になって、
左ページに移動)

事例:
ページ表示後、
再表示で、
霊れいの部分だけ
空白になって、
左ページに移動
回避方法:
(タブの複製、
で正しい表示
に戻る)
Firefox
 
正常
正常
(ルビの位置に正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
動作しない。  
 
 
 
正常
(禁則処理も含め、正確に表示される)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(、。」は、それぞれ、行末に配置)
正常
(ページ表示が、
乱れることは、
一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正常
(ルビ付漢字表示
が、乱れること
は、一切ない)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


(画像提供: ISFDB)
作家を目指す方募集
6.分野は、ライトノベル風フィクション (SF、ミステリー、
  ホラー、アニメの原作、および、シナリオ)です。
  純文学以外で作家を目指す方は、ぜひ、挑戦してみてください。
  
  ライトノベル風フィクションというのは、 読みやすいということ、
  キャラクターや場面がイメージしやすく、おもに、
  会話でストーリーが進んで、映像が見えやすいということ、
  現実の経済や政治から遠くかけ離れた、読むだけで、夢の世界へ
  旅立てる、ワクワクするはなしということです。